2019年09月18日

母だけの剣道日誌(101)秋の市民大会、点描(その2)私の試合を見ていた人が、いたのです。

母だけの剣道日誌(100)秋の市民大会、点描(その1)いきなり女子の試合の話 より続いています。

私の試合を見ていた、またおやまあさんから…試合についての感想が来ていました。
私とまたおやまあ先生のやりとりを、抜粋して掲載します(笑)

【@またおやまあさん→はなずきん】

はなずきんさん

いつも ありがとうございます。。
そして、試合&呼び出し、お疲れ様です。
呼び出しの声も誰より大きかったです。(笑)

試合ですが…
特等席から見ておりましたわよ。(笑)

惜しかった…
いった!!って面があり旗は一本(≧口≦)ノ
旗が上がらなかったものの
もう少し、決めれば…(押し込んでいれば…)
って言うのが幾度もありました。

本部席で、隣の先生と「おしいっ!」
「あーっ!もう少し!」って言ってました。(笑)

ひとつだけ…

使われている竹刀の柄が短いかもしれません。
※好みなのかもしれませんが

竹刀を握る左手、柄が少し余っていました。
(恐らく小手を着けた時だけだと思います)

そして右手
恐らく力を入れないように軽くという意識なんだと…
軽く持ちすぎているからか?右手も鍔から、余っておりました。
つまり、右手と左手の間が狭くなってしまっていたのです。

それだと振り幅も狭くなりますし、何よりも手首が上手く使えず、竹刀が重く感じるはずです。
もしかしましたら、2〜3cm 柄が長いものの方が
合っているかもしれないと思いました。

直接、お話しようと思っていたのですが
お見かけしませんでしたので、メールしました。

よかったら試してみてください。

お疲れ様でした〜♪
あーあたしも試合、稽古したいわー(笑)

【Aはなずきん→またおやまあさん】

またおやまあさん

メッセージ、ありがとうございます。
ここにしっかりと私の試合を見ていた方がいたのですね!!

当会の人もみんな試合に出るのでバタバタしてて、しっかり見ていた方がいたのかどうか…、今日の飲み会で聞いてみようと思っていたのですが…

今日の試合のどこができていなかったのか、聞きたかったんです!!
もっと詳しく教えていただけないですか。

>そして、試合&呼び出し、お疲れ様です。
>
>呼び出しの声も誰より大きかったです。(笑)

あれは、相当気合を入れて呼び出していました。
審判とかもそうですけど、小さい声だとなんか締まらないじゃないですか…?(笑)

>試合ですが…
>特等席から見ておりましたわよ。(笑)

誰に聞いたらいいだろうと思っていたんです。
盲点でした…、またおやまあさんは私の試合場のすぐ脇で見ていたのですよね。
これこそ、剣道の神様のプレゼントでしょうか…(笑)

>惜しかった…
>いった!!って面があり旗は一本(≧口≦)ノ
>旗が上がらなかったものの
>もう少し、決めれば…(押し込んでいれば…)
>って言うのが幾度もありました。

そうなんですね〜…、自分ではよくわからなかったのですけど…、

あと、私が相手に取られた面って、私的には「えっ?あれで?」って感じだったんですが…、あれはきちんと決まっていたのでしょうか?

あと、ああいう「待ち」中心で、こっちが打つたびにさばかれるタイプの人って、どうやって攻めるのがいいのでしょうか。

>使われている竹刀の柄が短いかもしれません。
>※好みなのかもしれませんが

それは、N先生の方針なのです。

>竹刀を握る左手、柄が少し余っていました。
>(恐らく小手を着けた時だけだと思います)

>そして右手
>恐らく力を入れないように軽くという意識なんだと…
>軽く持ちすぎているからか?
>右手も鍔から、余っておりました。

そのあたりは…、意識が抜けていました(^^;
姿勢に気を取られていて、握りのほうは全く意識がお留守でした(^^;

>もしかしましたら、2〜3cm 柄が長いものの方が
>合っているかもしれないと思いました。

というか、私がきちんと握れていなかったのですよね…?
いざというときに、そうならないように気を付けていかないといけませんね。

負けてすごく悔しかったのですが、いったい何を反省して、何を稽古していけばいいんだろう…、と思っていて…、またおやまあさんが見ていてくださったのが、本当にありがたいです。
お気づきのところがあれば、なんでも言ってください!!


【Bまたおやまあさん→はなずきん】

はなずきん さん

>ここにしっかりと私の試合を見ていた方がいたのですね!!

( ̄ー+ ̄)フフフ…


>今日の試合のどこができていなかったのか、聞きたかったんです!!
>もっと詳しく教えていただけないですか。

そちらの会の先生のお話を優先してくださいね。(笑)

稽古の方向は間違っていないと思います。
お相手の技が尽きたところ、居着いたところを打ち込もうとしているように見受けました。

横に居らした先生とも
試合には負けたけど勝負には勝っていた
って話していたんですよ。(笑)

>あれは、相当気合を入れて呼び出していました。
>審判とかもそうですけど、小さい声だとなんか締まらないじゃないですか…?(笑)

おっしゃる通りです。
素敵でした(笑)

>あと、私が相手に取られた面って、私的には「えっ?あれで?」って感じだったんですが…、
>あれはきちんと決まっていたのでしょうか?

正直…軽いかと…

>あと、ああいう「待ち」中心で、こっちが打つたびにさばかれるタイプの人って、どうやって攻めるのがいいのでしょうか。

これもそれぞれですから…
そちらの会の先生の教えを優先ください。

私なら…

打ってこないのだから…もう半歩、もう一本、攻め入ちゃいます。
近間から面ですね!

あとは…
フェイント(面をみせて小手)とか、
表を軽く押さえ気味に攻め入り、竹刀を強く巻き落として、胴か小手
もしくは、小手胴の連続技ですかね〜

※一本とったら一緒になって待ってれば時間が来ます(笑)


>それは、N先生の方針なのです。

なるほど…わかる気がします。
短柄は…出鼻面や飛び込み技に有効です。

>そのあたりは…、意識が抜けていました(^^;
>姿勢に気を取られていて、握りのほうは全く意識がお留守でした(^^;
>
>というか、私がきちんと握れていなかったのですよね…?
>いざというときにそうならないように気を付けていかないといけませんね。

左右の手が狭いと竹刀の取り回しを難しくします。
竹刀の振り幅も当然狭くなるので、当たった後のキメも困難になります。

構え、素振りから意識すれば、すぐに直りますよ〜


>負けてすごく悔しかったのですが、いったい何を反省して、何を稽古していけばいいんだろう…、と思っていて…、またおやまあさんが見ていてくださったのが、本当にありがたいです。
>お気づきのところがあれば、なんでも言ってください!!

先程も書きましたが…
勝負には勝っていました!
よい試合です。

稽古の方向性も合っていると思います。
そちらの会での稽古も
そして…TS会の稽古も!

当たった後のキメ(手の内のしめ、押し込み)があれば、何度も旗が上がったと思います。

TS会の、YB先生のしっかり振ること…
NM先生の風船が割れたら…きっと!

【Cはなずきん→またおやまあさん】

またおやまあさん

詳しく教えていただき、ありがとうございます。
当会の方は同じ時間にほとんど試合に出ていたので、最初から最後まで私の試合を見ていた方はほぼいなかったようです。IZさんはその次の試合だったので見ていたようですが、昨日の飲み会にはいらっしゃらなかったので、話が聞けませんでした。

>>ここにしっかりと私の試合を見ていた方がいたのですね!!
>
>( ̄ー+ ̄)フフフ…

いや、ほんと…、助かりました。ありがたいです。
私のブログを読んでいるからこそ、なおさらしっかり見ていただけたのですよね(笑)

>稽古の方向は間違っていないと思います。
>お相手の技が尽きたところ、居着いたところを
>打ち込もうとしているように見受けました。

そうですね、そうしようと思っていましたけど…、
いまひとつ機会をとらえきれてなかったですね。

>横に居らしたMK先生とも
>試合には負けたけど勝負には勝っていた
>って話していたんですよ。(笑)

そんな風に言っていただけて、至極光栄でございます…、

>>あれは、相当気合を入れて呼び出していました。
>>審判とかもそうですけど、小さい声だとなんか締まらないじゃないですか…?(笑)
>
>
>おっしゃる通りです。
>素敵でした(笑)

でも、あれだけがんばっていても、周囲がうるさくてなかなか声が通らなかったですね…、
審判をされている先生とか、すごく通る声の方はかっこいいと思います〜。

>正直…軽いかと…

外から見ていてもそうだったのですね…。
あんまりしっかり打たれた感じがしなかったのですよ。
でも、面を打たれたのは事実なのでしょうから、仕方ないのですが。

>打ってこないのだから…
>もう半歩、もう一本、攻め入ちゃいます。
>近間から面ですね!

近間から面が打てないのです、私(^^;
でもこれは、練習したほうがいい気がしますね…、
NM先生は常に近間に入ってくるので、いつもどうしようかとオタオタしてしまいます(笑)

>あとは…
>フェイント(面をみせて小手)とか
>表を軽く押さえ気味に攻め入り、竹刀を強く巻き落として、胴か小手
>もしくは、小手胴の連続技ですかね〜

これは…、わりと上級者向けな気がします…、

>>というか、私がきちんと握れていなかったのですよね…?
>>いざというときにそうならないように気を付けていかないといけませんね。
>
>
>左右の手が狭いと竹刀の取り回しを難しくします。
>竹刀の振り幅も当然狭くなるので、当たった後のキメも困難になります。
>
>構え、素振りから意識すれば、すぐに直りますよ〜

ふだんから握りをきちんとするよう、意識してみますね…、
もしまたやってしまっていたら教えてください(^^;

>先程も書きましたが…
>勝負には勝っていました!
>よい試合です。
>
>稽古の方向性も合っていると思います。
>そちらの会の稽古も
>そして…TS会の稽古も!

そう言っていただけてほっとしました…。
なかなか結果に結びつかないので、いろいろ考えてしまいました。

>当たった後のキメがあれば、何度も旗が上がったと思います。

これは、YB先生からもよく言われることですね(^^;

>YB先生のしっかり振ること…
>NM先生の風船が割れたら…きっと!

はい、TS会の稽古もがんばりたいと思います。
本当に楽しいので、行くのは全く苦ではないのですが(笑)

いや、本当に感涙ものです(T_T)
いろいろありがとうございます!
このご恩は…上達でお返ししたいところですが…
ブログでご紹介、くらいしか今はできないでしょうか(笑)

*********************************************************

ここまでが、メッセージでやりとりした内容です。


またおやまあ先生は、昨年の秋に心臓の病気で倒れて、何度も心停止(!)したそうなのですが…
そこから奇跡の復活をされ、なんとしても剣道をやりたい一心で、リハビリ稽古(?)に励んでおられます(^^)

私が退院後、初めてお会いした、今年の新年会では杖をついて歩いているような状態でしたが…それから毎日の散歩を欠かさず、徐々に稽古の強度を上げてきて、今では面付けして稽古できるようになっていらっしゃいます。
今回の大会も、出ようと思えば出られたようですが…ちょっと行き違いがあって出られなかったようで(^^;

そんな「不死身のまたおやまあさん」のブログはこちらです。
剣道(リバ剣)と病(心臓 S-ICD)と稽古とおやじブログ

私とまたおやまあさん(以前は、AY先生と書いていました)の関係についてはこちらに書いてあります。
母だけの剣道日誌(55)AY先生から、聞いたこと。(その1)私とAY先生のつながり。


またおやまあさんとはもともと、リアル知り合いだったのですが、私のブログを「発見された」のがきっかけで、またおやまあさんもブログを始め…それで、やり取りする機会が増えたのですよね。これも、ブログが結ぶ縁…なのでしょうか。

市民大会の話、まだ続きます!


最後に、本日の一枚です。

先日、新宿のIMAXシアターで「ブレードランナー」を見てきました。
IMAXシアターはいつも、ゴジラに襲われています(笑)
IMG_7923_1.JPG

IMG_7929_1.JPG

「ブレードランナー」は主人がものすごく好きで、DVDで断片的に見たことはたくさんあったのですが、通して見たのは今回が初めてでした。
なかなか、いい映画でした。コアなファンが多いわけがわかるな、と思いましたよ(笑)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 14:37 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする