2020年03月29日

珈琲と、私。(その8)私のこだわり淹れ方ポイント。【D淹れ方編】

なんだか今、剣道のことを書く気分になっていないのですが…
いろんな方がブログで剣道のことや、それ以外のことを書いていますが、外にもあまり出られない今、人の書いていることを読むのは楽しいな〜って思いまして。
剣道とは全然違う話題ですが、私もその一端を担いたいと思ってブログを書くことにしました(笑)

さて、この「珈琲と、私。」シリーズ、だいぶ間が空いてしまいましたね…、
だいぶ前に下書きを半分くらいしていたのですが、そこから放置されていました(笑)
やっと、私の実際の珈琲の淹れ方を書けますよ〜。

おさらいとして、淹れる前に揃えるものを書いた記事にリンクしておきます。
珈琲と、私。(その4)私のこだわり淹れ方ポイント。【@珈琲豆編】
珈琲と、私。(その5)私のこだわり淹れ方ポイント。【Aコーヒーミル編】
珈琲と、私。(その6)私のこだわり淹れ方ポイント。【Bドリッパー編】
珈琲と、私。(その7)私のこだわり淹れ方ポイント。【Cドリップポット&温度計】

私が書いているのは、ハンドドリップで淹れる時のやり方です。

私は慣れているので、いろんなことを同時並行させながら淹れていますが、ここではひとつひとつ手順を踏んで書きたいと思います。

私は、自分一人分を淹れるのでカップに直接抽出していますが、何杯分かまとめて淹れる時は、コーヒーサーバーを使用するといいでしょう。
(これ、道具編で書くの忘れてました…、自分で使ってないものですから…、)
HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B
HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

では、いよいよ実際の手順です!

@珈琲豆を計ります。

普通のコーヒーカップは120-150cc程度のお湯が入るので、それを1杯分とします。
私は150ccで1杯のカップを使っていますが、それに対して豆の量は「10グラム」使っています。

私はふだんはマグカップで飲むので、280ccくらいの量を淹れるのですが、その時は「15グラム」にしています。

ただし、2杯分を一緒に淹れる時は、10グラム×2=20グラム にはならないのです。
2杯の場合は18グラム、3杯の場合は24グラムにします。

あっ、必要なもので「料理用ハカリ」を忘れていました(^^;
珈琲豆を計るためのスプーンがありますけど、スプーンでは正確に測れないので、ハカリを使うことをお勧めします。珈琲豆は焙煎度合いによっても体積に対する重量が変わってきますので…。
この「豆の量を正確に測る」のはけっこう大事なポイントです。


A珈琲豆を挽きます。

お手持ちのコーヒーミルで分量の豆を挽いてください。
「挽きたての粉を使う」のがおいしく淹れる最大のポイントなので、いっぺんに何日分も挽いておいたりしてはダメですよ!
コーヒー豆の時の話に書きましたが、最初から挽いてある豆を買うとか、お店で全部挽いてくる…のは論外です、私にとっては(^^;)

ハンドドリップで淹れる場合、豆を挽く時の粉の大きさの調節は「中細挽」にしてください。
粉の大きさについて→コーヒー豆の挽き方は粉の大きさ、細挽き・中挽き・粗挽きによって味が変わる


Bコーヒーポットで、お湯を沸かします。

水はどういうのを使うのがいいのか、諸説あるのですが…
おそらく一番いいのは、浄水器を通した水道水ではないかと思います。

私はふだんは水道水を使っていたのですが、これを書くにあたって調べてみて、市販のミネラルウォーター(軟水)で淹れたものと比べてみました。(硬水のミネラルウォーターは抽出には適していません)
ブラックで飲み比べると、確かに…、ミネラルウォーターで淹れたもののほうが、しっかりと味が出ています。水道水のほうが味がぼけてる感じがしますね。おそらく、水道水中の塩素が影響しているのだと思います。

でもこれは、飲み比べてみたらそうだった、というくらいの差なので…、ブラックで味にこだわる方ならミネラルウォーター、そこまでじゃないという方は水道水でもいいんじゃないかと思います。私はふだん飲んでいるのはほぼカフェオレなので、そこまでする必要性は感じていません(^^;


Cドリッパーをセットします。

抽出するカップ、またはコーヒーサーバーを温めます。沸かしたお湯を注いで温まったら捨てます。

抽出するカップ、またはコーヒーサーバーに、ドリッパーを乗せます。ペーパードリップの場合は、紙をセットします。
ドリッパーに、Aで挽いた珈琲の粉を入れます。

粉を入れたら、表面を平らにならしましょう。
表面が斜めになっていたり、でこぼこしていると上手く抽出できません。これは、けっこう重要ポイントです。




D沸かしたお湯を、冷ましてから、珈琲豆を蒸らします。

珈琲を抽出するのに最適な温度というのは、諸説ありますが…
私は「85度」が適切だと感じています。カフェなどは90度くらいで淹れていることが多いようですが…。

お湯を沸かしたコーヒーポットの蓋を開けて、温度計を入れて、90度くらいになるまで冷まします。
理想をいえば「常に85度」でやりたいところなのですが、そこまで温度管理をするのは難しいので、私は90度になった時点で「蒸らし」のお湯を注ぎます。

蒸らし、というのは、ドリッパーに入っている珈琲豆(粉)全体に行き渡るように、お湯を注ぐことです。中心部から外側に向かって、小さい円を描きながら注いでいきます。あまり勢いよくお湯を入れるとせっかく平らにならした粉が乱れてしまうので、丁寧に入れましょう。
蒸らしの時は、ほんの少し下からお湯が垂れる程度の量のお湯を入れると良いでしょう。
全体にお湯がいきわたったら、お湯がしっかり粉に吸われるまで30秒ほど待ちます。(あまり長時間置くのも良くありません)


Eいよいよ抽出です!

コーヒーポットから、少しずつお湯を注ぎます。この時点で湯温が85度だといいと思います。コーヒーポットの蓋を開けて置くと温度が下がりすぎてしまうので、私は蒸らしの時点からはもう、温度計は抜いて蓋をしたままです。

お湯を注ぐ時は、まずは中心部から小さな円を描くようにして注いでいきます。豆の鮮度がいいと、ある程度注いだら中心がふくらんできて、ドームのように膨らみます。
鮮度が良ければよいほど、こんもりと膨らみます。(正確に言うと、焙煎して3日目くらいがもっともいい感じになります)

この「ドーム」を常に保ったままにするのが、抽出のお湯の注ぎ方のポイントです。
ドームの中心に、お湯をほんの少しずつ、垂らすように、注ぎ足していきます。ドームが盛り上がりすぎて壊れたりしないよう多すぎず、ヘコミ過ぎないよう少なすぎず…、ここが、最も神経を使うところです。
ぐるぐると小さな円を描きながらお湯を注ぎますが、ドリッパーに接している部分にはお湯をかけないようにします。

この動画がわかりやすいでしょうか。
これは、私よりも抽出時のお湯を注ぐ勢いが少し強いですね。もっとぽたぽたと垂らす程度に注ぐ人もいます。




必要な量を抽出することができたら、そこで抽出を終わります。
ただし、ここでも「ドームを保ったまま」、ドリッパーをコーヒーサーバーから外すのがポイントです。注いだお湯が出切ってしまう(ドームがへこむ)と、エグ味が入ってしまいます。

ドリッパーからまだポタポタと珈琲が垂れているので、流し台の近くなどでやるか、ドリッパーを置くお皿やカップなどを用意しておくといいでしょう。


これで、無事、おいしい珈琲が入りました!
こうして書くと大変なようですが、道具が揃って、慣れてしまえばどうということもない作業だと思います。
鮮度の良い豆さえ確保できれば、そのへんの喫茶店で飲むよりは、はるかにおいしくて安く珈琲が淹れられている、と自負しております。


私はいつもカフェオレを淹れていますが、その場合は先にカップに牛乳を入れて、レンジで沸騰しない程度に温めてから、その上にドリッパーを置いてコーヒーを抽出しています。このやり方だと、カップを温める手間がかからないのですよね。

アイスコーヒーの淹れ方は、次回書きたいと思います。


最後に、本日の一枚です。だいぶ前にこの記事の下書きを書いたので、写真も前のなんですが(笑)

2019/11/8 15:04 朝霧高原からの一枚です。パステル画のような淡い色彩が綺麗です。
cam1_6769.jpg
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:17 | Comment(0) | 珈琲と、私。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

ワオナブーツ、実際に使ってみました。

コロナウィルス、日本でもだいぶ、物騒な事態になってきましたね…、
今日は、素振り会も中止でした…(涙)

安倍首相も言っていましたが、これは、長期戦になりそうな感じですね…、
全世界的にこんな影響が出る事態なんて、第二次世界大戦以来なのではないでしょうか。こういう時こそ、ひとりひとりが全体のことを考えて行動するべき、なのでしょうね。

それは、さておき…、

モンベルで「ワオナブーツ」を買いました。で書いた通り、購入した2日後に、新しい靴をはいて景信山に行ってきました。

結論としては…「ワオナブーツは、低山用としてとても使いやすかった」のです。
といっても、私は今までキャラバンの靴しか履いたことがないので、それだけが比較対象なのですが。

まず、軽いのです。登山靴って重めのものもありますが、ワオナブーツは軽いほうだと思います。私が今まで使っていたキャラバンの靴より軽いです。低山であれば、重いよりも軽いほうが足が疲れないのではないかと思いました。

そして、今まで履いていたキャラバンの靴に比べて、滑りにくい気がしました。
景信山に登った時は、前日が雨だったので、わりと滑りやすい状態だったのですが…歩いていて足元が危ない、と感じることがほとんどありませんでした。

その翌週には、家族で高尾山に登ったのですが、やっぱりすごく歩きやすかったのです。
これは、前の靴よりもいいんじゃないか?と思いました。
(キャラバンのC4-03も、ワオナブーツも、どちらも価格は17000円前後です)

私はこの「ワオナブーツ」をけっこう気に入ったので…
やっぱりちょうど登山靴を買い替える必要があった主人にも、勧めてみたのです。
主人は今までは、アルペンのオリジナルブランドの「サウスフィールド」の靴を使っていて、それなりに気に入っていたのですが、滑りやすいと言っていたのです。実際、よく転んでいましたしね(^^;

サウスフィールドはわりと「お安いブランド」なのですが、モンベルの靴に比べると、靴の裏の凹凸がだいぶ少ないのです(笑)。素材的にも、確かにちょっと滑りやすいかもしれないと思いました。

主人はすごく足が幅広で…、
最初はキャラバンの幅広の靴を勧めたのですが、それすらきついと言っていたので、そうしたらもう、選択肢はモンベルしかないだろうと思っていました。

主人は、ミッドカットの靴の中でも、かかと部分(ヒールではなく、かかとの上の部分)の高さが低いものが良かったようで、ティトンブーツというのを考えていたようなのですが…
ティトンブーツ ワイド Men's
これは、まだ入荷時期未定なんだそうです。
(普通の幅とワイドタイプがあり、上記のリンクはワイドタイプです)

なので、ワオナブーツ(ワイドタイプ)を試着したところ、ティトンブーツよりはかかと部分が少し高いものの、ほとんど気にならないと。
履き心地も問題なさそうなので、主人もワオナブーツ(ワイドタイプ)を買うことにしたのです。私と同じ色だと間違いそうなので、ベージュのほうにしましたけど。

そして、家族で高尾山に登ったその翌週には、「陣馬山」に主人と娘と3人で登りに行ったのですが、主人はその時に、ワオナブーツを初めて使いました。私ももちろん、ワオナブーツでした。

主人が実際に使った感想は、こんな感じでした。まだ一回履いただけなので、今後評価が変わってくる可能性はありますが…。

「今まで使った登山靴の中では、一番幅が広いので、歩いてる時にずれるかな?とか思ったけど、そんなことはなかった。
ヒモもなんとなく頼りない印象だけど強度はある、ただ、ちょっと結ぶ時にひっぱりにくい感じ。あと、ベロの上部が厚くて、しっかりしまいにくい。
細かい起伏の時、足の置き場を間違えるとグラっとするのは、少し靴底が固いからではないか。もう少し柔軟性があるほうが好み。」



私も、ヒモはちょっと細くて締めづらいかな、という感じはしました。あと、左の先のほうを緩めていたつもりだったのに、ヒモを結ぶ時にまた締まってしまった感じもありましたね(^^;

でも、全体的にはかなり使いやすい感じがしました。低山用としては、軽い、滑りにくい、というのは、けっこうポイントが高いのではないかと思います。
富士登山まで対応できる靴なので、これからバンバン活用したいと思っています♪

最後に、本日の一枚です。

景信山の頂上からの景色です。山から眺める、山並みって好きなんですよね。
QQBW6950_1.JPG

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 21:02 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

母だけの剣道日誌(173)野稽古、最高でした!!

新しい登山靴で山に登った話を書くとかいいながら、アップできてませんでしたが(笑)
それはとりあえず置いておいて、今日のことを書きたいと思います!ちゃんとリアルタイムな剣道ネタですよ〜!


先日、ブログ友でありリアル剣友である、またおやまあさんが…こんなブログをアップしていました。

剣道(リバ剣)と病(心臓 S-ICD)と稽古とおやじブログ
春の陽気に誘われて…

このコロナ騒ぎの中、市内の会で唯一、稽古をやっていた会も中止になったと…
(私はこの稽古会は、家族に止められたので行っていませんでした…)

そのせいで頭がおかしくなったまたおやまあさんが「野稽古」をやりたい、と書いていたので、
「もしやるなら私も誘ってください!行きますから!」
とコメントしておいたのです。もちろん、本気でしたよ(笑)

なのに、またおやまあさんったら…先週の日曜日に、私に黙ってこっそり、野稽古をしていたのですよ?(笑)
帰ってきた週末


えっ!!?またおやまあさんの剣友会の有志たちで、外で、素振り会をしたですって…?
なんで、呼んで下さらなかったのですか〜!!!???(涙)

(それはまあ…同じ市内とはいえ、違う会ですから、仕方ないのですが(笑))

でも、今週も開催されるとのことなので、ええ、もちろん行ってきましたよ!
おととい陣馬山に登山したばかりで、足がバリバリ筋肉痛でしたが、そんなの、ものともせず参加しましたとも!(笑)


場所は市内のとある公園。ぽかぽか陽気で、スポーツ日和…いや、武道日和ですか?(笑)
コロナ騒ぎで暇を持て余しているみなさまが、芝生広場でくつろいだりスポーツしたりしています。
私達が稽古をするところは、タイル張りのところで…お隣では、演劇系の方たちが稽古をしておりました。

私はちょっと早く着いてしまって、待っていましたが…
あとから続々と、竹刀袋を持った面々が集まってまいりました(笑)
今回のメンバーは、私と、あとからいらした先生も含めると、総勢8名(だったかな?)。半分くらいの方は、何度かお会いしたことのある方だったかと思います。

最初に、高校生から剣道を始めて1級を取った子に、免状の授与式を…
私は関係ないのに、写真に入ってしまいました(笑)

そして円陣を作って、準備運動から…
「いち、に、さん、し」「ご、ろく、しち、はち」
っていう声をかけるだけでも…
「なんか、声出したの、ひさしぶり」
と思いました。

私は家では素振りはしていましたが…、声は出せませんからね〜さすがに。
登山も毎週していましたが、登山では、声なんて出しませんしね(笑)

そして、次は素振りです。
この時はまだ7名だったので、ひとり10回分ずつ声をかけながら、1周…つまり70本ずつ振ります。
前進後退面、前進後退左右面、早素振り(疲れたので50回で)をやりました。これも、声を出せるのが嬉しかったですね〜。
これだけでも、みなさんけっこう息が荒くなっています…ひさしぶりの方も多かったのでしょうね。

今度は片手で竹刀を持って、ひねるように回転するというのを、前10本、後ろ10本。右左それぞれやりました。

それが終わって、小休憩です。
水分補給しながら、ふと手を見ると…、左手の小指と薬指の下にマメが、できてました(^^;

ふだん、自分の会では竹刀で素振りをあまりしないし(木刀なんです)家でやってる時も、こんなに本数はこなしてないですからね。
でも…、とにかく楽しいのです!
一人で素振りしているのの、100倍楽しいです!!
そして、剣道をやりたいって切実に思っている人が、ここに集まっているんだ…と思うだけでも、なんだか嬉しいじゃないですか(^^)



休憩時間に、またおやまあさんがブログにも書いていた「竹刀の握り方」を教えてもらいました。
竹刀の握り方

ブログを読んで自分で試しただけでは、よくわからなかったのですが…
実地で教わったら、少しはわかった気がします(でも、慣れてないので難しいです〜)。またおやまあさんからは、今日一日でだいぶ良くなったと言っていただけました。(忘れないようにしないと…)


そして…先週はやらなかったそうですが、今週は、竹刀への「打ち込み」をやることになりました。
3人の人が竹刀を持って立っていて、残りの人が順番で、連続で面を打ちこみます。打った人は今度は竹刀を持つ側になる…という形で。

これをやっている途中から、ご年配のIT先生がいらっしゃいました。私ははじめてお会いした方かもしれません。
教えている内容や様子から、てっきり、七段くらいの方かと思って、あとからまたおやまあさんに聞いたら「大人から始めた方で、五段なんですよ」と…、ええ〜、本当ですか〜!?

IT先生は中には入らず、打ち込みを見ていて要所要所を注意してくださっていました。
私は、右手の握りが強くて振り上げる時に右に上がってしまっていると言われました。でも、打ち方自体は「いいんじゃないですか」と、言ってもらえて、嬉しかったです♪


それからずっと、みなさんで黙々と打ち込みをしていたのですが…
その時、隣で演劇をしていた方たちでしょうか?ものすごく声を出している人たちがいたのです。
「あんなに声、出していいの?」
「だったら、出そうか!?」

みたいな話になりまして(笑)

普通に声を出してやってみたら…、高台にある場所だけに、周囲にめちゃくちゃ響きまして(^^;
でも「ひとり一回限定」で、やってみたところ…とても、気持ちよかったです(笑)

「こんなに声出したら、通報されて、警察が来ちゃったらどうします?」
「一緒に稽古しましょう、って言いましょうよ」(←またおやまあさん)
「ああ、それはいいですね!(笑))」(←私)

そして、声を出したほうが…みんな、絶対、打ちが良くなってるんです。
なるほど〜、本当に声を出すと出さないとでは…違うんですね〜。
YD先生は「2割くらい違いますね」と、言っていました(笑)

しかし、この「打ち込み」…なんと、1時間くらいやっていたのですよね…。
途中で気がついたら、さっきの左手の小指の「マメ」から血が出ていて…親指の付け根部分は、マメがつぶれて皮がむけていました(^^;
普通は、素手でこんなに長時間、竹刀を扱いませんからね…IT先生からは
「小指がしっかり握れていないから、竹刀がぶれてマメになってしまうんですよ」
と言われてしまいましたが。

でも、一人ではできないことですからね…、超、楽しかったですよ(笑)


そして、その後は形稽古です。
ひさしぶりに形をやるので、前日に家でひそかに復習したのですが…けっこう忘れてましたね(笑)

私は、以前も一緒に稽古したことのある、韓国人の「CHさん」というおじさん(6月に二段受審予定)と組んで大刀だけをやることになりました。
私は次は四段なので、小刀もやりたかったのですけど、まだほとんど覚えてなかったですから…、

IT先生がつきっきりで、教えていただけまして…
いろいろ、細かい注意をしていただけました。

私が、小手を打つ時に左のほうを狙ってしまっていたので、正面を打つように。
打ち終わった時の左手の位置が高い。
相手がしっかり準備ができてから(機を見て、ですね)打つように。
七本目の胴を打つ時、あまり木刀を引き付けずに、先のほうで打つように。

などなど…。とても役に立ちました。

私もまだ全然「カッコイイ」感じにはなれていないのですが…これから二段を受けるCHさんと比べたら、少しはできているなと感じまして(当たり前ですけど…)。三段に向けて必死に形稽古したのは、多少は身になっているのかな、と、やっていて思いましたね…。
でも私はこれからは、子供相手とはいえ「先生」になるのですし、四段を目指すのですから…、もっと「カッコイイ形」が打てるようになりたいものです。


いや〜、ひさしぶりの稽古、本当に楽しかったです!
屋外なのですり足はできませんし、さすがに防具はつけられませんでしたが…
一人で家で素振りしているのとは、大違いですね(笑)


またおやまあさん、無理やり押しかけさせていただき、ありがとうございました♪
稽古がない間はちょくちょく…お邪魔させていただくことになりそうです(笑)

剣道って、本当に楽しいですね!
今まで、毎週稽古ができていた、というありがたみを、つくづく感じたのでした…。
当たり前だと思っている生活ができることこそ、幸せなのですよね。



最後に、本日の一枚です。
先日、家族で陣馬山登山したのですが、その時に撮影した富士山です♪
IMG_8971_1.JPG
この日は「奈良子尾根コース」で登ったのですが…わりとずっと富士山が見えてて、嬉しかったですね〜。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 21:15 | Comment(4) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

モンベルで「ワオナブーツ」を買いました。

剣道の稽古が全くできない今日この頃ですが…みなさん、いかがお過ごしでしょうか。当初は「とりあえず2週間は稽古中止」ということでしたが、どうやら3月いっぱい、稽古はなさそうな感じですね…。
ランニングと素振りは継続していますが、ひとりでそんなに長時間やるほど私はストイックではないので、もっと身体を動かしておきたい!と思いました。

剣道を始めてからこの6年間というもの、ほぼ休まず、週2回の稽古をこなしてきたのに…、それが、急にすべてなくなってしまったのですからね。以前肉離れした時だって、2〜3週間くらいしか休んでないのに。

室内スポーツは今はほぼ「全滅」ですが、屋外での感染リスクは少ないそうなので、登山はいいだろうと思いまして。先日、主人と二人で、景信山に登ってきました。
本当は、富士山のよく見える「三つ峠」に行こうと思っていたのですが…
三つ峠は標高が高く(1785m)、行こうと思っていた当日は気温がすごく低かったので(昼でもマイナス9度とか…)、やめたのですよね。

その計画を立ててから、はたと気づきました。私の登山靴が壊れていたことに…。
壊れていたといっても、甲の樹脂部分にヒビが入っていただけなので、歩くだけならほぼ問題ないのですが…雨が降ったら確実に浸水してくるのは目に見えていました。
基本的に雨模様の時はあまり登山に行かないのですが、山の天気は変わりやすいですからね…、

お正月に娘と息子と行った高尾山の時は、このヒビの入った状態で使ってたんですけどね…、それから登山してませんでした。もう新しい靴を買わなければ、と思っていたところなので、急遽、前にも登山靴を買った「越谷レイクタウン」に行くことにしたのです。

2017/7に登山靴を買った時の話はこちら
越谷レイクタウンで、トレッキングシューズを買う(その2)

私がその時に買ったのは、この「キャラバン C4-03」です。
[キャラバン] トレッキングシューズ 0010403 C4_03 レディース 670(ネイビー) 26 cm
[キャラバン] トレッキングシューズ 0010403 C4_03 レディース 670(ネイビー) 26 cm

このキャラバンの靴は、最初に富士山に行く前に買ったのですが、それからずっと、どの山に行くにも私はこの靴を使っていました。
富士山はもちろん、高尾山も八ヶ岳もすべてこの靴で登りました。それしか持っていませんでしたし、履き心地も満足していました。

足幅の広い私には、海外製の靴は細身でキツイのです。コロンビアとかキーンとかは細かったですね。
前に試着した時にそう感じていたので、今回もキャラバン(日本のメーカーです)にしようかな〜と思っていました。

まずは、レイクタウンの「L-Breath」に行ってみましたが…置いてある靴の種類は以前とたいして変わりませんで。
以前見なかった色の靴があったのですが、私のサイズがなくて、色違いを履いてみたのですが…、

キャラバン トレッキングシューズ ゴアテックス ハイカット C1-02S GTX LIMITED 0010106 443 CAM/443 26.0
キャラバン トレッキングシューズ ゴアテックス ハイカット C1-02S GTX LIMITED 0010106 443 CAM/443 26.0

これは、以前に履いて「幅広すぎる」と思った靴と同じものでした(^^;
(ということに、試着してから気づきました)

なので、前回買ったのと同じモデルにしようかと思ったのですが…私の欲しい色は置いてありませんでした。
仕方ないので、ネットでほしい色を買おうかな〜と思ったのですが…、レイクタウンには「モンベル」もあるので、モンベルも見てみようと思いました。

前回、登山靴を選んだ時の印象だと「モンベルの靴は固そう」と思っていましたが…
その時より、多少は登山のスキルが上がった今だと、感じ方が違うかな?とも思ったのです。


モンベルの店員さんに、
「登山経験は3年、ふだんは低山中心で、あまり岩山とかは登らない、年に1〜2回、富士山や八ヶ岳などに行く程度」
というのを伝えまして…お勧めの靴を教えてもらいました。
今までキャラバンの靴をはいていたので、あんまり底が固くない靴がいいと思っているということも。

店員さんに足のサイズを計測してもらったら「25cm」だったので、登山靴は靴下の厚みも含めて1cm大きめのものをということで、26cmの靴を何足かはいてみました。
最初に履いたものは「イタリア製」だそうで、足幅が細くて…私の足は、指のすぐ下の部分がけっこう幅が広いのですが、そこが当たるような感じでした。そして次にはいたものも、やっぱり少しその部分が狭かったのです。
(何を履いたのか、残念ながら覚えてないんですが…)

その時、女性用で私のサイズのものは置いてなかったようで、店員さんが最後に出してきたのがこれでした。
ワオナブーツ Men's

IMG_8869_1.JPG

これは、私の足の幅には合っている気がしましたが…、歩いてみたら少しかかとがパカパカするのでそう言ったら、「ひとつサイズを下げてみたらどうでしょう」と言われて、25.5cmを持ってきてくれました。
26.0cmよりも、25.5cmのほうが私の足のサイズには合っていたようで…、ちょうどいい感じです。(今まで履いていたキャラバンの靴も、25.5cmだったのですよね)

この「ワオナブーツ」は、今までのキャラバンの靴に比べると、底が固めです。あまり屈曲しない感じというのでしょうか。でも軽い感じで、重登山靴ではありません。似たような用途の「タイオガブーツ」と比べてみると、明らかにこちらのほうが軽いです。合皮を使っている部分が少ないからでしょうか。
岩山などを登る時には底が固いほうがいい…というのはわかっているのですが、私は低山中心なのでどうなのかな?と、店員さんに言ったら、
「底が固いもののほうが、足が疲れないですよ」
と、言われて…、本当にそうなのかな、今回はそういうのを買って試してみようかな、と思いました。お値段も税抜き15500円と、登山靴としては手頃なお値段です。


私は登山靴を、防水性のある靴として、街歩きに使うこともあるので、デザインにはこだわったのですが…このワオナブーツのメンズの「グレーにポイントでオレンジ」の配色は、普通の服にも合わせやすそうでいいなと思いました。
アウトドアの時は派手色が好きな私ですが、街で使う時は、靴の派手色は合わせづらいですから(^^;

この靴を買ったのは、登山をする予定の2日前だったのですが…
靴を買った翌日、整骨院に行く予定があったので、慣らしを兼ねてはいていったのです。

そしたら、整骨院の先生が、この靴をほめてくれました(^^)
「この靴かっこいいですね〜、サイズが合ってたら僕がもらうのに」
と。(整骨院の先生は、登山はしてませんよ!(笑))
主人もこの靴をひと目見るなり「カッコイイ」と言っていたので、何か男性の心をくすぐるものがあるのでしょうか?
(少しミリタリーブーツっぽいですよね)

登山靴は、普通の靴より底が固いので、アスファルトの道路を歩くにはちょっと歩きづらかったのですが…
それさえおいておけば、軽いし、フィットしているし、全体的に悪くない感じです。
ただ、右足は何も問題なかったのですが、左足は甲のあたりが何かに当たるのが気になりました。

よく見たら、「ベロ」の部分がシワになっていて、甲に当たっているのでした。ヒモをわりと締めてあるので、「ベロ」が寄せられてしまっている状態なのです。
左も右も同じような状態なのですが、私は右足より左足のほうが甲が高いようなので、右は平気だけど左だけ気になるのですね。
なので、左だけヒモをだいぶ緩めたら、やっと当たらなくなったようです。


というわけで…、「ワオナブーツ」を購入した2日後には、この靴をはいて景信山に登ってきました。
靴のはき心地も含めたその話はまた、次回に。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 20:35 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

母だけの剣道日誌(172)稽古、したいですよね〜!

全国の、欲求不満を抱えている剣道好きのみなさま、こんにちは〜(笑)
ご無沙汰しております〜

どこもかしこも、自粛の嵐…。全国的に、稽古もできていませんよね〜
私もしかたなく、おとなしくしております…

外出自体も減っているので、なんか身体がなまってる感じがすごくしますよ…

とりあえず、ランニングはほぼ毎日しています。
素振りは、しばらく肩の痛みがあったもので、あんまり酷使しないほうがいいかと思って、家ではやっていなかったのですが…最近はランニングをする日には必ず素振りもするようにしています。

いつもは家での素振りは「ざっとやる感じ」だったのですが、今は「丁寧にやる」ことを意識して、ゆっくりやっています。
私は今まで、手の内を締めることがあまりできていなかったので、竹刀の握り方をじっくり考えたり、打った瞬間に締めるようにしています。
稽古の時も一生懸命考えてやってはいるのですが、周囲のスピードに合わせないといけないですから、なかなかそこまでじっくりはできないのですよね。

あと、私の苦手な「小さい面」を意識した、素振りのようなものもやっています。
「素振り」って、考えてみると大きい面のやり方しかないじゃないですか。
「なんで小さい面の素振りはないのかな?」と今回、はじめて疑問に思いましたよ(笑)

稽古がないからこそ、家でここまでやろうと思ったわけで、だからまあ、これもいい機会かなと思っています。
人生万事、塞翁が馬…思うようにならないからこそ、考えられることもあるのでしょう。


とりあえず、整骨院での運動は継続しているので…(2週間に1回ですけど)
それは真剣にやっていますが〜。

あと、明日は登山に行く予定ですよ!
登山自体もわりとひさしぶりなので、ちょっと心配ですけど…、まあ、たいした山じゃないので〜。

登山用の靴も新しく買いましたし…、ああ、その話も今度書きましょうかね。
新しい剣道ネタがありませんからね(笑)


最後に、本日の一枚です。

2/23 17:36 朝霧高原職業訓練センターより。
「富士山の日」の、夕焼けです。
IMG_8840.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:47 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする