2018年10月13日

火傷も治ってきて…しばしの休息、そろそろ終わりです。

火傷しちゃいました〜(後編)で書きましたが…

私は3週間ほど前にアイロンを足に落として火傷し、2週間ほど前から
「痛くて立てない」「足を下ろして座れない」
状態が続いていました。
それがやっと…昨日くらいから、「立っていられる」「普通に座れる」ようになったのです!
ずっと飲んでいた痛み止めも、もう飲まなくても良くなりました。

まだ完治はしていませんが、だいぶ新しい皮膚もできてきまして…
一部はまだ「真皮むき出し」のところがあるのですが、そこも来週くらいにはなんとか新しい皮膚で覆われそうな感じです。


これまでの2週間は、地べた座りと、歩くことしかできませんでした。
なので、家の中だけでできる洗濯などの家事はやっていましたが…

車の運転ができず、立ちっぱなしでいることができないので、
「買物」「料理、皿洗い」「剣道」「外出」
などがほぼ、できない状態で…。


その間に入っていた用事もほぼ全部、キャンセルさせてもらいました。
PTAの会議、母の誕生会、長男の矯正歯科への付添い、娘のお囃子の打ち上げ食事会
などなど。
もちろん、剣道の稽古もお休みしていましたし、自宅でのランニングや素振りも中止です。


買物と料理と皿洗いは、主人が休みで家にいる間は全部主人にやってもらいました。
ふだんから、主人が休みの時は買物と料理はやってもらっていましたが、片付けは私がやることが多かったのですが…それも全部やってもらいました。
主人は料理は得意なのですが、なぜかお弁当作りが苦手なので、主人がいる時も長男のお弁当はほぼ私が作っていたのですが…
それも主人にやってもらい、いない時は長男に「買い弁」をしてもらいました。

主人は休みなのに私を置いて出かけるわけにはいかないし、いつもより仕事量が多くて、疲れたんじゃないでしょうか…。


主人がいない時は、娘に指示して料理、皿洗いをやってもらいました。
多少は「えーっ、そうやったか!?」みたいなこともありましたが、おおむね指示通りやってくれて、かなり助かりました。
私が頼んでもいないガスフードの掃除とか、シンクを磨くとかまでやってくれて、さすが女の子は役に立つな〜と思いましたよ。


主人がもう寝た後に、長男が弁当箱を出してきた時があり…
その時、長男に弁当箱を洗ったり、ちょっと残っていたものの片づけをやってもらったのですが、長男はその時
「こんな、ほんのちょっとのことだけでも十分大変だよね。
お母さんはふだん、こんなにたくさんのことをやっていたのか…」

としみじみ言って
「俺ももっと手伝ったほうがいいよね。家事も覚えないとね」
と、少し反省?していたようです。

また、私が近くの老人ホームにいる母のところに行くこともできなかったので、長男に頼んで、母に買うのを頼まれていた洋服を買って持って行ってもらったのですが…
(LINEで長男にお店にある洋服の画像を送ってもらい、私が遠隔指示して買わせたのです!)
長男が服を買って持ってきてくれた」ということに母はたいそう喜んで、その翌日の(老人ホーム内の)「誕生会」にその服を着て行き、老人ホームのお友達?にも「孫が買ってきてくれたのよ〜」と自慢したそうです。
長男はたま〜に母のところに行ってくれることはあるのですが、私がケガしてなければ絶対「服を買って行く」なんてことはなかったでしょうから、これぞ”ケガの功名”ってヤツですかね。(笑)


そして、今回の事態の元凶?である次男は、家族の中で一番手伝ってくれませんでした(笑)
…って本人に言ったら
「えっ!俺、けっこう手伝ったよね!?」
そりゃまあ、いつもよりは多少は手伝ってくれましたけど…、他の人に比べたらかなり少ないですよ。そのうえ、何か頼むたびに
「あー、めんどくさい」
とか言いながらやってましたからね〜(^_^.)

やる気になってない次男は、全然役に立ちません!(+_+)


そんな感じで…
いろんなことを「お休み」していた私ですが…

けっこう、のんびりさせてもらったな〜という感じです(^^)

何しろ、週2回の剣道が全くなくなりましたからね。
いつも剣道の日は他の予定も入れづらいし、準備や行き帰りも合わせたら6時間くらいは使っているのですよ。
家でのランニングも素振りもしてないし。
人に会うような予定も全部キャンセルせざるを得なかったので…
それが全くなくなったわけなので…まあ、ある意味では楽でしたね(笑)

主人がいる時は、お弁当も作ってないし、皿洗いもしなかったし…
いない時も料理、皿洗いはほぼ娘にやってもらいましたよ。

主人が片付けた後でも、台所に残っていたコマゴマしたものを片付ける必要はありましたが。
何度言っても、牛乳パックやらペットボトルやらはちょっと残ってたし、ガス台周りは拭いてくれませんでしたので…(+_+)

そういうちょっとした仕事は、台所に足を載せる台(脚立)を置いて、私が無理矢理やっていました(笑)
姿勢的にヒジョーに疲れるので作業時間は15分くらいが限度でしたけどね。


ちょっと前に「神戸のおばちゃん」KDさんが肉離れをした事があり、その時KDさんが「剣道の稽古ができなくてすごく悔しい!」みたいなことを言っていましたが…
私は今回、そういう焦りはあんまりなかったです。

自分で言うのもなんですが(笑)、私、真面目なんで、こんなことでもなければ絶対に稽古を休まないもので…
でも「休むしかない」のであれば、休めるわけなので…それはそれでいいかな〜と。

水曜の夕方の稽古は、私が行かなければかなり人数が少ないので寂しいだろうな〜とは思いましたが…
車の運転もできず、立てないんでは、どうしようもないですからね。
ほとんど動けなかったので体力も筋力も落ちてしまったでしょうけど(体重を測ったら体脂肪率がかつてなく増えていて愕然としました)、ケガでしばらく稽古できないことも今まで何度かありましたから…これから取り戻して行けばいいと思っています。

来週の水曜日あたりから稽古に復帰しようと思っていますが、まだ「完治」したわけではないので、準備運動と素振りくらいにしておこうと思います。
火傷した部分は、しばらくは激しく動かすと痛そうですし…皮膚科の先生にも「年内くらいでなんとか、元通りになると思います」と言われていますので、まあ、できるところからボチボチって感じで。
稽古を長期間休んだとはいっても、たかだか3週間くらいですから、動き始めればだんだん戻ってきてくれるのではないかな。


この3週間ほどは、医者に行く以外は、家からもほとんど出られませんでした。
医者に行く時は、主人に車に乗せてもらって行って、帰りに郵便局に行く程度の用事は済ませていましたが、外出時に立っている時は、ずっと足踏みしている変な人でした(笑)
それ以外はずっと家にいたので、なかなかまとまった時間が取れない&気が進まなくてたまりがちだった、家計管理関係の仕事をやっと片付けられたのは良かったですね。

ふだんは忙しくて「睡眠不足気味」な私ですが、この2週間はお弁当作りもなく、日曜の朝の剣道もなかったので、わりとゆっくり寝られました。


私はふだん、かなり忙しかったんだな…とも思い、そもそも私に家事や用事が集中しすぎなのでは!?とも思い(笑)
でも、いざとなるとみんなわりと手伝ってくれたので、やっぱり家族がいるのはありがたいと思いました。
特に娘はけっこう働いてくれましたし、来週は「私の復帰祝い&家族もお疲れ様会」をやろうと思っています!


しかし、ほんの1週間くらい前までは、1日2回ずつ、患部を洗ってガーゼを替えるたびに激痛が走り(^_^.)
「いったいいつになったら治るんだか…」
と感じていましたが、そこまで長引くこともなく治ってきてくれたようです。
今日は家の中だけでしたが、まあまあフツーに家事ができていたので、「立てるってことはありがたい」と感じました。
あまりずっと立っているとやっぱり痛いのですが…。


そんな「のんびり生活」も、そろそろ終わりです。
月曜日からは、長時間の徒歩や、激しい運動はしない、という以外は、ほとんど元通りの生活になりそうです。
それが嬉しいような、疲れるような、そんな気持ちですが(笑)


でも、明日はまだ稽古も休みまして(無理して来週末の合宿に行けなくなっても困るので)、最後の「療養生活」を満喫します。

せっかくいい感じの気温になってきてくれたので、もうちょっと良くなったら軽く山登りにでも行きたいところです。

月曜日からは、だらけた自分に気合い入れて行くぞっ!!

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 23:33 | Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする