2019年05月31日

母だけの剣道日誌(51)夫婦喧嘩。(後編)手刀、一番勝負!?

母だけの剣道日誌(50)夫婦喧嘩。(その1)「あの」夫婦喧嘩、ふたたび? より続いています。


さて…布団の上で、ふたりで正座して向かい合い。
右手を刀のように構えて、面を取る勝負です。

も〜、なんでこんなこと、やらなきゃいかんの?と思いましたが…、
主人、こうなったら引かないので。
やればいいんでしょ、やれば。


私が出した「面」は、一回目はよけられましたが…
二回目は、なんとか主人の「面」部分(頭の中心)に当てられました。その後も1回くらいは当てたと思います。
どちらとも、そんなにキレイには入ってないですけど。

いっぽう、主人の出した「面」は…私はいちおう、手でさばくことができました。
何回か打たれそうになりましたが、たぶん1回も入らなかったです。



「お前、できてんじゃん。」

「えっ、これで、できてることになるの?」

「ああ、前やった時より、全然できてるよ。
反応速度が違うよな。」

「そりゃ〜そうでしょ…あれ、2年以上前の、初段を取る前だったじゃない。
でも、今でも、これじゃなかなか一本取れないんだよ。
たぶん、打とうと思った時の、足の使い方や姿勢の問題があったり、竹刀の振りが遅いんだよ」

「ふ〜ん…」

「だから、私も”あともう少し”だとは思ってるの。
その”もう少し”をどうにかしたいんだよ。」


「なるほどねえ…。
ただ、お前と相対した時にはどうも”待ち”を感じるんだよなあ。
もうちょっと自分から積極的に攻めたほうがいいと思うよ」


あと、主人から
「最初に面が入った時は、お前の面がいつ来るか読めなかった」
と言われました。
私はN先生やSZ先生から習っている「小さい面打ち」を打ったのですが、竹刀で打つ時は「手を引き付けてしまう”起こり”」が出てしまうのですが…この時は座った状態で右手だけでやったので、それが出なかったのかなと思いました。


主人は、この勝負?で「私がまだ剣道をやりたいと思っている理由」について、なかば納得したようでした(笑)。
もっと下手だったら「向いてない。やめたほうがいい」って言われたのかもしれませんが。

しかし「剣をまじえて理解する」って…、時代劇?青春ドラマ!?(^^;
男の世界って、そんなもんなんですか?(笑)


もうここまで来たら、ついでですよ。

「私、面や小手よりも胴のほうが得意なんだけど」
と言ったら
「じゃあ、打ってみ」
と言われたので遠慮なく、主人のメタボ腹(笑)を打ったんですが…

「なるほど、お前の胴はななめ上から切り込むような感じで来るんだな。
確かに、面よりスピード早いな」

と、ちょっと感心してもらえたようでした。
胴をななめ上から切り込むのは基本ですが、主人は剣道を習った時代が昔のせいなのか、あまりなじみがないようでした。
私は、胴を打つ時だけは「引き付け」がほぼなく、ちゃんと手を伸ばして打ってるんですよね。これが、面で出せたらいいのになあ〜。



「ところで…さっき、私が”続ける”って言ってたのに、なんであんなに”向いてない”とか”やめたほうがいい”とか言ってたのよ?」

「それは…お前が最近ずっと、剣道をやるのが辛そうだったからさ。
いったん、剣道からすっぱり離れたほうがいいと思ったんだよ。

「まあ、この間まではそうだったんだけどさ…
今はもう、大丈夫だから。」

「おまえ、本当にできるんだな?」

「”できる”かどうかはわからないけど、やるよ!

どこまでやるかは、わからないけど。
この間まで、”一生剣道をやる”って言ってたのにやめたくなったんだし、どう考えるかなんて、その時になってみなければわからないよ」

「それはそうかもな。わかった。じゃあ、やりなさい。」


と、いうわけで…
なんだか勝負がかかっていたらしい(?)「夫婦喧嘩」は、いちおう一件落着したのでした。

でも、気がついたら朝の5時前で、起きなきゃいけない時間で。
午前2時から、2時間以上、喧嘩してたんですね?(汗)
もう、眠くてしょうがないのに、子供の弁当作って学校へ送り出して、洗濯機回して…その後、ばたっと1時間ほど寝てしまった私なのでした。
(ちなみに、主人は仕事休みの日なので、その後はずっと寝てましたよ!)


剣道の「道」は、山あり谷あり…

いや、この話は…、剣道の道のこと、でしたかね?(^^;


「夫婦喧嘩。」前後編は、これにて完結です。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 07:58 | Comment(2) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする