2019年03月06日

母だけの稽古日誌(31)いい面紐は、結びやすいんですね!

私は昨年の夏に、防具を一式新調したのですが…。
母と子の剣道日誌(321)新しい防具が来た!(その1)以前の防具との比較【面】

最初、面の顔を入れる部分(内輪)が少しきつくて、あまりきちんと装着できていませんでした。
その後、購入した防具店で少し広げてもらい、ちょうどよくなったのですが…。

その時、紐を締めにくかったせいか…
ギューギュー紐を引っ張って装着していたせいなのか…
冬になったころには、面紐が傷んでしまっていました。

以前の防具の時は、3年くらい同じ紐を使っていたような気がするのですが…。
やけに傷みが早かったです。


傷んでいたせいもあったのか、なんだか面紐が締めづらくて。
ややほつれているせいか、抵抗が大きくて、ぎゅーっと引っ張れないのです。
私はもともとそんなに面付けが早いほうではないのですが、それにしても時間がかかってしまうことが多かったです。

ずっと新しい面紐を買おうと思っていたのですが、何がいいのかとかいろいろ調べたり、買おうと思った時にはあんまりお金がなかったり(笑)。
新しい面紐を買えたのは、2月になってからのことでした。


以前の防具では、一回だけ面紐を交換したことがありました。
面紐って、最初は面についてくるからそれをそのまま使っていましたが…
いざ単独で買おうと思うと、けっこういろいろ種類があるんですよね。

ネットで見たら、安いものは600円くらいから、高いものは2000円くらいのものまでいろいろとあって…
’(後から、もっと高いものもあるのを知りましたが。)
ウォッシュ加工(色落ちせず、あまり伸び縮みが少ない)というのもありました。

いったい何が違うのか、どのくらいのものを買うべきなのか。
買い替えの時に、ネットの掲示板でそのことを聞いてみたことがあります。


すると…その方は「堅打ち」という3000円程度のものを使っているとのこと。
私はまだ剣道を始めて3年くらいの時だったので、ウォッシュ加工の1000円程度のものをすすめられました。
あと、以下のようなことを教えていただきました。

@使っている糸の本数の違いと染め方でグレードが変わってくる。
たくさんの糸を使っている方が堅くて切れにくい。

A堅い紐は使っているうちに柔らかくなるが、最初に水を吸わせてよく引っ張って伸ばしてから使わないと、すぐにほどけてしまう。

B藍染めの糸を使っているものの方が化学染料を使っているものよりも高価。

C安い紐は最初から柔らかく締めやすくほどけにくいが、切れやすい。

D子どもは力が弱いので、やわらかい面紐の方が締めやすい。

E安い面に高い面紐、高い面に安い面紐は不釣り合いな印象。紐と防具のグレードは合わせたほうがいい。



というわけで、その当時はウォッシュ加工のものを購入しましたが…
今度は防具も前よりは良いものになったし、私も段位が上がりましたし…
そして、多少高くても、締めやすいものがいいなと思ったので、「堅打ち」を買ってみようと思いました。

剣道屋 剣道防具用 堅打面紐(松)7尺
剣道屋 剣道防具用 堅打面紐(松)7尺

これが1240円(送料入れて1580円)で、もう少し高いものでもよかったのですが、Amazonで探した中ではこれが一番高かったようです。
(同じグレードでも、紐が長いほうが高くなります。私は「7尺」ですが、いわゆる「上付き」で紐をつける場合は8尺を使うようです。)


私は頭が小さいので、子供用の「6尺」でも長さは足りるんですが…
6尺だと堅打ちのものは見つけられなかったので、7尺にしました。

まず、聞いた通り、水につけて引っ張って伸ばしました。
固い物の角などに当ててしごくといいそうです。
藍染なので、素手でやったら、手が真っ青になりました(^^;

それから、私には長いので、結んだ余りが40cmになるように切りました。


そして、稽古で実際に使ってみましたが…

ナニコレ!
めっちゃ、結びやすいじゃないですか!



今までの面紐は、結んだ後でもなんかゆるい気がしてたんですが…
これはあまり伸びないので、かえってぎゅっと結びやすいのです。

前はどうもうまく締められなくて、結んだ後にまた引っ張って結びなおしたりしていたのですが…
今度はそんなに苦労せず、締められるようになりました。

えっ、面紐をちょっと良いものにするだけで、こんなに変わるの?
今までの苦労はなんだったの?


と、思いました(笑)。

しかも、そんなに高いものでもないですよね…
たかだか1200円ですよ。安いものと比べても600円程度しか違わないのです。


もう、次からは絶対「堅打」にしようと思いました!!


これも掲示板で聞いた情報なのですが、ものすごく結びやすい5000円くらいの面紐があるそうで…でも、とある防具屋さんに直接行かなければ手に入らないようなのです。(通販はしてないそうです)
ちょっと行くには遠くて無理なので、あきらめたのですが…

最初にその紐の値段を聞いた時は
「面紐に5000円!?それはナイ!」
と思いましたが、実際に違いを実感してみたら…
紐を結びやすいってことは、早く結べて、稽古で打たれてもずれにくいってことですよ。
それはつまり、稽古の質の向上にもつながるのでは…と。
その防具屋さんが1時間くらいで行ける場所だったら、買いに行ってもいいと思いました。


ただし…
今度買った「堅打」の紐は、ちゃんとした「藍染」の紐なので、結ぶたびに、めっちゃ手が青く(というか浅黒く?)なります(笑)。
もう1か月くらいは使ったのですが、まだ当分手が青くなりそうです。まあ、そのくらいは我慢しましょうか(^^)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 22:54 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする