2019年08月11日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その10)下山道はまるで、アスレチックコース!

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その9)山小屋の朝。 より、続いています。

さて…この日の行程はこんな予定でした。
天狗岳2日目.jpg

朝6時45分頃に黒百合ヒュッテを出まして…
あとはひたすら唐沢鉱泉のほうに降りていくだけです。


しかし…、この日の道も、相当ハードでしたね…、(笑)

全体的に、こんな感じの岩ゴロゴロ道なんですよ!
娘が先頭を歩いていたのですが「この岩のところが、本当に下山道なの?」と確認してきましたよ(笑)
IMG_7664.JPG
昨日ほど足は疲れていなかったので、まあまあのペースで歩けましたが。

岩が乾いているところはまだいいのですが、苔があるところは滑るので…、慎重に足を置くところを選ばないと〜。
IMG_7662.JPG

先頭を切ってスイスイ行っていると思ってた娘と次男も、あとから聞いたら何回か転んだそうですよ(笑)
途中でときどき写真を撮っていたこともあって、この日は私がずっと一番後ろでした。そして私も1回、尻もちつきましたよ(笑)

たまにこういう金網の道があると歩きやすくてほっとしますが…。
IMG_7661.JPG

7時半頃。陽がだいぶ昇ってきました。森の中まで、いい感じに光が差してきましたよ。「もののけ姫」の「コダマ」が出てきそうな森だよね、と主人が言っていました(笑)
IMG_7672.JPG

7時40分頃、渋の湯との分岐点までやってきました。歩き始めて1時間くらい経っています。
IMG_7673.JPG

これから歩く道を確認している3人です。
IMG_7674.JPG

この苔蒸しっぷり、いい感じですね〜
IMG_7677.JPG

黒百合ヒュッテを出て約1時間半後の8時15分頃。
それまでのゴツゴツ道がやっと終わり、わりと普通の道になりました。
IMG_7679.JPG

なんか…、これまでが歩きづらかったので、めっちゃ楽に感じますよ!?
低山の登山道ってだいたいこんな感じですが…、
この程度なら、鼻歌を歌いながらでも歩けそうですよ!!
このくらいでは全然、山道っぽく感じません。足取り軽く歩けます♪

なんかこの2日間で、うちの家族は「登山スキルがひと皮むけた」感じがしますよ?

御岳山の奥宮へ行く道とか、傾斜がキツイので、以前行った時はすごく大変に感じましたけど…、
今行ったら「たいしたことない」って思えそうな気がしますよ(笑)
メタボな主人と、御岳山登山(その5)奥宮への険しい道のり

8時50分頃、下に到着しました!水の流れていない川がありました。
黒百合ヒュッテから、約2時間かかりました。
IMG_7681.JPG

下山道はずっと樹林の中だったので、青空が眩しいです!
IMG_7682.JPG

さて、もうすぐ温泉に着きますよ〜!!
2日間、汗をかき通しで、足も疲れているので…、すごく楽しみです!

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 06:13 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その9)山小屋の朝。

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その9)黒百合ヒュッテの夜。 より、続いています。

私は、消灯時間の夜8時半に寝ましたが…
ふだん、そんなに早く寝ないものですから…、夜中の12時くらいに目が覚めてしまい、そこからまた寝ました(^^;

朝4時頃、主人が起きたのですが…
「ご来光(と言っていいのか)見られそう?」
と聞いたら、窓の外を見て
「なんとかいけるんじゃないか?」
というので、私も起きることにしました。

しかし、実際はけっこう曇っていて、全く日の出を見ることはできませんでした。
山小屋の中には、出かける準備をしている人たちがたくさんいました。

私は洗面などをして、5時頃に外に出たら、早朝に出発する予定の人たちがもう起きていて、山小屋の前にいました。山小屋の朝は早いですね〜。

そして、30人くらいの団体さんとは違う登山グループの人たちが、ラジオ体操をしようとしていました。
この山小屋のあたりは電波はほぼ、受信できなかったのですが…録音をしたラジオ体操の音楽を、ICレコーダーでわざわざ持ってきていたようです(笑)。

私もちょうど体操がしたかったので、
「一緒に入れてもらっていいですか?」
と言って、そのグループの人と一緒にやらせてもらいました。

「なんかこの光景、いいな」と思って写真を撮らせてもらいました(笑)
IMG_7634_1.JPG

日本人って、誰でもラジオ体操の音楽が流れてきたらできるわけで…、なんか凄いですよね。

「日本人を装ったスパイ」がいたとして、完璧に日本人を装っているつもりでも、
「ラジオ体操ができなくてバレる」
とかあるんじゃないだろうかって考えたことがあります(笑)。

続けて「ラジオ体操第二」をやろうとしていたのですが、これは音楽がなかったらしくて…
みなさん、うろ覚えでやっていました。
私は音楽がない状態だと、全然わからなかったので、適当に真似していました(^^;

ラジオ体操って、真剣にやるとけっこう疲れますが…
難点は、下半身の体操がほとんどないことです。
だから自分で「剣道の稽古の時にやる体操」もプラスしてやりましたよ。


30人くらいの団体さんは、もうこの時点で出発していました。
かなりロングコースを歩く予定のようでしたよ。
IMG_7637.JPG
まだけっこうガスってますね〜。


5時半から朝食です。
昨日も夕飯の時に一緒だった、母娘とまた同じテーブルです。
この日はこれから、天狗岳に登りに行くということでした。

朝食メニューは…、「味のり、生卵、梅干し」という「ご飯の友」が多くて、どれでご飯を食べればいいのか!?という感じでしたが(笑)
IMG_7643.JPG
これが一人前の朝食で、テーブル単位で「切干大根」と「揚げの詰め物の煮物」がありました。けっこうお腹いっぱいになりました〜。

これは朝食が終わった後ですが…これが食事をする1Fのスペースです。昼は喫茶に使っていました。
IMG_7644_1.JPG


私の好きな「岳」が、登山計画書提出を促すポスターの図柄になっていました。
IMG_7639_1.JPG

朝食が終わったら、荷物をまとめて、出かける準備をして…
6時半頃に外に出たら、天気はすっかり良くなっていました!

いい、空の色ですね!
IMG_7653_1.JPG

食事の時一緒だった母娘がちょうど出発するところだったので、あちらのお母さんのスマホで、山小屋の前で写真を撮ってあげて、「天狗岳登山、がんばってくださいね!」と、送り出しました。
IMG_7654_1.JPG

昨晩話していた、登山歴40年のおじさんにも会ったので、最後に挨拶をしました。
写真は撮ってないですけど(笑)

私たち家族も、そこにいた人に写真を撮ってもらいました。
IMG_7659_1.JPG

さあ、準備万端。出発です!
IMG_7660_1.JPG

(つづく)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:37 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その8)黒百合ヒュッテの夜。

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その7)黒百合ヒュッテのようす。 より、続いています。

4時半に大部屋に案内されると聞いていたのですが…その前に、山小屋の方から
「個室が空いているのですが、ひとり1000円プラスすれば入れますがどうでしょうか?
大部屋は今日は団体さん中心なので、個室もおすすめですが」

と、たずねられました。

別に、個室じゃなくてもいいかな…、と私は思ったのですが、主人は自分のいびきのことが気になっていたようなので、個室にすることにしました。なので、4時半より一足先に個室に案内されましたよ。

2Fの大部屋の様子はこんな感じです。
富士山とは違って、ひとりの布団の幅がわりとありますよ!
IMG_7605_1.JPG

私たちの入った個室は「狸の巣」という名前でした(笑)
tanukinosu (2).jpg

これが個室の中です。(私たちが泊まった狸の巣ではなくてお隣の部屋ですが、同じ大きさだと思います)
6人分の布団が敷けるスペースがあるので、4人だとけっこう余裕がありました。
IMG_7647_1.JPG

部屋の中に貼ってあった、天狗岳のかなり詳しい案内図です。
これを見ても、天狗岳からここまでが、いかに険しい道だったかお分かりいただけるかと…、
IMG_7649_1.JPG

部屋に案内されてすぐに布団を敷いたのですが、私以外の家族は全員、ソッコーで寝てしまいました…。でもまだ午後4時頃なんですけど…、
私はそんなに長時間寝られないので、山小屋の中や外を見て回ることにしました。黒百合ヒュッテオリジナルのバッジもこの時に購入しました。

この頃、ここに泊まるはずの団体さん(30人くらい?)が到着していて、外の休憩スペースでみなさん、何かを食べていました。
団体といっても旅行会社のツアーなどではなく、登山団体のようでしたね。

私はだいぶあちこち見て部屋に戻りましたが…、5時頃になってもうちの家族はみんな寝ていたのです。私もちょっと眠くなったので、布団で寝たのですが…、15分くらいしたら目が覚めてしまいました。

また外に行ってみたら…天気は良くも悪くもなくといった感じでしたが…このあとはガスってきてしまいました。
IMG_7613_1.JPG

ようやく夕ご飯を食べられる6時になったので、爆睡していた家族を起こして1Fに行きます!

この日の夕ご飯。なかなか豪華ではないですか!?
IMG_7617_1.JPG
中央にはみんなで取り分けていい、煮物と野沢菜が置いてありました。
ごはんとみそ汁はおかわり自由でしたが、最初につがれた分を食べるだけでも、十分おなかいっぱいでしたよ(笑)

このハンバーグ、かなり美味しかったのですよ!

そして…、日中ものすごく汗をかいた私は、ビールを頼みましたよっ。
(主人は、喫茶の時間にすでにビールを飲んでいたので、この時は頼んでいません)
IMG_7620_1.JPG

ああーーーー、ビールが美味しいです〜!!

私は基本的に登山中はお酒は飲みませんが…、山小屋泊なら別ですよ!
でも、富士山では高山病のリスクが高くなるので、飲みませんけどね(^^;

東京の区部から来たという、小学生の女の子と、母親のふたり連れが私たち4人と同じテーブルだったのですが…
ふたりともちゃんとした山小屋に宿泊するのははじめてなのだとか。うちと一緒ですね。翌朝も同じテーブルでしたが、けっこういろいろと話せて楽しかったです。

私は、中学生の頃からスキーでよく長野に来ていましたけど…その頃から野沢菜(長野特産品の漬物)が好きでしたが…。
野沢菜って長野県でしか食べられないので、ひさしぶりに食べた気がします。私以外の人はそんなに好きではなさそうだったので、たくさん食べてしまいました。(笑)お土産でも、自分用に野沢菜を買いましたよ〜。

夕ご飯が終わったら…、私以外の3人はまた、個室に戻って寝てしまいました…まだ6時半くらいだったんですけど。
疲れてるんでしょうけど、明日起きるのは5時くらいでいいんですよ。どれだけ寝るんですか…、(笑)

私はあまり早く寝ると夜中に目が覚めてしまいそうだったので、消灯時間(20時30分)まで起きていることにしました。せっかく山に来たんですから、山の空気を満喫したいと…私は山小屋の外でずっと空を眺めていました。
IMG_7625_1.JPG

私が外でひとりでベンチに座ってぼーっとしていたら、その近くに一人で座っていた「登山歴40年」という60代くらいのおじさんが話しかけてきました。
「40年!すごいですね!私はまだ3年です。私はあと40年経ったら、死んでるかもしれません(^^;」
と言ったら「そんなことないでしょう」と言われましたが…、いったい私は、何歳だと思われてたんでしょうか。(笑)

このおじさんは、黒百合ヒュッテが好きで、ここに泊まりたくて来たのだと言っていました。
「ここは山好きの人がやってるって感じで、いい山小屋だよね」と言うので、
「他にお勧めの山小屋はありますか?」と聞いたら
「他にはないなあ〜」と言ってました(笑)


だんだん、日が落ちてきました。
山の中で夕暮れを迎えるなんて、山小屋泊の時くらいですよね。こういう風景、好きです。
IMG_7628_1.JPG

私は星が見たくて、日が暮れた後もしょっちゅう外に出ていたのですが、雲が多くてなかなか見えません。
が…、消灯時間(20時30分)直前に、天の川が見えるくらい、晴れたのです!
部屋に行ったら娘が起きたので「天の川が見えるよ!」と誘って外に行きました。

山小屋のロビーにいた数人の人にも
「今、星が見えますよ」
と言ったら、みんなで出てきて見ることになりました。

夏の大三角や、さそり座、北斗七星などが見えていて…
他の人に解説したら「詳しいですね〜」と感心してもらえました。

私は高校生の時に地学部だったのですが、すごく星座に詳しい友だちが、部室にある小さいプラネタリウムでいつも、同じ高校生相手に解説をしていたのを聞いていたので、けっこう覚えたのですよね。漫研とかけもちでしたが、どっちもわりと真面目に部活してました。

そろそろ、消灯時間です。
まだあまり眠くはありませんが、部屋に戻って寝ることにしました。

明日は「ご来光」は見えるかなあ…?

(つづく。)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 08:49 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その7)黒百合ヒュッテのようす。

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その6)黒百合ヒュッテまで…遠い、遠すぎます! より、続いています。

突然、全然関係ない話なんですけど…
ゴルフで、渋野日向子さんが全英オープンで優勝しましたよね。

私、ゴルフにはさして興味はないんですけど、その話をニュースで見て。
この渋野日向子さんて「いいキャラだな!」と思いました。
ショットの合間にお菓子を食べながら、いつもニコニコして、緊張せず、結果を出していく。凄いなと思いました。

笑顔で気負わず結果を出していくところが、マラソン選手の「高橋尚子さん」タイプですね。こういう人の活躍って、それを見ているみんなを元気にしてくれますよね。

そんなスゴイ人たちと並べるのは失礼かもしれないですが(笑)、
私のブログも、読んでいるみなさんが、少しでも元気になれて、笑顔になるお手伝いができたらいいな。そう、思いながら…書いています。

最近、剣道をすることも、ブログを書くことも、ほんとうに楽しくて仕方ないんです。
最近、記事をアップしてから、ブログランキングに入るまでの時間が短くなった気がするんです。私の楽しさが、みなさんにも伝わってるのかな。って、勝手に思っています(笑)


さて。本題に戻りまして…。

やっと到着しました、黒百合ヒュッテ。いかにも山小屋らしいたたずまいの建物ですよね。看板のレトロな文字もいい感じですよ〜。
IMG_7592_1.JPG

IMG_7608_1.JPG

山小屋の前の休憩スペースで一息ついている、次男と娘です。
IMG_7593_1.JPG
この休憩スペースがなかなかいい感じなんですよね〜。
夕方から夜にかけては、山小屋で知り合ったらしい山好きのオジサンたちが、意気投合してお酒を飲んでいたりしましたよ。

黒百合ヒュッテ併設のテント場。この日はテントを張っている人は一組しかいませんでした。
IMG_7589_1.JPG


喫茶が15時までだったので、まずは喫茶の注文をしました。
もともとは、2日目に立ち寄って喫茶する予定だったのですよ。

私はここの名物「おはぎ」が食べたかったので、それにしました♪
普通のおはぎと、きな粉のおはぎ(中にあんこが入っている)の2個と、お茶のセットです。ちょっと冷えてるおはぎが…すごく美味しかったです!
ohagi.jpg

行きにコンビニで買ったあんぱんが余っていたので、登山中に食べた時もめちゃくちゃ美味しく感じましたが…
山で食べるあんこは美味しいですね〜!
登山中の「あんこ」は、私にとってはかなり「パワーが出る食材」だということがわかりました(笑)

↓こちらは次男が食べていた、ケーキです。(カップケーキ+飲み物でセットになっていました)
日によってケーキの内容が違うようですが、これは「こけもものカップケーキ」でした。
IMG_7600_1.JPG

喫茶メニューです。9時から15時の間に注文できると書いてあります。
IMG_7596_1.JPG

IMG_7597_1.JPG

山小屋の1Fのようす。奥に薪ストーブがありますね。
IMG_7594_1.JPG

本棚には、山関係の本がいっぱいありました!
本棚の手前にあるハンモックは子供に人気でしたね。
IMG_7595_1.JPG

IMG_7645_1.JPG
私の大好きな山岳漫画の「岳」もあって、いろんな人が手にしていましたよ。やっぱり人気あるんですね〜。

トイレや洗面所のスペース。山小屋としては、かなり綺麗なほうじゃないかと。
私は富士山以外の山小屋に行ったことがないので、他の事情はよくわからないのですが(^^;
IMG_7646_1.JPG

グッズの販売スペースです。黒百合ヒュッテのオリジナルのTシャツ、バッジ、手拭い、バンダナなど、カワイイものがたくさんありました。
IMG_7657_1.JPG

黒百合ヒュッテのオリジナルバッジ。(左のは富士山頂上で買ったものです)
私はあまり登山バッジは買わないのですが、こういう綺麗なデザインのものは欲しくなります。買ってしまいました。
IMG_7736_1.JPG

グッズを販売しているところに飾ってある、黒百合のモチーフのステンドグラスです。
IMG_7603_1.JPG


この。黒百合モチーフのグッズがどれもカワイイのですが…、
あとから、この「黒百合」の由来を知ってびっくりですよ…!
黒百合ヒュッテのパンフレットから一部を転載しますね。
【北八ヶ岳 中山峠の伝説「クロユリの花」】

その昔、デーラン坊という巨人が、浅間山からその勢力を伸ばし、まず蓼科山の山頂にその巨大な足跡をしるして八ヶ岳全山を一息に勢力下におこうとした。
八ヶ岳の守り神、長姫命(いわながひめのみこと)は、妹にあたる富士山の、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の応援を得て、巨人デーラン坊と一戦をまじえた。
巨人は蓼科山から双子池、雨池、白駒池と巨大な足跡をしるして天狗岳にへ向かった。中山峠をはさんでの戦いは激烈そのものだった。
さすがの巨人デーラン坊も長姫命の反撃に退去をよぎなくされたが、姫も身に数か所の手傷を負い、その鮮血は地上にしたたり落ちてクロユリの花と化したという。
ええっ、このクロユリって、戦いの時に流れた血なのですか…、(汗)
可憐な百合のイメージとはかけ離れた話に、ちょっと驚いた私でした(笑)

さて、喫茶を終え一息ついて…
まだ泊まる部屋の準備ができていなかったので、1Fで荷物整理などをして。
みんな汗だくになっていたので、体を拭いて着替えたりしていました。
(女性用には、トイレに更衣スペースがありました)

(つづく!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 17:30 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その6)黒百合ヒュッテまで…遠い、遠すぎます!

家族で八ヶ岳(天狗岳)。今までで一番ハードな登山でした!(その5)東天狗岳頂上は、断崖絶壁!! より、続いています。

高所恐怖症だったらしい次男が
「早く東天狗岳の頂上から降りたい」
というので、宿泊地である黒百合ヒュッテに向かいます。

東天狗岳から降りる道。
なんかものすごいとんがった岩が見えますが、この岩の上を通るわけではありません(笑)
IMG_7578_1.JPG

東天狗岳を降りて、頂上付近を振り返ったら、まだ主人がいました。
やっぱりこのあたり、けっこうな切り立ち方ですよね〜(汗)
IMG_7579_1.JPG
主人の左のほうに見えるのが、前回娘が登ってた「断崖絶壁岩」ですよ(笑)


東天狗岳から15分ほどで、中山峠と黒百合平の分岐点に到着しました。
最終的には黒百合平に行くのですが、そちらは道が「かなり険しい」と聞いたので、まずは中山峠方向に向かいます。
IMG_7580_1.JPG

ここから黒百合ヒュッテは、いちおう、見えるのですが…、
遠い、遠すぎますよ〜!?
035c34eb-s.jpg
登山地図だと、ここから1時間くらいで着くと書いてありますけど…
いや、それは無理じゃないですか〜??

そして、ここから先は、まるでアスレチックコースのような岩場が続いていたのですよ…、

こんなの↓はまだいいほうで…、
cd5c7e0a-s.jpg
もっとすごい岩場の連続だったんですけど、足元が不安定だったので、写真は撮れてないんです(^^;

東天狗岳から50分くらい歩いたところで、もううんざり、ぐったりしている娘です。
IMG_7582_1.JPG

この時点で14時くらいだったのですが…
朝早くから行動していたので、もうみんな、眠いわ、足は疲れてくるわ…、
私も足が疲れてきていて、踏ん張りがきかなくなっていたのですが、岩場だけに気を抜けず…相当、慎重に足を運んでいました。
私は登りはいいけど、下りはちょっと苦手なのですが…、この時も家族の一番後ろにずっといましたね。

今年の富士山では、ほぼ疲れ知らずだったワタクシもですね…、

「今、ここで切り返ししなさい」

と言われたら、「無理です!」と言ったでしょう(笑)

(誰もそんなこと言わないですけど…)

※私の「体力が残っているかどうかの基準」は、「今ここで(剣道の)切り返しができると思うか」です(笑)


絶対、富士山よりキツかったですから…、
この日の、前半の急斜面の連続&後半の岩ゴツゴツのロングコースは!(^^;



中山峠まではほぼ下りだったのですが、岩場だけに運動量が多くて暑くて、汗をだらだらかきながらの行程でした。結局、この日のスタートからゴールまで、一人当たり500mlペットボトル4本(つまり2リットル)くらいの飲料を飲みました


もはや疲れきってネガティブモードに入ってしまった次男は

「なんだよこの道〜、どこまで行けば山小屋に着くんだよ!
こんな旅行、来なければ良かったよ!
もう、帰るわ〜!
(←無理)


と、グチグチ言い出しました…、
(次男は、疲れてくるとよくこういうことを言い出します!(笑))

途中で、行程の長さに嫌気が差した娘と次男は、座り込んで休憩するついでに寝てしまいました。
私も足が非常に疲れていて、このまま歩き続けるのは困難な気がしたので、一緒に休みました。ふくらはぎがパンパンだったので、登山靴を脱いで足のマッサージをしていたのですが、足の変な場所(ももの外側の筋肉)がつってしまって痛かったです(^^;
ここで私と子供たちは、15分くらい休んだでしょうかね〜。

そして東天狗岳を登るまでは疲れていたはずの主人は、この時は案外元気で、休憩していた私たちより先に行ってしまいました。下りだったからでしょうか?(登りが極端に苦手なんですよね、主人は)

なんか、この日は場所によって「ダメな人」が入れ替わってましたね。(笑)
ある人が得意なところは別の人が苦手という感じだったので、ある意味、足の引っ張り合いをしていたというか…(笑)
それぞれの得意なところは自分のペースで行っていれば、ここまで全体の行程は遅れなかったかもしれません。
しかし初登山のコースなので、勝手に先に行くわけにもいかなかったのですよねえ。


このコース、こんな岩場の連続が続いていたのですよ…、
ずっと、岩から岩へと渡り歩かなければならないのです。
IMG_7585_1.JPG

たま〜に、こういう木道があったのですが…岩場じゃないと、超ほっとします(^^;
IMG_7584_1.JPG

14時30分頃。歩き始めて1時間ちょっと経っています。振り返ると、東天狗岳がちょっと遠くなっていましたが…、
写真で見えているのは東天狗岳の山頂ではなくて、その手前にある「天狗の鼻」という部分のようです。
IMG_7586_1.JPG

14時43分頃。なんか、普通の道になりましたよ!超、楽です!
IMG_7587_1.JPG

14時45分、やっと中山峠に到着。
この正面の「みどり池」に行くのが、本来の宿泊地、しらびそ小屋に行くコースなのですが…
岩のゴツゴツっぷりと傾斜が、半端なさそうですよ!?
IMG_7588_1.JPG
これからここ降りて1時間以上歩くとか、やっぱり無理ででょう〜(^^;

14時50分頃、ようやく黒百合ヒュッテに到着です!
IMG_7590_1.JPG

黒百合ヒュッテに到着したのは、東天狗岳を出てから約1時間40分…
標準コースタイムの1時間は、相当オーバーしていました。
(途中ちょっと、寝てたせいもあるんでしょうが)

東天狗岳から黒百合ヒュッテにかけてが、今回の登山の中で、一番キツイ行程でした。
時間的にはそんなに長かったわけではないのですが…

すでに疲れていたので、非常に長く感じた、道のりでした…、


(つづく〜)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 06:13 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする