2019年03月13日

メタボな主人の日帰り用リュック探し。やっぱりオスプレー?

先日、私の富士登山用のリュックを買いに、新宿ビックロの「石井スポーツ山専」に行ってきました。
「富士山登山用リュック」探し。(その1)私はどういうリュックを買うべきか?

主人も、オスプレーのリュックを探していたので、一緒に見に行ったのですが…。

主人は、昨年の富士山登山の時に買った、一泊登山用のザックはすでに持っています。モンベルのチャチャパック45です。
日帰り用にも、モンベルの「ストライダーパック25」を持っているのですが…

「3XLサイズ」の主人は、服がでかくてかさばるので、日帰りでも25リットルだと少し容量が足りないということが、使ってみてわかりました。
かといって、チャチャパック45だと容量が余って荷物が下に偏ってしまい、背負った時のバランスが悪いと言います。

なので日帰り用に使う、この中間くらいのサイズのリュックを探していました。

ちなみに主人は、身長は170cmくらいですが…体重は100キロ近くあります(笑)
身長は高いほうではないですが、背面長も長めで、骨格的にガッツリしているので、男性用の中でも大きいモデルのほうが合うようです。
おなかがバーンと張り出して出ていて(内臓脂肪タイプ?)、ウエストも100cm以上あるので…腰ベルトは最長にしないと足りません!(*_*)(それでもきつそうですが…)


まずは「カイト」の男性モデルである「ケストレル」をまず見てみました。
最初に「ケストレル38」を背負ってみました。背負い心地、機能などはいいのですが…いくら荷物がかさばる主人とはいえ、日帰りに使うにしてはちょっと大きいのではないかと思いました。

OSPREY(オスプレー) ケストレル38 OS50151 アッシュグレー M/L
OSPREY(オスプレー) ケストレル38 OS50151 アッシュグレー M/L

なので、ひとつ容量が少ない「ケストレル28」を試してみたら…
大きさはこちらのほうがちょうどいいのではないかと思いました。

OSPREY(オスプレー) ケストレル28 ジャングルグリーン S-M
OSPREY(オスプレー) ケストレル28 ジャングルグリーン S-M

主人の体格にも合っているようですし、これでほぼ決まりじゃない!?
と思ったのですが…


よくよく見たら、「ケストレル28」は、メイン気室に外側からアクセスできるファスナーがないのです。「ケストレル38」にはあるのですが。
ケストレルは雨蓋式のリュックなので、外側にファスナーがないのは使いづらそうです。

主人は、ファスナーがないのは困る!ということで、ケストレル28は却下されました。
店員さんに聞いたところによると…
ケストレルは今春でモデルチェンジして、「28」サイズはなくなるそうです。このサイズがいい方は今買ったほうがよさそうです!
(石井スポーツでは、旧モデルは30%オフになってます!)

参考までに…
私のリュック選びの時にも書きましたが、ケストレルが今春モデルチェンジした機能は以下の3点です。
@ショルダーパッドの厚みが出た
Aメッシュポケットの生地が厚くなり、ひっかけに強くなった
B(厚み調節の)サイドベルトが1本を3点止めしているタイプから、上下2本別になった

そして色もややカラフルな4色から、「黒、グレー、紺」というダークな色のみになりました。


というわけで、ケストレルでは主人の条件に合わないので…
今度は「ストラトス36」(女性用のシラスに相当するモデル)をしょってみることにしました。
ストラトスには「24」もあるのですが、主人の用途にはちょっと小さい感じだったのです。

OSPREY(オスプレー) ストラトス36 OS50301 ブラック ML
OSPREY(オスプレー) ストラトス36 OS50301 ブラック ML

「ストラトス36」は、「ケストレル38」とは2リットルの容量の差しかありませんが…背中にしょってみると、ストラトスのほうがコンパクトな感じがします。用途的にはこのくらいがいいのでは?
「S/M」と「M/L」の2サイズがありましたが、主人は「M/L」のほうで背面長はちょうどいい感じでした。
よし、これで決定です!

色は、「ビートレッド」「エクリプスブルー」「ゲイターグリーン」「ブラック」の4色ですが…
売り場には「ビートレッド」と「エクリプスブルー」しかありませんでした。
主人はリュックは赤系が好きなのですが、この「ビートレッド」は赤すぎてちょっと違う…のだそうで。(かなり鮮やかな赤なんですよね)
このラインナップなら「ゲイターグリーン」がいい、ということでしたが、お店には在庫がなくて買えませんでした。

とりあえず「ストラトス36」で体にも用途にも合うことはわかったので、後日ネット通販で買うことにしました。
しかし、家に帰ってネットを見たら、なんでか、ほとんど売ってないんです…
Amazonだと定価よりやたら高いし、本家オスプレーでも在庫がないし。
ちょうど品薄な時期なのかもしれません。そこまで急ぎで欲しいわけではないので、出てきたら買おうと思っています。

今まで私は、登山専用のリュックを買おうと思ったことがなかったので、いつ買えばいいのかがよくわかりませんでしたが…
2月〜3月くらいにモデルチェンジをするメーカーが多いようで、この時期は全体的に品薄らしい…ということがわかりました。
登山シーズンの開始ちょっと前にモデルチェンジするってことなんですかね。

モデルチェンジして好みでなくなる場合もあるでしょうし、モデルチェンジ前後は前のものが安くなりますし、モデルチェンジのあたりは旧モデルがあまり入荷しなくなるようなので、欲しいものがある場合は12月くらいまでにチェックしておいたほうがよさそうですね。


ビックロの石井スポーツには、かなりいろんな種類のリュックがあったので、オスプレー以外のものも試してみたら?と「ドイター」も背負わせてみましたが…。

ドイターは全体のフォルムが縦長で細身です。そして、腰ベルトがややきゃしゃなので、幅ガッツリの主人にとっては”ちょっと頼りない作り”だと感じたようです。
「にっぽん百名山」に出てくる山岳ガイドさんでも、ドイターを使っている人はけっこう多いようですが…
山岳ガイドさんってほぼみなさん「スリム」ですからね。

余談ですが、にっぽん百名山に出てくる山岳ガイドさんって、だいたいみなさん似た雰囲気じゃないですか?
細身で、物静かで、一見そんなにすごく体力がありそうには見えない方が多いのです。そして、ガシガシ登るというよりは、ゆっくりと確実に登っています。いかにも山男(女)っぽい、ガッチリ体型!って感じの方は案外少ないのですよね〜。
ガイドさんレベルでしょっちゅう山歩きしていると痩せるでしょうし、食料を運ぶのも大変な山では、省エネ型の体型のほうが向いているのかもしれませんねえ。

ガイドさんに限らず、山登りが趣味の人で、主人みたいなメタボ体型の人はほぼ、見たことがありません(笑)。(当然でしょうけれども)
主人は山に行く頻度もまだそんなに高くないし、登山以外の生活習慣はあんまりほめられたものじゃないので(笑)、いつスリムになってくれるのやら。
いや、そんなにスリムでなくてもいいんですけど…せめて「やや太め」くらいになってほしいですよ(^^;


まあ、何はともあれ…
ちょうどよさげなリュックが見つかってよかったです。
あとは商品が出てくるのを待つだけです!

って、何気に私の「シラス」とおソロになりますね!?
でも、主人のストラトスは日帰り低山向け、私のシラスは一泊向けだから、一緒に背負うことはないかな(笑)。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 10:53 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

母だけの剣道日誌(32)会の運営方法が大きく変わりました。

先日、当剣友会の「総会」がありました。

以前にも書きましたが…
最近、当会は子供の数がものすごく減ってしまいました。
母だけの剣道日誌(14)子供の会、存続の危機!?

今はこの時よりもさらに減ってしまい…4月からは小学生2人、中学生2人だけとなってしまいました。

子供の数が少ない=保護者の数も少ない、ので…
もはや、「子供の保護者が役員をする(=運営する)」ということが不可能になってしまったのです。

例年、総会で役員交代をしていましたが…今年度からは、
「剣道をやっている大人会員が運営をする」
ことに決定したのです。

今後、誰が何の役職をするのかは、「指導者」である先生方が話し合って、大枠を決めていただきました。
保護者が運営をしていた時は、原則的に毎年役員交代があったのですが、今後は基本的に「役職は固定」となります。


「会長」(1名)
剣道を教えている先生が行う。会で年長の方が行うのが通例で、これは今までと変わらずです。

「副会長」(1名)
今までは先生ひとり、保護者ひとりとなっていましたが、先生のみとなりました。
保護者のほうは(ほぼ)毎年、人が交代していたのですが、先生のほうはメイン指導のSN先生がずっとやっており、それは変わりません。
今までも先生の副会長は「会の方針を決め、まとめる立場」で、みなさんから相談を受けたり話し合ったりすることは多いのですが、実際にやる業務はほぼありません。ここはほとんど変わらずです。

「事務局」(1名)
剣連との連絡や登録、審査の申し込み、会員の入退会事務、名簿管理などを行います。
これは今までもあった役職で、保護者ではなく「ママ先生」IZさんがやっていましたが、担当者が変わり、SG先生が行うことになりました。

「会計」(1名)
今まで保護者の役員が行っていましたが、保護者の時に会計を経験していたということで「ママ先生」IZさんがすることとなりました。

「庶務」(2名)
新しい役職です。今まで保護者の副会長が行っていた、稽古の場所取りや、備品管理などを行います。
これはもうひとりのメイン指導のSZ先生と、副会長経験者であり、大人会員のTHさんが担当になりました。

「広報」(2名)
現在、HPの担当である、メイン指導のSZ先生と…がやることになりました。

今までこれは「保護者の役員が、余力があればやっていたこと」で、最近あまり熱心にやっていなかったのですが、今後は勧誘に力を入れていく必要があって役職になったのかもしれません。
私が勧誘ポスター作成、配布などを力を入れてやっていたから選ばれたのかなと思います。

また、今まで保護者の「書記」が行っていた、会のおたより発行はなくなり、行事や稽古日程はHPで告知するのみとなりました。
HPはもともとSZ先生が作成、更新していたものなので、HPでの告知についてはSZ先生が担当となりました。
そして、書記という役職はなくなりました。
見学者に配布する文書作成は広報が行うことになります。

「企画」(3名)
飲み会、懇親会、昇段祝いなどの企画、手配を行います。
今までは一部を副会長、一部を「忘年会係」や「レクリエーション係」などでやっていたものをまとめた感じです。
当会に長く所属している、パパ剣士3名で行うことになりました。
「理想の上司」ENさん、「サイクラー」SZさん、「アスリート」HSさんで、今までも「忘年会係」などをしていただくことが多かった方たちです。


今回この役職に選ばれたのは、みなさん当会に4年以上所属していて、コンスタントに稽古に参加している方ばかりです。(ほとんどの方はまず、やめそうにないです(笑))
ほぼみなさんが保護者出身であり、自身も剣道をやっている方なので、「ただの保護者」よりも当会に愛着がありますし、毎年役員が変わるよりはある意味やりやすくなった…のかもしれません。

ここ2年ほどは、役員になっていた保護者の方ですら、ほとんど見学にも来てなくて…
子供の人数の問題だけでなく、保護者の雰囲気そのものが「会とあまり関わりたくない」という空気になりつつあったのですよね。

やる気のない保護者が義務で役員をやっているより、会に愛着がある人が責任を持ってやるようになってよかったのではないか、と私は思っています。


稽古の時の会場準備をする「当番」は、今まで子供の保護者だけで「1回の稽古につき一人」という感じで回していたのですが、今後は
「最初に来た人が使用に必要な書類を書き、それ以外の準備は来た人が全員でやる」
となる予定です。

現在は圧倒的に大人会員のほうが多くなっているのに、大人会員は稽古場所の準備に関わってない…というのも変だなあ、と思っていたので、これは変わってよかったです。
ただ、特に水曜日は「最初に来る人」って、私になる可能性が非常に高いんですよねえ〜。男性の会員は平日の夕方は来られませんから。


毎年夏に行っていた合宿は、K会と合同の「大人合宿」だけになり、先生へのお歳暮、お茶出しなどもすべて廃止。
子供が減ると会場費が高くなるので、稽古時間も若干短縮されました。
会員同士の連絡は、グループLINEで行うことになりました。(今年からそうなってはいたのですが)

今までは、「保護者から先生へのお礼」的なことがけっこうあったのですが、保護者の負担軽減や、予算的な問題もあり、今後は
「やらなくていいことはしない」
という、シンプルな形になっていきそうです。
こうなっていくのも時代なんでしょうかね…。


また、子供が減ってしまったために、体育館の使用料が上がったのですが…(子供が多い団体は、割引があるのです)
そのため、会費も「大人は値上げ」「子供は値下げ」して、一律、年間1万円(半年ずつ5000円)となりました。
それにプラスして、事務手数料が1世帯ごとに1年で1500円、スポーツ保険や剣連登録料は実費をもらいます。
今は大人のほうが圧倒的に多い(20名くらい)ので、これでなんとか運営費用が賄える予定です。

また、以前は
「小学校の体育館が(学校行事などで)使えない時にも、違う場所を取って稽古していた」
のですが…
他の施設を取るのは手間もかかるし、料金が高いので、やめざるを得ませんで。
「小学校の体育館が使えない時期は、出げいこに行ってください」ということに…。

当会は、本当にだいぶ大きく変わることになりました。


話はちょっと変わりますが。
最近、大人の初心者の男性がひとり、入ったのですが…

考えてみると、私より後に入った大人会員は、ほぼいなくなっちゃってるんですよね…。
最近1級を取得した「元バスケ少女」THさんが、最近は稽古によく出るようになりましたが、そのくらいかなあ。

私より後に入った大人は、リバ剣、初心者、大学生など、合わせて7〜8名はいたのですが、稽古にコンスタントに出てきている方はほぼいません。
ものすごくたまにしか来ないとか、いちおう登録はしてあるけどもう実質やめてるとか、そんな方がとても多いです。

さすがに「先生」をされている方は、長いことやっている方ばかりですが、
「生徒」でずっと続いているのは、上の役員に選ばれた方と、あと少しだけしかいないんですよね。

まあ、大人の方が続かないのは、子供とはやや違う事情もありそうですが。
私が推測するに、最近来なくなった方の理由はこんな感じでしょうか?

「子供がいる時は連れて来るので自分もやっていたけど、自分だけだといまいち来る気になれない」
「子育て、家事、仕事、介護、勉強などが忙しい」
「暑い、寒い、体力的にきついなどでやる気になれない」
「やってみたけど剣道がそこまで好きじゃない(向いてない)」
「審査に受からずやる気をなくした」


などではないかと推測しています。

私にとっては楽しくてしょうがない剣道ですが、一般的にはなかなか続かないものなのですね(*_*)
ある程度続けている方は、そのままずっとやっている方が多いような気がしますが。

今度の新しい方は、定着してくれるといいのですが…。
大人のほうももうちょっと増えてほしいところです。


とりあえず、勧誘ポスターを新しく製作、配布して…
見学者に配る文書を作り直すのが、私の最初のお仕事ですかね。

ここまで子供が減ってしまってから、盛り返せるのかは非常に厳しい感じがしますが…
「当会は子供のために発足した会なので、子供が一人でもいればやる」
とのことなので、やれることはやろうと思っています。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:32 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

「富士山登山用リュック」探し。(その4)「シラス36」機能説明の続き。

「富士山登山用リュック」探し。(その3)オスプレーの「シラス36」にしました&機能説明 より続いています。

前回に引き続き、私が購入した「シラス36」が、私の富士山登山の必要条件を満たしているかを検証しながら、機能を説明します。

D雨蓋の使いやすさ

雨蓋の外側と、内側に2か所荷物を入れられるようになっていました。
外側の雨蓋は、リュック背面側にファスナーがついています。
IMG_5975_1.JPG

内側はメッシュになっていて、キーホルダーがついています。ファスナーは縦についています。
IMG_5976_1.JPG

Eレインカバーが付いてるか

レインカバーは一番下のポケットに収納されています。
オスプレイのリュックのレインカバーの色は、本体の色やモデルにかかわらず全部黄緑色で、色は共通のようです。

本体の一番下にレインカバー専用ポケットがあり、紐でポケットの内側とつながっています。(ホックで外すことができます)
IMG_5970_1.JPG

リュックにかぶせるとこんな感じ。
IMG_5971_1.JPG

Fリュックの容量は30リットル〜40リットルくらい

「36リットル」なので、もちろん大丈夫ですね。
富士山の荷物が入るかどうかは、実際にやってみないとわかりませんが…。



この「シラス36」の機能は、ほぼ私の希望通りなのですが、ひとつだけ気になったのは
「外側ポケットが、サイド2つの他は、中央に大きめのものがひとつしかない」
ということでした。

このポケット、ファスナーが縦に開くので、リュックを立てた状態でファスナーを全開すると、上のほうに入っていたものが落ちてしまうのではないかと思いました。マチが大きく容量は入りそうですが、ポケットの中には仕切りもないので、こまごましたものを入れるのには、向いていなさそうです。
せめてこの中に薄いポケットがあれば良かったのですが。
本体の内側もハイドレーション用の背面ポケットしかないですし、全体的にポケットの数や仕切りは少なめですね。

IMG_5968_1.JPG

レンタルのグレゴリーのリュックを使った時は、同じ部分のポケットには携帯用トイレとか、ファーストエイド系、ウェットティッシュなどの
「頻繁に出し入れするわけではないが、いざという時にさっと出したいもの」
を入れたりしていましたが、そういう物を入れるのにはあんまり向いていなさそうです。
小さめのスタッフバッグなどに小分けしてここに収納するか、雨蓋のほうに入れるか…。

スタッフバッグもまだ持ってないので、これから買わなければいけないですけれども。


他の同程度のリュックをあまり使っていないのでなんとも言えないですが、オスプレーは評判通り「軽い」感じがします。
主人のチャチャパックと比較してみたのですが、チャチャパックは機能が多くてついているものが多い感じ。オスプレーのほうが生地が軽量で、ポケットなどの構造物が少ないのです。
実際に使ってみたらまたレポしたいと思います。


2017年の情報ですが、オスプレーのリュックについてまとめているサイトがありました。
細かい機能説明はありませんが、オスプレーのどのモデルが何向きなのか、わかりやすく説明しています。
本家オスプレーのサイトでは、ここまで詳しく紹介されていません(笑)。(本家サイトは情報が探しづらいです!)
【登山ナビ】オスプレーの代表的なザック・リュック・バックパックの一覧まとめ


そして、この日は主人もオスプレーのリュックを探していました。
そしてちょうど安くなっていた、ブラックダイヤモンドのヘッドライトも購入しました。
この話はまた別に書きたいと思います。


また、リュックの話ではありませんが…
私はこの時、先日購入したサポートタイツに合わせる、セパレートタイプのクライミングパンツも探していたのですが…
時期的にまだ早かったらしく、ほとんど置いてありませんでした。

でも、それ以前に、この「石井スポーツ山専」は、女性ウェアがあまりたくさんないのと…
ウェア売り場が「ブランドごと」に分かれているので、とても探しづらかったです。

店員さんに尋ねてみたら、探してはくれましたが…ブランドごとに担当の方が違うようで、あちこちに聞いて回ってくれたようです。つまり、ウェア売り場では全体の商品状況を把握している方がいないのですね。
結局、どこのブランドにもなかったです。ウェアの売り場面積はけっこう広いのですけどねえ。


新宿東口の「L-Breath」では、メーカーは関係なく同じものが集まっていて、探しやすくて良かったです。
ここは店員さんのアドバイスも的確ですし、私が今持っているクライミングパンツも、この店で購入したのです。
やっぱり時期的には品薄で、セパレートタイプは2種類しかなく、欲しいものは見つからなかったのですが。

新宿でリュックを買うなら「石井スポーツ山専」、ウェアを買うなら「L-Breath」がおすすめです。


”「富士山登山用リュック」探し。”の話はこれにて終わりです。

長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:09 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

「富士山登山用リュック」探し。(その3)オスプレーの「シラス36」にしました&機能説明

「富士山登山用リュック」探し。(その2)いろいろ背負ってみたけれど…オスプレーがよさそう より続いています。

「シラス」も「カイト」も、一番重要な「私の背面長に合う」条件をクリアしていますが、Webで情報を見ただけでは機能に大差ないので、実際に店に行くまではどちらがいいか迷っていました。
「カイト」はモデルチェンジ前のものが安くなっていたこともあり、こちらでもいいかな?と思っていたのですが…。

実際に背負ってみたら、「背面パネルの構造」はけっこう重要な部分だと思いました。明らかに、シラスのほうが涼しそうです。山登り中はめっちゃ発熱する私には、ここはかなり大きなポイントかもしれません。
それに、フィット感という意味でも、カイトのほうは背中に直接、やや硬いボードがくっつくのでちょっと違和感があります。シラスはネット構造なので柔らかくフィットしていい感じです。

私の他の必要条件にもほぼ合っているので…
「シラス36」で決定しました!

※カイトとシラスは同じ36リットルですが、中に入る荷物の量は、背面フレームがある分、カイトよりもシラスのほうが若干少なそうな感じです。

そもそも、私の体格に合わせられるリュックって…一般的なメーカーの中だと、オスプレイしかないのかもしれません…(-_-)
デザイン的には「ベスト」ではないのですが、まあまあいい感じです。
背負い心地はかなり気に入っていますし、ほぼ他に選択肢がないですし(^^;

オスプレイのリュックは色がちょっと地味なものが多いのですが、シラスの「サミットブルー」は明るい色です。「ルスカパープル」という、赤紫色のものとどちらにするか迷ったのですが…
私はアウトドアグッズは派手な色のほうが好きなので、サミットブルーにしました。

IMG_5960_1.JPG

先日購入したペツルの「ティカ」というヘッドライトも水色なのです。
私と娘のヘッドライトを買いました!(前編)私は「ペツル」の「ティカ」にしました

私は登山ウェアやグッズは基本的に「ピンク」で揃えているので、それと合わせる色として考えました。

今回ブログを書くために調べていてわかったのですが、ちょっと前のオスプレーのレディースリュックはもうちょっと派手なカワイイ色が多かったようで、ピンクとかもありますね。
カワイイ色があったのは山ガールブームの頃かな?なんで最近はこんな地味目の色になったんだろう…。


「シラス36」を、あらためて、私の条件に合っているか検証してみました。

@背面長が私に合っている、もしくは調節可能なこと

一番の重要項目ですが、これは見事クリアです。
たくさん背負った中で、これが一番サイズ感もフィット感もよかったです。
4段階(めやす)で調節できますが、2番目に長い状態でちょうどよかったです。
ちなみに私は166cmで、骨盤の位置がやや低めと思われるので、同じ身長の人よりも背面長は長いかもしれません。
IMG_5961_1.JPG

本体の背面周囲に針金のフレームが入っていて、本体背面とメッシュパネルの間には隙間があります。
肩ベルトがついているボードは、マジックテープでメッシュパネルにくっついていて、上下にずらすことができ、これで背面長を調節できます。このマジックテープ接続部分をはがすのにはかなり力がいるので、使用中にずれることはまずないと思われます。

なお、このメッシュパネルの機構は「エアスピードサスペンション」と言うそうです。

Aウエストベルトのポケットが大きいこと

ウエストベルトのポケットは、マチがあり多少余裕がありました。
iphone6と財布を同じポケットに入れることができました。
(iphone6で撮影したので、写真では入れられませんでしたが…)
IMG_5965_1.JPG
でも財布とiphone6を入れたらほぼいっぱいで、すごく余裕があるわけではないです。
マチはわりと大きいのですが、ポケットの面積自体がそんなに広くはないのですね。

入れている財布は、登山用に購入した無印のナイロン財布です。

Bメイン気室(リュックの物を入れる本体部分)へのアクセス

本体横のジッパーでメインの荷室にアクセスできます。
IMG_5974_1.JPG

また2気室になっていて、下の気室には外側からファスナーでアクセスできます。
IMG_5969.JPG

気室の仕切りは、仕切り布についている紐をボタンにひっかけて固定してあり、ボタンから紐を外すと移動させることができるので(完全に仕切りを外すことはできません)、1気室のようにして使うことも可能です。

B外側に上着止めがあるか

上着をリュック外側につけられるゴムなどはありません。これだけが難点かも。
モンベルのリュックには「外側に何かはさめる」ようになっているものが多いような気がしますが、他の山用リュックメーカーではあまり標準装備ではない気がします。

しかし2気室なので、その部分に上着を入れることはできそうです。
小さく畳まないと突っ込めないので、外側にはさむよりはちょっと面倒ですが。

Cポール止めがあるか

サイドポケットの部分にもポールを入れてベルトで止めることができますが…。

オスプレーのリュックには、ポール収納専用の「ストウオンザゴー」という機能があります。(ないものもあります)この機能、他のメーカーのリュックでは私は見たことはありません。

背負った時の本体の、自分の左側のほうにポールを差すゴムがついています。ここにポールの先端を通し、肩ベルトの上のほうのゴムにポールの取っ手を通して固定します。
装着した状態だと、体の左側に斜めにポールがついているような感じですね。刀を脇に差してるみたいでカッコいいかも(笑)。

こちらがリュック本体にあるゴム(ストローのような樹脂のカバーがついています)。ここにポールの先端を差します。
IMG_5983_1.JPG

これが肩ベルト側にあるゴム。ここにポールの持ち手を入れます。
IMG_5967_1.JPG

登っている最中に岩場などで手を空けたくなった時や、ポールを使う必要がない場所に来た時に、いちいちリュックを下ろさなくてもポールが収納できるのです!便利そうじゃないですか!?
ただ、ポールの先端を差すゴムの場所が、リュックを背負っている状態だと、自分の真横よりやや後ろにあって目視できないので、ある程度練習しないと「さっ」とは入れられなそうです。
私は家でポールをおさめる「練習」をしましたが、実際に山登りの時には使ってないので…今度試してみようと思います。

ブログでストウオンザゴーの使い方を解説しているページがありました。
【日帰り登山部】オスプレーのストウオンザゴーはこんな仕組み。トレッキングポールをザックに固定します。


ポールの固定とは違いますが、「シラス36」の本体右外側には、ピッケルを固定するヒモとゴムもついていました。
ここにもポールがつけられないかな?と思って試してみましたが、ちょっと無理そうです。
ピッケル以外にはあんまりつけられるものはないかも…
(金剛杖のミニ丈のものならつくかな?でも、まっすぐなので滑って落ちちゃいそうな気も)
活用法としては、キーホルダーをぶらさげるくらいですかね〜。


シラス36の説明、長くなってしまったので、次回に続きます。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 12:46 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

「富士山登山用リュック」探し。(その2)いろいろ背負ってみたけれど…オスプレーがよさそう

「富士山登山用リュック」探し。(その1)私はどういうリュックを買うべきか? より続いています。

私が見た中で、デザイン的、機能的に一番好きなのは「カリマー」でした。カリマーは、形も色もカワイイんですよね〜。イギリス国旗っぽい形のロゴマークもオシャレですよね。

特に「色」は、他のメーカーにはないオシャレな色が多いです!
最新の「リッジ」のシリーズは5色あるのですが、前のモデルより渋い色になりました。(前のモデルもぱっきりした色でかわいかったですが!)

ちょっとくすんだ「ヘザーピンク」「エスプレッソ」という名の茶色、ほんのり緑がかった青色の「リモージュブルー」、くすんだ水色の「シーグレー」、森の中のような緑色「ツリートップ」。どれもいいです〜!
カリマーのサイトには全色載ってます。

【クーポン】【ポイント7倍】【送料無料】カリマー karrimor リッジ 30 small / ヘザーピンク 品番:915【2019/03/04 20:00〜2019/03/11 01:59】 - 好日山荘Webショップ
【クーポン】【ポイント7倍】【送料無料】カリマー karrimor リッジ 30 small / ヘザーピンク 品番:915【2019/03/04 20:00〜2019/03/11 01:59】 - 好日山荘Webショップ

カリマーは男性女性モデルの区別はなくて、「small」「medium」「large」もしくは「type1」「type2」「type3」のものがありますが、どれも背面長は調節できません。
いくつかのモデルを背負ってみましたが、どれも腰ベルトの位置がしっくり来ませんでした。色やデザイン的には非常に気に入っていたので、体格的に合わなくて残念です…。


他にも「ミレー」「ドイター」「モンベル」「ノースフェイス」など、いろいろ見てみましたが…。

どこも、女性用モデルだと背面長が足りません。
男性用モデルだと背面長は合うのですが、肩ベルトがごつすぎてどうもフィットしない感じがするのです。

女性用で背面長が調節できるのは、私が見た中では「オスプレー」と「グレゴリー」のものしかないようでした。

私が富士山用にレンタルした、グレゴリーのメンズの「ズール40」「スタウト35」はどちらもちょっと前のモデルだったようで、腰ポケットが小さい、レインカバーがついていないなど、微妙なところで不満があったのですが…
グレゴリーも最新モデルはそのあたりが改善されているようで、レインカバーもついているし、腰ポケットも大きくなりました。背面がメッシュ仕様のパネルになっているのもあり、暑がりの私向きではあります。
グレゴリーはポケットなどの収納系が充実しているので、収納の機能面は良くできていると思います。

ジェイド33(女性用モデル)は「XS/SM」「SM/MD」の2サイズあります。私は大きいほうの「SM/MD」を背負ってみたところ、一番長くした状態で背面長は合うようでした。

[グレゴリー] ジェイド33 JADE 33 ダークチャコール S 684264845
[グレゴリー] ジェイド33 JADE 33 ダークチャコール S 684264845

ただ、背中部分がメッシュパネルのわりには、しょった時にオスプレイよりちょっと暑く感じました。メッシュパネルの素材の問題なのか、リュック本体とのすき間の問題なのかわかりませんが。
またこの「ジェイド」というモデルは「エーテルグレー」「ポピーレッド」の2色しかないんですよね。
サイズも私に合い、機能的には悪くないのですが、デザインや色があまり好みではなかったので、これは買う候補には入りませんでした…。


私、荷物を入れたときに全体的に丸っこく見えるリュックは好みじゃないんですよね。四角っぽいほうが好きなんです(^^)
そして「幅広」よりも「縦長」のほうが、登山リュックっぽくて好きです。

通販の画像だと、荷物をぎゅうぎゅうに入れているせいなのか、みんなわりと丸っこく映っていますが…実際に荷物を入れたときのシルエットは、商品写真とはちょっと違う印象になることが多いような気がします。

カリマーはあまり丸くなりませんが、グレゴリードイターはわりと丸くなります。グレゴリーは全体のフォルムは四角っぽく、ドイターは縦長シルエットのものが多いですが、どちらも角がなく丸っこい印象です。
オスプレーの縦横比はグレゴリーとドイターの中間くらいで、少し角はある感じです。
ポケットがストレッチ生地で面積が大きいと、丸っこい印象がかなり強くなる感じがします。

これはドイターの女性用です。
ドイター フューチュラ28SL【☆】 - YOSHIKI P2インターネットショップ
ドイター フューチュラ28SL【☆】 - YOSHIKI P2インターネットショップ


デザインだけで言うなら…
「カリマー」「ミレー」はややクラシカルなフォルム。
「グレゴリー」「ドイター」はつるっとした現代的な印象。
「モンベル」「オスプレー」はその中間といった感じでしょうか。

あくまでも私の印象ですし、モデルによっても違ってきますが。


ところで…私は登山を始めるまで、まったく「オスプレー」というメーカーは知りませんでした。
扱っているお店も少なくて、普通のアウトドア店にはあんまり置いてないのですよね。私が最初にオスプレーのリュックを見たのは、WILD-1の店頭でした。

先日、オスプレーを扱っている、ロストアローに電話をかけて聞いてみたのですが…
「WILD-1」「さかいやスポーツ」「石井スポーツ」では扱っているようです。
中でも、「新宿東口ビックロ」にある「石井スポーツ山専」が一番在庫豊富なのだそうです。

山道具のショップといえば「好日山荘」が有名ですが、好日山荘では一部の店舗を除いて、ロストアローの商品は扱っていないらしいです。
真偽はわかりませんが、ネットで見たところによると、社長同士がけんかしたとかなんとか。


というわけで…新宿ビックロの石井スポーツ山専に主人と二人でリュックを見に行くことにしました。
確かにここは、オスプレーに限らず、リュックの種類が多いです。
私が今まで見た店の中では、一番リュックの種類が多そうです。


オスプレーは、男性用と女性用で、モデルの名前が違います。
例えば
「ケストレル」(男性用)と同じタイプの女性用は「カイト」
「ストラトス」(男性用)と同じタイプの女性用は「シラス」


私はこの二つのどちらかにしようと考えていました。
カイトとシラスは、気室やポケットなどの構造は似ているのですが、シラスのほうは背面がメッシュパネルになっていて、風が通って涼しいつくりになっています。

「ビックロ」の「石井スポーツ山専」には、オスプレーのリュックも、全種類ではなさそうですがまあまあ揃っていました。
私が見たかった「カイト」と「シラス」は両方ともありましたが、なかなか、両方が置いてある店は少ないのですよ〜!

「シラス36」「カイト36」はどちらも背面長が調節できます。
「シラス36」は、WILD-1で一回背負ってみたことがあり、私の体型にフィットしていることは確認できていました。
サイズは「XS/S」と、「S/M」の2種類があり、私は「S/M」のほうがちょうどいいようでした。

さきほども書きましたが、女性用では背面長を調節できるリュックはわりと珍しいのです。
背面長は4段階に変えられるのですが、私はS/Mで、一番長い状態よりひとつ短い状態でちょうどよかったです。
※各段階ごとにロックがあるわけではなく、目安の目盛りに合わせてマジックテープで固定しているパネルを移動させるだけなので、目盛りの中間に合わせることも可能です。


カイトは今年の春にモデルチェンジしたそうで、新モデルは全体的にグレーっぽい色になってしまいました。
もともと、シラスよりはやや地味目の色のラインナップで「グレーオーキッド、オーシャンブルー、パープルカラー」の3色がありましたが、モデルチェンジ後は「3色ともぱっと見は黒かグレー」な感じで地味です。

機能的な変更点は3点です。(ロストアローに確認したものです)
@ショルダーパッドの厚みが出た
Aメッシュポケットの生地が厚くなり、ひっかけに強くなった
B(厚み調節の)サイドベルトが1本を3点止めしているタイプから、上下2本別になった


モデルチェンジのため、前モデルは今、安くなっていて、石井スポーツでは30%オフになっています。
前の色のほうがいい方は、今が買い時かも!でも、品薄のようなのでほしい方はお早めに。


カイトのモデルチェンジ後の商品
オスプレー カイト36 サイレングレー OS50146
オスプレー カイト36 サイレングレー OS50146

カイトのモデルチェンジ前の商品
OSPREY(オスプレー) カイト36 バックパック OS50156(Lady's)オーシャンブルー XS/S
OSPREY(オスプレー) カイト36 バックパック OS50156(Lady's)オーシャンブルー XS/S


そして、シラスはこれ↓です。シラスのほうは、モデルチェンジはしていないのですが、3月1日から値段が上がって税抜き19000円になったそうです…。そうなると知ってたらもうちょっと早く探したのに〜(^^;)

【送料無料】オスプレー シラス36 - ラリーグラス楽天市場店
【送料無料】オスプレー シラス36 - ラリーグラス楽天市場店

オスプレーの女性用モデルは、肩ベルトの幅が私にとってちょうどよくて、シラスは背面のメッシュパネルのフィット感がいい感じです。
歩いているとめっちゃ暑くなる私には、このパネル構造はよさそうです。


(続きます!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:09 | Comment(0) | 登山道具、ウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする