2019年06月29日

母だけの剣道日誌(72)社会人剣道サークル「Kent」参加!(その2)基本稽古&地稽古

母だけの剣道日誌(71)社会人剣道サークル「Kent」参加!(その1)上下関係のない剣道サークル、とは より続いています。

この日、稽古に参加していたのは30名ちょっと。
いつもよりは、ちょっと少ないそうです。それでも、武道場は一杯でしたけれども。
ここの武道場は、半分の板床の面をKentが使用して、残り半分は畳で、別の団体が使っていました。

本来は冷房が入っていたようなのですが…あんまり効いてなくて、みなさん暑がっていました。私はいつも暑い体育館で稽古しているので、どうってことなかったですけど(笑)。

参加者の割合は…見たところ、男性8割、女性2割くらいです。
そして「ほぼリバ剣の方」かなと思いました。
年齢は30代くらいの方が多そうで、段位なら3〜5段くらいの方が多そうでした。

あとから聞いてみたら、初心者スタートの方もいないことはなかったようですが…やっぱりそれは少数派だったかな。
ママさん剣士という感じの方は数名で、リバ剣ぽい若い女性も数名いました。
女性の中では、初心者スタートは私と茨城のIDさんだけではないかと思いました。

私はこの中では「年齢的にはかなり上のほう」で、「段位的には下のほう」だったのではないかと思います(笑)


15時に武道場に入り、準備をして。
15時半から、稽古開始です。
それまで「各自で準備体操」をします。

15時半になったら、4名×8列くらいに並んで、素振り開始です。
いわゆる「整列」や「正座」(黙想)はないのですね〜。

あとから
「あれ?何か足りなかったような?」
と思ったのですが、それは
「最初と最後の黙想や礼がなかった」
からでした…

ええ〜、そこは私は、やりたかったのになあ…。
「整列」がないのは「上下関係がない」というコンセプトとしてわかりますが、
「黙想」がないのは、なんだか剣道ではない感じが…。


一番最初に、主催者の方からこんな説明がありました。

すごくひさしぶりに剣道をやる方も混じっていますから、
いつでもきついと思ったら抜けていいです。絶対に無理はしないで下さい。
地稽古でも「突きは原則禁止」です。
やりたい人は、相手の許可を取ってからやってください。

素振りは以下のものを、それぞれ20本ずつでした。
本数的には少ないですね。

「前進後退上下素振り」
「前進後退正面素振り」
「左右面素振り」
「跳躍素振り」


それが終わったら面付けをして、基礎練習です。
4名で1列になって、掛かり手が次に元立ちと交代する、という形式でやっていきます。
以下のそれぞれの技は3回ずつやりました。

「切り返し」
「好きな面打ち」
「小手打ち」
「小手面打ち」
「返しまたは抜き胴打ち」


で、最後に「申合わせ稽古」(自分が打ちたい技)をやります。
これはひとり5回、掛かり手をやったら終わり、ということになっていました。
私は”小さい面打ち”と、現在特訓中の”返し胴”を集中的に練習しました。

このあたりの時点で
「この稽古会はけっこう上手い人ばっかりだな…」
と感じました。
ほぼ男性でしたし、私はたぶん、参加していた中では一番下のレベルに近いかと。
私と同レベルくらいの人は、数名といったところでしょうか。

女性も、IDさん以外は全員、リバ剣か現役の方で、実業団の方も混じってましたね〜。
私が想像していたより参加者が若くて、レベルが高いなあ。


ただ、この時感じたのは…

「あれ、私も…、けっこうできてるかも?」

今までわりと苦手だった、小さい面打ちも…
なんか、ちょっと強く打てるようになってます。

ちょっと前の私だったら、組むのを躊躇するようなレベルの相手が多かったのですが…
いちおう、そんなに大きく遜色はなく、相手できてるかも…?

後で、KDさんからも、
「はなずきんさん、前より打ち方がきれいになってますよね?」
と、言われました。


そして次は、回り稽古の地稽古です。一回2分だったかな。

2人×2組 の状態で、それぞれ1回ずつ稽古をやったら、掛り手のほうだけ右に回るという感じで、ずれていきます。
つまり、順当に行けば、2回に1回のペースで自分がやることになります。
私はそれでずっと続けてやっていましたが、KDさん(この時は、手の調子が悪かったようで休んでいました)に、後からこう言われました。

「あの地稽古、ずっとやってたから大変じゃなかったですか?」
「いや、当会だと普通に連続して回り稽古じゃないですか?
あれに比べたら1回ずつ休みがあるから楽でしたよ」
「そうですか〜?いや、はなずきんさん、体力ありますね〜」

この時、隣で「茨城のIDさん」が稽古しているのを見ていたのですが。
初心者スタートの方なのに、なかなか上手いのですよね。
男性相手の地稽古の時も、精神的にはわりと余裕のある感じに見えました。

「この人は、今受けても三段に受かりそうだな!」
と、思いました。


(その3 へ続きます!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 01:03 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする