2018年08月19日

富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その7)八合目からのご来光&高山病について

富士山、リベンジ!メタボな主人と家族で登山。(その6)八合目の山小屋で酸欠。頂上に行けるのか!? より続いています。

午前4時過ぎ…ダルダルな体を引きずって、なんとか登り始めた私。

「太子館」のひとつ上の「蓬莱館」で待ち合わせをするということと、
この日のご来光は5時少し前くらいだったので、”ご来光はその時間になったら各自で拝む”
ということを決めて、登り始めました。


私の二日目の服装は…

ユニクロのエアリズムブラトップ(タンクトップ)
吸水速乾長袖シャツ→日が昇ったら暑くなったので、脱いで薄手の綿シャツに変更
スポーツショーツ、クライミングパンツ

登り始めは防寒のために雨具(レンタル:モンベルのサンダーパス)を着ていました。
また暗かったので、最初はヘッドランプを装着しました。


ところで、山小屋についてから気づいたことなのですが、主人が持ってきていたヘッドランプがつかないのです。ちゃんとパッキング前に動作確認もしたのに…!
しかたないので、2500円もするヘッドランプを山小屋で購入しました。七合目の山小屋では1500円で売っていたのに…。どちらも、下で買えば1000円くらいの品ではないかと思いますが(T_T)
ヘッドランプはそんなに重いものでもないし、山小屋内でも使うものなので、予備でひとつくらい余分に持って来ればよかったかも…と思いました。

ご来光のちょっと前までは暗かったので、ヘッドランプをつけての登山でしたが、足元が見えづらいのでちょっと疲れました。八合目あたりは岩場だったので、足元をしっかり確認しないと登れなかったからでしょうか。
富士山では夜間に登山している人もけっこういますが、私はあまりやりたくないな〜と思いました。


私は、登り初めは非常に調子が悪く…ナマケモノのように、身体を非常にゆっくりとしか動かせず、のたり、のたりと足を動かしていました。
同じく具合が悪い長女と、たいして変わらないゆるゆるペースでしか登れなかったので、こんな状態でホントに頂上まで行けるの?と心配でした。

「今日の私は、のろまな亀だね!」
と発言してから、なんかどこかで聞いたセリフだなあと思ったら…

それは
「私はドジでのろまな亀」(byスチュワーデス物語)
じゃないの!と主人に指摘され、それか!とみんなで笑ってしまいました。

子供たちはもちろんスチュワーデス物語を知らないので、説明してあげましたよ。私も実際には全然見てないですけどね!(笑)


しかし、具合が悪かった私は、登っているうちにだんだん元気になってきました。
宿を出た直後は全く食欲がなくて、最初はゼリー飲料すら飲む気にならなかったのですが、少し登ったところでゼリー飲料が飲めるようになり、もうしばらく登って、やっと宿からもらったご飯を半分食べられるようになりました。

つまり、宿での酸欠が私の具合を悪くしていたのであって…
動いたらその分身体に酸素が取りこめたようで、私はむしろ登るほど元気になっていきまして、その後は具合が悪くなることはありませんでした。
歩いている途中で息が上がってきた時には、意識して深呼吸(息を吐き切ってから吸う)を時々していたのも良かったのだと思います。


これってやっぱり、剣道(&自主トレ)を続けた成果ですよね!?
動きさえすれば、高山でも十分酸素を取り込めるような身体能力がついていたんですねえ〜。

呼吸法も稽古で習ったわけではありませんが、剣道を始めたことがきっかけで、いろいろ調べて身に付けたことなのです。

剣道をしていた次男も、ちょっと頭痛がしていた程度で、そんなに高山病はひどくならなかったようです。
高山病については、家族の中では私と次男が一番適応力があったと言えるでしょう。剣道って、役に立ちますね!(笑)

私が宿で酸欠で具合が悪くなってしまったのは「あまり動いていない状態だったから」なのかもしれません。長女も「宿にいる時が一番具合が悪かった」と言っていました。

よく
「高山病になったら、山を降りるしか良くなる方法はない」
と書いてありますが…
私について言えば、むしろ登ったほうが元気になりました(^_^.)
上に行くにつれて酸素は薄くなっていたのでしょうけれども、身体を動かしたおかげで酸素を十分に取り込めたようです。
山小屋を出る時は、具合が悪くて「もう登れないかも…」なんて思っていましたが、そこであきらめなくて良かったです。


ただ、食欲だけはその日一日を通して、あまりありませんでした。
朝出発してから、15時過ぎに五合目に下りるまでに食べられたのは、宿でもらった釜飯パックとパン、あとちょこちょことゼリー飲料、お菓子やアメ程度でした。
いつもなら、これだけ長時間の運動をしたら、私はかなりガツガツ食べるんですが…こんなに食欲がないのはホント、珍しかったです。
家のほうに帰ってからの夕食では多少食欲が戻りましたが、それでもいつもに比べたらあんまり入らないなあという感じで、普通に食べられるようになったのは、翌日朝からでした。


私と主人、長女、S子先輩は最初はゆっくりペースだったので、蓬莱館に到着する前にご来光になりました。
長男と次男は蓬莱館に到着していて、そこで見たそうです。
この日は雲がかなり上のほうまであったので、七合目ではご来光は見えなかったのではないでしょうか。昨年は七合目で見られてラッキーだったのですね。

下の3枚の写真は、長男撮影です。
高校の写真部の作品として撮影したものなので、転載はご遠慮ください!


ご来光の前。シルエットは次男です。
Mt.Fuji_180808_0009.jpg

ご来光の瞬間!
Mt.Fuji_180808_0007.jpg

この日の雲海はモコモコしていて、飛び込みたくなるような感じでした(^^)
Mt.Fuji_180808_0025.jpg


(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 21:57 | Comment(0) | 富士登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする