2018年04月30日

母と子の剣道日誌(309)新しい防具を注文しました(その3)次男の面は、やっぱり小さい…。

母と子の剣道日誌(307)新しい防具を注文しました(その2)一式全部、買うことになった理由。 より続いています。


さて、その後日…
うちにある防具一式(次男、私、主人の3セット)を持って、次男を連れて行きました。
次男のサイズを測り、防具を見てもらいまして。


は、ご主人のを次男君がそのまま使えそうですね。

は、ご主人のも使えないことはないけど、これは雲形(胸部分の刺繍)がついてないので、胸部分のカーブが浅いんです。
次男君は細身なので、できればはなずきんさんの(雲形があってカーブが深い)胴のほうがフィットしていいと思いますよ。
審査までは、はなずきんさんの胴を次男君に貸してあげて、はなずきんさんはご主人の胴を使って下さい。

は、ご主人のはちょっと大きすぎますねえ。これは、調節しても次男君には使えないですね。
はなずきんさんの面がちょうどいいサイズのようですから、審査には、はなずきんさんのを使ったほうがいいでしょう。

今、次男君が使っている、小学生用の面の内輪をちょっと(押して)広げておくので、稽古はこれでなんとかなるでしょう。
審査には、はなずきんさんの面を着けたほうがいいですね。
ですから、審査の少し前になったらはなずきんさんの面を借りて稽古して、慣れておくといいでしょう。
その間は、はなずきんさんが使う面がないですが、しかたないので稽古は見学で。」

と言われました。



そしてこの時に、私の防具の注文もしたのでした。

結局、私はミシン刺しの、一式総額13万円くらいのものを選びました。

今使っている防具も7万円くらいで、それよりは高くなるだろうと思っていたので、まあ想定の範囲内でしょうか。

もちろん値段を出せば出しただけ、それだけ「いい物」が買えるわけですが…
そもそも私がいくら出せるかというのと、私の段位や立場、稽古に使うものである、ということを考慮したらこの辺に落ち着いたという感じです。

WN先生の会の高段者の方で、面だけで20万円するものを買った方もいると聞いて、びっくりです。
面だけで、私の一式より高いですよ!(笑)



WN先生のお店の防具と、私のを比べてみると、もう全然手触りが違うというか…
私の防具は、全体的に「薄くて固い」んです。
体にフィットしづらく、打たれて痛いという。

WN先生のお店の防具はふかふかしていて、かつ体に沿う柔らかい感じがします。

もちろん、値段が上がれば上がるほどいいものになるようですが…
同じくらいの値段のものでも、WN先生のお店のもののほうがしっかり作っている感じがします。
高くない防具であっても、サイズをきちんと合わせてくれるようですし。


私が今まで使っていたのは男性用の防具なので大きかったのですが…
身長的には私は男性サイズなので、基本は男性用の防具のパーツを使うようです。

胴台(おなかの部分)は、切って少し小さくする。
垂は、大垂の幅を少し狭くして、全体的に横幅を小さくする。
面垂は、幅を少し狭くして、長さもやや短めにする。

のだそうです。
他にもいくつか調整してもらう部分があったのですが、それも今度詳しく聞いてきます。




さて、それから…
次男が稽古する時には、WN先生に言われた通りのものを使わせていました。
それで3回ほど稽古したのですが、次男は

「面はもう、これじゃきつくて無理。
顎が痛くて、全然稽古に集中できない」


というのです。


次男はあれからまた、微妙に成長したのかもしれません(^_^.)

しかし、審査までずっと私の面を貸していたら、私が2か月近く稽古できないし…、
さすがにそれではちょっと困ります。




WN先生にご相談したら、
「あと1~2か月だもんねえ、買うのはもったいないよね。
店にある面(新品ではない)で、合いそうなものを貸してあげますよ」


と言っていただいたので、ふたたび次男を連れてWN先生の店に伺いました。



(続く)



いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 20:30 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

母と子の剣道日誌(308)新しい防具を注文しました(その2)一式全部、買うことになった理由。

母と子の剣道日誌(307)新しい防具を注文しました(その1)次男の防具が小さい! より続いています。



さて…WN先生の防具店に行きまして…
かくかくしかじか、と事情を説明したところ

「今度、次男君、はなずきんさん、ご主人の防具を全部持って、息子さんを連れてきて下さい。
今ある面を調節して使えるかもしれませんから、全部見てみますよ」

と言われました。

「私がこれからこちらで面を買ったとして、いつ頃出来上がるのでしょうか?」
「今、ちょうど新入学シーズンですからね…工場が混んでるんですよね。
早くて5月、遅いと6月くらいでしょうか。
「6月になるかもしれないんですか…。
次男の二段審査は6月なんですよね。」
「次男君には、今あるのが使えそうならそれを使ってもらって、無理なら店にあるものを何か貸してあげますよ」


ということで…
とりあえず、私が面を買うという前提で、WN先生のお店で扱っている防具の説明を聞きました。



”そもそも、どういう時に使うつもりなのか”
で、選ぶものが変わってくるということでした。


稽古用なのか、”お出かけ用”なのか。
(お出かけとは、審査とか出稽古などの、多少見栄えが必要な時のことを指しています)
稽古の頻度はどのくらいなのか。
今後どのくらい剣道を続けて行こうと思っているのか。




面を作る時に選ぶべきことは、いくつかあるのですが…

「手刺しか、ミシン刺しか」
「刺し目の粗さ(細かさ)」
「面布団の縁に革をつけるか」
「面金の素材」
「突き垂の模様」


などなど。
それぞれについて、詳しい説明を聞いたので、それをブログに書こう!と思っていたのですが、
だいぶ前のことなのでうろ覚えになってしまいまして(^_^.)

いい加減なことを書いてはまずいので、今度また聞いてから書こうと思います。




「審査や出稽古などの”お出かけ用”に使うのなら、今後昇段していくことも考えると、いい物を買ったほうがいいですけどね…。
防具なんて一回買ったら、そうそう買い替えるものじゃないので、これから三段、四段になっても使っていくわけですよね。
できれば、手刺しで、革の縁どりをされているものが見栄えがいいですよ。ちょっと高くなりますけどね。」

「いや、私はそんなに”お出かけ”する機会も多くないですし…
今の防具のサイズが合わないから買い替えたいので、新しい防具は稽古に使いたいんです」

「稽古に使うとなると、本当はできるだけ柔らかい(厚みがある)ものがいいですよね。
粗い目の手刺しの防具だと厚みがあって、目が細かいものほど高くはないので、おすすめなんですけどね。
あと稽古用だとすると、革の縁取りをしているものは(傷むので)ちょっともったいないですね」




と、一通り話を聞いて…
じゃあ、どのグレードの防具がいくらくらいかという価格表を見せてもらったのですが…


「そもそも私は、本当は胴から買い替えたかったんですよね。
でも、とりあえず息子に面を譲るならということで、面だけ買おうと思ったんです」

という話をしたら

「そうなの?
だったら、面だけ買うよりも、全部揃えて買ったほうがいいかも。
単品で買うよりも、セットのほうがだいぶ安くなるんですよ。
それに、一緒に作ったほうが防具のデザインの統一感が出ますしね」



う~ん、確かにバラで作ると、セットで作るより数万円高くなるのですよね…。


家計の中からやりくりしようと思うと、一気には買えないので、ひとつずつ買い替えようと思っていたのですが…
私にはいちおう「へそくり」的なものがあり…
一式で買おうと思えば買えないことはない…のです。


ひとつずつ買うにせよ、最終的には全部買い替えることになるわけで…
じゃあ、やっぱりセットで買おうか…という話に…!



それなら、というわけで、結局、面以外の防具の説明も一通り聞きました(^_^.)


どういう物を選ぶべきか、サイズ調整はどうするのか…などの話がいろいろあったのですが、そのあたりも、今度聞いてから書くことにします。



(続く)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 16:36 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

母と子の剣道日誌(307)新しい防具を注文しました(その1)次男の防具が小さい!

ブログは更新していましたが、剣道の話題は、ひさしぶりです(^^)
もちろん、稽古は真面目にやっていましたよ!(笑)


さて…
今の防具は私の体に合っていないので、買い替えたいと思っている…
という話を以前に書いたのですが…

母と子の剣道日誌(275)女性剣士必見!間違いだらけの防具選び(その5)面以外の防具について


本当は、一番「大きい」と感じている「胴」から、ひとつひとつ防具を買い替えていくつもりでした。
今使っているものよりはいい防具が欲しかったので、予算面で、一気に替えるのは無理だろうと思っていたからです。


ところが…
いろんな事情があり、先日私は
”オーダーの防具一式”
をWN先生のお店で注文してしまいました(^^)


3月に発注して、出来上がりは5月以降ということだったので、実物は来ておりませんが…
ひとつひとつ買い揃えるつもりだったのに、なぜそんなことになってしまったのか!?
という話をこれから書きたいと思います。



そもそも、事の発端は…
2か月ほど前に、現在中2の次男が
「今使っている、胴と垂が小さい」
と訴えてきたことからでした。




今から5年前…小学校4年の時に、最初の防具を買った次男。
警察署で剣道を習い始めの頃に、警察署に出入りしている武道具屋さんに言われるままに購入したものでした。

全く初心者の子供が使う防具にしては「やや高」だった気がしますが、その頃は私も剣道のことはあまりわかっていませんでしたし、それを断って他で買っていいという雰囲気ではなく…
警察と武道具屋さんの「付き合い」から買わされている感じが多分にしました(笑)。


防具の種類はもちろん、サイズも、武道具屋さんが子供を見て勝手にセレクトしてくれたものでした。
色などは子供に選ばせたようですが、私が見ていない時に勝手に決めてしまっていたようで。

それは小学校高学年サイズで、小学校4年生でも”ちびっこ”だった次男にとっては、少々大きいのでは?と思いましたが、
「これなら物はいいですし、数年は使えますから」
と言われたので、そんなものかと思って使わせていました。


ええ、確かにかなり長い間、使いました。
ヒモの交換は何度かしたものの、小学校4年から中学校2年までの5年間、使えましたから。
安くはありませんでしたが、十分、元はとったと言えるでしょう。

確かに、激安セットなどを買うよりは「モノがよく」はあったのでしょうし…。
そして何よりも、次男はその間、かなりゆっくりペースで成長していたので…。
中学校1年までは、次男は一年に数センチずつしか伸びなかったし、横幅もほとんど太くなりませんでした。

途中で何度か
「防具、小さくなってないの?」
と聞いてみましたが、ついこの間までは
「まだ大丈夫」
という返事だったのです。

ただ、手足の先端だけやたらと大きくなった次男は、小手だけは小さくなってしまい、中学になってから「大人男性用」に買い替えましたけど。



そもそも…
小学校6年くらいからずっと「剣道を辞めたい」と言っていた次男には、
「せっかくここまでやったんだから、初段を取るまではやりなさい!」
と言ってなんとか続けさせていたのです。

初段を取ったらやめるだろう…と思っていたので、中学生になってやや防具が小さくなってきているのはわかっていましたが、進んで防具を買いかえてあげる気にはなれませんでした。


中2の春に初段に合格した時に「二段取るまでは、いちおう続ける」と次男から聞いてからも
”まだそんなに大きくなってないし、あと1年くらい、この防具でいけるかも!?”
と思っていたのです。



しかし…次男はここ最近、急に成長したようで…

つい、2か月ほど前の稽古の後、次男が私に
「防具が小さすぎてやりづらい。
特に胴と垂が小さい。もう我慢できない」

と、突然言ってきたのです。


まあ、確かに…もう小さいだろうな〜とは私も感じてましたよ。
でもあと半年で引退なのに…
(6月に二段審査を受けて、夏合宿を最後に引退、という話にしていました)

今でも毎回のように、稽古に行く前に「めんどくせ〜」と言っている次男が、
高校で剣道部に入ることは、99%あり得ないと思われますし…


このタイミングで防具が必要って言われても、どうなのよ〜?


しかしまあ、確かに…
この体に対してアンバランスな防具で二段審査を受けるのはねえ…
と思い、まずはメルカリで中古防具を探してみました。


が、なかなかちょうどいいのがないというか…
安いものはあまりキレイではないのです。
審査の時に使うものですから、ボロボロな物では困ります。

しかし、そこそこキレイなのを選ぼうと思うと、2万円近くかかってしまいます。
しかも、それだけ出しても、買ったものがサイズが合うかどうかもわからないし(面はサイズが合っていないとやりづらいですから)メルカリでは返品もできませんし。


だったら、”いっそのこと安い新品を買ったほうがいいのでは?”と思い、近所の武道具屋さんを調べてみたら、4万円くらいで新品防具セットが買えることがわかりました。
中古で、サイズが合うかどうかわからないものを2万円で買うよりも、4万円でしっかりサイズを合わせて新品を買って、使い終わったらメルカリで売ったほうがいいのでは?と考えたのです。


そこで次男を連れて、武道具屋さんに行こうと思い…車に乗ってからふと気づいたのです。
「4万円も出すなら、私の防具を次男に譲って、私が防具を買ったほうがいいのではないか」
ということに。


私の防具は大人男性用サイズなので、まだ私より身長が低くて細身の次男には少し大きいのでは…という懸念があって、そういう方向では考えていなかったのですが…
そう考えていた数か月のうちにも、次男は成長してきていたので、もしかしたらもう、そんなに大きくないのかもしれないと思ったのです。


結局、武道具屋さんには行かないで、そのまま家に戻り(笑)、私の防具を次男につけさせてみましたら…
あれ、もしかして、これで全部いけるのかも!?

横幅はちょっと余り気味ですが、大きすぎるというほどではなさそうです。
次男、いつのまにこんなに大きくなったんでしょうか!!



と、そこで、目に入ったのが…
以前、主人が買って放置されていた防具ですよ。

まだ私が警察で剣道を習っていた3年ほど前、私に大人の稽古相手がいないのを見かねて、主人が”私の相手をしてあげる”と言ってセットの安い防具を買ったのです。まあ、安いと言っても数万はしたのですが。

小学生から中学生にかけて剣道を習っていた主人は、その時はちょっと「リバ剣」してみようと思ったのでしょう。今はもはや、全然やる気はないようですが(笑)。

結局、数回使っただけで…
それから3年の間、主人の買った防具は、私と次男の防具の横に防具袋に入ったまま置かれていたのです。
長男が高校の体育で剣道をやっていた時に、私が教えるために長男にその防具をつけさせましたが、それ以外に使ったことはありませんでした。



主人は身長は私と大差ないものの、がっちりしているうえに立派なメタボ腹体格なので、主人の防具は絶対に大きいだろう…と思ってなんとなく除外していたのですが…

いざ防具袋から出してみたら…
あれ、これ、胴と垂は、私のとほぼ同じサイズではないでしょうか?

主人の購入したものは安い防具セットだったので、特注サイズなどは選べず…
普通のサイズでしか買えなかったのだと思われます。
だから、主人にとっては横幅はけっこう小さかったのですけどね(笑)。


胴と垂なら、次男にも…そのまま使えそうじゃないですか。

ただ、主人の”面”は明らかに、大きいのです。
主人は頭が大きいほうで、頭の小さい私と比べると、1.5倍くらいのサイズがありそうです。
私の面がちょうどいいと言っている次男には、どう考えても大きすぎます。

そして、小手も大きいです。
次男も手は大きいのですが、主人とは厚みが全然違うので…
主人の小手をはめると、
”ドラえもんか!”
ってくらい大きく見えますよ(笑)


ちなみに、セットに入っていた主人用稽古着は…
長さはともかく、幅が異様に広くて(それでも主人には小さ目だったのですが)これは私にも次男にも全く使えない、と思いました(笑)
しかも上はジャージ、下はペラッペラのテトロンで、着心地もかなり悪かったです〜。



つまり…
胴と垂は、主人のを次男に使わせれば、私のを譲る必要もないわけです。
小手はすでに次男のサイズに合ったものを持っているので、それを使えばいいのです。


しかし、問題は「面」です。

私の面を貸すことはできますが…
その間、私がずっと稽古できないのでは困ります。


ってことは、私が面だけ買えばいいの?
ということで…
WN先生の武道具屋さんに、”面を買いたい”と相談に行くことにしたのでした。



(続く)




いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 20:03 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

AVIREXのカーゴパンツを購入。私にとっての「適正な服の数」とは。

この前の記事で、ビルケンシュトック立川ルミネ店で「フロリダ」を購入した話を書きましたが…
春夏物買い替え第3弾。ビルケンシュトック「フロリダ エインシエントモザイク」を購入。


私は立川ルミネに来たのは、これがほぼ初めてでした。
立川はうちからわりと近いのですが、あんまり行かないんですよね〜。


”ミニマリスト精神”に目覚めてからは(私はミニマリストというほどではないのですが、物を少なくシンプルにしたいとは思っています)
「用事のあるお店以外には、あまり寄らないように」しています。
(見ると買い物したくなったりするので)

「どうしても買う必要があるもの」が特にないのに店を見る、いわゆる「ウィンドウショッピング」は、ほとんどしなくなりまして…
最近は余計な買い物をすることはかなり減ったのです。



でも立川ルミネには、ふだん行く範囲にはあまりないような、私好みの店がいっぱい入っていまして…。


ビルケンを出てまず目についたのが、同じフロアにある「niko and…」のショップでした。

「niko and…」はナチュラル系の洋服ブランドです。
以前はけっこう好きだったので、時々服を買っていました。
しかし最近は、自分に似合う服の傾向が変わったので、全然行っていなかったのです。

ただ「niko and…」には洋服だけではなくて雑貨もあるのです。
店頭のディスプレイに「コールマン」(アウトドアブランド)とのコラボ商品の、アウトドアグッズが置いてあり…
まずそこにひかれて、フラフラと見に行ってしまいました(笑)

私、アウトドアグッズ、とりわけキャンプ用品に弱いんです。
ここ2年ほど、登山優先でキャンプに行ってないので、何か買う必要はないのですが、見ていると楽しいのですよねえ。

このお店にはいろいろ、私が惹かれるようなものがあったのですが…
幸い?何も買わずに出てくることができました。




そして次に目に入ったのが…やはり同じフロアの、ミリタリーファッションブランドの「AVIREX」(アヴィレックス)のショップでした。

AVIREXは、アメリカ空軍御用達の、ミリタリーウェアのブランドです。
今は一般向けのアパレルブランドでもありますが…。

私がジーンズを買いに行くライトオンにも、AVIREXの服はよく置いてあって…
いつも「これカッコイー、欲しい」と思うのですが、けっこういいお値段がするので、買ったことはありませんでした。



何も買うつもりはなかったのですが、ミリタリー好きな私にとっては、ここの服は見ているだけでも楽しいので、ついショップの中に入って眺めていましたら…


「リサ」さんという、女性店員さんに声をかけられました。


私はこの日、ビルケンでスカートに合わせるサンダルを買うために来たので、わりとフツーに「女性っぽい」ファッションをしていたのですが…
そんないでたちでミリタリーウェア(それもメンズのほう)を熱心に見ていたので、不思議に思ったのでしょうね。


「ご主人とかの服を見ているんですか?」
「いや、私がこういう服好きなんで…」
「えー、そんな服着ているのに?全然傾向が違うものが好きなんですね。振り幅大きいっていうか。」
「私、ヒコーキが好きで、ミリタリーウェアも大好きなんですよ」
「どんな感じの服が好みですか?」
「この店にあるようなものは、ほぼどれも好きですけど(笑)」



それからこの「リサ」さんと話をしつつ、店内を見ていたのですが、まあこの方が面白い方で。
いい意味で、女性っぽくありません(笑)


リサさんはいろいろ、お勧めの服についても語ってくれたので、楽しく聞いていましたが…
でも私は「見るだけ」で、買うつもりはほぼ、なかったんです。

だってここの服、けっこう高いですから。

(と、私はリサさんにもはっきり言ってました(笑))


リサさんの一押しは、レディースのスキニー系カーゴパンツでした。

「すごいストレッチが効いていて、まるではいてないみたいなんです。
史上最高のはき心地なんすよ、これ!」(←本当にこんな口調でした)

「いや、今日は何も買うつもりはないんで…」

と言っても

「いや、買わなくていいんですよ。
でもぜひ、一度ははいていただきたい。
何しろ史上最高なんで。」


と、かなりの押しっぷりです。



ただ「店員さんから勧められた」というだけなら、私もはいてみたりはしなかったのですが…
実は、私はだいぶ前から、カーゴパンツを探していたのです。

理想のワードローブを考えてみた(冬編:その7)実際のアイテム編 ボトムス



そしてこのカーゴ…けっこう私好みの感じなんです。
もともと「きちんとミリタリーっぽい」カーゴが好きなので…。


探していたものが見つかったのなら、買えばいいのでは?と思うでしょうが、問題は、お値段がけっこうすることです。
確か税抜11000円くらいでした。



この間も、やや高いジーンズを買ったのに…
またこの高いパンツ買うのは、どうなの?
と思ったのですが…



でも、つい、試着してしまいました(笑)。
だって、今までいくら探しても好みのカーゴパンツがなくて、半ばあきらめていたのですから。


しかし…
レディースでは一番大きいLサイズをはいてみたのですが、めっちゃキツイです。
なんとかギリギリ入りましたが、ぴっちぴちで、動くと破れそう…(汗)
もう1サイズ大きいものがあればよかったんですけどねえ。


まあ、でも、高いので、買わなくて済んでよかったような…
と思っていたら、リサさんが

「メンズはどうですか?これと似たようなシルエットので、私もはいてるのがあるんです」


と、メンズのカーゴを持ってきてくれたのです。
最初に持ってきてくれたSサイズは入りませんでしたが(メンズは腰回りが小さいんですよね…)Mサイズをはいたら…


あれ、ぴったりじゃないですか?
若干、余裕がありますが、大きくはなく…
さっきのパンツほどではないですが、そこそこストレッチも効いていて、しゃがんでも苦しくありません。
なにより「私がはいて、カッコよく見える」のですよ。


リサさんいわく
「これ、ポケットが8つもあるんですよ!
数えてみてください」


え、売りはソコなんですか?(笑)
でも、「8ポケット」は商品名にもなってるんですね〜。

「でも、ポケット全部に物入れたら、すごくカッコ悪いでしょ?」

と、ふたりで笑ってしまいました。



ええー、めっちゃ好みの、カッコいいカーゴなんですけど〜。
さすがミリタリー系ブランドだけあり、本格的な雰囲気です。
迷彩柄ですがかなり濃い色で、ぱっと見はそんなに迷彩っぽく見えないので、合わせるファッションもさほど選ばなさそうです。

【アビレックス】AVIREX アヴィレックス ストレッチ ドビー 8ポケット カーゴパンツ(STRECH DOBBY 8POCKETS PANTS) (L(32〜33inc), 98.カモフラ)
【アビレックス】AVIREX アヴィレックス ストレッチ ドビー 8ポケット カーゴパンツ(STRECH DOBBY 8POCKETS PANTS) (L(32〜33inc), 98.カモフラ)

↑この着画だとかなりたるんでシワが寄っていますが、私がはくとストンとして、足がスラリと見えるのです。


迷彩よりも無地のほうがいろんな服に合わせやすいかな?と思い、「オリーブ」色もはいてみたのですが…
やや色が明るいせいか、ちょっともったりして見えました。
やっぱり、迷彩柄のほうが締まって見えていいようです。


私は、以前はよくメンズのパンツを買っていたのですが…
最近は、メンズのパンツを試着しても腰回りが合わないことが多くて、あまりはいてみることもなかったのです。
でも、なんかこれはいけそうじゃないですか?

私にはほんの少し丈が長かったですが、無料で裾上げしてもらえますし。
(しかも、たった10分でできるそうで…。すいていたからにしても、早っ。)


でも、お値段が…、さっきのレディースよりも高くて12800円(税抜)ですよ。
う〜ん、う〜ん、どうしよう。
ミリタリーブランドのカーゴだけに、かなり丈夫そうではありますが…。


試着したのを鏡で何度もチェックしましたが…
やっぱり、このパンツはカッコイイ〜!



…というわけで…、買っちゃいました。
これは、私の秘密(いや、全然秘密じゃないですが)のおこづかいで買おう…。



カーゴパンツは前から探していたものだし、これは私にかなり似合ってはいますが…、
この間ジーンズを買ったばかりで、洋服の買物が続いていたので、今月はもう洋服を買うつもりはなかったんですよね。
ひさしぶりに「やや衝動買い」してしまった一品なのでした。


まあ、たまにはいいか〜?



ひさびさに、いくつかの春夏服を購入して感じたのは…

やっぱり私、服が好きなんですよ。
次から次へと増やすつもりはないですが、それでも自分が欲しくて似合う服が入手できると、嬉しくてしょうがないんですよね。

ワードローブはある程度は「定番化」すると楽になる…ということは実感していますが、時々新しいものが入ると、やっぱりウキウキします。


これまで服を減らしてきて感じたのは、私は、どんなに服を減らしても、「1シーズンに着る服が10着」にはならないのではないかと。
たぶん、そこまで減ったら「服を着る楽しみも半減する」と思われます。



でも前に比べれば、だいぶ服の数は減りました。
そのシーズンに着る服は、クローゼットでひと目で見渡せるような状態になっているので、私の服の数としては適正に近いように思います。
私は、洋服にはある程度のバリエーションが欲しいので、そんなにギリギリまで減らす必要はないなと感じています。



夏物の、メンズっぽい半袖Tシャツだけでも5着持っていますが、どれも愛着があってよく着ていますし…
夏の旅行だと汗もかくので、2泊旅行なら3着はトップスがないと困りますしね。

モノによってはまだ少しは減らす余地がありそうですが、私にとってはそろそろ「最低限必要数ライン」に近づいているような気がします。
これからは「1in1out」に近いような形でワードローブを整えていきたいです。



さて…
家に帰ってきて、このパンツをあらためてはいてみて感じたのは
「思ってたより、けっこうあったかいかも」
ということで、それだけはちょっと誤算でした(^_^.)

生地はそんなに厚くないのですが、目が詰まっているので(丈夫そう)、保温性が高いのかも。

これは、暑い日にはくのは無理だなあ。
なんなら冬でもいけそうな気が…

ただこれは、あくまでも暑がりの私基準の話です。
このくらいの生地を、夏でもはいている人はいますよね…。



このカーゴは、この日買った、ビルケンのフロリダともかなり相性がいいようなので、涼しい日を狙ってどんどんはくことにします!



しかしリサさん、面白い人だったなあ〜(笑)
ブログではあまり上手く表現できませんでしたが、かなりひょうきんな方だったのですよね。
ただ面白いだけではなくて、商品をお勧めするスキルもけっこう高かったですし。


「今度は、ご家族連れてきてくださいよ」(私が家族もミリタリー好きだと言ったので…)

「私、あんまり立川、来ないんですよ。
ビルケンくらいにしか用がないかも」

「じゃあ、ビルケンに来た時は、また来てくださいよね」



でもこの店に来たら、またリサさんのおすすめを買っちゃいそうです!(汗)

まあ、それだけこのお店には、私の好きそうな服が置いてあるわけで…
予算さえあれば、お気に入りの服が買えそうな店が見つかってよかった…のかも(笑)



↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション

posted by はなずきん at 17:41 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

春夏物買い替え第3弾。ビルケンシュトック「フロリダ エインシエントモザイク」を購入。

私の「ビルケンシュトック歴」については、下記の記事で書いていますが…

靴の棚卸(その3)手持ちの靴の紹介 夏サンダル編


ビルケンシュトックが日本市場に進出したのが1983年だそうですが、私が使い始めたのはおそらくその数年後ではないかと思います。
それから、何度も買い替えながら、常に1〜2足は持っていた気がするので…
もう30年近いお付き合い、ということになるのでしょうか。


ビルケンシュトックは、はき心地がいいだけでなく、ナチュラルっぽいデザインで私のファッションに合わせやすいのです。
あと、私のサイズ(以前は24.5、今は25.0)の靴があるからというのもあります。



でも、最近になるまで、直営店で買ったのはほんの数回で、だいたいは通販で買っていました。
通販のほうが安いことが多いから、というのもありますが、直営店よりもいろんな種類があるから(昨年モデルが残っていたり、他のブランドコラボの限定モデルがあったりするので)ということもありまして。



しかし、おととし、ビルケンシュトックのお台場店で「ティッケル」という靴を購入したのですが、その時の店員さんのスキルの高さと、接客の丁寧さに感動しまして。
やっぱり、きちんとした店員さんのいる店舗で選んで買ったほうが、少々高くても(つまり定価でも)ぴったり自分に合うものが選べていいのではないか…と感じたのです。

ティッケルの話はこちら→
靴の棚卸(その2)手持ちの靴の紹介 春秋靴編



私は現在、ビルケンのサンダルを二足、靴を一足持っています。
サンダルは2足ともけっこう履きこんでいて、特に「グラナダ」のほうは、フットベッド(足を乗せる部分)が薄い色であるため、汚れが目立ちます。
甲のベルト部分も少し切れているので、今年はこれに代わるものを買おうと思っていました。

↓私の持っているビルケンのサンダル。
左が「アリゾナ」右が「グラナダ」です。
グラナダの甲のベルトは、形が女性っぽい感じで気に入っています。材質もエナメルっぽく艶があります。
012_1.JPG



今回は直営店に行こうと思って、どこに店舗があるのかネットで検索して確認してみたところ…

私は、以前は吉祥寺店によく行っていたのですが…
いつのまにか、立川にも直営店ができていたのですね!?
我が家からは立川のほうが近いので、そちらに行くことにしました。

私の中の「直営店情報」は、いったい、いつの時点で止まっていたのか…(笑)
10年くらい前までは、東京にも数店舗しかなかったような気がするのですが、現在は14店舗もありました。
ずいぶんたくさん増えたんですねえ。



さて、立川店に行きまして…
店頭に置いてあるものを全部眺めてみました。

ビルケンシュトックの直営店って、そんなにたくさんの種類は置いてありません。
ほぼ、公式通販でその時売っているもの=直営店にあるもの ではないかと思います。
(もちろん、微妙な差はあるのですが)

事前に公式通販ページもチェックしたのですが、私が欲しいと思っている「グラナダ」は、今シーズンは出ていないようです




私が今回探していたのは、以下の条件にあてはまるものです。


@スカートやワンピに合わせられるもの。

ちょっと女性っぽい形のものがいいのです。理想は「グラナダ」なんですが、今季は出ていないので近いものを探すしかないですね。
ジーンズにも合わせてはきますが、ビルケンのサンダルでジーンズに合わないものはなさそうなので、そこはあまり考えなくてもいいかと。
なので、購入する時にはスカートをはいていきました。



A足首のベルトがないこと

「すぽっとはける」形がいいです。
ビルケンで、足首にストラップがついているものって、なぜかホックではなくバックル止めで、はめ外しがけっこうめんどくさそうなのです。

「バリ」↓も、甲部分のベルトの形状が「グラナダ」に似ているので、見た目は好きなんですが…
足首部分のベルトがあるので、さっとはけなさそうなんですよね。

送料無料 ビルケンシュトック BIRKENSTOCK サンダル レディース バリ BALI 歩きやすい 女性用 革 旅行 おしゃれ ビルコフロー ブラウン 幅狭 GC085063 国内正規品 - Retailer リテイラー
ビルケンシュトック BIRKENSTOCK サンダル レディース バリ BALI ビルコフロー ブラウン 幅狭 GC085063 国内正規品 - Retailer リテイラー

足首にベルトがあるものは、ホック止めにしてくれればいいのに…。
イマドキ、なんでこの部分くらいモデルチェンジしないのかな〜?
ちょっと謎です。



Bあまりファッションを選ばない色であること

ビルケンにはけっこう派手な色柄のものもありますが、あまり派手すぎると合わせるファッションを選ぶので、いろんなものに合わせやすい色のものがいいです。




さて…店頭にあるすべてのモデルを眺めた後、私が選んだのは下記の2種類でした。

SALINA/ サリーナ ビルコフローヌバック ソフトメタリックス ゴールドブラウン

FLORIDA/フロリダ DD エインシエントモザイクブルー





今シーズンは、けっこうメタリックな色合いのものが多いようです。
それも金、銀だけでなく、「黒いのにメタリック」だったり、「動物柄でメタリック」だったり…

メタリックも色合いを選べばそんなに派手ではないのもありますが、ほとんどは「私には、ちょっとキラキラ(あるいはギラギラ)しすぎじゃない?」という感じでした(笑)
「キラキラ、ギラギラ」したサンダルが私に全く似合わないわけではないのですが、合わせるファッションは限られると思うので、今回は除外です。



まず最初に「サリーナ」をはいてみました。



この形のものは、以前はありませんでした。
おそらく、昨年か一昨年くらい前から出ている形なのではないでしょうか。

↓これはサリーナの単色のモデルです。私がはいたのとは色違いです。

【★ポイント2倍!22日23:59迄】ビルケンシュトック サリナ サライナ レディース ビルケン サンダル BIRKENSTOCK SALINA Birko Flor 【西日本】 - DEROQUE due
【★ポイント2倍!22日23:59迄】ビルケンシュトック サリナ サライナ レディース ビルケン サンダル BIRKENSTOCK SALINA Birko Flor 【西日本】 - DEROQUE due


「アリゾナ」のような甲の二本ベルトの間に、斜めにベルトがもう一本入っている形です。
私が選んだモデルは、横の二本ベルトが金色、斜めのベルトがヌメ革っぽい色でした。
この「金色」は、そんなにキラキラしていない、抑えめのメタリックです。


はいてみると…うん、なかなかいいのでは?
メタリックがそんなに悪目立ちもせず、ほどほど華やかな感じです。
スカートにも合いますねえ。


そしてこのモデル、ベルトが多いだけあって、足がしっかりホールドされます。
「アリゾナ」をはいて走ると「パカパカ」してしまうのですが、サリーナだとしっかり足についてきてくれそうです。

キッズ向けにも同じ形で同じ色のものがあったのですが…
キッズのほうはピンクのメタリックのモデルがあってカワイイです♪
レディースでもこの色があればいいのに。



そして、次に「フロリダ」をはきました。


フロリダは、以前使っていたことがあります。
今は定番品ではフロリダは作っていないようで、シーズン限定の柄でのみ出てくることがあるそうです。

「エインシエントモザイク」という柄…
通販で見た時も、店頭で見た時も「ちょっと柄が派手なのでは?」と感じていたのですが…
でも、気になっていたのですよね。


すると…
あれ、さっきの「サリーナ」より、こっちのほうがいいかも!?


実際はいてみると、柄もそんなに派手には見えません。
ぱっと見、地味な花柄っぽくも見えます。(実際に、花の模様も入っています)
そういえば昔持っていたのも、こんな色合いの花柄の「フロリダ」だったかな。

ブルー系統の服が多い私には、こちらのほうが合わせやすそうな気がしました。
またこの色違いで水色っぽい柄のものもありましたが、そちらのほうが「やや派手」な気がしたので、そちらははいてみませんでした。



「サリーナ」も良かったのですが、かなり夏っぽい開放的な印象だったのです。



というわけで、「フロリダ」を買うことに決定!


私の足は甲薄なので、ベルトをもっと締められるように、店員さんが穴をプラスして開けてくれました。


これが私が購入した、今季の「フロリダ アンシエントモザイク ブルー」です。
002_1.JPG



今回の買物であらためて感じたのですが、
私は服や靴などを買う時の、店員さんとのやりとりがけっこう好きなんですよね。


私はけっこう「ファッションオタク」なので、ファッションのことを話しているだけで楽しかったりするのですが…
アパレル店員さんって、ほぼ「ファッション好き」なので、話していてためになるし、面白いのです。


自分の好きなもの、欲しいものを伝えて、それをぴったり探してもらえた時は本当に嬉しいですし。



店員さんとのやりとりが苦手、って方がけっこういらっしゃるような気がするのですが、洋服屋の店員さんは服を選ぶプロなわけで、ファッションが苦手な人ほど、店員さんを活用したほうがいいのではないだろうか…?と常々思っています。

合わないと思った時に、断りづらいから苦手と感じるのでしょうかね?

私ははっきり
「合わなかったんで」「欲しい感じじゃなかったんで」「いいんですけど、予算オーバーなんで」
などと言って断ります。

何着も試着しても、買わないこともけっこう多いです。


まあ、中には似合ってないものでも、無理に勧めてくる店員さんもいますけど…
そういう「ハズレ」の店員さんが言うことは、私は聞きません(笑)



というわけで。
ビルケンでも満足のいくサンダルが買えて、よかったです。

っていうか、満足が行くものしか、私は買わないんですけど(^^)


さて、お次は…

「今買うつもりじゃなかったのに買ってしまった、AVIREXのカーゴパンツ」

の話です。




↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション




posted by はなずきん at 20:27 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする