2018年10月04日

火傷しちゃいました〜(後編)

火傷しちゃいました〜(前編) より続いています。


火傷をしたのが月曜の祝日の夜だったのですが、翌日の火曜日の朝は…
痛み止めの効果が切れたら痛いだろうな?と思っていましたが、朝起きた時にはそこまで痛くありませんでしたので、もう痛み止めも飲みませんでした。

午前中に昨日と同じ病院に行ったら、昨晩私を見てくれた女医さんが皮膚科の外来にいて、また見てくれました。

以前、長男が腹痛で救急にかかった時も、夜見てくれた先生が翌日の昼に来てくれたのですが…
いったいこの病院の先生はいつ休んでいるのでしょう?他人事ながら心配です…。

先生からは、昨日から特に悪化した感じはないとのことで、一日一回洗い、軟膏を塗ってガーゼで覆っておくようにと言われました。


そしてその翌日の水曜日…私は夕方から稽古だったのですが。
そんなに痛くもなかったので、元立ちくらいはできるだろうと稽古に参加したのです。

子供稽古で、さすがにランニングはやめておきましたが、準備運動も素振りもして(アキレス腱の運動は痛そうなのでやりませんでしたが)、子供の元立ちもやりました。
しかし、自分でやる稽古はさすがに力が入って痛くなりそうだと思い、その後の大人の自由稽古は見学することにしました。
ずっと見学していることはなかなかないので、いろいろ見られてそれはそれで楽しかったのですが…。


木曜日にまた診察してもらい、まだ同じ手当を継続するとのことでしたが…
その頃から、ちょっと痛くなってきていたのです。

座っていれば平気なのですが、立って作業をしていると足がしびれて痛くなってきます。
台所作業は立ちっぱなしなので、時々痛くなり…休み休みやるようにしていました。

これでは日曜日の稽古は無理かも…と思っていたのですが、日曜日は台風で稽古は中止になりまして…。
それでも家事はまあ一通りこなせてはいました。


そして火曜日に病院に行ったところ、残っていた(死んでいる)皮膚を除去する手当をしました。
そして家で塗る薬の種類も変更になったのです。

その時先生に「今、痛くないですか?痛み止め出しましょうか?」と聞かれましたが、多少表面がじんじんしているだけだと思ったので「このくらいは大丈夫です」と言ったのですが…

その後から、痛みがひどくなってきたのです。

その日は病院に行った後、主人と買い物に行ったのですが…
「じっと立っているとものすごく痛くなる」のです。

ヒリヒリするような痛みではなく、患部がじんじんと痺れてくるのです。
最初に病院にかかった時に出された、残っていた痛み止めも飲みましたが、全然効いている感じがしません。

床に座るか、椅子なら火傷した足を座面に置いている状態で座るか、寝ているか、あるいは「歩いていれば」大丈夫なんですが…

あとで調べたところによると、立っていると足に血液がたまり、火傷で傷ついた毛細血管が充血してしまい、痛く感じるらしいです。
歩いていれば大丈夫というのが不思議ですが…歩いている時は足の血液は循環しているということなのでしょうか。

立ちっぱなしで足がむくむ(私はふだんそう感じることはあまりないのですが)っていうのは本当なんだなと思いました。

今も、パソコンの前に座って、足は横にある座卓に乗せている姿勢です(行儀悪いけど仕方ないです…)。
立ってやるような家事ができないし、もちろん外出も不可能なので、やることがものすごく限定されていて、気晴らしといえばブログを書くことくらいしかできないのです(^_^.)


立っていることが困難な状態になってしまったので、翌日病院にまたかかって、どうしたらいいか聞いてみましたが…
「治ってくるまではどうしようもない」
そうです。

痛み止めも、こういう皮膚表面が削れているような状態には、あんまり効かないんですよね。
でも、ないよりはマシかもしれないので、いちおう出しておきます」

というわけで、痛み止めはもらって飲んでいますが…
やっぱり立っていると痛くなります。
いわゆる、立て膝の姿勢(膝をついて上半身を起こしている状態)でも痛くなります。

椅子に座っていても足を降ろしているとダメなので、トイレも短時間しか座れません。
右足を左足か座面に載せていれば大丈夫なのですが、そんな恰好で用は足せませんし(^_^.)
もちろん、車も運転できなくなってしまいました。

歩いていればなんとかなるので、いったん歩き始めたら止まらないでいくつか用事を済ませて、戻ってきて地べたに座って休んでいるという。
また、同じ場所に立っていざるを得ない時は常に足踏みしながら立っていたりします。それもそんなに長時間はできませんが。
歩いているのと足踏みしているのでは筋肉の使い方が違うようで、足踏みだけだとだんだん痛くなってきます。
しかしこの状態を、はたから見ると、”めちゃくちゃ落ち着きのない人”でしょうね。

私は日常生活でもわりと歩いているほうなのですが、ふだんあまり歩かない人は足の血液があまり循環してないってことですよね…。
それだけで不健康になる要因だろうな〜とあらためて思いましたよ。


しかし、ふだんとは全然違う動きや姿勢をしているので、動くのが少ないわりにはけっこう疲れます!
私はふだん、あんまり「ゴロゴロして休む」ことはないのですが、今は何かとゴロゴロせざるを得ないような感じです。
また常に右足をかばっているので体が歪みそうです(+_+)

とにかく、足に血液がたまると痛くなるようなので…そうならないような姿勢を模索しています。
こんなに「体液の循環」を意識して生活するのは初めてです(^^)


ふだん「ただ立っている姿勢」をしている時間が、けっこう長いんだなあとあらためて感じました。
洗顔や歯磨きの時だってふだんはずっと立ってますしねえ。今は洗顔は短時間で切り上げ、歯磨きは床に座ってやっていますが(^^)
外出できないと片づけられない家事もけっこうありますし…

幸い、痛くなりはじめてから2日間は主人が休みだったので、買い物や料理、一部の家事はやってもらいましたが…
あと、家に子供がいる時間は、いろいろ用事を言いつけてやらせましたが、今日から主人は仕事に行ってしまい、どうなることやら。
夕ご飯は作って行ってくれましたけどね。

立ち仕事ができないので、料理や皿洗いがほぼ不可能です。
料理は簡単なものだけにして、娘にやらせるしかないかなあ。


幸い土曜日から三連休なので、明日(金曜日)さえ乗り切れば…
後はなんとかなるかなあ…。
いったいいつまでこの状態が続くのか、まったく読めません(^_^.)

もはや剣道どころではなく、稽古も家でのランニングもお休みしています。
家事もふだんの半分くらいのことしかできていません…。
おかげで体重も増えちゃうし〜

10月後半に大人合宿があるのですが、果たしてそれまでに立てるようになっているのか…
合宿のメニューは形稽古や審判講習会がメインなので、立って歩く動作さえできるならやれそうなのですが、果たしていつになったら「立っていられる」ようになるのか…。


ちなみに、「患部はお風呂につけないほうがいいので、シャワーで」と先生に言われていますが、私は無理やり足をあげた状態で身体を湯船につけて入っています…。
だってそろそろ、さすがにシャワーだけだと寒いんで…

風呂の蓋を一枚乗せた状態で、まず火傷していない左足を湯船に入れ、湯船にある手すりにつかまり、右足を風呂蓋に乗せてからお尻から湯船に入ります。片足立ちスクワットみたいなこの動作をするにはけっこう足と腕の力がいりますが、ふだん鍛えているのが役に立っているようです(笑)。


しかしまあ…
「いつも通りの生活」ができているのって、本当にありがたいことですね〜
足の一部が火傷しただけでこのありさまですから。
早く元通りになってほしいです。

そして、早く稽古にも復帰したいです。
剣道って「健康で元気」でないとできないものなので、剣道ができる状態である、ということには感謝しないとですね!


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 15:15 | Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする