2019年09月24日

母だけの剣道日誌(107)秋の市民大会、点描(その8)打ち上げにて。

母だけの剣道日誌(106)秋の市民大会、点描(その7)大会の結果は… より、続いています。

まずは、本日の一枚です。
昨日夕方に見かけた雲です。ここの雲だけ、ポツンと赤くなっていたのが印象的でした。
IMG_7990_1.JPG
赤い部分が、プテラノドンみたいにも見えませんか…?(笑)

さて、本題です!!

大会のあとに、ひさしぶりに当会の飲み会(打ち上げ)がありました。
春の大会は大人の部がなかったので…、昨年の忘年会以来の飲み会でしょうか。
その間に私は、多摩っ子杯の飲み会には出ていましたけど。

ひさしぶりの飲み会、やっぱり楽しかったです。

中でも印象に残ったのは…
ENさんがTS会に行くようになったきっかけを、聞いた話でした。
※TS会は、最近私が毎週土曜日に出げいこに行っている会です。

TS会のYB先生は、現在は多摩市の大会には出ていないのですが…数年前は、試合に出ていたそうです。
その時に、YB先生は中段で戦っていたそうなのですが…先に一本取られてしまい、反撃に出ようというその時に、突然YB先生は、上段を取ったのだそうです。それで二本取り返して、勝ったのだとか。
(飲みの席で聞いた話なので、おぼろげなのですが…詳細が違ったらすみません)

それを見たENさんは
「すごい、カッコいい!」
と憧れて、YB先生の教えている会に行きたいと直接話して、行くようになったのだとか。
ENさんが上段を取りたいと思ったのも、それがきっかけだったようです。

中段から、突然上段を取って逆転して勝つ…、ドラマチックな試合展開ですよね…、それは確かに、カッコいいですよ〜!

でも、その当時はENさんは二段だったので、四段を取れるまで待っていたそうですよ。
当会のN先生は「中段もできてないのに上段なんて…」という考えなので、二段程度でやるわけにはいかないと思ったのでしょう。
そうやって今、憧れを叶えてがんばっているENさんも、カッコいいですよね。

ENさんはその時の試合動画をまだ取ってあるそうなので、今度見せてください、と言ったら、DVDに焼いてくれると言っていました。DVDを見たら、またその感想を書きたいと思います♪


それと…、今回「リバ剣新人」KSさんは、初めての大会&飲み会参加だったのですけど…
大会は「瞬殺」だったそうで、「やっぱり、自分は全然レベルが低くて話にならなかった」と、言っていました。
でも、初の行事参加だったので、そういう意味では楽しかったそうです。

KSさんは小学校時代に剣道をやっていたので、級や段などを取っておらず、当会に来てから1級審査を受けて合格したばかりなのですが…

KSさんはまだ、稽古に参加した回数もあまり多くなくて…
「実はまだ、誰が誰だかよくわかっていないんです」
とこそっと私に聞いてきたので…、私が当会の人の説明をしてあげていました。

当会はけっこう大人が多いですからね〜、それは最初はわからないですよ。
私ほど出席率が高いヒトでも、最初の頃は誰が誰やら、という感じでしたから。
私が入った頃は、もっと大人も子供も多くて、合計50名以上いましたからね。今は全体で30名くらいなのですが。

そういえば、今年から名簿も配っていませんから…、それは、誰が誰だかわからないわけですよ。私が入った頃も、大人のみの会員には名簿が配られていませんでした…、(私が役員をやった年から配るようにしたのですが。)
どうもこのへん、新人さんに対して当会の対応は不親切なんですよね…。

LINEの連絡グループには大人会員がほぼ全員入っているのですが(スマホを持っていない先生2人を除き、ですが)、みんな本名が書いてあるわけではないので、どれが誰だかさっぱりわからなかったようです。


KSさんは小1、4歳のふたりの女のお子さんがいて、上の子は剣道はやりたくないのだとか。でも、下の子が興味を示している…と言っていたので、周囲にいたパパ剣士さん(すでに子供は剣道から卒業してます)や私がよってたかって
「親子で剣道をやるのはいいですよ〜?」
「親子で一緒に同じことをやれる期間なんて、今だけですよ?」

などと、勧めまくっていました(笑)

後から聞いたら、下のお子さんに剣道をやるかと聞いてみたら、今は別のことをやりたがっていて…、
「剣道は今はいい」
と言われてしまったのだそうです(笑)


あと、ちょっと前の稽古の時に…、
KSさんは切り返しが「子供の頃の癖」が抜けてなくて、当会で教えているような感じではできていないのですが…それを何度もN先生にやり直しさせられたあげく
「全然できてないけど、もういい、終わりで」
と言われてしまっていました。
(その時は稽古が終わりの時間で、じっくり教えている時間はなかったのですよね)

それをKSさんが少し気にしていたようなので、「サイクラー」SZさんと私で
「N先生が、ああやって厳しくするのは、見込みがあるからですよ」
「KSさんはN先生に期待されていると思いますよ」

と言うことを伝えたら、ちょっとほっとしていたようでした。

実際に、N先生は違う機会に
「KSさんはなかなかいいものを持ってる」
と、本人の前でもほめてましたからね。
KSさんはけっこうガンガン攻めていくタイプなので、ビギナーズラックとはいえ、当会のパパさん剣士では一番強い「アスリート」HSさんから、試合稽古で一本を取ったことがあるのですから。

私もN先生に何度も同じことを注意されて凹んで、ちょっと前に剣道をやめたくなったくらいなんで…、(笑)
(やめたかった理由はそれだけではないのですけど)
そういう投げやりな注意のされ方をしたら…ちょっと、めげますよねえ。でも、この時にフォローできてよかったです。


KSさんは確か今年の4月くらいに入ったのだと思いますが、この飲み会で、当会の人とやっとなじんでくれたようで、よかったです。
当会って、忘年会から春の大会まで飲み会がないのですけど…、今年は春の大会も大人の部がなかったから(会場がいつもの武道館から変更されて狭かったので)、その時の打ち上げもなくて。
9か月も飲み会がなかったなんて、私が入ってから初めてなんじゃないでしょうかね。


打ち上げは夜7時にスタートして、9時終わりのはずが、1時間延長して…のはずが、それ以上いた気がしますよね(^^; 11時くらいじゃなかったかな、終わったのは。
毎度、話し出すと止まらない、当会の人たちでした。たいてい、店の人に「もう終わりです」と言われるまで、出て行かないという(笑)
この日は二次会は行われませんでした。


この飲み会の会場、半分くらいの人とは席が微妙に離れていたので…
あまりたくさんの人とは話さなくて、「壮年剣士」SG先生とは全く話していなかったのですが…

飲み会が終わり、店を出てエレベーターに乗る時に…SG先生と一緒だったのですけど…
ちょっと、相当酔ってませんか?SG先生(笑)
足取りがふらふらしてて…、今にも転びそうですよ?


今まで何度も一緒に飲んでますが、こんなに酔ってるのは、見たことないんですけど…、
壮年の部で優勝して、気分が良くて飲みすぎてしまったのでしょうか?(笑)

SG先生と我が家は、まあ同じ方向なので、一緒に電車で帰ったりすることもあったのですけど…
相当千鳥足で、ちょっと、電車で帰れるような状態ではなさそうなのに、本人は
「いや、僕は電車で帰りますよ?」
と、主張するのです…、(笑)

私は、SG先生の巨体(かなり大柄なんですよ〜)を支える自信もないし、どうしよう…、
と思っていたら、それを見かねたENさんが、SG先生をなだめつつタクシーに乗せてくださったようで。

この飲み会は日曜日のことだったのですが…
水曜日にSG先生と稽古で会ったら
「翌朝、気が付いたら、ベッドで洋服のまま寝ていましたよ。靴下だけは脱いでたんだけど」
と、言っていました(笑)

打ち上げの途中で、N先生がみんなの講評をしたところは聞いていたと言います。
でも、それ以降の記憶はないと…、(笑)
それって、延長する前のことだから…、9時より前にそういう状態になってたってことですよね。

「麦焼酎がいけなかったんですかね…、あれが濃すぎたのか…」
とか、言っていましたけど…

しかも、酔っている時にどこかにぶつけたのか…
「なんか胸が痛いんですよね〜」
と言っています。私が見ていた限りでは外では転んでいなかったのですが、家の中でぶつけたのでしょうか?

私は、SG先生宅には、市剣連の新年会の後に二回お邪魔していまして、奥様にも会ったことがあるのですが…、いやこれは、奥様は大変だったろうなと思いました(笑)。
そして、まだなんか調子が出ないと言って、稽古途中で休んでいました。
もう、飲み会から3日経ってるんですが…?


ちなみに私はというと…、もうバスもなかったので、方向が同じKSさんと一緒に、タクシーに乗り合わせて帰りました。
KSさんはこの日の飲み会でだいぶなじんでくれたようで、いろいろ話せてよかったです。

また、長々と綴ってまいりました「秋の市民大会、点描」は、これにて完結です。
こんなに長くするつもりはなかったのに、いつも長くなっちゃうんですよね(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:37 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする