2019年01月31日

母だけの剣道日誌(25)「二十人掛稽古」で、SN先生の凄さを見た!(後編)「切れてから」が強かった!

母だけの剣道日誌(24)「二十人掛稽古」で、SN先生の凄さを見た!(前編)足のケガ…大丈夫でしょうか? より続いています。

私は「ママ先生」IZさんと二人で、スコア付けをしながら、SN先生の掛かり稽古を応援することになりました。

「二十人掛稽古」のルールは下記のようになっています。(市剣連のページより抜粋しました)

@ 元立剣士1名に対し、挑戦剣士20名が掛る。
A 試合時間は3分。(有効打突を取っても取らなくても、試合時間は3分間継続する)
B 勝敗の決定は、1試合の勝ち本数による。勝ち本数が同数の場合は、引き分けとする。
C 挑戦剣士は、基立剣士に対して人格を尊重し、正々堂々と戦うこと。
ただし、「御情無用」「基立粉砕」を合い言葉に掛ること。
D 次の場合も1本とする。 シ:竹刀放し ソ:場外 テ:転倒
(転倒について:相手選手を倒す目的の組み討ちや、足絡みは認めない。)



つまり、どちらが何本取ろうが、3分間経過するまでは試合は終わらないのです。
1本取っても時計は止めず、3分間の中で取った本数で勝負を決めます。



「若手」と「年配」のふたつの試合場での二十人掛、同時に「正面に礼」をしてスタートしました。

SN先生の試合、最初の1人目〜10人目までは…
引き分けや負けもそこそこあり、10戦中、4勝3敗3引き分け、となっていました。

見たところ、6〜7人目くらいから、SN先生の足の動きはやや鈍くなってきたな〜という印象でした。
IZさんも
「足が痛くてあんまり動けないんじゃないのかな〜」
と言って心配そうに見ていました。


そして、11試合目。
「当会育ちのエース」20代、NT君の登場です。


NT君は小学校の時に当会に入会し、大学を卒業するまでずっと剣道を続けていました。
中高時代は学校の剣道部のほうが忙しくて、当会の稽古に来れない時期はあったものの、部活が辛い時もSN先生にメールや電話で相談に乗ってもらったおかげで続けられたと言っていました。

NT君は2年前に大学を出て就職して、地方に転勤になっていたのですが、今年東京に戻ってきたのです!
転勤している間に、学生時代から付き合っていた彼女と結婚して、まだ新婚さんです(^^)

NT君が小学校の時から、指導者として教えていたSN先生ですが…
ケガをしていることもあり、若くて動きのいいNT君にはかなわず。
取得本数「3−6」で、SN先生が負けてしまいました。

後から聞いたところによると、そこでSN先生はかなり「ムカッ」と来たそうです(笑)

「自分の教え子にこんなに打たれて負けるなんて、悔しくてさ。
なんかそこで”プツッ”ときちゃったんだよね」



…さて、そこからのSN先生が凄かったのですよ!!


まずは当会のパパ剣士2人に勝ち、さらに4人連続で勝ち。つまり「6連勝」したのです。
12試合目〜18試合目という「一番疲れている時」のはずなのに…

いや、実際、かなり疲れていたのだそうです。
SN先生いわく
「足ももちろん痛かったけど、内臓が痛かったんだよ。心臓とか胃とかが。
剣道の試合してて内臓が痛いなんて感じたの、初めてだよ」
だそうで…

傍から見ていても、かなり足の動きはよろよろしてきていまして…
さすがに自分から前に攻めて打っていくことはあまりなかったのですが、相手が打ってくると見るや、反射的に攻撃していたのではないでしょうか。

SN先生は高校時代に団体でインターハイにも出たことがあるそうで…部活は本当に厳しかったそうです。
こういう
「苦しい時に、反射的に技が出る」
のは、その過去の経験がなせる技なのかもしれないなと思いました。


私は「ママ先生」IZさんとスコアをつけながら試合を見ていましたが、IZさんは
「こんなスゴイ試合見てたら、私もかかりたくなってきちゃった!
後からでも、防具持ってくればよかったな〜」

と、残念そうに言っていました。


このSN先生の「6連勝」の最中、相手に奪われた本数は合計4本。
そして、SN先生の取った本数は…なんと、21本もあったのです!


一番「スゴイ」と思ったのは、強豪N剣友会の、最近七段を取得されたIK先生相手の試合でした。

開始直後に、IK先生に2本先取されてしまい…私は
「ああ、IK先生って強いんだ…さすがのSN先生も、もう疲れて限界なのかな」
と思って見ていたのですが…

そこからSN先生は…6本連続で取って、逆転して勝ったのですよ!!
いや、鳥肌が立つような素晴らしい試合でした。


その次の方には残念ながら負けてしまったものの、最後の二人にも1本も取らせず勝ち。
結局、20試合中、12勝5敗3分で、合計51本も取っていたのでした。
(取られた本数は31本でした。)

12勝のうち、8勝は後半でもぎ取ったのですから…、SN先生はNT君に負けて「切れてから」強くなったのですよね(笑)

ちなみに、取った51本のうち、面が41本、胴が10本でした。
SN先生は「返し胴」が得意技で、けっこう胴を決める確率が高いのですよね。
小手はあまり打たないようで、「少しは打ったけど当たらなかった」、と言っていました。


SN先生の試合が終わってから
「後半の試合、すごかったですよ!6連勝してるし、こんなに何本も取ってたんですよ!」
とスコアを見せたら、ご自分でもびっくりしたようで
「えっ、そうなの?
やっている最中は、打たれたことしか覚えてなくて…
自分が打ったのは記憶にないんで、全然勝ってないと思ってたよ」


と、おっしゃっていました…。


SN先生は、全試合終了後、足はかなりもつれ気味だったものの、そこまで息が上がっている様子はありませんでした。

始まる前は、会のみんなはとても心配していました。
SN先生の奥様も相当心配されていたみたいで「見ていられないから」ということで、応援にいらしていなかったのですが…
SN先生が倒れることもなく無事終わって、本当に良かったです。

SN先生は、この後の新年会での挨拶で
「みんな、僕のケガのことを知っていて、あまり激しい当たりをしてこないなとは感じていました。
手加減してもらって申し訳ないなと思いましたが…」
と、おっしゃっていましたが…

確かに、激しい当たりをしてくるような方はいませんでしたが…
”「有効打突を取る」ということについては手加減はしていなかった”と、掛かり手のみなさんは口を揃えて言っていました。


「二十人掛稽古」の閉会式では、次年度の元立ちが指名されるのですが…

次年度は、当会の「壮年剣士」SG先生が元立ちになることに!!
62歳になるSG先生は、ふだんから週5回も稽古をするほどのお元気な方なのですが…

SG先生が指名された時の挨拶では
「掛かり手のみなさんにはビール券をお渡しするので、手加減お願いします!」
と冗談でおっしゃっていました(笑)

それを聞いたSG先生の「剣友」の方々は
「来年のSG先生からの年賀状は、分厚い現金書留かな!」
と笑いながら話していました。

そして、私とIZさんは
「来年は、私たちも掛かりましょうね!」
と誓ったのでした。


私はSG先生と試合をしたら、おそらくほぼ一方的に負けると思われますが…
それでもこの「二十人掛稽古」なら、何本取られても、必ず3分間は試合ができるのですよね。
「瞬殺、試合終了」
はないわけで、だったら掛かり甲斐があろうというものです。

SG先生は稽古の時は優しく打たせてくれるのですが、試合になると顔つきが変わるんです(笑)。試合に対する気合いは十分だし、攻めも動きも勢いがあります。とある高齢者大会の東京代表になったこともあるという…。
でもさすがに年齢が年齢なので「打った後の動き」は私よりもスローなことがあるのです。

地稽古などでは、SG先生は打った後に「ややひと休み」していることもあります。
でも、そんな状態のSG先生を「追って打つ」ようなことは、実力も段位も経験年数も年齢も下の私には躊躇があり、やったことがないのですが…この「二十人掛稽古」ならそれはアリかも…(笑)

私ごときでも、せめて「ちょっとは疲れさせる」くらいの試合ができたら、と…
そして、その時には私が三段になれていたらいいな…と思いました(笑)


「二十人掛稽古」で、SN先生の凄さを見た! はこれで終わりです。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:18 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

母だけの剣道日誌(24)「二十人掛稽古」で、SN先生の凄さを見た!(前編)足のケガ…大丈夫でしょうか?

ちょっと前にちらっと書きましたが…
市剣連の新年行事「二十人掛稽古」の元立ちを、当会のメイン指導の一人、50代半ばのSN先生がやることになっていました。
「二十人掛稽古」とは、ひとりの元立ちに対して、20人の掛かり手が連続で試合をするものです。
ひとりの相手につき試合時間は3分なので、元立ちは1時間試合し続け、ということになります。

当市の剣連に所属している方で、ある程度の段位や経歴がある方は
「一回は元立ちに立つ」
という暗黙の了解があるようで…当会のもうひとりのメイン指導のSZ先生も以前、元立ちをしたことがあります。

ところが。
SN先生は、11月に道を歩いている時に落ち葉ですべって転倒して…倒れまいとふんばった時に左太ももの肉離れ(筋肉の断裂)を起こし、結局仰向けに倒れてしまい、肩と腰を打撲してしまったのです。
母だけの剣道日誌(21)今年最後の稽古にて。剣道の稽古は「暗黙の約束事」が多いのですね。

ケガの直後は正座すらできないような状態でしたが、1月に入ってからは
「まあ、いちおう動けるようになった」
というくらいには回復はしていました。

SN先生は普通の稽古はまあできるような状態ではありましたが…
「二十人掛稽古」はかなり、過酷なのですよ。

以前、当会によく出稽古に来ていた二刀流の剣士「MRさん」が元立ちの時に私も見学したことがあるのですが…それはもう、大変そうでした。
母と子の剣道日誌(147)苛酷!「20人掛稽古」を見学してきました
「二十人掛稽古」が終わった後のMRさんは、「あしたのジョー」の最終回のジョーのごとく…
白く燃え尽きてしまったんじゃないかというくらい、衰弱していたのですよ(*_*)


元立ちには「若手」と「年配」の2名の方が指名されるのですが、若手のほうは「ものすごく大変」で、ご年配のほうは「きついけど、若手ほどではない」ようです。
そうは言っても、「元気な掛り手」が入れ代わり立ち代わりで相手になり、1時間試合をし続けるわけですから、ご年配の元立ちも決して楽ではないのは確かですが。
SN先生は「年配組」のほうなので、若手ほどはいじめられないで済みそうですが…


当会のSZ先生も、私が入会する前にこの「元立ち」(若手のほう!)をしたのですが、元立ちに指名されてから、実際に立ち合いをするまでの1年間、体力をつけるためにいろいろトレーニングをしたそうです。そのくらいの準備をしていかないと、体力がもたないのだそうで。
それでも、当日はかなり大変だったそうですが…。


SN先生はわりと「貫録のある」体型なのですが…
今回の元立ちに向けて、7キロ落としたのだそうです。

SN先生は本業がお忙しく、ご自分の稽古をする機会が少ないのですが…
いよいよ新年が近づいてきて、さてこれから気合入れて稽古するぞ!と思った矢先に、ケガをしてしまい…
「こりゃダメだ」とがっくり来て、やけ食いをしてしまったそうで。
結局、4キロ戻ってしまったそうです…。(笑)

「二十人掛稽古」の直前だというのに、ケガであまり動けないので体力もつけられず、十分な稽古もできず…という状態で。
当会のみんなは、かなり心配をしていました。

私もSN先生に稽古でお会いするたびに「怪我の具合はどうでしょう?辞退できないんですか?」と聞いていましたし…
「ママ先生」SZさんは、市剣連の担当の方に何度も電話しては
「SN先生、あのケガでは無理だと思うんです。辞退できないですかね?」
とお話していたのだとか。

でも、今まで元立ちに指名されて辞退した方はおらず…掛稽古の途中でギブアップした方もいないのだそうで。
SN先生の辞退も認められなかったのでした。


そんな状態で迎えた「二十人掛稽古」の当日。

SN先生は、午前中から市剣連で行われている審判講習会と合同稽古会に参加するため、当会の通常稽古のほうはお休みされていました。

私を含む当会のみんなは、午前中に通常稽古に出て…
午後はSN先生の応援に行くことになっていました。


午後2時半から「二十人掛稽古」が開催されることになっていたので、私は稽古後に自宅に戻り、私服に着替えて急いでご飯を食べ、車で市の武道館に向かいました。
私が到着したのは2時頃で、応援の人はまだ私しかいませんでした。

SN先生がいらしたので、ご挨拶したら
「あれ、防具は持ってきてないの?」
「はい、応援のつもりだったので持ってきてないですが…」
「えっ。他のみんなは?」
「みなさんも後から来ますけど、防具は持ってこないと思います」
「ええー!そうなの!?
みんな僕に掛かってくれるんだと思ってたんだけど。」

「そ、そうだったんですか?てっきり、掛かる方はもう決まってるものだと…、」
「いやいや、全然掛かる人の人数が足りないんだよ。」
「じゃあ、今からみなさんに電話して、防具持ってくるように言いますね!」

というわけで、応援に来る予定だった3人の男性に急遽電話して、防具を持ってくるようにお願いしました。
すでに家を出て車で向かっていた方も、わざわざ引き返して防具を持ってきて下さいました(^_^.)
「ママ先生」IZさんにも電話したのですが、電話した時にはすでに武道館に着いていて(^_^.)間に合いませんでした…。


後から聞いたところによると、この「二十人掛稽古」は、掛かる人を決定するのはその当日で…
「同じ会の方が多く掛かるほうがいい」
のだとか。
そのことを知っていたはずの、SZ先生はそんなこと全く言ってくれませんでしたし(^_^.)、他の先生方はその「暗黙の約束事」を知らなかったのです。
市剣連の方も
「元立ちをされる方が、全く初めての会の方だったらそう伝えるんですが…
以前SZ先生が元立ちをやられているので、ご存じだと思っていました」

と言っていました。

5年前に、SZ先生が元立ちになった時は、まだパパママ剣士さんが少なく、いた方も段位が低かったので…
そういう事も知らされなかったのかもしれませんね。
(私が入会するちょっと前の事だったので、もちろん私も知りませんでした)


ちなみに、当会のパパ剣士「サイクラー」SZさんは、昨年の二十人掛稽古では「掛かり手」だったそうで、その「暗黙の約束事」をご存じでした。
午前中の合同稽古会にもそのつもりで参加していたそうで、私が武道館に行った時には「掛かるつもり」で待機していたのですが、SZさんも当会のみなさんはそのことを知っていると思い込んでいたようです(^_^.)


というわけで、直前にバタバタしてしまいましたが…
なんとか当会の方の5名を「掛かり手」として確保しまして…
「二十人掛稽古」は始まったのです。

(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 10:03 | Comment(0) | 母だけの剣道1(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

富士山に関する記事のまとめ

いつもこのブログを読んで下さっている方はご存知のことかと思いますが、私は
「富士山の写真を見ただけで、どこから見たものかわかるようにする」
という目標?を立てて日々精進しています(笑)。

089_1.JPG
↑これは忍野八海から見た富士山です。

私が「富士山の写真」を意識するようになってから気づいたのは
「富士山の写真や絵はどこにでもある」
ということでした。

新聞やテレビ、雑誌やチラシなどを見ているだけで、一日数回は富士山の姿を目にするのです。特に、お正月期間は本当によく富士山の写真を見ましたね〜。
日本人、どれだけ富士山好きなんでしょうか!

富士山の写真を見かけるたびに、うちにある富士山模型を見たりスマホで地図を見たり、ネットで似たような写真を検索して、写真に映っている角度を検証する私…家族からはあきれられています(笑)

そこで…誰に要望されたわけでもないのですが、富士山についての記事があちらこちらに入っているので、まとめてみることにしました。
私の「富士山マニア」な記事って、このブログでは人気がないジャンルな気がしてますが(笑)ただ私がブログを読み返す時の目次にしたいだけです。

ブログのカテゴリ分けって、ひとつのジャンルにしか入れられないのがやりづらいですよね。同一記事をいくつかのカテゴリに入れられたら分類しやすいのになあ。タグをつけるだけだと、ぱっとわかりづらいんですよねえ。

これは富士山の記事と言えるのか?
2012年に泊まったキャンプ場、キャンピカ富士ぐりんぱの話です。ぐりんぱは富士山の「中腹」にありますので…。
この頃はまだフツーに富士山を眺めていただけでした。
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その1)なぜキャンピカ富士ぐりんぱを選んだのか。
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その2)富士サファリパークと総火演の音
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その3)マックスバリュで自衛隊員を見かけて
今度こそキャンピカ富士ぐりんぱへ(その4)コテージ「だいち」と夕食作り
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その5)虫がいない!&朝の富士山の眺め
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その6)朝の珈琲&ぐりんぱで遊ぶ!
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その7)ぐりんぱのシルバニアビレッジ、満喫
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その8)焚火をたいて、星空を眺める
キャンピカ富士ぐりんぱへ(その9)3日目朝ごはん&撤収

リフォームのため、富士山が見える仮住まいに住んでいた2014年の話です。
私が最初に意識して書いた富士山の記事です。子供のころから富士山は好きでしたが、家から毎日眺めるうちに、富士山への関心がさらに高まってしまいました(^^)
富士山。いいです。

2017年の1月に書いた記事。
この時に「家族で富士山に登る」目標を立てています。
これをきっかけに、めんどくさがりでメタボな主人が登山を始めることになったのです…。
今年の目標を考えてみました

2017年7月の富士登山前の記事。
富士山、延期(涙)&富士山の装備の用意

そしていよいよ2017年8月に家族で富士山登頂に挑戦した記事です。
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その1)またもや悪天候…中止か、決行か!?
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その2)迫力の、メガ噴火カレー!
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その3)小御嶽神社へ参拝
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その4)登山開始!&登山装備と高山病
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その5)五合目〜六合目まで
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その6)ひたすら登る、六合目〜七合目花小屋まで
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その7)七合目トモエ館に到着!
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その9)七合目トモエ館の夜
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その10)七合目から見るご来光!
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その11)朝食、そして出発
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その12)七合目救護所の「山のお医者さん」
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その13)七合目からの下り道
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その14)北口本宮富士浅間神社(前編)
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その15)北口本宮富士浅間神社(後編)
メタボな主人と、家族で富士山登山!(その16)富士山からの帰り道&まとめ


そして2018年、ふたたび家族で富士山登頂と、「写真を見てどこから見た富士山かわかるようにする」という目標を掲げています。
2018年、新年のご挨拶&今年の目標

2018年の4月に、私の誕生祝として忍野八海に行って富士山を眺めてきた話です。
50歳の誕生祝。忍野八海に行ってきました。

2018年8月に書いた、富士登山の準備の話。
富士登山の準備が忙しい&登山用品レンタルショップの比較

2018年の、家族で再挑戦の富士登山の記事。私は無事頂上まで行くことができました!
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その1)2018年の登山計画&装備(私以外の家族)
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その2)2018年の装備(私&ヘルメットについて)
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その3)登山当日!富士山五合目へ。
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その4)五合目〜七合目&水分補給について
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その5)七合目花小屋〜八合目太子館まで
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その6)八合目の山小屋で酸欠。頂上に行けるのか!?
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その7)八合目からのご来光&高山病について
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その8)主人&娘、本八合目で無念のリタイア。
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その9)九合目到着。山頂まであと一息!
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その10)悲願達成!登頂成功です!
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その11)予想以上にきつい下山道…疲れました!
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その12)主人と娘のその後&五合目までは、長かった…。
富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その13)戦い済んで、”超”筋肉痛!&来年に向けて

二回目の富士登山でますます「富士の病」がひどくなり、富士山の地形を極めるため、いろいろ購入しています。
富士山の模型をオーダーしてしまいました
富士山のグラスを購入してしまいました

剣道の合宿で富士山の近くに行った時の記事。
2日目にこれ以上ないというくらい富士山がすっきり見え、ハイテンションになってました(笑)
母だけの剣道日誌(11)火傷からの稽古復帰。大人合宿、参加してきました!(後編)

2018年、富士山まみれの1年を振り返った記事。
富士吉田の道の駅にある「レーダードーム館」「ふじさんミュージアム」に行った話も書いています。
2018年を振り返って&来年の目標(その1)富士山に恋した1年。

と言っている間にもまた模型を買っちゃって…(^_^.)
私がなぜ富士山の地形に萌えるようになったかのきっかけについて書いています。
頂上付近の富士山模型を購入。なぜ私は「富士山の地形萌え」になったのか?

今年のお正月には高尾山に上り、富士山を堪能してきました!
メタボな主人&娘と、高尾山で「登山初め」(中編)紅葉台で富士山&なめこ汁!


私は朝起きてまず窓のシャッターを開けるのですが…
最近は、まずは西のほうの空を見て
「今日は富士山が見えそうかどうか」
ということを考えます。

「見えそう」と思ったら、まずはネットのライブカメラで富士山の様子を見て「おおー、よく見える」などと感動。
時間があれば、出かける時にも近所で富士山が見えるスポットを通ったり…日々の行動のかなりの部分を、富士山に左右されている気がします(笑)

ちなみに、私のおすすめの富士山ライブカメラのサイトはここです!各地からの一覧が見えるところが秀逸です♪
富士五湖TV 富士山ライブカメラ
上記サイトの下のほうに
「青木ヶ原樹海を見下ろす紅葉台に設置したパノラマ180度ライブカメラの定点動画」
という、富士山の周囲の雲の発生の様子などが連続で見える動画もあります。超楽しいです。半年分(全部で1時間13分)あるのですが、ずっと流していたいですね〜。


そして、今年の夏にも富士山に登る予定なうえに…
「富士山の地形ラブ」な私は、まだまだ富士山の記事を書きそうです!(笑)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:32 | Comment(0) | 登山よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

メタボな主人&娘と、高尾山で「登山初め」(後編)天狗のぬいぐるみ、大人気!?

話が途中でしたが、パソコンが壊れたおかげでだいぶ間が空いてしまいました…。新しいパソコンのセッティングもおおむね終わり、やっとブログ復帰です!やっぱり新しいパソコンは早くて快適です〜。
でも、時間が経ってからブログを書くといろいろ忘れてますよね〜(笑)

メタボな主人&娘と、高尾山で「登山初め」(中編)紅葉台で富士山&なめこ汁! より続いています。

薬王院から、天狗焼を買うためにケーブルカーの駅に向かいます。

ケーブルカーの駅近くの売店「スミカ」で、名物「天狗焼」を売っています。
「天狗焼」は、天狗の形をした今川焼のようなお菓子なのですが、中身が「黒豆あん」なのが珍しく、そして外側の皮がパリッとしていて美味しいのです♪
私は何度も食べたことがありますが、高尾山に来たならぜひ買いたいお菓子です。

しかし…人気商品だけに、休日は買う人の行列ができていることが多いのです。
この日も、そこそこ行列があったので、買うのをあきらめました。
※でも、平日はすいてます!平日に行ったらぜひ買ってみてください♪


天狗焼を売っている「スミカ」では、ほかにもいろいろな土産物が売っているので見ていました。
すると、ちょっとユニークな形の「干菓子」が売っているのを発見しまして…高校で茶道部に入っている長男に、お土産に購入することにしました。
天狗の形のもかわいいですが(天狗焼きの天狗と一緒ですね)、「ケーブルカー型の干菓子」なんて、ここにしかないのでは!?
028_1.JPG


「スミカ」を出て、下に降りる「びわ滝道」のほうに向かいます。
途中に茶店があり、土産物やだんご、お焼きなどを売っていたので、お焼きを買って食べました。

それから「びわ滝道」に入ったのですが…
メインの登山道ではなく、傾斜もけっこう急なところが多いせいか、ほかの登山道(下山道?)よりは人が少なかったようです。


ところで、私はリュックに、以前購入した「天狗のぬいぐるみ」をつけていました。
以前、ランドネか何かで紹介されていたのを見て、登山リュックにつけたら可愛いだろうな〜と購入したのです。
001_1.JPG

天狗のぬいぐるみって、あまりないですよね。
これは、京王線の高尾山口駅からケーブルカーの「清滝駅」に行く途中にある「四季の桜」という土産物屋さんに売っているものです。
私が持っているのが一番小さいサイズですが、これより大きいものもありました。この天狗のぬいぐるみは、「四季の桜」にしかありません!
このぬいぐるみ、別にお守りというわけではないのですが、天狗だけに、山歩きの時に守ってくれそうじゃないですか?(笑)

私はずっとリュックを背負って歩いていたので気づかなかったのですが…
一緒に歩いていた、主人と娘から聞いたところによると
「私の後ろを歩いていた人は、けっこうそのぬいぐるみをよく見ていた」
というのです。
年齢問わず特に女子に人気だったようで、「かわいいねー」と話題にしている人もいたそうです。

そして…「びわ滝道」を下っている時に、私の後ろを歩いていた年配の女性が、わざわざ私に
「そのぬいぐるみ、いいですね!」
と話しかけてきたのです。

「ありがとうございます。下の土産物屋さんで売ってますよ」
と少し話をしたのですが…
やっぱりこれ、女子にアピールする何かがあるのですね?(笑)


うちの娘と次男もこのぬいぐるみを気に入っているようで…うちでは「てんぐちゃん」と呼ばれて(そのままですね)かわいがられています。
リュックにつけっぱなしだと出番が少なくて可哀そうなので(?)、山登り以外の時はリュックから外してクローゼットに飾られています。


さて…わりと急な斜面がひと段落したちょっと先に「琵琶滝」があります。
ここは、修験者の修行のためにある滝です。
うちの娘が「子供修行体験」をした時にも来たそうです。娘は体調が悪く、滝には入らなかったそうですが。
024_1.JPG

写真の右奥のほうが滝です。左のほうには着替えするため?の小屋がありました。
滝の部分は修行をする人以外は立ち入り禁止になっていましたので、近くで眺めただけでした。
一般の人でも申し込めば修行することができるようです。
高尾山薬王院 水行道場


この滝から川沿いに下っていくと…「岩屋大師」というところがあります。
026_1.JPG

激しい風雨の中、弘法大師が高尾山での修行を終えて山を降りている時に、病気で難儀している母子に会ったのですが、それを気の毒に思った弘法大師が祈りを捧げたら岩が崩れ、岩屋ができたそうです。その母子はそこに避難して難を逃れたのだそうです。
…という伝説のある場所で、中にはろうそくが灯っている狭いスペースでした。


そこからさらに、川沿いに下っていきます。傾斜はかなりゆるく、もう山道という感じではありません。
まだ午後3時前だったのですが、だいぶ日が陰ってきました。冬の山の中は日が落ちるのが早いのですね!
昼間に降りてくる予定であっても、山登りの時は常にヘッドランプは持っていたほうがいいな〜と思いました。

3時過ぎくらいに清滝駅の脇に戻ってきました。
それから「高尾まんじゅう」などのお土産を買い、高尾山口から電車に乗って家に帰りました。
家で早めのお風呂につかりましたが、登山の後のお風呂は気持ちいいです!

※前にも書いてますが有喜堂さんの「高尾まんじゅう」はスタンダードなおまんじゅうですが、かなりおいしくておすすめです。



「真冬に山登りしたのは今回が初めて」だった私ですが、天気は良く、風もあまりなく、雪があったわけでもなく、ほとんど寒い思いをすることがありませんでした。下のほうではちょっと寒くなってダウンを着ていましたが…。
「いい運動したな〜」という程度で、ほとんど疲れも感じませんでした。
主人も娘も前よりだいぶ早く歩けるようになりましたし…。

なにより、お正月の澄んだ空気の中で富士山を眺められたのが、とてもよかったです。
(やっぱり、そこ!?)

山登りを始める前は、正直、
「山登りなんてレジャーは、疲れるばっかりでめんどくさいだろうな〜」
と感じていました。
実は私は富士山の頂上に登れさえすればよかっただけなのですが…、主人に付き合ってあちこち登っているうちに、ほかの山も楽しくなってきました。
最近は登り方のコツもつかめてきたので、キツイと感じることもほぼなくなってきました。
こうやって家の近くに気軽に登れる山があるのもいいですね〜。

でも、もうちょっと本格的な山登りもしたいんですよね!
お金と時間がもっとあれば、あちこち行きたいのですが〜。


”メタボな主人&娘と、高尾山で「登山初め」”の話はこれで完結です。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 22:03 | Comment(2) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

新しいパソコンが来ました!でもまだ設定が終わってません。

待ちに待った新しいパソコンがやってきました。
ざっくりメールとブラウザの設定はしたのですが、まだまだやることが残っています…。
今までWindows7を使っていたのですが(古い!)、急にWindows10になりいろいろ変わっていまして(*_*)

新しいのと古いパソコンを、机の上に二台並べて移行作業をしています。
でもモニターがひとつしかないので、パソコンの裏をこちらに向けて、時々モニターケーブルを差し替えながら作業しているという。

古いパソコンはかろうじて動いていますが(でもしょっちゅう「応答なし」とか言い出します)、新しいパソコンに写真データをコピーするのに異様に時間がかかっています。夜にコピーを始めたのですが、明日の朝までかかりそうな感じ…。
古いパソコンには、さらにその前のパソコンから引き継いだ10年以上前の写真も入っていたので、すごい量なのです。(といっても100GBくらいでしたが)

写真ソフトの設定もしないと、ブログの更新もできないです〜
あっ、iTunes(iPhoneとの連携用ソフト)も入れないといけないのか…。

やっぱりやや壊れていたプリンターも、新しく買い直しました。
まだ届いていませんが…。こちらも届いたら設定しないとなあ。

あと数日中にはなんとかしたいですが…。
ブログ完全復活にはもう少々お待ちくださいませ。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 22:31 | Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする