2019年08月20日

「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。(その2)気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館にて。

「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。(その1)計画を立てるまでで、一苦労。 より、続いています。

※本編中の現地の写真は、次男が撮影したものです。

さて、今回の次男の東北旅行の計画は…、3泊4日の日程となりました。
行き先に気仙沼を選んだのは次男本人なのですが。

次男の高校で、1学期にあった防災キャンプの時に、違うクラスの子と話したのだそうですが…
その子は(たぶん、親に連れられて)東日本大震災当時に、気仙沼にボランティアに行ったのだそうです。その話が記憶にあったのもあり、被害が大きかった場所を見たほうがいいだろう、ということもあり、気仙沼を選んだそうです。

しかし、計画の段階でも「さっさとやればよかった」と言っていたくせに…
前日の荷物の準備でも、次男は「めんどくせ〜」と言いながら、うだうだしてました…(学習してないですね〜)
でも、やり始めたらそんなに時間はかからないで終わってましたよ(笑)

現地では基本的にレンタルの自転車移動なので、荷物はリュックでしょっていくことにしました。
私が、富士山の登山用に買った「シラス36」を貸しましたよ。


【1日目】

いつもは朝、なかなか起きない次男ですが、この日はまあまあすんなり起きました。
荷物が重そうだったので、私が駅まで車で送っていってあげることにしました。

ほんのりめんどくさそうな、ちょっぴり不安そうな次男を、
「元気で行ってらっしゃい」
と送り出しました。



1日目は、ほぼ電車での移動です。

自宅から最寄り駅に行き、新宿まで出て…
そこから湘南新宿ライン→宇都宮線→東北本線 で、一ノ関まで行き、一ノ関駅近くのビジネスホテルに宿泊しました。

朝6時頃に最寄りの駅を出て、新宿からJRに乗ったのが7時。
一ノ関に着いたのは16時半頃でした。

こんなに長時間の電車の旅をしたのは、次男は初体験です。
電車に乗っている間、何してたの?と聞いたら
「ひたすら、虚無だった」
と、言っていました(笑)

私は、電車に乗って車窓を眺めたり、ぼーっとしたりと、のんびりできる電車の旅って好きなのですけど…、
(私が乗り鉄だから…、なんでしょうか?)
次男は、そこでは特に感じることはなかったようですね(笑)


一ノ関で泊まったホテルは、ごく普通のビジネスホテルだったようですが…
次男、なんと夜7時半に
「おやすみ〜」
というLINEを送ってきました。

ちょ、ちょっと、寝るの、早すぎじゃないの!?

と思ったのですが、今聞いたら、もうちょっとは起きていたそうです(笑)
でも、部屋で時間つぶしをしていただけのようで…、

しかも、夕ご飯はめんどくさくて食べなかったとか。
この日は、朝は家でちょっと食べましたけど…
あとは、昼ご飯にサンドイッチを食べただけなのだそうです。

旅に出て、夕ご飯食べないなんて…、私ならあり得ない…、(^^;
(ふだんの生活でもあり得ませんけど(笑))

それに、私だったら宿の近くとか建物の中とか、ぶらついたりしますけどねえ〜。
さっさと部屋に引きこもってしまうあたり、さすが、インドア派の次男ですよ(笑)


【2日目】

一ノ関→気仙沼へ移動です。

気仙沼に着いた次男はまず、バスで「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」へ行きました。
ここは、津波で破壊された「気仙沼向洋高校」の校舎を、そのまま保存している施設です。

こんな高さまで車が重なって積もっているのですね…。
ここは、校舎の4Fまで津波が到達したのだそうです。
5520.jpg

校舎の1Fのようす。
5523.jpg

校舎の外側の一部が削れています。津波で流されてきた冷凍工場の建物がぶつかった跡だそうです。
6220.jpg

体育館は跡形もなく流され、土台が残っているだけだったそうです。

この校舎の様子は…こういった映像を次男は何度も見ていたこともあり、そこまで強い印象はなかったようですが…
(次男はもともと、破壊された街が好きで、そういう絵をよく描いたりしているので、こういう写真などは良く見ているのです)

ここで流れていた…震災の10日後に行われた、気仙沼階上中学の、卒業式の映像を見て…だいぶ、感じるものがあったそうです。
当時のニュースでも流れたものですが…これはぜひ、みなさんにも見ていただきたいと思ったので紹介します。話を書きとって文章で書こうかとも考えましたが、これは、生徒の生の声で聴いてもらったほうがいいと思いました。



次男はこれを聞いて
「強いな」
と、思ったそうです。

大震災にあった直後の、中学3年の生徒が、これだけの決意を持って生きようとしているのに…
俺は、現状に甘えているんだな。


と、思ったそうです。



その後、バスで一ノ関駅近くに戻り、レンタルサイクル屋さんで、自転車(電動アシスト)を借りた次男。
5728.jpg

自転車屋さんの前に、なにやらキャラクターの看板が立っていますが…
これは「ホヤぼーや」という、気仙沼のゆるキャラなのです。
「気仙沼の食の奥深さや観光をPRする」ことを目的として活動する。
ホヤをモチーフに、剣はサンマ、ベルトはホタテ、マントはサメ皮と気仙沼市の特産品を活かしている[


そして…、次男が借りた電動アシスト自転車が…この「シャーク号」なのです。
(気仙沼は「サメの水揚げ日本一の街」なのだそうです)
5737.jpg

海の生物が大好きな次男は、この「シャーク号」がとても気に入ったようで(笑)
5738.jpg
なんかこれ、次男が描きそうな絵なんですけど(笑)


次男はここから自転車で、2時間以上かけて…
この日に宿泊するリアス唐桑YHに向かいました。


(続く!)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 09:52 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする