2019年08月09日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その8)黒百合ヒュッテの夜。

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その7)黒百合ヒュッテのようす。 より、続いています。

4時半に大部屋に案内されると聞いていたのですが…その前に、山小屋の方から
「個室が空いているのですが、ひとり1000円プラスすれば入れますがどうでしょうか?
大部屋は今日は団体さん中心なので、個室もおすすめですが」

と、たずねられました。

別に、個室じゃなくてもいいかな…、と私は思ったのですが、主人は自分のいびきのことが気になっていたようなので、個室にすることにしました。なので、4時半より一足先に個室に案内されましたよ。

2Fの大部屋の様子はこんな感じです。
富士山とは違って、ひとりの布団の幅がわりとありますよ!
IMG_7605_1.JPG

私たちの入った個室は「狸の巣」という名前でした(笑)
tanukinosu (2).jpg

これが個室の中です。(私たちが泊まった狸の巣ではなくてお隣の部屋ですが、同じ大きさだと思います)
6人分の布団が敷けるスペースがあるので、4人だとけっこう余裕がありました。
IMG_7647_1.JPG

部屋の中に貼ってあった、天狗岳のかなり詳しい案内図です。
これを見ても、天狗岳からここまでが、いかに険しい道だったかお分かりいただけるかと…、
IMG_7649_1.JPG

部屋に案内されてすぐに布団を敷いたのですが、私以外の家族は全員、ソッコーで寝てしまいました…。でもまだ午後4時頃なんですけど…、
私はそんなに長時間寝られないので、山小屋の中や外を見て回ることにしました。黒百合ヒュッテオリジナルのバッジもこの時に購入しました。

この頃、ここに泊まるはずの団体さん(30人くらい?)が到着していて、外の休憩スペースでみなさん、何かを食べていました。
団体といっても旅行会社のツアーなどではなく、登山団体のようでしたね。

私はだいぶあちこち見て部屋に戻りましたが…、5時頃になってもうちの家族はみんな寝ていたのです。私もちょっと眠くなったので、布団で寝たのですが…、15分くらいしたら目が覚めてしまいました。

また外に行ってみたら…天気は良くも悪くもなくといった感じでしたが…このあとはガスってきてしまいました。
IMG_7613_1.JPG

ようやく夕ご飯を食べられる6時になったので、爆睡していた家族を起こして1Fに行きます!

この日の夕ご飯。なかなか豪華ではないですか!?
IMG_7617_1.JPG
中央にはみんなで取り分けていい、煮物と野沢菜が置いてありました。
ごはんとみそ汁はおかわり自由でしたが、最初につがれた分を食べるだけでも、十分おなかいっぱいでしたよ(笑)

このハンバーグ、かなり美味しかったのですよ!

そして…、日中ものすごく汗をかいた私は、ビールを頼みましたよっ。
(主人は、喫茶の時間にすでにビールを飲んでいたので、この時は頼んでいません)
IMG_7620_1.JPG

ああーーーー、ビールが美味しいです〜!!

私は基本的に登山中はお酒は飲みませんが…、山小屋泊なら別ですよ!
でも、富士山では高山病のリスクが高くなるので、飲みませんけどね(^^;

東京の区部から来たという、小学生の女の子と、母親のふたり連れが私たち4人と同じテーブルだったのですが…
ふたりともちゃんとした山小屋に宿泊するのははじめてなのだとか。うちと一緒ですね。翌朝も同じテーブルでしたが、けっこういろいろと話せて楽しかったです。

私は、中学生の頃からスキーでよく長野に来ていましたけど…その頃から野沢菜(長野特産品の漬物)が好きでしたが…。
野沢菜って長野県でしか食べられないので、ひさしぶりに食べた気がします。私以外の人はそんなに好きではなさそうだったので、たくさん食べてしまいました。(笑)お土産でも、自分用に野沢菜を買いましたよ〜。

夕ご飯が終わったら…、私以外の3人はまた、個室に戻って寝てしまいました…まだ6時半くらいだったんですけど。
疲れてるんでしょうけど、明日起きるのは5時くらいでいいんですよ。どれだけ寝るんですか…、(笑)

私はあまり早く寝ると夜中に目が覚めてしまいそうだったので、消灯時間(20時30分)まで起きていることにしました。せっかく山に来たんですから、山の空気を満喫したいと…私は山小屋の外でずっと空を眺めていました。
IMG_7625_1.JPG

私が外でひとりでベンチに座ってぼーっとしていたら、その近くに一人で座っていた「登山歴40年」という60代くらいのおじさんが話しかけてきました。
「40年!すごいですね!私はまだ3年です。私はあと40年経ったら、死んでるかもしれません(^^;」
と言ったら「そんなことないでしょう」と言われましたが…、いったい私は、何歳だと思われてたんでしょうか。(笑)

このおじさんは、黒百合ヒュッテが好きで、ここに泊まりたくて来たのだと言っていました。
「ここは山好きの人がやってるって感じで、いい山小屋だよね」と言うので、
「他にお勧めの山小屋はありますか?」と聞いたら
「他にはないなあ〜」と言ってました(笑)


だんだん、日が落ちてきました。
山の中で夕暮れを迎えるなんて、山小屋泊の時くらいですよね。こういう風景、好きです。
IMG_7628_1.JPG

私は星が見たくて、日が暮れた後もしょっちゅう外に出ていたのですが、雲が多くてなかなか見えません。
が…、消灯時間(20時30分)直前に、天の川が見えるくらい、晴れたのです!
部屋に行ったら娘が起きたので「天の川が見えるよ!」と誘って外に行きました。

山小屋のロビーにいた数人の人にも
「今、星が見えますよ」
と言ったら、みんなで出てきて見ることになりました。

夏の大三角や、さそり座、北斗七星などが見えていて…
他の人に解説したら「詳しいですね〜」と感心してもらえました。

私は高校生の時に地学部だったのですが、すごく星座に詳しい友だちが、部室にある小さいプラネタリウムでいつも、同じ高校生相手に解説をしていたのを聞いていたので、けっこう覚えたのですよね。漫研とかけもちでしたが、どっちもわりと真面目に部活してました。

そろそろ、消灯時間です。
まだあまり眠くはありませんが、部屋に戻って寝ることにしました。

明日は「ご来光」は見えるかなあ…?

(つづく。)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 08:49 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする