2018年06月30日

母と子の剣道日誌(328)次男、剣道生活最後の?二段審査!(その2)いよいよ二段審査、実技開始。

母と子の剣道日誌(327)次男、剣道生活最後の?二段審査!(前編)稽古不足のYT君、初段審査の結果は。 より続いています。


さて…二・三段の審査が始まりました。

次男とAY君を観客席から探しましたが、後姿しか見えないのでなかなか見つかりません。
みんな似たような格好だし、受審番号は後ろからじゃわからないし。

面をつければ、手拭いの色でおおよそわかるのですが…
面を着けているのは、立ち合い直前の人たちだけですから。
しかも、うちの会の手拭いの色は「緑」で…よくある色なんでわかりづらいです。

「赤」とか「オレンジ」とかだと、目だっていいですよね!
私が時々お邪魔しているK剣友会は、垂ネームの字の色も手拭いもオレンジ色で、とっても目立つんですよ。

私は手拭いの色から判断して
「これが次男じゃないかな?」
と思った子の立会いの動画を撮り始めたのですが、動きを見て「なんか、全然違ったかも」と、録るのをやめました。
次男は、こんなに動きが良くありません!(笑)


もう一回、目を皿のようにして探して…
まず、AY君のほうを発見しました。AY君は首が長いので、後ろからうなじが目立ってわかりやすいんです(笑)

次男は…ああ、あれかも!?
それらしいのを発見しましたが、まだ、立会いは全然先のようでした。


その頃、YT君の答案の書き直しが終わったようで、付き添っていたSG先生が戻ってきました。
それからいろいろとSG先生と雑談して待ちます。


さて…そうこうしているうちに、次男が面を着け始めました。
やっぱりうちの会の手拭いなので、次男に間違いないようです。


そうそう、次男の着けている防具ですが…
なんと、私が先日購入したばかりの「ちょっと高い」防具なんですよ。
次男は小学校から使っていた防具が、ちょっと前に小さくて使えなくなってしまい、私のを貸していたのですが、次男は細身なので、私の前の防具よりも、今の防具のほうが小さくてちょうどよかったようなのです。

母と子の剣道日誌(321)新しい防具が来た!(その1)以前の防具との比較【面】

袴も、私の新しい袴なんですよ〜。
前の袴を貸した時はまだ長かったはずなのに、あっという間に身長が伸びて短くなってしまいまして。
さすがに審査で「ちょっと短い」のはなあ…と思い、新しい袴をひと折りしてはかせました。
稽古着は安いジャージのですけどね。

私の新しい袴の話はこちら→
母と子の剣道日誌(273)女性剣士必見!間違いだらけの防具選び(その3)綿袴の選び方

袴は綿で2万円したんですよ〜?
防具も一式13万円くらいだし。(小手は次男のですけど)
普通、中学生はそんなに高い袴や防具は使いませんよね。
しかも、どっちも新品に近いですし!

次男は、会場にいる中学生の中ではかなり、お値段が高いほうの着装だったのではないでしょうか?(笑)


さて、いよいよ次男の立会い開始です。


まずは1人目。

次男、気合い声はちゃんと出ています!
わりと遠く離れた観客席にまで聞こえてきたので、けっこう声はがんばっていたのでしょう。
しかし、初太刀…次男は、いきなりぱかーんと面を取られました。
次男は「後打ち」で、面を打ちました。

相手は、試合慣れしている感じで、動きがいいです。
動画を見ると、最初の面を打たれた時点で、相手に余裕ができているのがわかります。
「コイツ、あんまり強くない…楽勝かも」
って感じで、構えに余裕があるように見えます(笑)

その後、合計で面を2本、小手を1本打たれました(^_^.)
試合だったら、あっという間に負けていますね〜。

次男はほとんど「後打ち」になってしまっています。
動画を見直すと、いちおう3回くらい面に当たっていたようですが、実際に見ている時は「どれもビミョー」に見えました。

最後は相手と「相面」になりましたが、次男のほうが明らかに打ちが後でした。
打ったタイミングを置いておいても、「これはバッチリ面が当たった」という感じだったのは、最後の一本だけでした。
そこで「やめ」がかかりました。
立会いの時間はだいたい40秒くらいでした。


会場で見ている限りでは、一人目の立会いは「明らかに相手が優位」な感じで、かなりビミョーでした。
二人目もこんな感じだったら、ちょっとヤバイんでないの?



ドキドキしながら、二人目の立会いを見ます…。

二人目もなんか強そう…と思いましたが、初太刀の相面では、次男のほうがちょっと早かった!
うん、よしよし、今のは「いい面」でしたよ!

続いて次男は小手を打って行き、結果的に「出小手」になったようで、これもわりとキレイに入りました。
しょっぱなから面と小手の二本が取れたわけなので、この立会いはこれでもう大丈夫でしょう。

ああ〜、よかった〜。
ほっとしながら、引き続き立会いを見ます。

今度は相手が「出小手」を決めます。次男の面は入りませんでした。
次は、ふたりほぼ同時の「相面」。

あと二回ほど、お互いがビミョーな打突が続いて「やめ」がかかりました。
立会いの時間は30秒くらいでした。


二人目はほぼ互角の立会いだったので…
これなら、行けそうな気がします!


立会いを終えた次男が、私たちのいる観客席に木刀を取りに戻ってきました。
次男も「一人目はイマイチだったけど、二人目は入ったので、たぶん大丈夫だと思う」
と言って、ちょっと安堵した表情で審査会場に戻っていきました…。


(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 16:49 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

母と子の剣道日誌(327)次男、剣道生活最後の?二段審査!(その1)稽古不足のYT君、初段審査の結果は。

我が家の、やる気のない次男(現在中3)は…
小学校6年くらいの時は「剣道辞めたい病」が盛りの時期でした。
次男は剣道自体が嫌いなわけではなく、主に稽古に行くのがめんどくさかったのだと思われます。
稽古の場まで行けばそこそこ、楽しそうにやっていたのですから。

でも、小学3年の時に剣道をはじめ、ここまでやってきたのにもったいない。
強いほうとは言えませんが、すごく下手なわけでもなく、きちんと稽古すればそこそこのレベルまでは行くと思われました。
やる気がなかったので、あまり上手くはならなかったですが。

剣道は、インドア派の次男にとっては唯一の「運動系の特技」なんです。
中学校で書かされた自己紹介文で、”得意な運動”の欄には「剣道」って書いてました。
まあ、それしか書くものがないからでしょうけど(笑)。


なので…
「せっかくここまで続けたんだから、初段までは取りなさい」
と言ってなんとか続けさせました。


しかし、初段は一回目の受審では落ちてしまい、中2の春に受けた二回目に合格。

母と子の剣道日誌(129)初段に向かって打て!(その11)不合格の次男は…
母と子の剣道日誌(179)次男、二回目の初段審査(7)結果発表とその後

初段を合格したので「辞めてもいいよ」と言ったのですが…
何を思ったか「二段までは取る」と言った次男。

まあ、おそらく…
「あと一年やれば、二段は取れそうだし…。
内申書に”剣道二段”って書くとちょっと高校受験に有利かも」

という程度の動機ではないかと思います(笑)


しかし…
その程度の動機ですから、相変わらず「やる気はなかった」のですが…。
それでも二段を自分で取ると言ったからには、それまでは続けて欲しい。
週2回の稽古のうち1回出ればいい、ということにして続けさせました。
(私はもちろん、次男とは関係なく2回とも出てましたよ!)


そして挑んだ、今回の二段審査。
相変わらず、審査前もさしてやる気はなかったのです。


5月くらいに、稽古に連れていった時に、
行きの車の中で寝てしまい、稽古が終わるまでずっと(3時間!)車で寝ていた…
ということがありまして。

もちろん、私が途中で何度も起こしたのに起きなかったのですよ!
怒る私に、次男は逆ギレしてまた寝てしまったのですが、後から聞いたら本人はそのことは覚えていないそうで。
寝ぼけている時の次男には、何を言っても無駄なんですよ(+_+)

でもさすがにそれは許せず
「そんな気持ちで受かると思ってるの!?もう、受けんでいいわ!」
と怒ったのです。

それでも受けるつもりはあったようで、いちおう謝ってきたので…
審査までに稽古に出る日をはっきり決めて、「ここだけは出ろ」となんとか約束して…
でも、それも全部守られたわけではありませんでしたが…。


しかも、中3の今年、学校行事がやたら6月に集中していまして。
修学旅行が5月終わりにあり、その後すぐに体育祭

体育祭が終わったと思ったら、3年になって初めての定期テスト
3年の1学期ですから、高校受験の内申に直結する大事なテストなのですが…。

で、定期テストの終わった翌日が、二段の審査だったのです!


ただでさえ「ぐーたら」気味の次男、このハードスケジュールの日々は疲れたようで…審査の前日にも「あ〜、だる〜」ってな感じが出ていました(汗)

あっ、もちろん、高校受験の勉強なんてまだほぼやってませんよ!(笑)
3年からいちおう塾には行っていますが…そこでやってるだけ、ですね。

審査直前の稽古で「ダメダメ」だったのが、「なんとか行けそう」まで引き上げてもらい…
母と子の剣道日誌(325)たった4人の、日曜稽古。
そんな感じで二段審査に臨んだのでした。


ええ、だから私も…けっこう心配でしたよ。
やる気に満ちあふれているわけでもないので、強い子と当たったらちょっとヤバイかも?と思っていました。



審査当日の朝も、いちおう時間通りには起きたものの「眠い」を連発。
行きのバスでも、電車でも、会場の待ち時間も寝ていました…。


会場では、次男の二回目の初段審査の時に一緒に初段を受けた、当会の大学生AY君と会いまして…
初段審査を受けに来ていた、中2のYT君に付き添っている「壮年剣士」SG先生とも合流。


私と次男が会場に着いた時には、YT君の実技審査はもう終わっていました。
SG先生に「YT君の実技、どうでした?」と聞いたら
「いや〜、それがね〜…、正直、ちょっと厳しいですよ」と。

一人目の立会いの時は、相手にほぼ一方的に打たれていて、しかもそれをほとんど「竹刀でよけて」しまっていたそうで。
ほとんど自分から打ちに行けなかったらしいのです。
二人目の立会いも似たり寄ったりで、最後にやっと「一本」らしいものが取れた…そうですが。

う〜ん、YT君、稽古不足だったからなあ〜。
YT君は、小学校の時はそこそこ上手い子だったのですが、中学に入ってから、部活(吹奏楽部)が忙しいのと成績が悪くて塾に行かされたのとで、ほとんど稽古に来ていなかったのです。

審査前には、何回か来てはいましたが…
前に比べるとかなり腕が落ちたなあ、という感じはありました。
YT君、大丈夫かな〜…と心配でしたが…

SG先生は「落ちるかも」と思っていたみたいですが(汗)それでもなんとか、YT君は実技審査を合格しました!
そして、形のほうは問題なく合格。

ああ、良かった!…と思ったのも束の間。
私の携帯に、市剣連の方から電話がかかってきました。
(私が今回の審査の、当会の緊急連絡先になっていたのです)

YT君、学科の用紙のサイズが間違っていたので、今書き直させているんですよ。
本当はA3なんですが、A4で出してまして。
はなずきんさんの息子さんは、学科の用紙サイズは間違いないですか?」
「はい、うちの子はA3で書いてます。大丈夫です」


YT君のお母さんのNHさんは、3年ほど前に二段を受審していて…
その時は用紙サイズがA4だったそうで、それで間違えたらしいのです。
…ということは、YT君は学科の答案を先生に見せてなかったんですね…?

事前に所属する会の先生にチェックしてもらうように、って学科の注意事項に書いてあったのですが〜。
なまじお母さんに経験があったので、よく注意事項を読まなかったのでしょうね(^_^.)

市剣連でやっている級審査の内容なども、毎年ビミョーに違ってたりするのですよね。
みなさん、たとえ審査経験者であっても、受審の注意事項は毎回よく読みましょう!

YT君は、初段の合格は決まっていたのですが…
二・三段の審査の開会式がやっている横のほうで、学科の書き直しをさせられていました(^_^.)

↓壁際に座って、床に答案用紙を置いて書いている子がいますよね?
グレーのジャケットを着たSG先生が付き添ってあげています。
002_1.JPG

う〜ん、こんなこともあるのですねえ。
まあ、書き直し程度で済んでよかったですが。


(続く!)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 13:50 | Comment(2) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

防具着用、竹刀で襲う殺し屋!?「007 ムーンレイカー」

この話は「映画の感想」ではありません。
映画の中の、剣道シーンについてのツッコミしかありませんので、ご了承ください。(笑)


先日「ちらっ」と書きましたが…

007好きの主人に
「007に、剣道家の殺し屋(!)が出てくる話がある」
と聞き、見てみました。

「007 ムーンレイカー」(映画)

007(ダブルオーセブン)こと「ジェームズ・ボンド」は、イギリスのMI6(エムアイシックス、イギリス外務省管轄の情報機関)所属のスパイ…ってことは、みなさんもご存じですよね?
(MI6は実在の組織ですが、ボンドは架空の人です)
若いと、知らないヒトも多いのかな〜?

007の映画シリーズは24作あって、現在25作目を製作中。
ボンドは、世界で一番有名な(!?)スパイと言っていいでしょう。
(作品中でも、ボンドはあちこちに名前が知られているのですが、それはスパイとしてどうなの?(笑))

007の世界観をざっくりと説明すると…
色男でめっちゃ強い、諜報部員のボンドは、海外あちこちに任務で行き、任務のためと称して遊び、必ず美女にもて、そして敵を倒す。
まあ、どれもそんな話ですよね(笑)

私は正直、007の映画の内容には全く魅力を感じていません。
主人がしょっちゅう見ているので、横目でちらちら見てはいますが…。

ボンドは、異性関係が超ユルい男(笑)で、作品中で都合よくもてまくります。
そんな男は私が好きなタイプとはかけ離れていますし、娯楽映画なので、ストーリーもそんなに深いものはなく…
どうも私は見る気にならないんですよねえ。

ただ、唯一の例外が、21作目の「007 カジノ・ロワイヤル」で、この映画だけは私も大好きです。
これより前のボンド映画はどこか「レトロな」感じがするのですが、この作品は映像のセンスも現代的ですし、俳優さんも、これまでのボンド役とは一線を画するイメージです。
若き頃のボンドの話なので、他の作品ほど、ボンドに「大人の余裕」がないところがかえっていいのです。

そしてこの作品は、ボンドガール(ヒロイン)が、珍しく知的な女性であり、最初はボンドに好意的でもなく…
そしてボンドがけっこう本気で好きになっているところがいいのです。
他の作品のボンドガールは色気だけで、ボンドにとって「都合のいい女」なのが嫌なんですよね。



まあ、007シリーズの話はさておき、です。

今回は、主人が「007の中で一番バカな作品」と評する
「ムーンレイカー」
の話を紹介します。

ストーリーをWikipediaから引用しますね。
(私は全部は見てません!)

アメリカからイギリスへ空輸中のスペースシャトル「ムーンレイカー」がハイジャックされた。さっそくボンドはシャトルを製造したヒューゴ・ドラックスを訪ねるべくカリフォルニアへ向かう。

彼の書斎で見つけた設計図にはベニスのガラス工房で製造している製品の設計図が。ベニスへ向かったボンドはガラス工房の建物の中に謎の研究所を発見、そこでは即効性の殺人ガスを研究していた。Qはそのガスの成分はアマゾンにしか存在しない植物のものであると突き止める。

ボンドはアマゾンへ向かい、宇宙研究員になりすましていたCIA捜査官ホリー・グッドヘッドとともにドラックスの計画を知ることになる。それは、全人類をガスで抹殺して、あらかじめドラックスが極秘に建造した宇宙ステーションに退避した選ばれた男女だけで新たな世界を築こうというものだった。ドラックスは計画実行直前に宇宙ステーションへの移動用シャトルが故障したため、代わりにムーンレイカーを奪ったのだった。

ボンドの活躍で宇宙ステーションの電波妨害装置が破壊され、米空軍のシャトルが駆けつける。敵味方が宇宙服とレーザーガンで武装して宇宙戦闘を展開する中、ボンドはドラックスとの決着に挑む。

って、この映画のボンドの行先は、海外ですらなく「宇宙」なんですよね…(笑)


さて、問題の「剣道家の殺し屋」のことですが…

ボンドが、奪われたスペースシャトルを製造した会社の会長である「ヒューゴ・ドラックス」という男を調べるために、カリフォルニアにある、ドラックスの住んでいる「城」を訪ねて行きます。(お金持ちなので、フランスから城をまるごと買ったそうです)

そこで、ドラックスに用心棒として雇われている”チャン”という男が出てきます。

”チャン”は、ドラックスとボンドが城の居室で話をしている時に…
「黄色くて、後ろにだらっとたらした帯(普通、男性はこんな帯はしませんよ!)をした着物姿」
で現れ、”アフタヌーンティー”をサーブしてくれるのです。

チャンは、あの、段になったお皿にスイーツが乗っている、あれを持ってきて…
さらに立派なティーカップに、銀のポットから紅茶を注いでいます…。
ボンドは、お茶をもらうのは断っていますけど。

目つきの鋭い、
パッツン前髪のおかっぱヘアっぽい、
中国人だか日本人だかわからない男が、アフタヌーンティーをサーブしてくれても…

くつろげんわ!めっちゃ怪しいわ!(笑)


素敵なお城に住んでいて、露出度の高い美女社員もいっぱい雇ってる(会長の趣味らしい)のに…
なんでコイツに紅茶を持ってこさせたのですか?(^_^.)


「チャン」って名前だから中国人?と思いきや、演じている役者さんは「トシロー・スガ」なので日系人でしょうか。
まあ、映画を作った人は中国人も日本人も区別がついてないんでしょうけども。

ボンドが施設内を案内されるために去った後、ドラックスはチャンに
「ボンドのことはまかせた。無事に帰すな」と命令しています。

その後、ドラックスの屋敷内の、宇宙飛行士の訓練施設の「遠心力訓練機」で訓練体験をするボンド。
そこにさきほどと同じ着物を着たチャンが登場。機械を操作するオペレーターと交替し、過重な負荷をかけてボンドを殺そうとします。
しかし、ボンドが腕につけていた小銃?で機械を壊され、訓練機は止まり、殺すのに失敗します。


さらにその後…
事件のことを調べるために、ベニス(イタリア)のガラス工房に潜入したボンド。
ところが、ガラス工房とは表向きの姿で、中では殺人ガスの研究がされていたのです。
その証拠を押さえたボンドが、ガラス工房から出てきた時に…。


「やー!!!」と大声を出して(!)
防具をつけて(!)
竹刀(!)を縦に構えた(!)
チャンが襲ってきました!


ってアンタ、ボンドが来るのを隠れて待ってたんじゃないのかい。
なんでそこで、大声出すんかい。
剣道家だからか。(笑)



そもそも、ボンドは何も武器を持ってないのに(銃すら持ってないようで…なんでやねん)、なんで防具つけてくるの?

なんで、エモノは竹刀なの?(日本刀にしなよ!)

殺すつもり、ホントにあるんですか?(笑)



竹刀をむちゃくちゃに振り回して襲ってくるチャン。
両手でツバのすぐ側を持っているので、柄がかなり余ってます。
そして相当、大振りです。

ボンドには全然、竹刀は当たっていません(笑)

(チャン、本当は剣道をやった事がないでしょ?)

逃げるボンドを追い、ガラス工房の中に入ります。
チャン、竹刀を「縦」に構えて…めっちゃ、腰がひけてます。
そして、靴をはいてます(笑)
←割れたガラスを踏むと危ないから!?

チャンが振り回す竹刀に当たるのは、周囲にある展示棚ばかり。
ボンドには全く当たらず、かわされるし、竹刀をつかまれて投げられてるし。

よく見たら、竹刀に2か所「糸」が巻いてあります。(←うちの次男が気づいた)
それ、竹刀を購入した時に巻いてある、固定用の糸ですよね…。

あの〜、竹刀を買ったら、その糸は取ったほうがいいですよ?

(絶対に、剣道をやったことないでしょ!チャン!)

そしてボンドは、たまたまそこに置いてあった、サーベルを手に取って戦います。
竹刀とサーベルの戦いです!
そして竹刀は、サーベルですっぱりと切られてしまいました。
(絶対、そうなると思いましたよ!?)

そのうえ、残った手元部分もサーベルで跳ね飛ばされ…

サーベルでチャンに攻撃してくるボンド。
それを俊敏によけて、キックするチャン。
おっ、ボンドにキックがヒットして、ボンドは吹っ飛ばされました!

あれ、もしかしてチャン、竹刀がないほうが、動きがいいのでは?(笑)

しかしボンドの反撃に合い、後頭部の面ヒモをつかまれて投げられます。
吹っ飛んだチャンのつけていた面は、その拍子に外れてしまいます。

ボンドに追い詰められたチャンは、気合い声を出しながら(←いらないよ、それ!)
手に持っていた面を、ボンドに投げつけます!(爆笑)

ボンド、面の直撃を受けて倒れます。竹刀の攻撃より効果がありますね!
そうやって使うために、面をかぶってきたのか!?

そのすきに、「小手を外して」チャンは階段を上って逃げます!

それを追いかけるボンド。チャンを探していると…チャンが、上から飛び降りてきて、手にしていたチェーンでボンドの首を締めます!
やっぱりチャン、竹刀持ってないほうがまだ強いんじゃ?(笑)

なんとかチェーンの締め付けから逃げ出したボンド。
チャンは、チェーンを振り回してボンドを攻撃します。しかし、なかなか当たりません!
そうこうしているうちに、チャンはボンドに建物の外に突き飛ばされ、2Fから落下しました!

下で音楽を演奏していた楽団の、グランドピアノの上にまっさかさまに落ちて…
ピアノに頭からはまって、死亡してしまいました(笑)!


以上。


ダンナが私がこのブログを書く様子を見ていわく

「世界一詳しい、剣道の観点から見た、チャンの暗殺っぷり」
でした!

ダンナいわく
「ボンド映画には、間抜けな殺し屋がけっこう出てくるけど、
その中でもこいつは、全く印象に残らない奴なんだよね〜」

確かに…
ネットを検索しても、チャンの間抜けっぷりに突っ込んでいる記事はありましたが…
こんなに詳しい解説をしている人は、いませんでした(笑)


でも、突っ込みがいがあって、書いていて面白かったです〜


また、映画などで変な剣道シーンを見つけたら、書いちゃうかも(^^)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 14:34 | Comment(0) | 剣道小説、漫画、映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

剣道人におすすめグッズ紹介(その3)コスパ良し!防具のにおいを抑えるスプレー

剣道人におすすめグッズ紹介(その2)稽古の時の水分補給に、クエン酸ドリンク。 に続きまして、剣道人におすすめのグッズを紹介します。


さて、剣道といえば防具、防具といえば臭い…ですよね(笑)
防具のにおい対策、みなさんどうされていますか?

よく「稽古のすぐ後に汗や汚れをふき取るのがいい」と言われますが、稽古終了時はそんな余裕はないし、家に帰って来るともうなかば乾いていて、今これを拭いても意味あるのか…と思ってしまいます。
本当は水拭きをするといいんでしょうけどねえ。
なかなか、めんどくさいですよね。

WN先生の防具屋さんの店員さんは、ご家族5人で剣道をされているそうで、家は「まるで剣道部の部室」状態なんだそうで…
その方の自宅には、防具と稽古着専用の部屋があって、そこには除湿機を置いて常に動かしていると言っていました。するとすぐ乾くので、あまりにおわないのだそうです。

におうのは、水分があって雑菌が繁殖するからなので、すぐに乾かしてしまえばいいのだそうです。
でも、普通の家庭ではそんなにいっぱい防具もありませんし、そういう場所を確保するのも難しいですよね。


ちなみに我が家では、次男の部屋にスチールワイヤーラックが置いてあり、そこに私と次男の防具が置いてあります。
稽古が終わったらそこに置き、稽古前に防具袋に入れて持って行きます。

たまに「防具袋に入れっぱなし」という方がいますが、それは確実ににおいの原因になるので、絶対にやめたほうがいいです!

うちでは次男の部屋が一番スペースが空いているので、次男が剣道をやめても、そのまま置かせてもらう予定です(笑)


剣道用の消臭スプレーは、いろいろと市販されています。
専用の商品だけあり、確かに一定の効果はあるのですが…難点は、わりと高いことです。
一本1000円から2000円程度しますが、そんなに長期間もつわけではないんですよね。

特に家族で剣道をしていると、複数の防具があるのですぐに消臭スプレーなどなくなってしまいます。こんなものに、そんなにお金をかけてられない!と思いますが…におうのも嫌ですし。


剣道を始めたての頃は、私もいくつか消臭スプレーを使ってみましたが…
コスパが悪いので、何かいいものはないかな?と考えて、ただの除菌用アルコールのスプレーをすることにしました。
アルコールは除菌ができるので、悪臭も出にくくなるかと思ったのです。

当初はただの「除菌用アルコール」(ネット通販で購入)を使っていました。
それでも、そこそこ効果はあったと思っていますが…
たまたまその商品の在庫がなくて、Amazonで似たような商品を探して購入して、使ってみたところ…

あれ、なんか、前よりにおいが薄くなったような?
以前は、夏場になると、さすがにちょっとにおっていたのですが…
今は夏でも、かなりにおいが薄くなっているのです。

なんでだろう?と思って、Amazonで購入したアルコールの成分を確認したら
「柿タンニン配合」
と書いてありました。

柿タンニン(=柿渋)は、剣道用の消臭スプレーにも配合されている成分で、消臭、殺菌効果があるのです。
買う時は全く気にしていなかったのですが、おそらく、アルコールに柿タンニンが入っていたので、においが薄くなったのではないかと思います。

下記ページに、柿渋の作用についての説明があります。
柿渋(柿タンニン)の体臭防止効果


そして…私が使っている、アルコール除菌剤はこれです。

「アルコール除菌剤 5L クサノハ化粧品」
アルコール除菌剤 5L
アルコール除菌剤 5L

成分は「精製水、エタノール、クエン酸、柿タンニン」となっています。

私はこれを、自分で購入したスプレー容器に詰めかえて使っています。
今Amazonを見たら、5リットルのものに、期間限定で500ml入りのスプレー容器がついて売ってますね!
他にも、似たような除菌用アルコールはたくさん売っているのですが、これはかなり安いほうですし、柿タンニンが配合されているものはほとんどないようです。

5リットルはけっこう量があるので、1〜2人で週2回使っているくらいなら、1〜2年以上はもつでしょう。
私は、自分と次男の防具に週2回使い、他の用途(台所やトイレなどの掃除、除菌用)にも使っていますが、2年くらいもちました。
5リットルで2200円ですから、使える期間を考えると、タダ同然ではないでしょうか(笑)

これだと安いので、惜しげなくたっぷり使えるのもいいところです!
剣道専用のスプレーだと、高いのでケチケチしちゃって…(笑)それだと、効果も出にくくなりそうですよね。

もちろん「5キロ」ありますし、タンクの大きさもそこそこあるので、置いておく場所を考えてから買ったほうがいいかもしれません(^_^.)
うちでは、防具の置いてあるスチール棚の横に置いてあります。

容量は、5リットル、10リットル、500ミリリットルの3種類があります。
とりあえずお試しで…とか、そんなにたくさんはいらない…という方は、500mlを使ってみるといいでしょう。
500mlで677円なので、割高にはなりますが。

アルコール除菌剤 500ml
アルコール除菌剤 500ml


ただし、剣道防具用として売っているものではないので、使う場合は自己責任でお願いします!

もしかしたら、色が落ちたり、生地を傷めてしまったりすることもあるかもしれませんので…。
私は、面の内側と小手の内側にわりとたっぷりスプレーしていますが、気になるような色落ちや傷みは感じられませんでした。


ちなみに、小手をするときに「小手下手袋」をすると、かなりにおいづらくなるそうです。
知り合いで何人か使っている方がいますが、みなさん効果があると言っていました。
ただ、私はやったことがありません…。私はすごい暑がりなので、手袋には耐えられない気がします(笑)

九桜 剣道 甲手下手袋 Lサイズ KH49L
九桜 剣道 甲手下手袋 Lサイズ KH49L


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 15:23 | Comment(2) | 剣道お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

剣道人におすすめグッズ紹介(その2)稽古の時の水分補給に、クエン酸ドリンク。

さて…第一回「かかとクリーム」に引き続き、剣道をやっている方におすすめのグッズを紹介していきます。

今回は「稽古時のドリンク」についてです。

みなさん、稽古の時の飲み物ってどうしてますか?
私は最初は麦茶にしていましたが、稽古で汗をだらだらかいて、ごくごく飲むと、お腹がガボガボする感じになってしまいます。
かといって、毎回スポーツドリンクを持って行くのも高いしなあ…と悩んでいました。

そんな時、某剣道系掲示板で情報を見て、どれどれ…と思って使ってみて、はまったのがこれです。

「クエン酸コンクRJ」
アリスト メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本
アリスト メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本

なんと、自衛隊でも採用されているというドリンク。
メーカーのほうに詳しい説明があります。
アリスト クエン酸コンクRJ

※自衛隊で現在使われているのがこれとまったく同じ製品かどうかはわかりませんでしたが、同じシリーズのドリンクを使っていることは確かなようです。

この商品は、30倍に水で希釈して飲みます。
希釈濃度はお好みでいいのですが、私は標準より「ちょっと濃いめ」が好きです。

定価で1本1200円(税抜)ですので、税込で1296円。
メーカーサイトで購入した場合は、5000円以上で送料無料です。
Amazonだと2本2780円で送料無料なので、1本にすると1390円。

1本で27リットル分作れるので、定価通りだとすると1リットルあたり48円。
Amazonの価格でも1リットルあたり51円です。
ポカリやスポーツドリンクを粉で買うよりも安いです。
(Amazonで見ると、もっと安い粉のスポーツドリンクもあるようですが…)


他といろいろ飲み比べたわけではありませんが、私と次男はこの味は気に入っています。
クエン酸主体で、はちみつとローヤルゼリーが入っていて、あまずっぱい味です。
他の子供にも飲ませてみたら、味が好きな子と嫌いな子、両方いました。

たくさん飲んでもあまりガボガボしないのと、疲労回復にもわりとすぐ効果があるような気がします。
1リットルあたりで約90キロカロリーと、低カロリーなのもいいところです。
もう3年くらい、稽古の時はずっとこれを飲んでいますし、家でも飲んでいます。

剣道とは関係ない長男も、気に入ったようで家で時々飲んでいますよ。
(長女はそんなに好きではないようです!)

「クエン酸コンク」は、この「RJ」とは別に「ミネラル」というのがあるのですが、こちらは微妙に味が違います。
私は「RJ」のほうが好きです。



ところで、この「クエン酸コンク」は「ハイポトニック飲料」です。
ポカリスエットなどは「アイソトニック飲料」。
何が違うのかというと、”浸透圧”が違うのです。

「アイソトニック」は、体液と同じ浸透圧。
「ハイポトニック」は、体液より少し低めの浸透圧です。

詳しい説明が下記のページにあったので、引用します。

ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料の違い&代表的な商品一覧

ハイポトニックとは「低張液」という意味のことで、ハイポトニック飲料とはナトリウムや糖質の濃度が低めで、ヒトの安静時の体液よりも低い浸透圧の飲料のことをいいます。

そのためハイポトニック飲料には次のメリットがあります。

1.運動による発汗で、体液が薄くなっている状況おいては水分が腸管で速く吸収される
2.糖分が少ないためカロリーが低く、減量時の飲料に向いている

運動して汗をかくと体液の浸透圧は低くなっているため、アイソトニック飲料よりもハイポトニック飲料の方が水分が速やかに吸収されます。

また水分補給をしてすぐ運動を再開した際、お腹にタポタポと水が溜まっている感覚を覚えたことは誰しもあるのではないでしょうか?浸透圧の理論でお伝えしましたように、適量の糖質は水分の吸収を促進する効果があるのですが、一方で糖質濃度が濃いほど胃での滞留時間が長くなるのです。

発汗量が多い時期にはエネルギーよりも水分補給を優先した方がよいので、糖質がやや薄めのハイポトニック飲料の方が適しているといえるでしょう。
また、熱中症や感染症など激しい脱水のときに推奨されている「経口補水液」も、浸透圧が低めに設定されていますのでハイポトニック飲料の部類にあたります。


つまり、普通の(アイソトニック系の)スポーツドリンクよりも、クエン酸コンクのような「ハイポトニック飲料」のほうが、汗をたくさんかいた時の水分補給には適しているようです。
実際に、たくさん飲んでもほとんど「たぽたぽ」していないようです。
剣道の稽古のような、冬でもだらだら汗をかいているような状況にはぴったりではないでしょうか。

ちなみに、あまり汗をかいていない時は「アイソトニック飲料」のほうが、吸収がいいそうです。


と、いうわけで…

「安い」
「おいしい」(人によると思いますけど私はけっこう好き)
「たくさん飲んでもたぽたぽしない=水分補給に適している」
「疲労回復に効果がある」

という利点のある「クエン酸コンク」、おすすめです。


ただ、一般のお店ではほとんど販売されていないようです!
メーカーサイト、もしくはAmazonや楽天で購入できます。

Amazon
アリスト メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本
アリスト メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本

楽天だとこちらですね。Amazonと同じ業者のようですが。
【送料無料】クエン酸 大変お得!アリスト社の自衛隊専用商品!メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本 - ヘルシーカンパニー
【送料無料】クエン酸 大変お得!アリスト社の自衛隊専用商品!メダリスト クエン酸コンクRJ 900ml×2本 - ヘルシーカンパニー


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 15:56 | Comment(0) | 剣道お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする