2020年02月16日

母だけの剣道日誌(167)幼児指導について思うこと(その2)またおやまあさんからの返事、その1。

母だけの剣道日誌(166)幼児指導について思うこと(その1)「こうしたらいいのに」と思う部分。 より、続いています。

というわけで、私はまたおやまあさんに、当会の幼児指導についての私の意見に対する見解を聞いてみました。
またおやまあさんからいただいた返事の、主な部分を抜粋して書きたいと思います。
青色で、>という引用記号がついているのは、私が送ったメッセージの内容です。
わかりやすくするために、強調したり、改行部分や原文を少し直しているところもあります。



>先日の稽古をご覧になったのでおわかりと思いますが、当会の幼児たちは、準備体操や素振りがあまりできていません。

まぁ…それはF剣友会も同じですわ(笑)
※F剣友会=またおやまあさんが所属している会、です


>みんなでやっている時にしっかりと教えるのは無理なので、私としては、幼児指導の時間に少しずつでも教えればいいのに…、と、ずっと前から思っていたのですが…

F剣友会でも、準備体操は教えていません。
なにせ彼らは身体が柔らかいですからね(笑)

個人的には素振りは…大人にとっても難しいものと認識しております。
私もですが…正しく打ち切る素振りをしている方がはたして何人いるのやら…
(筋トレになっている方を往々にして見かけます)

さらに幼児の筋力では手の内も難しいでしょうから、F剣友会では物を打つ方に重点を置いています。

なので素振りは、ある程度大きくなって
さらに聞けるようになってからかなぁと考えております。

>IZさんに「教えないのですか?」と聞いてみたところ、IZさんは、幼児たちは準備体操や素振りはしっかりできなくてもいいと考えているそうで、だから素振りの時間以外はあえて教えていないようです。

なので、IZ先生の考え方も成る程!ありだな って思った次第です。


>私の個人的な見解を言えば、全体で準備体操や素振りをやる時に、全くできていない幼児がいるのは、他の大人も気になるのですよね。教えようとしたら、自分の素振りができないですし、かといって放置しているのも…、という感じだし。
本人たちも「周囲についていけてない」というのはわかっているだろうし、きちんと教えたほうがむしろいいと思うのです。もちろん、教えてできないようであれば、やらせなくていいと思うのですが…。


そうなんですよね
なので一通り出来ても出来なくても、足捌き、素振り、3挙動、打ち込み、などはやらせます。

そして、彼らに何やりたい?
何が出来るようになりたい?
何を教わりたい?
って聞いています。

すると…やはり素振りってなりますよ。
おっしゃる通り、なにせ一斉にみんなでやるのに、出来ていないから、浮いてしまうのを本人が分かっていますからね。
自分が言ったことなので幾分かは長続きします。
幾分かはです(笑)


>でも、きちんと木刀を持たせて、蹲踞までやる、というところくらいは、いくら幼児とはいえ、しっかりできるまで教えたほうがいいと、私はいつも感じています。

実は…私は最初にこれをやります。(玩具の刀を使って)
名称クイズなども織り混ぜながら。(これなに?切っ先 ここは? 柄 みたいな)


抜刀スピード対決、納刀スピード対決、
さらに所作中に敵が斬りかかってくるので、いつでも刀を抜けるようにするゲームとかも


>細かい所作はともかく、当会の子は右左どちらに持つのか、どうやって抜くのか、それすら怪しい感じがあるので。素振りにしても、基本的な動きは、個別に一回きちんと教えたほうがいいのではないかと…。
>そのあたりは、時間を取って教えないと、いつまでもできないと思うのですよね。


それなんですよね。
なので私は玩具の刀を使って何故その所作なのか、竹刀に置き換えるとこーなるとか、所作の意味を伝えるようにしています。

また同じ事をある程度出来るようになった小学生にも、玩具の刀を使って教えます。
話を聞ける年齢になると、また違った反応です。(笑)


>先日は、幼児は「HKくん」(もう1年くらいやっています)と、「YTくん」(先日入ったばかり)の二人がいたのですが…そのくらいは(何度も根気よく教えればですが)もうできると思うのです。
>年中さんくらいだと難しいところはあると思いますが、今いる幼児は全員、年長さんなので。

男の子は精神的成長が遅いですからねぇ
(大人になっても子供のままですし)
ちゃんと話が聞けるようになるまで、仕方ないのかな?って思う一方で、本人が楽しんで来てくれているのなら、手を変え品を変え根気よく少しずつですね。
※親が習わせたくて来ているだけだと、まず楽しいものだと認識させなければならないので、それはそれで大変(遊びに、なってしまう


>親御さんとしても、そういう部分を求めている気がしなくもないのですが…。

これはとても気になるところですよね。
求められる内容によっては指導が変わりますから…
私は思いきって親に聞きましたよ。

このままの遊び+稽古で良いか? ってね。
それでも一年半もすると遊びの比重が、ぐっと減りますよ


>実際に幼児指導をしているまたおやまあさんは、当会の幼児を見て、どう感じていらっしゃいますか?

F剣友会の子供達と変わらない印象です。あぁ…さすが幼児やね って(笑)
でもF剣友会の子達より元気でした!


>F剣友会の幼児たちは、どの程度のことまでできるのか、どの程度まで教えようとされているのでしょうか。
>率直な意見をお聞かせいただければ、幸いです。

これは、今度のミニ大会で見てもらえればって思っていたのですが、今回不参加みたいで…
F剣友会の子も、まだまだですよ。


そうですねぇ
あまりエラそーに言えるような立場ではありませんので、手法やりかたなどと、大袈裟なものではなく

幼児指導で気を付けていることが
・出来たら大袈裟に誉める!
・出来ないのは前提として考える
・ひとつの稽古は短時間
・目線を下げて(しゃがむ)話す

とても言葉が悪いですが…子犬を可愛がるような感じです。



最初の頃は剣道を教えようとして四苦八苦しました。

ところが剣道を教えるのではなく"遊べば"いいんだ!って思ってからは…
「遊びの中に剣道を織り混ぜる」
「少しずつ剣道の比重を増やしていく」

ってな具合で大変だとか辛いと思わなくなりました。(笑)

これは自身の子育てにも通じるのですが、二十歳になっても机の上で踊る子はいない。
だから大丈夫!いつまでも同じではないから。
※もちろん注意しますよ

F剣友会の子達も、この頃は話を聞けるようになったと思います。
正座してじっと出来る時間が増えています。

それでも出来ていない小学生もいますから。

肉体の成長が人それぞれであるように
精神の成長も人それぞれ
さらに肉体の成長=精神の成長 ではない!

って思えると
長い時間で考えられるようになりました。


以上が、またおやまあさんからもらった返事です。
これに対してまた私が返信した内容は…、次回に続きます。

最後に、本日の一枚です。
2020/1/1 16:41 精進湖子抱きカメラより。
ほんのり紅色に照らされる富士と、印象画のように湖面に映る富士が美しいですね…。
IMG_8777.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:38 | Comment(2) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする