2019年08月26日

母だけの剣道日誌(92)人との関わりが楽しかった、稽古でした。(前編)朝からなんだか、ラッキーな。

最初に、本日の一枚です。

玄関に至るアプローチの雑草取りをしばらくサボっていたら、植えてもいない、立派な百合が咲いていました(笑)
IMG_7781_1.JPG
隣の家にも同じ百合は生えてないようだし…、
いったいこの百合がどこから来たのか、謎なのです…。(笑)


さて、本題です。

昨日は日曜日なので、稽古があったのですが。
朝、私が家で準備をしていたら電話がかかってきました。

それはちょっと前に、当会にお子さんを連れて見学に来た人だったのですが…
その日はたまたま、先生も子供もものすごく少ない日で、子供の稽古を何も見せることも体験させることもできなかったのです。
その方は、稽古場所の小学校からは家が近いということだったので、「今度は子供がいる日にぜひ来て下さい」と言っておいたのですが、それで「今日はどうですか」と、確認の電話があったのです。

でも、子供がいるかどうかは行ってみないとわからないので(^^;
また稽古が始まる前に連絡をくださいとお願いしました。
そして今日は幼児(年長さん)がふたり、中学生がふたり、来ていましたし、初心者指導担当のIZさんも来るようだったので、見学の方も呼んだのです。

当会にとっては、ひさしぶりの見学者だったのですが…
年中さんの男の子が入りたいそうで、小学生のお姉ちゃん(こちらは入る気なし)とご夫婦で、やってきました。お母さんは物腰が柔らかで感じのよさそうな方でしたよ。
私はずっと稽古をしていたので、少ししか話せませんでしたが…、年中さんのわりにはしっかりしている子なので、入れそうな気がしましたね。

幼児に教えるのは「剣道」って感じじゃなくて、遊んでいるだけに近いのですが(笑)
子供がいるとやっぱり活気が出ますから…、入ってくれるといいなあ。


さて、話はちょっと戻りまして。

朝、準備をして家を出た私は…稽古場所の小学校まで、車で向かいました。


「富士山が超・大好き」な私は、富士山が見えそうな日には、富士山が見える坂道のルートを選んで行くことが多いです。
しかし夏は雲や水蒸気が多く…、晴れていてもめったに見えることはないのです。この日もおそらく見えないだろうと思ったし、富士山が見えるルートは、若干遠回りなのもあり、通らずに行くことにしました。

そして、小学校のすぐ近くになったので、左側にやや無理矢理、車線変更をしたのですが(笑)
私が入ったすぐ前の車のナンバーを見たら…、
「富士山ナンバー」の、車だったのです。
えっ、と思いました。

我が家は東京の西側のほうなので、富士山ナンバーがそこまで珍しいわけではないですけど…、でも、せいぜい1か月に1〜2台見るかどうか、くらいの頻度なんです。

これは、富士山の神様からのプレゼントかも?(笑)
今日は、いいことありそうな気がするな。
と、思ったのです。


小学校に着いて、体育館に入ったら。
年長さんの女の子、KHちゃんがすでに来ていました。

KHちゃんは、春頃に入会した年長さんの女の子です。
その1年前くらいから、HK君(名前が紛らわしいですね)という同じ年の子が入会していたのですが、KHちゃんは保育園のお友達ということで、後から入会してきたのです。

そして、最近はわりと私に懐いてくれていたのですが…
ちょっと前の素振りの時に、私と一緒に「面!」って声を初めて出してくれて、密かに感動していたのですよね(笑)
母だけの剣道日誌(82)試練を乗り越えれば、そこには。

私が体育館に入っていった時に、KHちゃんが寄って来て
「今日は、一番にここに着いたんだよ!」
というので
「そうか、すごいね!早く来て、偉いなあ」
と、持ち上げておきました(笑)
稽古を楽しみにしているから早く来てくれたのだろうから…そういう気持ち、嬉しかったです。

まだ体育館に電気がついていなくて「電気は〜?」と聞かれたので、
体育館の舞台の脇の、電気パネルのところに一緒に行って、KHちゃんに電気をつけてもらいました。

私が体育館の上の窓を開けに行こうとしたら「どこに行くの?」と聞くので
「上の窓を開けにいくんだよ。あ、でも上は危ないから…これはおばちゃん一人でやるね」
と言って、舞台脇の階段から上に登ったら…
下から見ていたKHちゃんとその妹ちゃんが「あ!出てきた〜!」なんて、はしゃいでて(笑)

か、カワイイな…、と思いましたよ…、(笑)

私が上にいる間、下から見ていて何か話しかけられたりして。
窓を開けながら、なんか和んでしまいました。


その後、子供が集まったのでランニングをしたんですけど…
KHちゃんを誘ったら、最初は「えー、恥ずかしいから走らない」とか言っていたので、「じゃあいいよ、見てて」と言って走ってたら…

途中から参加してくれて、しかも私に手をつないできて、一緒に走ってくれたんです!

もう〜、超嬉しいじゃないですか!!(*^^*)

でも、KHちゃんはランニングの途中で抜けちゃいましたけど(笑)


準備体操では、ストレッチがまあ上手にできていたので…(幼児にはなかなか、難しいようですよね)
「すごいね、上手にできてるじゃん」
と言ったら
「こんなのカンタンだよ〜?」
と、ドヤっていたので、微笑ましくなってしまいました(笑)


その後の素振りでは、私が幼児の前に立って一緒にやっていたのですけど…
また、HK君とKHちゃんが大きな声で「面!」って言ってくれて。
声を出し惜しみしている中学生より、よっぽど元気だったので、すごくほめましたよ。



実は…私、子供を3人も育てたわりには、スキンシップはけっこう苦手なんです(笑)
うちの娘はやたらとベタベタしてきますけど…、自分からハグしたりすることは、私はないんですよね…、

だから、ごく小さい子は、どうやって扱ったらいいのかな、ってちょっと躊躇がなかったわけではなかったのですが…
これだけ懐かれるとですね〜、もう可愛くてしょうがないです。


幼児(KH君)が初めて入ってきた時は、すぐにどっか行ってしまったり、寝そべったりとあまりに気ままなふるまいに
「こんな赤ちゃんみたいな子に剣道を教えて何になるのだろう」
なんて感じていましたけど…(笑)KH君も、徐々に先生の指示に従えるようになってきて、私とも意思疎通ができるようになってきたし。
小さい子供もカワイイな、剣道を教えてあげたいな、って最近は思ってます(笑)

なんだか、幸せを感じた子供稽古の時間だったのでした…、

(中編の、大人稽古に続きます!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 12:51 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

珈琲と、私。(その3)私の珈琲知識の転機。

珈琲と、私。(その2)子育て中に飲んでいたのは。 より、続いています。

まずは、本日の一枚です。富士山2日目のご来光の時のものです。
雲海からのぞく「島」(山)が、いい感じです(^^)。
下に見える日の丸は、山小屋に立っているものです。
IMG_7276_1.JPG


さて…、本題に入ります。

私の「珈琲に対する認識の大きな転機」は、6年ほど前に訪れました。

その頃、私は某レストラン口コミサイトに登録して、レビューを投稿していたのですが…
そこで知り合った年配男性が、食べ物全般に異様に詳しい人で…とりわけ珈琲と紅茶の知識は群を抜くものがありました。美食家だったのでしょうね(笑)
(私はネット上でやりとりしていただけで、会ったことはありません)

その方は私を気に入ってくれたようで、持っている知識をとにかくたくさん教えてくれました。
私も実際に教えてもらった店に行って、それを飲んだり食べたりして、ミョーに研鑽を積んでいました(笑)。そのおかげで、珈琲や紅茶のことについてはだいぶ詳しくなったのです。
私はマニアではありませんから、細かい知識の蓄積はしていませんが、珈琲はどういうところで豆を買い、どうやって淹れるかについてはだいぶ研究しました。

それまであまり買ったことがなかった、かなり高い豆も買って飲んでみたりしました。
それは、今まで飲んでいた珈琲とはちょっと違い…「煎茶のような」味わい方ができる、フレッシュな珈琲でした。
なるほど、高いのには高いだけの理由があるのだなと思いました。

私はこの方に教わる前から、豆の鮮度にはこだわっていたのですが…
それなら自家焙煎が一番いい、と言われたので、手煎りなどにも微妙に挑戦してみたりしましたが…、手間がかかるうえにあまり上手くいきませんでした。
焙煎機を買うにせよ、自家焙煎にはかなり試行錯誤する手間がかかりそうなので、これは私にはできないと思ってあきらめましたが。

ちなみに、もうそのサイトには投稿していません。
調子に乗ってスイーツを食べ過ぎて、肝臓の数値が悪化したからというのと(笑)
私、凝り性なんで、書くとなると徹底的に調べちゃうので…、
やっぱり、食べる時は「書くこと」じゃなくて、食べることに集中したいな、と思ったからなのでした。


そんな経験で、だいぶ珈琲経験値の上がった私でしたが。


その頃、自宅のまあまあ近くに、とてもいい自家焙煎の珈琲豆のショップがあるのを発見しました。

自家焙煎のコーヒー豆ショップというと…
「物もいいけど、値段も高い」
というところが多いのですが。

そこは、値段が安いのに、焙煎したての豆をとても安く売っているのです!!
都心で同じ豆を買ったら倍以上するんじゃないか!?というような「いい豆」も、そこまで高くないのです。

なんでそんなに安いのかというと、オーナーが自ら現地に仕入れに行っているからなのではないかと。

ふだんは私は、その店の中では安いブレンドを買ってるんですけど…それにしても、決して質が低くはありません。
カルディで一番安い豆を買うよりは、ちょっと高いですけど…その「ちょっと」を出すだけで、ここまで質が上がるのなら、この店のほうがいいと思いました。

カルディの豆は悪くはないのですが、いつ焙煎したかわからないのが難点です。
人気のない豆は、古くなっていたりするし…。
鮮度にこだわる私は、一番回転率のよさそうな「マイルドカルディ」を買うことが多かったです。

その点、今買っているお店は焙煎日も書いてあるし、焙煎から日が経ったような古い豆は置いてありません。
私は鮮度にこだわるので、買いだめはしないようにしていて、なくなりそうになったら買いに行きます。
行くために車で20分くらいはかかるのですが、そのくらいの時間をかける価値はあるのです。

うちでは日常的に珈琲を飲んでいるのは私しかいないので、1回に買う豆の量は500gで、それで2週間くらいもっていたでしょうか。
最近、長男が急に珈琲を飲み始めたので(笑)、もう少し量を増やしてもいいかなと思っていますが。

(つづく)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 14:19 | Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

珈琲と、私。(その2)子育て中に飲んでいたのは。

珈琲と、私。(その1)私が珈琲好きになったのは。 より、続いています。
(その1)を書いたのが6月20日なので、また説明しますね(笑)

この、珈琲の話は…
他のブログの合間にちょこちょこと入れていく、すき間埋めのよもやま話として書いています。
いつもより短めのボリュームで、特に山も落ちもない話になるかと。
続きものですが、あんまり続いてないかもです(^^)

最近、ブログネタが多すぎて、全くこの話を入れる隙がありませんでした(笑)
やっとひと段落ですね…。


子育て中の私は、ゆっくり珈琲を淹れている時間がなかったので…
「ブルックス」の、一杯ずつパッケージされている珈琲を使っていました。

ブルックスの珈琲のいいところは、すでに挽いてある粉の状態で、一杯ずつ密封されていることです。
「挽きたての豆を使う」のが私のコダワリなのですが、これは挽きたての状態がほぼ保たれているからです。

ブルックスの珈琲は、カップにかけられるような形のドリッパーに珈琲が入っていて、そのままドリップできるようになっていますが。
私はその手の「ドリップバッグ」をそのまま使うことはほぼなくて、自分が使っているドリッパーに移し替えてから抽出します。

なぜなら、そのままドリップすると…たいてい、珈琲の粉の部分が珈琲の液体に浸るような形になってしまうからです。
こういう淹れ方をすると、美味しくないのです!いわゆる普通のドリッパーのように、抽出した珈琲が下に落ちるように淹れたほうがいいのです。

私の「こだわりの淹れ方ポイント」は、また別の機会にまとめて書きたいと思いますが…。


そして、一番下の娘が、幼稚園に入った時には。
「ああ、これで、子供がいない状態の家時間が存在するようになったんだ!!」
と…、めちゃくちゃ、開放感を感じました。
長男を出産してからの10年間、24時間、必ず子供が家にいる状態が続いていたわけですから。


それから、やっと珈琲がゆっくり飲めるんだ!と思って…
実家に兄が置いていっていた、手挽きのコーヒーミルをもらってきて、自分で使うようになりました。
このミルは今でも使っています。今でも同じ形のものが売っていますね。

Kalita(カリタ)手挽きコーヒーミル ダイヤミルN(レッド) #42137 - 株式会社 千田
Kalita(カリタ)手挽きコーヒーミル ダイヤミルN(レッド) #42137 - 株式会社 千田

この頃は、家の近くにあった「カルディ」で珈琲豆を買っていました。
入手しやすかったのと、安いのと、まあまあの鮮度の豆が置いてあったからです。


私の珈琲へのこだわりの一番のポイントは…「豆の鮮度」です。

同じ鮮度なら、高い豆のほうがほぼ、おいしいのですが。
毎日飲むものなので、そんなに高いものは買えません。
値段を上げず、味を良くするとしたら…こだわるべきは「鮮度」です。

焙煎して日が経っていないもの。そして、淹れる直前に豆を挽いたもの。
私が自分で淹れる時は、可能な限りそこにこだわっています。

(ただし、焙煎当日よりは、3日くらい置いたもののほうが美味しいです)

高くて古い豆よりも、そこそこ安くて新しい豆のほうが美味しい、と思います。


最後に、本日の一枚です。

昨日の空です。最近ほんとに、空や雲が好きです(笑)
IMG_7791_1.JPG

(つづく…)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 07:48 | Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

母だけの剣道日誌(91)初心者指導の先生について&私の最近の心境の変化。

まず最初に…本日の一枚です。

富士山登山の、2日目のご来光の時です。
IMG_7240_1.JPG


さて、本題です。
当会では、三段を取った女性は、初心者指導の先生になることができます。

私は2年前に…当時初心者指導をやっていたKB先生から「三段を取ったら先生になってほしい」と、言われたことがありました。
母と子の剣道日誌(149)子供を教えるということ(前編)
母と子の剣道日誌(150)子供を教えるということ(後編)

私はこの時点では、自分が初心者指導に向いているのかどうかはわからないけど、前向きに考えてみよう…というような心境だったのですが。


1年ほど前に「AKちゃん」というかなり手のかかる子がいたのですが…
私がたまたまこの子を相手した時に、全く言うことを聞いてもらえなかったのです。
母と子の剣道日誌・最終回(343)次男、引退の挨拶。

私はこの時には…、(小さい子供相手の)初心者指導には、私は向いていないんじゃないかな…、と感じたのです。

それから当会の子供は大幅に減り、今や子供会員は6名と「風前の灯」状態になっています。
そもそも初心者の指導者が必要なのか?という状態になりつつありました。


そして少し前には…、私自身の、現在の指導者の先生方への想いも複雑になりつつあり、もし一緒に指導者としてやっていくことになったとしたら…、上手くいくのだろうか、というのが心配で。
三段を取れたとしても、指導者はやらないことにして、運営陣とは距離感を持っていたほうがいいかな…
なんて考えていました。
母だけの剣道日誌(39)はなずきん、剣道やめるってよ(その4)やめたいのは、会の体質が合わないから、というのも大きい。


でも最近、小さい子の相手をする機会が何回かあったのですが、私は楽しいと感じていたのです。
やっぱり、指導者をやるのもいいかもしれない…と、思いつつあります。

まだ子供はいるし、見学の子などもたまに来るので…そうしたら誰かが教えないといけないわけですが。
今は「ママ先生」IZさん一人しか初心者専門の先生がいないので、IZさんがお休みの時は他の先生がやっているのですが…
小さい子については、できるだけ同じ先生が継続してやったほうがいいと思うし、女性ならではの安心感を感じてくれているような気がするのです。

子供は可愛いと思いますしね。
先日体験に来た、N先生のお孫さんとも私はよく話していました。
剣道の会の雰囲気ってやや固いので、子供にはできるだけ楽しい気持ちでいてほしいなと思うのです。

ふだんは女性はIZさんとTHさんと私以外にはほとんどいないのですけど、子供は女性が相手してあげるとほっとするようですよね。
子供と雑談をして、気持ちがほぐれているようなところを見ると、私でも多少はそういうことができるんだなと思います。

今までは、私の剣道のスキルがあまり高くなかったので、そういう意味でも自信がなかったんですが…
少し前に比べたら、私も技術的に少しマシになってきたようなので「見るからに下手」なレベルからは脱せたのかな、と思っています。

三段が取れて、指導者になってもいいと言われたら…考えるかもしれません。
IZさんの教え方は本当に上手だと思っているので、もしやらせてもらえるのなら…最初のうちはいろいろ見習いたいと思っています。

指導者の話は、まずは私が三段を取ってからのこと、なんですけどね。



指導者になると、一緒にやっていくことになる先生との関係も、今までは気になっていたわけですが…、
私も以前ほど、そこは気にならなくなっているような気がします。

「辞めたい騒動」で自分の中にあるものを吐き出したからなのか。
いろいろ不満のあった子供会員の保護者が運営をする状態から、大人会員に運営がシフトしたからなのか。
私が剣道に集中するようになったからなのか。
全部、かもしれませんが(笑)


そして…、今まで、はっきりここに書いたことはなかったのですけど…、
私、後輩ママさんである、「元バスケ少女」THさんがずっと苦手でした。というか、THさんが私を嫌っていたのではないかと思います。

あることがきっかけで、THさんは私への接し方が冷たくなり…、業務上?最低限の会話だけで、挨拶もしてくれないような状態が何年も続いていました。(それでも私はずっと、挨拶してましたけど…)
でも最近、何がきっかけかわかりませんが、THさんの私への態度がだいぶ変わってきたのです。向こうから私に雑談を振ってきたりするので、びっくりしてます(笑)

剣道の稽古で組んだりすることが増えたからなのか、一緒に運営する側になったからなのか。THさんの態度が変わった理由はよくわかりませんけど…。
THさんは数少ないママ剣士仲間であり、運営者同士なのですから、いい関係でいるに越したことはないので、それはよかったと思っています。

「辞めたい騒動」のあたりでだいぶ、私は当会についての愚痴を書きましたが。
今は前ほど、人間関係のストレスをそんなに大きく感じなくなっているような気がします。
家で、会のことを愚痴ることもほぼなくなりました。

私自身も何か、吹っ切れたのかもしれません。



「やめたい騒動」は、私にとって、すごく大きな転機だったのかもしれません。
それを境に、いろんなことが変わり始めた気がします。

それからわずか、3か月しか経っていないのですが…、
その間に本当にいろんなことがあり、濃密な3か月だったと感じています。

三段審査までも、あと3か月ですが…
最近、少しずつですが、ほめてもらえることや、できることが増えてきた気がして…、自分の技術の向上を感じています。でもまだまだ、できていないと思うことのほうが多いのですけど…、

この間まで「自称合格率55%」、と言っていましたけど…今は、「60%くらい」…かな?(笑)
(ビミョーにしか上がってないですね(笑))

あと3か月…、私にできるだけのことをしていきたいと思っています。


「辞めたい騒動」の時に、いろんな方からメッセージをいただいて…、いろんな方が、私を見ていてくれるのだと思いました。
私のブログを楽しみにしていてくれる方がたくさんいるのだということも、実感したのですが。

このブログを読んでいる方で、私と同じ頃に審査を受ける方も多いと思います。
一緒に、がんばりましょうね!
今の私の「やる気パワー」が、みなさまにも、届きますように。(笑)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 11:45 | Comment(2) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。(その4)次男がこの旅で得たもの。

「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。(その3)いっぱい自転車を漕いで。いっぱい人と話して。 より、続いています。

【4日目】

これは行きに、気仙沼からYHへ向かう途中で撮った写真だそうです。
田んぼの中の、まっすぐな道が印象的だったのだとか。
6216.jpg


気仙沼駅からYHまで、行きは休み休みで2時間以上かかったのに…
帰りはほぼノンストップで漕いだから、1時間かからず着いたそうです。

(行きと帰りは道も違ったそうですが…)

移動のほとんどを自転車に頼っていた3日の間に、自転車移動に慣れて、めんどくささもあまり感じなくなってきて、最終日はガンガン漕いだのだとか。
「俺、やればできるじゃん」
みたいに、思ったようですよ(笑)


身体をいっぱい動かしたことで、次男の中にモヤモヤしていたものが…だいぶ、排出されたのではないのでしょうか(笑)。
何か悩んでいたり、やる気が出ない時って、頭だけ使って動かないでいることが多いですけど…。
そういう時こそ、身体を動かすことって、大事なんですよね。


私自身もそれは、剣道を続けていることで実感しています。
なにか悩みがあっても、体を動かすと、細かいことなんてどうでもよくなりますからね(笑)。よけいな事を考えず、体を動かすことだけに集中していると…、心も整ってくると思うのです。


この日も、1日目と同様…、ひたすら、電車に乗っていた日でした。
次男が最寄り駅に戻ってきたのは、夜9時過ぎのことでした。
私は駅まで車で迎えに行き、車の中で待機していたのですが…
疲れているはずの次男は、足取り軽く、歩いてきました。

帰ってきた次男は、出かける前とは…少し、顔つきが変わっていましたよ。

旅行に行く前に「あ〜めんどくせ〜」って言ってた時は…、
「やる気のない感」が顔にものすごく出ていて、目が死んでいて。
これはダメなわけだよ、と思っていましたけど(笑)

旅行から帰って来た時は、特にハイになっていたのか、ものすごく楽しそうな顔をしていたのです。
こんな生き生きしている次男の顔を見たのは、ひさしぶりじゃないかな。

あと、少しやせましたよね。筋肉がついて、脂肪が落ちていました。
これは、自転車をいっぱい漕いだから…、だけじゃなくて、旅行中、あまりご飯を食べなかったのだとか(^^;
自分で買って食べるのがめんどくさかったらしく、1日2食くらいしか食べてなかったのだそうです。

次男ってほっとくと、ものすごく暑い部屋で毛布をかぶって汗びっしょりで寝てたりもするし…、
生存本能が薄いのか!?って思うことがあります(^^;

でもさすがに家に帰ってからは食欲が出たらしく…
「肉が食べたい!」と言って、ガンガン食べてましたけど(笑)


次男は今まで、なんでも行動を起こすまで「めんどくせ〜」って思ってたけど…
それが少し減った、と言っていました。
「自分でやらなきゃ動かない」
と、少し(!)思うようになったのだそうです。


次男は、雑学知識は異様に豊富で、ニュースなどを見ていても、私が解説してもらうようなこともけっこう多かったりするのですが…
親しい友だちもいないし、他の人と接することも少なく、出不精だっただけに、「机上の空論」的なことも多いな、と感じていたのですよね。

それが今回の旅行の経験で…、
自分が「井の中の蛙」だということに…ちょっとは気づいてくれたのかな、と思いました。


でも、帰ってきてからも…
ゲームも相当やってますし、夏休みの宿題もあまりやってないんじゃないの…?
私が「宿題やった?」と聞くと「うるさいなー」ですからね(笑)

生活態度が変わったか、というとビミョーなんですよ…、
やっぱり、そんなにすぐには、変わらない部分も多そうですけどね。(笑)


でも、この旅行のことは…次男はおそらく、一生忘れないでしょう。


こんな機会がなければ、次男はひとり旅なんて絶対しなかったでしょう。でも、やってみたら、とても楽しかったようですよ。また行けたら行きたい、って言ってました。
なんでも、やってみなければわからない、ということは…実感したのかな。

「かわいい子には旅をさせろ」

というのは…本当だな、と思ったのでした(*^^*)


「かわいい子には旅をさせよ」。次男の東北、ひとり旅。
は、これで終わりです。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 10:20 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする