2019年11月28日

母だけの剣道日誌(148)力が抜けちゃって、ヘロヘロです(笑)

しばらくお休みする、とか言いながら、早々に出てくる私…、懲りませんね(笑)

でも、今日はさくっと行きます!

三段審査が終わって、そのブログを書き上げたのが2日前のことですが…なんか、そこからがっくりと力が抜けてしまいました。
相当、気を張っていたのですね…、自分でもそこまでとは思っていませんでしたが…
「今までがんばってきたんだから」
と、筋トレもちょっとだけ、お休みしています。

昨日はまた稽古日でしたが、体がどうも、フニャフニャした感じでして(^^;
稽古の最初のランニング、いつもは最後の「ダッシュ3周」を、中学生と競ってやってたのに…、この日はなんか体が重くて、全くダッシュができませんでした(笑)

審査が終わったと思うと、稽古に向きあう気持ちもなんか気楽になりまして…、
真剣にやってはいましたが、どこかのんびりした気持ちになっていました(笑)
いつまでも、こんなのんびり気分ではいけないのでしょうけど…、今はまあ、これでいいかなと。我ながら、相当、がんばったとは思うので。

そしてやっぱり…、稽古は楽しい、のです。

審査の時はガチガチで、全然できてなかったですけど、やっぱり、基本稽古の面打ちは前よりは上手くなってるな、と思いました。立ち合いになると下手になるんですけどね!(^^;

この日来ていた、審査前にお世話になった何人かの方には、ご報告とお礼を言いました。

そしてこの日は、子供稽古だけで終わりにして…、
SWさんと話したいという長男を連れて、SWさんと私とで、サイゼリアに飲みに行きました。(もちろん長男は飲んでませんよ!)
長男の目指している大学の専攻と、SWさんの仕事が関係があるので、話が聞きたかったのだそうです。
SWさんの仕事の話をいろいろ聞きましたが…、本当、ユニークな人なんですよね、SWさん。フリーダムというか(笑)。

SWさんに
「私ははなずきんさんがいなかったら、剣道を続けていなかったですよ」
と、言われましたが、本当にそうなのかもしれません。

SWさんは、ときどきお仕事で長期間いなくなりますけど…、一番気やすく稽古ができる「剣友」と言えるでしょう。
でも、来年4月から、外国に行ってしまうかもしれないのだそうですが…、(まだ決まっていないのですが)
そこには道場があるらしく、剣道を続けようかなと言っていました。
SWさんとは、いつかまた一緒に剣道ができるような気がしています。


ああー、本当に、審査は終わったんですね…、
のんびり、温泉にでも行きたい気分です(笑)


そうそう、ブログの「カテゴリ」も「四段に向かって」に変えました♪

最後に、本日の一枚です。

ベストショットより、8/7 4:46 朝霧高原から。
IMG_8429.JPG
勝手に自分の心情に重ねてしまいますが…、(笑)
夜明けの富士山が、新たなスタートを予感させてくれます。

私は「都民共済」に加入していて、都民共済では抽選で富士山カレンダーがもらえるので、応募していたのですが。
その、当選したカレンダーが今日、届いたのです。
3万人応募があって、1万人が当選したそうです。家族5人分応募したので、1つくらいは当たるだろうなと思っていましたが。

でも、これは…、富士山の神様が、がんばった私にプレゼントしてくれたんだろうな、と思いました(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:28 | Comment(0) | 母だけの剣道2(四段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

母だけの剣道日誌(147)運命の…三段審査(その4)TS会の反省会&これからに向けて。

母だけの剣道日誌(146)運命の…三段審査(その3)いよいよ立ち合い、ですが…、 より、続いています。

立ち合いの内容はともかく…、何はともあれ、合格して…、審査が終わりました。
一緒に三段を受審したママさんたちと、「よかったですね!」と喜び合い、
「次は、東京武道館(四段審査)で会いましょう」
と、別れを告げました。

審査会場の後ろのほうにいた、ENさん、NM先生、SG先生、YB先生が集まっているところに行って、「おめでとう」と言ってもらいました。みなさん「反省会」(飲み会)に行くとのことでしたが、私はそんな予定はしていなかったので、帰ろうと思ったのですが…、

先週、五段審査の後にTS会の人たちと「反省会」をしたSG先生は
「今日は、私の代わりにはなずきんさんが行くんで!」
と、言うのです(^^;

ええー、子供たちの夕ご飯も用意してきてないし、どうしようかな…、
でも、とてもお世話になったTS会の方々にお礼も言いたいし、いちおう三段合格したんだから飲みたい気持ちもあるし…
ということで急遽「反省会」に出ることにしました。

しかし合格したのになぜ「反省会」か?というと、YB先生いわく
「八段審査に合格した時以外は、全部反省すべきところがあるから」
なんだそうです(笑)

子供には「合格したよ〜」と電話して…、
「急に飲み会になっちゃったから、夕ご飯はスパゲッティゆでて食べておいて〜」
と言っておきました(笑)

そして、体育館のある狭間から八王子まで移動しまして、八王子で飲むことになりました。
「反省会」に出ていたのは、YB先生、YB先生の奥様、NM先生、「理想の上司」ENさん、若手MM君、そして稽古で一回だけ一緒になったことのあるSTさん、とある電鉄会社の車掌のOTさん、そして私の8名でした。

「反省会」の最初に、YB先生が「今日、合格した人」といって、MM君の名前をあげて、「おめでとう!」って乾杯したんですけど…、
この時はなぜか、私の名前は出なくてですね…、あとから
「あ、はなずきんさんのこと、言うの忘れてた」
って…、ヒドイですよっ!?YB先生!(笑)

私はNM先生、STさん、MM君の近くに座っていたので、ずっとその3人と話していました。

MM君が今年の7月に入籍していたのに、先週の「反省会」までそれをみんなに知らせていなかった(同じ職場のNM先生やSTさんにもです!)ということが話題に上り…、
「なんでお前はいつもそうなの?後で知らせたってよけい怒られるだけじゃん?」
と、YB先生にガンガン突っ込まれていました(笑)

MM君とは稽古では何度も一緒でしたが、ゆっくり話したのはこれが初めてでしたね。私は「新婚さん」の話を聞こうと思ったのですけど、恥ずかしいのかあんまり話してくれませんでしたけど(笑)

STさんとも子育ての話とか、だいぶいろいろ話しました。まだお子さんが小さくて、あまり稽古にばかり出ていると奥様に怒られると言っていたので、「今日は、飲み会出て大丈夫なんですか?」と聞いたら「今日は奥さんは、実家に行ってるから大丈夫です」と言っていました(笑)。

私は7月に最初にTS会に行って以来、5か月間、ほぼ毎週のように出ていました。当会のN先生とはまた違う、NM先生やYB先生の指導から得たものはいろいろありました。人間関係もとても楽しくて、入会したいと思ったくらいなのですが…、「反省会」も、とても楽しかったです。
ただこれから、私はパートに出ようと思っているし、今の会のほうが優先ですから…TS会にはそんなには行けなくなりそうなのです。でもこれからも時々、お邪魔したいと思っています。


審査の翌日は、朝から当会の稽古でした。ちょっと疲れていたのですけれども…、いつもと場所が違って、書類を持っている私が行かないとカギをあけられないので…、がんばって行きましたよ。

ひさしぶりに幼児のKHちゃんが来ていて、一緒に準備体操をやったりしました。子供の相手は大変ではあるけど、癒されもするのですよね。
この日はKHちゃんの両親が来ていたので、
「KHちゃん、家でも剣道に行きたいって言ってます?」
と聞いたら
「ええ、稽古を楽しみにしているんですよ!」
と言っていたので、すごく嬉しかったです。剣道をやりたいって言ってくれてる子は、可愛く感じますよ、私。(笑)


子供稽古が終わる頃、大人担当のN先生が来たので…、合格の報告をしました。
前もそうでしたが、N先生は「おめでとう」と、がっしりと握手をしてくれました。

この日、稽古に出て感じたのは、私が審査に向けて必死にやっていたことは、私にとって大きなプラスになったのではないかということでした。
今でも、前からあった「悪い癖」が立ち合いの時に出てしまうので、技術的にはすごく大きな変化があったわけではないかもしれませんが…
どこを直すべきかの認識がはっきりとできたことや、相手と対峙した時の意識や集中力、というのは、だいぶ違ってきた気がしています。精神的には、三段に近づけたのではないかと。

でも、稽古の時に「審査の立ち合い、構えている時から腕が伸びちゃってましたよ!あれじゃダメですよ!」と、SG先生に言われました(笑)。
あれは「いい立ち合い」とは言えない内容でしたからね…、緊張してもふだん通りにできるよう、もっと研鑽を積まないといけませんね。


当会のグループLINEでも、何人かの方から「おめでとう」と言っていただけました。
そして、体調不良で稽古に来られなかったSZ先生からは

「おめでとうございます。すべてははなずきんさんの努力の賜物だと思います。
自信を持って子供たちを教えてください。」


と、書いてあって…、なんだか、涙が出てきてしまいました。
私はこれから、子供を教えても、いいってことなのですよね。
まだ、指導することには自信は持てないけど…、私を教えてくれた先生にできる恩返しはしたいし、子供たちに剣道の楽しさを教えたいと感じています。

SZ先生は、私が入会した時から今まで、いちばん私のことを見てくれていた先生です。いつも、適切な時に、必要な指導をしてくれた、と感じています。
次に会えた時には…、しっかり、感謝の気持ちを伝えたいです。


私はこれから、新しいステップを上っていくのでしょうか。
そのためにはまだ、剣道そのものも上手くならなければなりませんけれども…、

私はまだ「試合で一本が取れるようになる」という目標には、届いていないと感じています。まずはそこを目指してがんばりたい。
そして、これからは、子供の指導にも携わっていければ、と思っています。


「運命の…三段審査」の話は、これで終わりです。

そして、私のブログの「三段審査が終わるまで、毎日更新する」という目標も、これで達成したことになります。
5月17日から、約半年、連続194日、続けたことになります。
長文を書くこと自体は全く苦にならない私ですが、さすがに「毎日」は、けっこう大変でしたね(笑)。
でも、私の文章が、少しでもみなさんの楽しみや元気の素になれたのでしたら…、幸いです。

連続更新の最初のブログは、これでした…。
母だけの剣道日誌(36)はなずきん、剣道やめるってよ(その1)きっかけは、ある日の試合稽古でした。

ちょっと前にこの一連の話を読み返したのですが、そこには、今とは全然違う私がいました。
この時から、本当に、いろんなことがありました…。私にとって、とても濃い半年間、だったのですよね。
この半年は、今までの人生の中で、一番充実した時間だった気がします。
大変だったけれど、やっぱり稽古はいつも楽しかったです。これからも、楽しんでやっていきたいです。


審査が終わって今日で3日目ですが…、なんか、どっと疲れが出てきた気がします。なんだかんだで、相当気を張っていたのでしょう。
まだ広報の仕事も残っていますし…、ちょっとのんびりしたいので、ブログのほうは、しばらくお休みをいただくと思います。

とか言いながら、書きたいことが出てきて、つい、書いちゃいそうな気もしますが(^^;
私は、文章を書いてないと、生きていけない人間なのかもしれないとも思ってます(笑)

読者のみなさまも…応援ありがとうございました!!


最後に、本日の一枚です。

ちょっと前のベストショットより、10/26 5:23 朝霧高原からです。
朝焼けの雲の色と富士山のシルエットの対比が素晴らしいです。左上に月が見えています。富士山はいつ見ても、何度見てもいいです…。
IMG_8449.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 18:35 | Comment(4) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

母だけの剣道日誌(146)運命の…三段審査(その3)いよいよ立ち合い、ですが…、

母だけの剣道日誌(145)運命の…三段審査(その2)審査前、待ち時間が長かったです…。 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

雪が減ってしまった富士山に、また雪化粧してほしいな〜と思っていたら、ばっちり雪が降ってくれましたね♪そして、化粧直しが終わった今朝は、笠雲でオシャレしてくれて(笑)、ニュースにもなっていました。なんかカワイイですよね、この富士山♪
IMG_8447.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

さて、本題です!!

いよいよ、私の立ち合いです…、
私たちの組は最後だったので、4名しかいませんでした。(他の組は5名ずつです)


最初の立ち合いの相手は、私の隣にいた「ブランクありリバ剣」の方でした。

今、撮ってもらった動画を見直してたんですけど…、あんまり当たってないですね、お互い。自分では、もう少し当たっている気がしていたのですが…。動画を撮っているSG先生が「ダメだ〜」と言っている声が入ってます…、(汗)

そして、立ち合いの時間はものすごく短く、実質は20秒くらいしかありませんでした。
お互いで打ったのは5回。私、なぜか1回小手を打ってますけど…、その前の面が入っていたつもりだったのでしょう。
でも、私の打突は、最後の1回でやっと面が当たっていた感じです(^^;。
気合声は、けっこう出てましたけどね…、

私たちに限らず、今回は初段から三段まで、立ち合いの時間がかなり短い傾向にありました。3回くらい打ち合っただけで終わり、という組もありましたね…。それはたぶん「合格」の人なのでしょうけれども。

自分でも「ちょっとビミョーじゃないの、これ?」と思ったのですけど…、
とりあえず、2回目の立ち合いをするため、反対側に回ります。


そして、2人目の相手は、「女子最高齢」の方でした。
年齢は聞いていないのですが、髪が真っ白だったので…、おそらく60歳近かったのではないでしょうか。蹲踞で立ち上がる時にもちょっと時間がかかっていました。

これまた実質20秒くらいで、4回しか打突をしていません…、でも、いちおう2回くらい面に当たっていたようです。
でも、打ちが弱くて、試合だったら一本にはならないだろうな…、という感じがします(^^;

最後にSG先生が「えっ、もう終わり??」と言っている声が動画に入ってます(笑)


ん〜、ビミョーですね、どっちも…、
おそらく緊張していたせいなのか、ふだんの稽古よりも、かなりダメな感じがします(笑)

そして私のいた組は…、みなさん私と大差ない感じでしたね…、
その組の中で一番若い私が51歳だったのですから、まあそんなものなのでしょうけれども。

立ち合いが終わった時も、これ、どうなのよ??と、思っていましたが…、

結果は…、私たちの組は、全員合格でした。
というか、今回、落ちた人がものすごく少なくて…、女子34名中、不合格は3名だけでした。合格率92%って…、三段審査とは思えない合格率の高さです。

正直なところ「今回は、かなり審査基準が甘かったのでは?」と、思いました。
私たちの組はだいぶ「年齢フィルター」をかけてくれた気はします。

ちなみに、不合格だったのは高校生ひとり、おばちゃん二人でした。
落ちた二人は、私の前の組で、私の立ち合いの直前だったのでよく見ていたのですが…確かに、全く当たっていなかくて、面をかすってもいなかったと思います。いくら甘くしても、あれでは通せなかったのですね(^^;
そのうちの一人は、二段審査の時に私と立ち合いをした人でした。実は二段の時も「これで合格でいいのかな?」と思っていたのですが(^^;


そして、実技の後は形審査でしたが…、

私は、合格した人数から計算して、自分は仕太刀だと思っていたのです。なので、頭の中で仕太刀のシミュレーションをしていました。
ところが、直前になって「最後は数が中途半端なので、3名ずつでやります」と言われて…、急に、打太刀になってしまいました。

そのせいもあったのか…、私、6本目で小手を打ちに行くのを忘れてしまいまして(^^;
(自分が打たれる側だと、勘違いしていました…)
6本目は、やり直しました。やり直しで上手くいったからよかったですが。

あと、5本目でこちらが打った面を、相手が摺り上げた時に木刀が当たっていなかったのですけど…、相手の方はそのままスルーしたので、まあいいかとそのまま続行してしまいました。

形は相当繰り返しやったのに…、やっぱり緊張していたのでしょうねえ〜。

そして、形は二段、三段とも、「全員合格」でした。

でも、男性で同じ人が3回くらいやり直しているのを見たのですが…、しかも、やり直してもあまりできてなかったのです。
3回間違えても合格するんですね〜?う〜ん、やっぱり、基準が甘かったのでは、今回…、


正直、自分では「こんな立ち合いで合格していいのか」と思っています…、(^^;
でも、ふだんの稽古ではもうちょっとはマシだと思いますから…、それを考えれば、まあいちおう合格範囲だったのかな…、
でも、自分が「三段相当か」というと…、どうなのかな〜?

これからでも
「三段だと胸を張って言えるような実力」
を、身に着けていきたい、と思います。



でも、何はともあれ…、たとえ「年齢おまけ」がついていたとしても、合格という結果はありがたくいただいておくことにします。
審査に向けて必死に稽古したのは確かだし、以前よりは多少は技術が上がったとは感じているので。

めでたいのか、そうでないのかわかりませんが…、
とにかく審査が終わって、ほっとしました…。
形審査の合格発表のあとに、ものすごく体の力が抜けていくのを感じました。

(続きます!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:41 | Comment(2) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

母だけの剣道日誌(145)運命の…三段審査(その2)審査前、待ち時間が長かったです…。

母だけの剣道日誌(144)運命の…三段審査(その1)前日から、開会式に至るまで。 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。

11/21 8:48 精進湖から。
曇り空から差す日の光が湖面に映えて美しいです。
IMG_8433.JPG
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。


前回(二・三段の開会式の話を書きました)から、ちょっと、話が戻りますけれども…、

私が朝、審査会場に着いた時は、初段審査の最中でした。
その時に「壮年剣士」SG先生と、メイン指導のSN先生、そしてSNちゃんのお母さんである「元バスケ少女」THさんと会いました。

当会からは、初段は「中学生女子」SNちゃんと、「リバ剣新人」KSさんが受けていたのですが、SNちゃんは中1なので、すでに立ち合いが終わっていました。
私が自分の受付に行った時に、KSさんが審査を待っているのが見えたので、近くまで行って「がんばってくださいね!」と声をかけてきました。
自分の経験上、こういう時に知り合いから声をかけられるのって緊張もほぐれるし、嬉しいものだと思うので。

KSさんの立ち合いは私も見たのですが、予想通りしっかり打てていて、これは合格だろうなと思いました。
そしてSNちゃんもKSさんも、合格しました。

二段を受審した「大学4年男子」OY君は、一人目はけっこう強い相手に当たってしまっていて、厳しい感じだったのですが…、二人目はそれなりに当てることができていて、無事合格しました。

OY君も前回の不合格を乗り越えて、以前より強くなったのだと思います。迷わずまっすぐ打っていけるようになったし、気持ちも強くなった感じがしていました。
二段を落ちる前は、やる気があるのかないのかよくわからないような子でしたが、今回はわりと(あくまでも”わりと”ですが(笑))真面目に稽古にも出ていて、がんばっていたから…、合格してよかったなと思いました。


私は、第3会場(女子)ではもっとも後ろの組だったので、待ち時間は相当長かったです。二・三段の審査開始は12時半頃でしたが、私たちの実技審査が始まったのは2時を過ぎていたと思います。

私の隣の人は、前の審査では会ったことがなくて…、最初に
「どこの市からいらしたのですか?」
と話しかけてみたら、
「〇〇市です」
と言っただけで話が終わってしまったので、人と話すのが嫌なのかな?と思ってしばらく話しかけなかったのですけど…、
でも、これから立ち会う相手なのだから、「よろしくお願いします」くらい言いたいなと思ったのですが…

私は、列のはじっこだったので、その隣のママさん以外に話しかけられる人がいなくて…、今回は暇だな〜と思いながら待っていたのでした…。二段審査の時は、複数のママさん同士でいろいろ話していて待っている間も退屈しなかったのですが。

そのあとで、そのママさんともう少し話すことができたのですが、この方は何度もブランクがあるリバ剣さんで、二段を取ったのは学生の時だったそうです。だから審査自体がものすごくひさしぶりで、かなり緊張していたらしくて、それで無愛想だったようです(笑)

やることがなくて暇なので、ふと「元自衛隊員」STさんはどうしているかな、とちらっと見てみたら、同じグループの人と楽しそうに談笑していて、あっちはいいな〜、と思いました(笑)

私、あまりに待ち時間が長くて眠くなってしまいました…、(笑)
そういえば!うちの次男、審査を待っている間、ずっと寝てたことがありましたね…、(^^;
あ、私はいくらなんでも寝てませんよ!何度もあくびは出てましたけど。(笑)

そして上の観覧席を見たら…、「壮年剣士」SG先生の隣に、TS会のYB先生がいるのが見えました。それは、女子の第3会場のほぼ真上あたりで…、
SG先生はともかく(SG先生には、私の立ち合いの動画を撮るのをお願いしていました)、YB先生に見られるのはちょっと嫌だな、後でいろいろ言われそうで…、とか思ってしまいました(笑)


私が待っている間に話しかけてくれたのは、TS会のNM先生と、「理想の上司」ENさんでした。
ENさんは来たのが遅かったので、私の立ち合いしか見られなかったそうですが…
でもやっぱり、知り合いが応援してくれている、と感じられたのは、とても心強かったです。

TS会からは「若手MM君」ひとりが二段を受審していたのですけど、TS会の方たちは、この日の審査が終わったら「反省会」をやる予定になっていたので、NM先生やENさんも来ていたようでした。
この時は、後でその反省会に私も出ることになるとは、思っていませんでしたけれども…、
あ、もちろん、MM君は無事二段に合格していましたよ!


さて、次回はいよいよお待ちかね!
私の立ち合いの話です!

(続く!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:52 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

母だけの剣道日誌(144)運命の…三段審査(その1)前日から、開会式に至るまで。

※昨日、このブログをアップしたはずだったのですが、なぜか非公開になっていたので戻しました(^^;

まずは、本日の一枚です!!

11/21 6:24 山中湖高台より。
IMG_8435.JPG
湖に浮かんでいるかのような富士山が幻想的です。
※この写真は、富士五湖テレビの「富士山ライブカメラ」からのものです。

さあ、読者の皆様お待ちかね(?)の…いよいよ、三段審査の話です!!
今までの慣例にならい、気になる結果は読み進めてから、です(笑)

しかし私も、たかが三段審査に「運命の」とつけるとは、大仰に出ましたね?
でも、これは…、わりと私の人生をかけた「山場」だったのには、違いないのです。(笑)

剣道を始めてからずっと、剣道ラブだった私が、はじめて本気で「剣道をやめたい」と思ったのが半年前のことですが。
そこからなんとか立ち直り、必死にあがいてきたけれど、N先生には合格するかどうかは「五分五分」と言われてて(^^;
その結果が…、ここでいったん出るわけですから。

今までの段審査も、私は決して余裕を持って合格してきたわけではないですが、今回が一番ギリギリっぽい感じだと思っていました。

次男が二段を受審した時に、三段はどんな感じだろう?と見学していたのですけど…。
母と子の剣道日誌(329)次男、剣道生活最後の?二段審査!(その3)AY君の実技と、女子三段実技の見学
西東京の場合、おばちゃんにはけっこう甘い「初段、二段」と比べると…「三段」は、もう少し厳しめの判断をされる傾向にあるのですよね。


昨日のブログを書き上げてから、その日の午後から夜にかけて…、竹刀の弦と中結を締め直し、持ち物を揃えまして。
「なんか落ち着かな〜い!」
と、形稽古をやろうと思ったのですが、雨が降っていて外には出られなかったので、家の中で、小太刀を太刀のつもりで持って、形をやっていたら、次男に「なに、この人?」とか言われました(笑)
小太刀って柄が短いので、両手ではすごく持ちづらかったですけどね!(^^;


ところで、私が今年、富士山頂上の神社で購入してきた「金明水」という「霊水」が、うちにあるのですが。
飲もうと思って買ったのに「飲料水ではありません」と書いてあり、「御神前、華道、書道等でご使用ください」と書いてあったのですけど…どれもうちでは使わないのです。さて、じゃあ何に使おう…、と考えたのですけど…

私は、いつも剣道の手ぬぐいを濡らしてジップロックに入れて持っていっています。濡れているほうが、しっかり巻きやすいので。
なので「そうだ、剣道の手ぬぐいを濡らすのに金明水を使おう」と思ったのです。そしてせっかくだから、最初は審査当日に使うことにしたのでした。なにか、霊験あらたかそうじゃないですか?(笑)
って、どうでもいい話ですね!
そして、それが何か効果があったかというと、さっぱりわかりませんでしたけど(^^;


いよいよ、審査当日の朝。

目が覚めたとき、私は…、不思議と、落ち着いていました。
「私は、大丈夫だ」
と、思っていたのです。
(暗示効果って、凄いですね!?(笑))

今まで、たくさんの人が私に剣道を教えてくれたり、応援してくれたりしました。
私のブログを読んでいる人たちも、きっと、応援してくれているのだろうと思いました。

私は剣道を始める時に「ヒーローを応援する側ではなくて、応援される側になりたい」と思っていました。
母と子の剣道日誌(59)武士道シックスティーンを読んで…私にとって剣道とは?(後篇)
今回は審査を受けるだけで、ヒーローではありませんけど…、(笑)でも、応援される側、にはなれたのかな、と思いました。


この日は、わりと一日中雨が降っていました。
私はバスで駅に向かい、駅近くのコンビニで昼食を購入しました。
買ったのは、おにぎり1個、シリアルバー1本、ゼリー飲料1個でした。

二段と三段審査は集合時間が同じで、二段と三段は続けて審査をするのですが…
集合時間(受付をする時間)は11時で、審査開始は12時半とありました。ちょうどお昼どきなので、受付をしてから審査開始までの間に昼ご飯を食べようかな?と思っていたのですけど…、あまり食べる気になれなくて、結局ゼリー飲料を飲んだだけでした。

午前中に行われていた初段審査が終わったのは、12時頃のことで、それから二段と三段の人が整列させられました。
初段、二段の時も一緒だったママ剣士さんたちが数人いたので、みんなで再会を喜び合いました。


今回の第3会場の三段女子の受審者数は、総勢34名。二段の時と比べると、がっくり人数が減りますが、私が二年前に、私が二段を受審した時は三段の受審者は19名しかいなかったのですけど…、今回はわりと多いほうだったかもしれません。

34名の中で、ママ剣士ぽいのは15名くらいだったでしょうか。今回はわりとママ剣士率が高いほうかもしれません。
そしてやっぱり私は、一番最後の組になりました。私がほぼ最後かと思っていたら、私よりお年の方も数人いたのですよね。

今回の受審者の中には、ミニ大会の時に知り合った、隣の市の剣友会のKHさんもいました。初段受審の時から、ずっと一緒なのですが…。
出稽古や、ママ剣士のお茶会や飲み会でも何度も会っていますが、剣道がとても好きで、そして美人で上手い方なのです。私よりだいぶ若いと思い込んでいたのですが、3歳違いだと聞いてびっくりです。すごく若く見えるのですけど。
KHさんは、受験番号は20番台で、私のひとつ前の組でした。


開会式の時に整列した時に「はなずきんさん!」と後ろから呼ばれて、誰かと思ったら…三段を受審するK会のSTさんでした。最近、お互いが出稽古に行っていたので、ちょくちょくお会いする機会があったのです。
ぴかぴかの防具をつけていて「これおニューなんですよ〜」と自慢していました(笑)。
STさんは60歳だったと思うのですが、三段受審の男性の中では最高齢だったようです。(でも、元気な方ですけどね!)
三段の男性の受審者は、60名でした。

(続きます〜)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 15:00 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする