2018年07月30日

母と子の剣道日誌(337)剣道ママの女子会!

先日、私が最近、出稽古でお邪魔している会の剣道ママさんたちで、ランチ女子会をすることになりました。

O剣道クラブのKHさん
K剣友会のTNさんと、THさん
そしての4人です。

4人とも初心者から剣道を始めたママさんで、現在二段、来年三段を受審するということも一緒。
剣道歴も4〜5年くらいと、ほぼ同レベルのママさんたちなのです。

もともとは、地域の剣友会合同の「ミニ大会」で知り合った人たちですが…
私が、ママさん剣士のいる会に出稽古に行くようになってから親しくなり、みんなで集まろう!ということになったのです。


KHさんの所属するO剣道クラブは、剣友会の人数自体があまり多くなく、大人は試合にもあまり出ないとのことで、他の剣友会の方と接することが少ないそうです。
KHさんは他の会の剣道ママさんとも情報交換したい!と言っていて、今回の会をすることになったのでした。

場所はとある「名古屋系喫茶店」チェーン。
話が長くなりそうだったので、粘れそうなところを選びました(笑)


集まってまず話題になったのは、私の着ているTシャツについてです(^^)
わざわざ「剣道系」のTシャツを着て行ったのですが、言わずとも気づいてもらえました!(笑)
武道館で購入した、背中にガッツリ剣道の面が書いてあるデザインのです。

「そんなTシャツ、どこで売ってるんですか?」
「日本武道館です。この手の剣道グッズは武道館のが一番いいですよ。
私、子供の錬成大会とかで行くたびに買ってたんです」


一見わりと「普通のキレイ系ママさん」なKHさん、実はかなり剣道好き。
私のTシャツにもかなり興味を示してくれました(^^)


そして、私のしているネックレスについても、気づいていただけました。

剣道の面と竹刀がぶら下がっているものなんです。
これ、実はもともとネックレスなのではなく、ストラップにつけるチャームなのですが…私はチェーンに通してネックレスとして使っています。小さい竹刀がカワイイのです(^^)
さすがに剣道イベント以外には、つけていかないですけどね(笑)

剣道グッズ専門店 チャーム


みんなでランチのハンバーガーを食べ、コーヒーを飲みながら…
いろいろ話が盛り上がります!


まずKHさんからの質問…
「はなずきんさんは、なんでそんなに剣道が好きなんですか!?」

その答えは、全部説明したらとても長くなるので…
「子供が剣道をやっているのを見てどうしてもやりたくなっちゃって。
やり始めたらやっぱり楽しくてしょうがないんです」
とだけ、言っておきました。

※私の過去のブログにはその理由がさんざん書いてあります!

でもそういうKHさんも、けっこうな剣道好きなんですよねえ。
以前から剣道に憧れがあって、子供と同時に始めたのだそうです。

THさんとTNさんは、子供が先にやっていて、先生に「一緒にやりましょう」と誘われて、何の気なしに始めたのだそうです。
身体を動かそう、くらいのつもりで、そんなに「がんばってやろう!」という感じでもなかったのだとか。
でも、今はおふたりとも、かなりガッツリ稽古してますよ〜。


そしてTNさんが言ったのは
「みんな、腕のスジがヤバイですよね!」

そう、さすがみんな、毎週真面目に稽古している剣道ママさんたち…
前腕部分の筋がくっきりと浮き出ています!

もちろん、みなさん二の腕も太いです。
中年女性はたいてい、二の腕がだるっと太くなるものですが、それとはちょっと違う「モリッ」とした太さ…

みんなで
「二の腕、出せませんよね〜!」
と言ったのですが…
THさんは、なんとノースリーブを着ていました(笑)

「いっそのこと全部出しちゃったほうが、太さが目立たないんですよ!」

と言っていましたが…
いやいや、私は全部出すと、異様に肩幅が広く見えちゃってダメです(笑)


そして、THさんからの笑える(?)話は…

「高齢の、よその会の会長(高段者)相手に地稽古をしていた時、突きを打ったら相手の形相が変わって、その後めちゃくちゃに打たれた」

という話。
「上手(うわて)」の人に突きをうっかり出してはいけない…
というのは、ある程度剣道をやっている人なら知っていることですが、最初はそんなこと知りませんよね。

でも、初心者から始めたママさんで、男性の高段者相手に突きを打とうとする人もわりと珍しいと思うのですが…(笑)
THさんは、めちゃくちゃ”勝気”が強い方で、相手が高段者でも高校生でも、打たれるとすごく悔しいのだそうです。

私なんか「打たれて当たり前」って感じなので、全然腹も立ちませんが…。
(そもそも、キレイに打たれるのは好きだったりします!)

なんでもTHさんは以前、空手とサッカーをやっていたのだとか。
そうか〜、だから稽古で対峙した時に背後には炎が見えるんですね!(笑)


「そうそう、突きって”相手の心を打つ技”って言われてますから。
”中心がガラ空きだよ!”って言ってるようなものなので、打たれて怒る人も多いそうですよ」


と私が解説をしたら、KHさんが
「えっ、そうなんですか!?
上手の人に突きを打っちゃいけないなんて、知りませんでした!」

とびっくりしていました。



あとはそれぞれの剣友会の、組織とか当番の話になりました。
O剣道クラブは、創立10年くらいの若い会なのですが…当番がないそうなのです。

それで、いつも稽古に出ているKHさんが、いつも鍵開けや出席簿付けなどをやっているのだとか。
まあ、それは別にいいそうなのですが…
問題は、”保護者が全然見学に来ない”ことなのだそうで。

まあ、そうですよね…。
見学に来ないと剣道に興味もわかないし、どこか他人任せになっちゃう感じはします。

O剣道クラブは、事務をやっている方が
「保護者をそういう事で煩わせると、みんな敬遠しちゃうでしょう」
という考えで、剣道をやっていない保護者にできるだけ負担をさせない…
という方針でやっているのだそうですが、それも行き過ぎると、コミュニケーション不足になってしまいますよね。
レク系の行事もほとんどなく、保護者同士が顔を合わせることはかなり少ないのだとか。

KHさんはもっと保護者同士がコミュニケーションを取って、みんなで子供を応援しよう!という雰囲気になってほしいのだそうです。

当番などは「負担」でもありますが、それがあるからこそ、子供がどう稽古しているのかを見る機会もあるわけで。
あまりに過度な負担は困りますが、ある程度はそういうことがあったほうがいいのでは?
というのが、私やK剣友会のおふたりの意見でした。

他の剣友会の運営事情なんて、なかなか聞く機会もないので、他の会の話を聞けて参考になりました。


あと…
TNさんは、稽古の後にガッツリ牛乳を飲んでいるのだそうですが…
なんと、1リットルも飲んでいるのだそうです!
中学生ですか!?(笑)

私も牛乳をごくごく飲むのは好きですけど…
1リットルは飲めないかも…。(^_^.)

※運動のすぐ後に牛乳を飲むと、たんぱく質が効率よく吸収されるそうですよ!

ちなみにTNさんは、学生時代バレーボールをやっていたのだそうです。
やっぱり「運動部系」なんですね。



TNさんは、先日私がKB先生の稽古にお邪魔した時、私が平気で最後までやっていたのが凄い!と言っていました。
いやいや、全然平気じゃなかったんですけど…

母と子の剣道日誌(303)続々・ママ剣士を求めて出稽古へ!(前編)き、きつすぎる〜っ!
母と子の剣道日誌(304)続々・ママ剣士を求めて出稽古へ!(中編)もう、ヘロヘロです。

「私なんて、最初の頃は過呼吸になりかかって、みんなに心配されてたくらいなのに…
はなずきんさん、初回からきちんと最後までやっていて、びっくりですよ」

いや、あんまりきちんとできてなかったのですが…、
TNさんこそ、最後のほうでもしっかり打ててたし…
その後稽古でお邪魔した時も、暑くて私も他の方もどんどん離脱する中、ずっと地稽古してましたし…。
今は絶対私よりも体力があると思いますよ〜。


TNさんいわく…

THさんは、対峙した時に背後に「メラメラとした赤い炎」が見える、と。(笑)
KHさんは、そんなにメラメラした感じではないのですが、でも確実に闘志が燃えているので「青い炎」じゃないかと。

「私はそんなに闘志ないんで、炎なんて出てないですよね〜?」
と言ったら、
「いや、絶対”剣道大好きオーラ”が出てますよ!でも、何色なんだろう…」

と、しばらく考えていて

「はなずきんさんは、虹色の炎ですね!」

と、言われました(笑)


いや〜、もう、かなり話が盛り上がりまして。
ふだんは「お仲間」の少ないママ剣士さん達なので、ここぞとばかりに剣道話をたっぷりしました。
もっと時間があればずっと話していたでしょう(^_^.)
みんなで合宿やりたいくらいですね!と言い合っていました。

そして、私がすごい「情報通」だと言われてしまいました。
私が出られるような剣道イベントはたいがい出てるからでしょうか(^_^.)


またみんなで会いましょう!と約束して、会はお開きになりました。


この時点ではまだ話は出ていなかったのですが、9月にまた「剣道ママ飲み会」を企画しています。
今度はもう少し人数も増えるかもしれません。
絶対、盛り上がること間違いなし!の飲み会なので、開催したらまたご報告しますね〜♪


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 11:21 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

私が、お腹がすくとイライラする理由(わけ)。

私は、おなかがすくと、かなりイライラします。

だからといって、人に当り散らしたりはしませんが…(笑)
なんというか、パワーがなくなるというか、倒れそうというか。
とにかく早くご飯を食べたい!と切実に思っています。

毎日ほぼ同じ時間にご飯を食べているからなのか、ほぼ同じ時間にお腹がすきます。
その「定時」から1時間以内くらいならいいのですが、2時間を過ぎるとかなりヘロヘロです。


大人になるまでは、私は他の人もそんなものなのでは、と思っていました。
もちろん状況によって我慢はしますけど、私は定時にご飯を食べることは、かなり優先されることなんです。
他にやることもないのに、なかなかご飯を食べに行かない…なんて、考えられません(笑)

でも、私みたいに、定時にご飯を早く食べたい!と感じている大人って、実はそんなにいないのでは、ということに、大人になってから気づきました。
他の人は、空腹を我慢しているわけではなく…
空腹になっていても、そこまで「食べたい!」と感じていないのだ、ということがわかったのです。



私は「食い意地が張っているほう」なのかと思っていましたが…
そもそも、身体的に「空腹に耐えられない」からなのかもしれません。


なんでみんな、おなかがすいても平気なの?
っていうか、なんで私はこんなに耐えられないの?(笑)



長年、そのことが疑問でした…。


おなかがすいて我慢できない!って言うと、まるで子供みたいじゃないですか(^_^.)
でも、私は特に我慢ができない性格ではありません!

素晴らしく我慢強いわけでもないですが、我慢すべき時はできるほうだと思っています。どうしても食べられない状況であれば、半日くらいは食べなくてもなんとかなります。
空腹に気は取られていますが、実際に倒れるわけではありません。
ただ、食べられる状況であれば、できるだけ早く食べたい、と常に感じているのです。

ふだん、ご飯を絶対に抜かない私にとっては、朝食を食べられない健康診断の日は本当に苦痛です。
動けないわけではないですが、常に空腹のほうに意識が行ってしまうというか…。


私はふだん、夕飯を早目に食べているせいもあり、朝起きた時にはものすごくお腹がすいています。
子どものお弁当を作ったり朝食を食べさせなければならないので、すぐにはご飯が食べられないことも多いのですが…
もう、早く食べたくてしょうがないので、子供の食事の準備ができたら、ソッコーで食べてます(^_^.)


もしかして、私は血糖値が下がりやすいのだろうか?
と考えたりもしましたが、健康診断で朝ご飯を抜いた時でも、血糖値が極端に下がるわけではありません。
ごく普通の「空腹時の数値」でした。

※空腹時に激しい運動をしたりすると血糖値が下がり過ぎて動けなくなったりします。
また、糖尿病の人が血糖値を下げる薬を飲んだ時に、血糖値が下がり過ぎると倒れたりします。


長年、その疑問は解けないままでしたが…
先日、健康診断の結果を眺めていて、
「もしかして、これが原因かも!?」
ということに思い当たりました。

ただ、それはあくまでも私の「推測」で、確証はないのです。
ネットで調べてみたら、それに近いことを書いてあるサイトはありましたけれども、そのことを検証している人はいないのでは?と思いました。
どなたか私と同じような方はいないかなあ、と思ったので書いてみます。


その「原因と思われること」ですが…

私は『中性脂肪』の値が、標準より低いのです。
基準値は 30〜149mg/㎗未満 なのですが、私はここ数年は25-28mg/㎗くらいです。


『中性脂肪』とは、血液中に流れる脂肪のことで、人間にとっての「燃料」の役割を果たし、また臓器を守ったり、体温の調節をしたりする役割もあるのだそうです。

中性脂肪というのは、たいてい「高い」ことが問題視されます。
中性脂肪が血液中に多くなりすぎると、肥満や脂肪肝などになります。また悪玉LDLコレステロールの増加を促進するので、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険因子となるのだそうです。

メタボな人は、ほぼみなさん中性脂肪の数値が高いです。
うちの主人なんて、年によっては400mg/㎗とかありましたね…
今年はギリギリ150mg/㎗以下でしたが。


このブログを書くために調べた、女性の年代ごとの中性脂肪の平均値は以下の通りでした。
(厚生労働省「身体状況調査」2015年)

前年代の平均値:127.9r/dL、
50代:133.6r/dL、
60代:148.4r/dL
70代:136.7r/dL

この「女性の中性脂肪の平均値」は、今回ブログを書くために調べて知ったのですが…
若い頃は低く、60代までは平均値は年々上がり、70代でちょっと下がって50代と同じくらい。
女性ホルモンが減ると中性脂肪も上がりやすくなるので、閉経後は中性脂肪値は上がることが多いそうです。

私は”標準値より下”だという認識しかなかったのですが、私は25-28r/dLなので…
もう、全然、平均値より低いじゃないですか!




私は若い頃からずっと、中性脂肪は標準値の一番下あたり、もしくは標準値以下でしたが、そのことを医者に指摘されたことはありませんでした。
何らかの病気が原因で中性脂肪が低くなったり、ダイエットなどで中性脂肪が低くなりすぎると疲れやすかったりすることもあり、その場合はもちろん問題なのですが…

私は病気でもなく、疲れやすいわけでもなく、いたって健康で元気なのです。
私はただ「空腹に耐えられない」だけですから。

「耐えられない」と言っても、イライラするだけで実際に倒れるわけでもないし、激しい運動をするとかえって食欲がなくなるので、剣道の時は多少おなかが減っていても普通に稽古しています。ただ、稽古が終わってしばらくすると、猛烈におなかがすきますけど(笑)。


ちなみに、中性脂肪以外の値は、どれも正常値範囲内です。
血圧がやや低め(でも正常値ではある)のと、体温が35度前後とけっこう低いですが、それ以外は特に何もなく…。



でもこの間、中性脂肪が低いとどうなるか、というのを調べていて、
私は「中性脂肪が低いのが原因」でお腹がすくとイライラするのでは?
と思ったのです。


中性脂肪を上げるための食事・生活のポイント5つと、低すぎるときのリスク9つとは!?今日からできる対策を看護師が教えます

人が動く場合のエネルギーはまず「ブドウ糖」を使うのですが、それが足りなくなると中性脂肪を使います。
なので、中性脂肪が少ないと、疲れやすかったり、免疫力が低下して体調を崩しやすくなったりするそうです。

ダイエットなどで、栄養不足で中性脂肪が低くなることはある…そうですが、私は三食必ず食べますし、バランスを考えて食事を摂っているほうです。
野菜も肉も魚もご飯も食べているし、極端に何かを食べたり食べなかったりと言う事はありません。
運動もしているし、やせすぎでもなく太り過ぎでもないし、体重の増減もあまりないようにコントロールしています。

昔の健康診断を見ても、私は20代の頃からほぼずっと、中性脂肪値が低かったのでした。
これはもう…体質、なんでしょうかねえ。



というわけで、
「おなかがすくとイライラするのは、中性脂肪が低い体質のせいなのでは?」
という仮説を立ててみたのですが…。

「私もそうかも!」という人がいたら、ぜひコメントください!



いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 12:07 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

家族でボルダリング初挑戦!けっこう難しい!?

先日、親子4人で近所にできたボルダリングのジムに行ってきました。

実は、私は今年、剣友会のレク担当係になっていまして…
例年はバーベキューなどが多かったのですが、バーベキューって大人は楽しいけど、子供は「食べてしまうとやることがない」のですよね。
一度、昭和記念公園(国営のすごく広い設備充実の公園)でやったことがあり、子供が遊べる場所があるのはいいのですが、遊ぶ場所の範囲が広すぎて行方不明になってしまい…
子どもを探すのにえらい苦労したことがあります。

昨年はボーリングだったのですが、これはなかなか盛り上がりました。
なので今年も
「親子みんなで遊べるものがいいのではないか」
ということで、ボルダリングが候補に挙がったわけです。
なので、その下見ということで行ってきたのでした。


実は長女(小6)は、だいぶ前からボルダリングがやりたいと言っていました。
長女はもともと「よじ登り系」の遊びが大好きなのです。

以前、「モリパークアウトドアビレッジ」に行った時もやろうと思っていたのですが…
値段の高さでまずあきらめ、係員の高飛車な態度にあきれ(笑)、やらなかったのでした。
「モリパーク アウトドアヴィレッジ」に行ってきたのですが…

ボルダリングがオリンピック競技になったせいか、最近は近所にもいくつかボルダリングの施設ができました。
でも、入会金が高かったりなど、レクに使えそうなところは少ししかありません。
とりあえずその中で「親子パック2人で3000円」(入会金、シューズ、チョーク込み)という施設があったので、そこに試しに行ってみることにしたのです。


が…結論から言うと…私たちが行ったジムは
「小学生がメインのレクに使うのは、無理」
でしたね〜(笑)

もうちょっと子供向けの施設なら良かったのでしょう。
でも行ったところは、ガチにやりたい大人が、練習に使うような施設でした(^_^.)

係員の方はフレンドリーだったし、子供だからと言って嫌な顔をされたわけでもありません。親子パックをやっているくらいだし、子供でもいいのでしょうが…。

問題は「壁の難易度が高すぎる」ことでした。
初心者向けの壁が一面だけあったのですが、そこでも簡単なのは2コースくらい。
あとはちょっと…初体験の小学生には難しすぎる感じでした。

コースは入り交ざっていたり、落下の危険もあるので、一人がやっていたらその近くではできません。
私たちが行ったのは平日昼だったので、他にお客さんは全くいなかったのですが…
それでも、他の人が登っているから自分はできない、という場面が何度もありましたので…
この広さで、初心者の集団で行ってやるのはまず無理だと思いました。



まずは、施設についたら会員登録をします。
ボルダリングの場合、危険が伴うので、名前や住所、連絡先などを登録しなければなりません。
それに加えて、子供がやるのには保護者の同意書が必要です。
この登録が、時間がかかって案外めんどくさかったですね。
事前にネットでも登録できるようでしたが。

そしてシューズを用意してくれますが…
このシューズが、きついのなんの!
ふだんの靴のサイズで着用すると、めっちゃきつくて歩けないくらい。

ボルダリングは足を「つかむ」ような感じで使うので、きつめでいいということでしたが…
それにしても、靴の種類によっては相当きついです。(上級者向けの靴のほうがキツイようです)
私は最初に出された靴ではきつすぎたので、結局いつもの靴サイズより1センチ大きいものにしました。それでも登り始めたら指先が痛くて、結局違う種類の靴にしたのです。
家族全員、本来の靴のサイズよりは大きめのもののほうが良かったようです。
慣れれば多少きつくてもいけるのかもしれませんけれども…。


そして、チョークバッグを持ってコースに行き…
係のお姉さんがボルダリングの簡単なルールを説明してくれました。

まず、コースの難易度がいくつかあり、このジムでは「8Q」から「1Q」までがありました。
数字が大きいほど、難易度が低いのです。

そして、
「同じ色のテープが貼ってあるホールドをたどっていく」ものと
「同じ色の石(ホールド)をたどっていく」ものがあります。


「ホールド」は、手でつかむ、または足を乗せるものですが、
「足自由」となっている比較的簡単なコースと、
足も手のホールドと同じ色のものを使わなければならないコースがあります。

「足自由」以外の場合は、指定のないホールドには足を乗せてはいけませんが、壁にはいつ足を乗せてもいいのです。

最初の「スタート」のホールドは決められていて、そこを両手で持ち、足をホールドまたは壁に乗せてスタートです。
そして「ゴール」も決まっていて、ゴールのホールドを両手で持って数秒間保持できればゴールです。


だからまずは、コースを眺めてみて「ここに手を持ってきて、ここに足を乗せて、こっちに向かって」と考えてからやらないといけません。


最初は「初心者用の壁」を使い、まずは簡単な「8Q」からですが…。

最初のひとつは、家族4人ともわりと簡単にクリアできました。
しかしその後がなかなか難しい。
「8Q」があと1つくらいしかなく、7Q、6Qもかなり少ないのです。

001_1.JPG

↑ここが初心者用の壁です。
娘が登っているのが、一番簡単な8Qで、ピンクの石をたどるコースです。

↑このコースは大丈夫でしたが、小6の娘は身長も145センチしかないので、他のコースでは指定のホールドまで手が届かないということもよくありました。
子供の場合は、大人向けのコースではそんなにシビアにやらなくてもいいということでしたが…


そもそも、最初の「スタート」のホールド姿勢自体が難しいものがいくつもあります。
どうやってこれを持って姿勢を維持しておけるの!?というものがかなりたくさんありました。

私の場合は「腕の力が足りなくて姿勢を保持できない」ことが多かったです。
係のお姉さんに「どうやってスタートすればいいんでしょうか?」と聞いたら、かるがるとその姿勢をやってくれましたが、これって「腕立て伏せが軽くできる人」でないと無理では…と思いました。
ちなみに、私は腕立て伏せは、全然できません(笑)
剣道ではそういう方向の腕の力はあまり使わないのですよね〜。


そして「メタボな主人」は、腕力はそこそこありますが、体重が重くて腕で体を支えるのが困難です。
手足も短めだし、主人はボルダリング向けの体型ではない、というのがあらためてわかりました(^^)

007_1.JPG
↑これも初心者用壁。正面、黒いTシャツが主人。手前にいるのが次男です。

今回行ったメンバーの中で、一番ボルダリングに向いていたのは中3の次男でした。
次男は「手足が長く」「身が軽い」ので、比較的ボルダリングには向いている体型だと思われます。
ただ、手のひらが大きく、手指が長いので、小さい石(ホールド)をつかむのがやりづらかったと言っていました。


私が一番感じたのは「登ることはできても、降りられなさそうなものが多い」ということでした。
自分の体が邪魔して、足元がよく見えないので、どこにホールドがあるのかよくわからないのです。
また、登りの時は「腕の力で登っている」ので、足は多少不安定でも大丈夫なのですが、下りは足のほうに体重がかかるので、足でホールドを「つかむ」ようにしないといけないので、それが難しいのです。

私は足先がもともと不器用で…
主人なんか、よく足で物をつかんだりしていますが、私の足指は全然そういうのに向いていません(^_^.)
もともと偏平足で、足の裏の筋肉が弱いのです。剣道ははだしでやるので、多少は鍛えられましたけれども…。

難易度が高いものだと、かなり不安定な姿勢を強いられるので、その状態で自分の体を支えるのはけっこう大変でした。
難易度が高いといっても6Qくらいまでしかやっていないのですが、それでも十分難しかったです。

ここの壁は、ホールドが小さくてつかみづらいものが多く、それぞれの間隔もけっこう空いていたので、コースに関わらず適当によじ登るだけでもけっこう難しかったです。


あと、上のほうはけっこうな高さがあるので…
いざ落ちた時には、けっこうな勢いがつくだろうなあと思いました。
落ちても大丈夫なように、下にはクッションの効いたマットが置いてはありますが…。

私は一回、2メートルくらいの高さから落ちまして、そのくらいは平気だったのですが…
3メートルくらいになると、さすがに落ちるのもちょっと怖そうです。

自分で「飛び降りよう」と思って下りるのならともかく、姿勢を保持できなくなって落下する時は、思わぬ姿勢で落ちるかもしれないわけで…
「落ちる」のにも、ある程度の慣れがないと難しいかなあと思いました。

005_1.JPG
↑これが普通のコースです。
壁が前に傾斜しているようなところは、最初につかまっているだけでもけっこう大変です!

休憩も入れて、プレイしていたのは1時間ほどでしたが、かなり腕と背筋を使いました。汗もかきました…。


いや〜、ボルダリングは、思っていたより難しかったですね。

もともとやりたがっていた長女は楽しそうで、けっこうあちこち登っていましたが…
やっぱりかなり疲れたそうです。またやりたいとは言ってますが。

次男は比較的できていたほうでしたが、それでも
「ボルダリング、なめてたわ〜」
と言っていました。
どうも足先を変なふうに使ってしまったみたいで、家に帰ってから足が痛いと言って湿布をはっていました。

「メタボな主人」はというと、そこそこ楽しくやってはいたものの…
(主人も昔は”よじ登り系”の子供だったようです。)

身体に妙な力が入ったせいか、もともと調子が悪かった腰が悪化して…
その日のうちに整体に行きたいと行って、行ってました(^_^.)
さらにその翌日も翌々日も、疲れてほとんど寝ていたという…。

主人が体力なさすぎ、なのもありますが、
体重が重すぎる人にはボルダリングは向いてない
というのは、確実ですね!(笑)


ボルダリングが上手くなろうと思ったら、まずは
「余分な体重を落とし、かつ必要な筋肉をつける」
ことが必要ではないかと思いました。
もちろん、体の保持の仕方のコツとか、移動のしかたとか、それ以外の要素も重要だとは思います。
でも、自分の体重を保持できる程度の、最低限の筋肉はついていないと、話になりません(^_^.)
私にはまずその「最低限の筋肉」がないんですよね〜。
まあ、簡単なコースからやっていけば少しずつ筋肉もついていくのかもしれませんが…


そして、子供の遊びとしてですが…
もっと「子供向けに」作られているところであれば、面白いだろうなと思いました。

難易度が低く、壁が広く、高さが低いところであれば…
ボルダリングをやったことがない子でも、レクリエーションとしてやることも可能だろうと思います。

でも、そういうキッズ向けの施設は、かなり限られているようです。
ネットで検索した限り、都心のほうにいくつかあるだけのようでした。


う〜ん、他にまたレクの案を考えないとなあ〜。
何かいい案があったらぜひ教えてください!

レクは11月頃に行うのですが、小学生と大人が一緒に楽しめて、あまりお金がかからず(ひとり3000円程度まで)、室内でできるもの…というのが条件です。
各人バラバラになってしまうと、親睦という目的に合っていないので、温水プールなどは無理だと思いました。
工場見学という案も出たのですが、工場見学って土日はほとんどやっていないのですね。
ボーリングが一番楽なのですが、昨年と同じっていうのも芸がないしなあ。(と言いながら、いいのがなければボーリングになるかも…)

ラウンドワン(ボーリング場)の一部の施設で、室内スポーツができる「スポッチャ」というところがあって、そこは面白そうでしたが…
かなり遠いところしかなかったんですよねえ。


私自身は、ボルダリングがあまり向いているほうでもなさそうだし、さして魅力も感じませんでしたが…
自分でやってルールを理解したおかげで、東京オリンピックのボルダリングは楽しく見られるようになったのでは、という気がしました。
今までは「ただよじ登っている」としか思ってなかったですからね(笑)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 14:46 | Comment(2) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

稽古の時の「忘れ物防止対策」

剣道の時って、いつも決まったものを持って行くようでいて、
洗濯するもの、干しておくもの、その日に用意しなければならないものなど、いろんなものが混じっていて、忘れ物をしがちですよね。

私も以前は「かかとサポーター」を忘れたりすることがたまにありました。
私は骨が弱く(笑)かかとサポーターがないと稽古できない人なので(^_^.)、忘れてしまったら取りに帰らなければならなくて。
そんなことでは、稽古の時間を無駄にしてしまいますよね。


そもそも、剣道の道具って揃えるのがかなりめんどくさいんですよね。
なにがめんどくさいって…

まず、防具は「使ったら干しておかなければならない」ですよね。
だから、使う直前にしか防具バッグに入れられません。

道着も、洗濯機で洗って乾かして終わり!ってわけにはいかないのが、普通のスポーツのユニフォームとは違ったところでして。
私の場合は道着は手で洗い、袴は干しておくか、手で洗うか。
手拭いは洗濯機で洗い、かかとサポーターと小手下は手で洗います。

天気が悪い時は、乾きが悪い道着やサポーターを洗うのは後回しにしたり…
袴は乾かした後か、洗った後に、座布団の下に置いて寝押しをするので「仕上がる」タイミングが違います。
また私は手拭いは、洗った後にアイロンをかけるので、さらにひと手間かかります。

そういう「洗濯するものが、バラバラに仕上がって来る」のがかなり困ったところなのですよね。


我が家の場合は、防具を干しているのは、2Fにある次男の部屋のメタルラックです。
そこに防具袋も置いてありますが…。

ちなみに、防具を使用した後は、以前紹介した「アルコールスプレー」をしてから、干しています。
剣道人におすすめグッズ紹介(その3)コスパ良し!防具のにおいを抑えるスプレー
私と次男の防具はスプレーのおかげか、さほどにおわないので、部屋の主である次男から苦情が出たことはないです。


ときどき、一足一刀の間合いからでもにおうような防具の方がいますが…、
もともとの体臭の強弱の問題もあるかもしれませんが、ほとんどは「干し方」の問題ではないかと私は思っています。
使った直後に消臭スプレーをして干しておけば、そこまでにおわないと思うんですよねえ。
稽古の後は疲れていて干すのがめんどくさいですが、その一息をがんばりましょう!


話を戻しまして。

以前は、洗濯した道着や手拭いも「仕上がる」たびに2Fの次男の部屋に持って行っていました。
でも、週2回稽古するのに、洗濯後のコマコマしたものを、いちいち2Fまで持って行くのもめんどくさいのです。
(洗濯機があるのも、物干しも、私が作業をするのも原則的に1Fなので)
モノによって洗い上がってくるタイミングも違いますし。


そこで、私は「防具以外の、道着や小物」は、1Fに置いておくスペースを作りました。
私のクローゼットには、オープンな棚のスペースがあるのですが、そこの一か所にまとめて「道着と小物」をすべて置くようにしたのです。
私の場合は、「稽古着、袴、かかとサポーター、小手下、手拭い、ぞうきん(ぞうきんがけ用)」を、そこに置くようにしました。
洗い上がってくるタイミングが別々でも、取りこんだ近くに置く場所を決めておけば、必ずそこにまとまるわけです。

天気などの関係で、剣道関係の洗濯物を取りこむのが稽古日ギリギリになってしまった時に、洗濯物の山に小物が埋もれて忘れてしまったことがあるのですが…
それ以降、剣道の小物だけは、他の洗濯物みたいに「あとで畳む場所に置く」ようなことはせず、ピンチから外したらもうそのまま、クローゼットの所定の位置にしまうようにしました。

こういうシステムにしてから、前よりだいぶ「忘れ物」をする確率が減りました。

よく忘れてしまうもの、というのは、何か忘れる原因が必ずあるのです。
いつも忘れてしまうものは、置く場所に問題があることが多いので、その原因をなくすような方法を考えたほうがいいでしょう。

洗濯などをする必要がないものであれば、帰った時にすぐ所定の場所に置いておけばいいのですけどね。


何も剣道の用具に限ったことではないのですが…
「出かける時に必要なものは、一か所にまとめておく」
のが、忘れ物を防ぐコツです。


そしてその場所が「置いておきやすい」場所であることが重要です。
遠い場所とか、しまいこまなければならないような場所にしてしまうと、めんどくさくて置かなかったりするからです。
私は週2回の頻度で使うので、すぐ見えて取りだしやすい「クローゼットの一角」にしました。

剣道の小物や道着には洗濯がつきものなので、洋服に近い場所に収納するのは合理的かと思います。
小物や道着と、防具を干している場所が近くならなおさらいいわけですが…
なかなかそういう場所を取るのも難しいことが多いかと思いますので、そういう場合は洗濯するものを「置きやすい場所」にするのがいいと思います。


というわけで、私は稽古の時は…

@まず、2Fに行って防具袋に干してあった防具を入れる
A防具袋を1Fのクローゼットの前に持ってきて、かかとサポーターと小手下、手拭いを入れる
Bクローゼットにある稽古着を着用する

というルーティンに沿って道具を揃えるようにしています。


ちなみに、竹刀と竹刀袋は玄関に置いてありまして(私は家でも素振りするので)、出かける時に一緒に持って行くようにしています。


これとは別に、水筒も準備しなければならないのですが、これは台所で準備しなければならないので…このルーティンには入れられないんですよね。
最終的には「剣道の持ち物チェックリスト」を作っておくのが万全ですね。

ただ、私は水筒を忘れたことはなぜかないのです(^^)


今回は「剣道の話」というよりは「モノの整理の話」でした。
私にとってはわりと「当たり前」の話なのですが、案外「物を忘れないような工夫」をしている方って少ないようなので、たいした内容ではないのですが書いてみました。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 18:35 | Comment(2) | 剣道お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

豆乳→更年期、甘酒→夏バテ に対する効果のほどは!?

今年になってから、更年期症状が出て暑くてしょうがない…という話をちょっと前に書きました。

今年は暑い!とにかく熱い!のは…更年期なんです。

その頃から、更年期の症状を緩和するサプリや食事のことをいろいろ調べ…
「エクオール」成分のサプリがかなり効果があるらしい、ということがわかりました。

しかし、エクオールのサプリを飲むと月4000円程度かかります。
家計にあまり余裕のない我が家には痛い出費です(^_^.)


もう少し安い方法はないのか…
と調べて「ココア豆乳」はどうだろうかと思いました。

豆乳(大豆)に含まれる「イソフラボン」が女性ホルモンに似ているため、豆乳には更年期の症状を和らげる効果があるそうです。
また、「イソフラボン」は体内で「エクオール」に変化する(ことがある)のですが、エクオールになるとさらに女性ホルモンを補充したような効果がアップするのだそうです。

しかし、イソフラボンをエクオールに体内で変換できる人とできない人がいるのだとか。
腸内に「エクオール産生菌」がいないと変換できないそうで、日本人の場合は2人に1人は変換できないのだそうです。
欧米人は20-30%、日本人でも若い人は30-40%くらいで、大豆の摂取量や食生活による腸内環境の違いが理由ではないかと考えられているのだそうです。

エクオールを作れる体質かどうかは「ソイチェック」という検査で調べることができるそうですが…
検査には4000円程度かかるため、わざわざ調べるのもなあ〜と躊躇しました。

エクオール検査「ソイチェック」 (通常版)
エクオール検査「ソイチェック」 (通常版)

なので、とりあえずサプリよりは安くて済みそうな豆乳を飲んでみよう!と思いました。

なぜ「ココア豆乳」にしようかと思ったかというと…
ココアに含まれる「テオブロミン」が自律神経を安定させ、自律神経の乱れからくる更年期の症状の緩和に役立つから、とあったからでした。
私はちょっと前から「カカオ分が高いチョコ」をよく食べていましたが、それも今までより量を増やして食べることにしました。


ここで重要なのは、市販の「ココア味の豆乳」を買って飲んだのでは、効果が薄くなりかねないということです。

豆乳には「無調整豆乳」(豆乳そのもの)と、「調整豆乳」(飲みやすいように他のものを加えてある)がありますが…
調整豆乳だと、無調整豆乳と同じ量を飲んでも豆乳成分は少ないし、糖分など他の添加物も加わっているし、ココア分も薄いのではないかと思われます。


なので、私は「無調整豆乳」に、自分でココアを入れて飲むことにしました。
しかし、純粋な「ココアの粉」を豆乳に入れただけではさすがに飲みにくいなあと思い…
こんな製品をたまたま見つけたので、これで作ってみることにしました。

森永製菓 森永ココア カカオ70 200g
森永製菓 森永ココア カカオ70 200g

この製品、普通の調整ココア(調整ココアとは、ココア分だけでなく、砂糖が入れてあり、牛乳に加えるだけで飲めるようにしてあるもの)よりもカカオ分が高く、糖分が控えめになっています。

これを少量のお湯で溶かして豆乳を入れ、豆乳ココアにして飲んでみました。
この暑さではホットで飲む気になれないので「少しだけ冷たい」アイスココアにしました。
(冷たいものを飲むのも良くないと思うので…)

うん、確かにかなりビターな味のココアになりました。
でも、カカオ分の高いチョコに慣れている私には、これでちょうどいい感じです。

この「ハイカカオ豆乳」を一回100ccくらい、一日に2〜3回飲むようにしました。
それと、前からたまに食べていた納豆を食べる頻度を増やしました。
前は週1〜2回だったのを、3〜4回くらいにした感じでしょうか。

前の日記を書いた頃から豆乳を飲み始めたのですが、飲み始めて1週間くらいで「症状が軽くなったかも?」と感じました。

その前はやたらと頭に血が上ったり、全身が暑くてしかたなかったのですが、そう感じる頻度が減ってきたのです。
飲み始めて2週間が経過した現在では、まったく普通通りになったわけではありませんが、だいぶ落ち着いてきたように感じています。
時々、頭に血が上っているような感じはありますが、そんなに長い時間ではなくなりました。

前は寝ている時に暑すぎて、フローリングに寝っころがって身体を冷ましていましたが、最近はいちおう布団に寝られています。

以前から「更年期には大豆がいい」という話はよく聞いていましたが…
私は大豆は好きなほうですが、今まで更年期症状がほとんど出ていなかったので、あまり意識して摂取はしていなかったのです。
最近、睡眠時間をしっかり取るようにしたことも、症状の改善と関係あるかもしれませんが、豆乳の効果はけっこうあった気がしています。
そもそも、やたらと暑く感じる症状が軽くなったおかげもあって、睡眠もしっかり取れるようになったのかもしれません。

私がエクオールが作れる体質なのかどうかはわからないままですが、更年期症状が軽い人はエクオールを作れる体質であることが多いそうです。
昨年までは更年期の症状はありませんでしたし、豆乳を飲むだけである程度の効果が出たので、エクオールも作れているのかもしれません(^^)
私、きな粉が相当好きでして…
子どもの頃、きな粉餅用に作ってあったきな粉をどんぶり一杯食べて、お腹を壊したこともあるくらいです(笑)

エクオールについての詳しい記事はこちらです。
名古屋大学発ベンチャー 株式会社ヘルスケアシステムズ 「エクオールをつくれる人、つくれない人」ジ



そして、私が豆乳とほぼ同じ時期に摂取をし始めたのが「甘酒」でした。

私はもともと、甘酒が大好きです。
最近、甘酒の健康効果が見直されていますが、甘酒はほぼ炭水化物なので太りそうな気がして…
私はあればいくらでも飲んでしまうので、あまり買わないようにしていました。

しかし…
この酷暑で夏バテ気味になり、何か夏バテに効くものはないだろうか?と考えた時に、
「飲む点滴」と言われている「甘酒」が頭に浮かんだのです。

ネットで調べてみたら、江戸時代には、甘酒は夏に飲む「栄養ドリンク」的なものだったのだそうです。

私は、甘酒は冬にたまに飲んでいましたが、夏に飲んだことはありませんでした。
なので、試しに買って飲んでみたところ…

お、美味しいじゃないですか!!

甘酒は元から好きなんですけど、いつも以上に美味しく感じます。
なにか、私の体に沁みとおるような感じが…。

これは、きっと夏バテしている私に、必要な成分が入っているのに違いない、と思いました。

そこで今度も「米麹でできた、砂糖を添加していない甘酒」を選んで買いまして…
(甘酒はストレートのものより、薄めて飲むタイプのほうがコスパがいいです。スーパーの漬物コーナーなどでよく売っています。)
冷やし甘酒として、一回100cc程度を一日2〜3回飲むことにしました。
甘酒は冷やして保存せざるを得ないので、飲む時はゆっくり口の中で温めながら飲んでいます。

しかし、甘酒もココア豆乳も飲むのですから、他のものは少し減らさねばなりません。
甘酒は米ですから、ご飯を少し減らし、後はおやつの代わりに飲むことにしました。
以前より、多少は摂取カロリーは上がっている気がしますが「足りない成分を補っている」からなのか、体重は増えていません。

そして、甘酒も飲み続けて一週間くらいで「夏バテが軽くなった」感じがしました。
暑い時の「ぐったり感」がかなり、やわらいだようです。


豆乳のほうは、そんなに美味しいと感じているわけではなく、”効果があるから”と思って飲んでいますが(笑)
甘酒は飲むたびに「すごく美味しい〜!」と感じています。

暑い時にクエン酸飲料を飲みたくなるのと似ています。
甘酒は、暑さで消耗している成分を補ってくれているのかもしれません。
でも、油断すると飲みすぎてしまいそうなので気を付けていますが…


この夏の「甘酒」と「ココア豆乳」は、酷暑+更年期でぐったりしていた私の救世主になってくれたようです。
しばらくの間、豆乳と甘酒は切らさないように、冷蔵庫に常備することにした私なのでした!

あまりに甘酒が気に入ったので、ヨーグルトメーカーを買って作ろうかとも思っています。そのほうが安くできそうなので。
だいぶ前から、ヨーグルトは作って毎日食べているのですが、手持ちの機器では高温が設定できなくて甘酒が造れないので、ヨーグルトメーカーも買い直そうかと考えています。


でも、この殺人的な暑さ、本当に早く落ち着いて欲しいです(^_^.)



※このブログを書いてから「甘酒と豆乳を混ぜると美味しい」とネットで見てやってみたら、確かに美味しいのです。
このほうがいっぺんに甘酒も豆乳も取れていいかも…。
今持っているココアがなくなったら「甘酒豆乳ミックス」にして飲もうかな。
そうしたら、カカオ分は高カカオチョコレートで補給することにします!



いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村


posted by はなずきん at 14:46 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする