2019年05月21日

母だけの剣道日誌(41)はなずきん、剣道やめるってよ(その6)きっちりけじめをつけて、やめたい。

母だけの剣道日誌(40)はなずきん、剣道やめるってよ(その5)いろいろ、納得いかないことも多くて。 より続いています。

ひさしぶりにブログに書いた剣道のことが、この「剣道をやめる」話だったのですが…
一連の記事が、ブログランキングで1位〜3位を占めていて驚いています。
まあ、あれだけ剣道が好き好き言っていた私がやめるってのは、やっぱりびっくりされたのですかね(笑)。


前回、会の運営に対する不満をブログに書いている時に。
すごく心にずっしりと重いものを感じたのです。

先生には先生で、考えていることがあってそうしているのでしょうけれども…
「会に対して私がやっていることが多いわりには、ないがしろにされてきたのでは」
という気持ちがこみあげてきて、書いているうちに涙が出てきてしまいました。

今まで「できるだけ深刻に考えないようにしていた」ことなのですが…
やっぱり、心の奥底ではすごく我慢していたことなのでしょう。

嫌なことがあっても、剣道で体を動かすとすっきりするのが好きでした。
でも、その「嫌なこと」が、剣道とセットになっているのでは…。


私が家族にそのことをよく愚痴っていたので、家族からは
「そんなに嫌だったら、やめればいいのに」
と、言われていました。

「でも、剣道が好きだし、稽古は楽しいから」
と、言っていたのですが…

愚痴られていた家族も嫌だったろうなと思います。
ここまで嫌だと感じていたのだったら、やっぱり、辞めたほうがいいのでしょう。少なくとも、今の会にいることは。



ですが、私が、今まで剣道をやってきたことは無駄ではなかったと思います。

私が剣道をやって身に着いたことは、とてもたくさんあります。
すごく弱かった体幹も人並くらいになったし、持久力も筋力も、前よりだいぶつきました。体の動かし方も、前よりはだいぶマシになったと思います。腹式呼吸もできるようになったし、大声も出せるようになりました。
この年で、富士山の頂上までそんなに苦労せず登れたのも、剣道のおかげでしょう。

剣道という文化に触れられたことも楽しかったです。
ある程度の作法は身に着けましたし、「かっこ悪い」とはいえ、私が憧れていた武士のはしくれ、みたいな経験はできたわけですから。
ただの武士コスプレではなく、三段までは取るつもりなのですから、人様に「剣道をやっていた」とは言えるくらいの、経験と知識は身に着いたと思っています。

次男に剣道をやらせたことも本当に良かったです。インドア派で、自分から何かをすることが少ない次男に、「自分もここまでできる」という自信と体力がつきました。親子で剣道をすることで、私と次男との関係も良くなりました。
次男がいた頃は子供も多く、今ほど会の雰囲気はだらけていなかったですし。

でも、もう次男も剣友会を「卒業」しましたから…私が行き続けなければいけない理由は、なくなったのです。



私は「剣道という競技」を嫌いになったわけではありません。

今でも、ただ単に技の練習をやっているだけなら、そこそこ楽しいのです。基本稽古で上手く打てた時は、爽快感がありますし。試合をしたり上位の人にかかっていく時は、全然打てなくてがっかりしてしまいますが。
体力づくりには素振りはいいと思うので、家では続けるかもしれません。せっかくここまで体力がついたのですから、何らかの運動は継続したいと思っています。

「ボクシング」ではなくて「ボクササイズ」があるように、「剣道エクササイズ」ならやってもいいかなと思います。
「剣道エクササイズ」は実際にあるようですが、エアロビ的にほとんど休まずやるみたいなので、身体的には剣道よりハードかも!?
剣道を取り入れたエクササイズ・SHINDOがハード過ぎる!【GIRLS SPORTS LAB.】

それとは別に、上下関係のない「大人の」社会人剣道サークルが都内にあるので、それには来月あたり、行ってみようと思っています。
ここが合う、と思えば行くかもしれません。ただちょっと遠いので、行くとしてもたまにという感じになりそうですが。

でも「試合に勝てるようになるために切磋琢磨する」のは、もういいかなあ。
私には、あんまりそういうことが向いていないようですから。



最初に「剣道をやめたい」と感じた時はしばらく、心がどんよりと重かったのです。
今まで「生きがい」であり「生活の一部だった」ものに、嫌気がさしてしまったのですから。


でも、剣道をやめたら…
毎週、稽古の家の時間までに戻らなければいけない。ごはんも早めに食べないと。コーヒーはトイレに行きたくなるから飲めない。
そんなことを気にしなくてもよくなるんだ。

また、当会の休みの時には出げいこに行かなければ、と思って行っていましたが、出げいこに行くのも、いつもとは違う時間を割かなければいけなくて大変なのです。よその会のルールに従わなければならないのも、神経を使います。

もっと適当にやっていても「できる人」はできていますが。
ちょっと休んだら体力もカンも鈍ってしまう私は、そうもいかないでしょう。

剣道は楽しいから行っているのだ、と自分で思っていましたが…
実は、いろんなことが負担で、大変だと感じていたのかもしれないな。


やめよう、とはっきり決めた今は、少し心が軽くなっています。

今まで剣道に割いてきた時間とお金を、これからは違うことに使えるんだ。(まあ、お金はそんなにかかってはいないのですが)
家族と一緒に山登りするのもいい。違う運動をしてもいい。
子供にお金がかかる時期になり、働かなければとずっと思っていましたが、その時間の確保もしやすくなるでしょう。



私は、辞めると決めてからも、今まで通り普通に稽古に出ています。
でも、できるだけ、11月には三段に合格してやめたい、と切実に感じています。
それだけに、稽古では、前よりむしろ気合が入っているかもしれません。

前と違うのは、行く前に本当に気が重くなることです。

めんどくさいな、行きたくないな…
次男がそう言ってた時は、こんな気持ちだったのかな、と思ったりしました。


今は小学生がほぼいないせいか、稽古開始の時間も前よりさらに適当になってきていて、早く行ったところで、人がなかなか来ないのです。子供がいないのなら、前ほど行く時間を気にする必要もないでしょう。
それに「私が責任感を感じる必要はない」と言われたのですから、もう会のことはどうでもいいや、という気にもなっています。

前は、できるだけ時間までに会場の準備をしなければと早めに出ていたのですが、ギリギリに出ることも増えてきました。
これからは前ほどがんばらず、精神的距離を取っていこうと思っています。

今までは可能な限り稽古の予定を優先してきたけれども、これからは自分の用事を優先することもあるでしょう。
いままではありえなかった「気が乗らないから、サボり」ということもあるかもしれません。

でも、際限なくサボったりはしたくありません。稽古に出る時にはしっかりやって、なんとか一回で三段に合格したい。
この6年間に、きっちりけじめをつけてやめようと思っています。


とまあ、こんな心境なので、剣道についてブログに書くことはかなり減るでしょうね。
でも「いつのまにか剣道の記事がなくなっていた」というような、フェイドアウトはしないつもりです。
辞める時のこと、辞めたあとのことも、他の人に参考になるかもしれませんから…そこまで書きたいと思っています。

長々と重い話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
「はなずきん、剣道やめるってよ」の回は、これで終わりです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 11:56 | Comment(8) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする