2018年03月17日

母と子の剣道日誌(299)某掲示板の稽古会に参加してきました(その1)

ちょっと間が空いてしまいました(^_^.)
最近いろいろ忙しかったり、眼精疲労がひどかったりしまして…
眼精疲労はドライアイと背中のコリが原因だとわかって、目薬をさしたりストレッチをしたりして、やっと良くなったのですが。


とある剣道の掲示板の主宰者が、年に一度行っている稽古会があります。
私は以前に1回、参加したことがあるのですが…

母と子の剣道日誌(66)なんでこんなにワクワクするのだろう

この会は参加者のレベルがかなり高く、子供もかなり上手い子が多かったので、当時はまだ1級すら取れていなかった私は「何をやっていいやら」という感じでした。


以前のブログにも書いていましたが、
”子供を含めて、あの稽古会で一番下手なのは私だった”
と自信を持って言えます(汗)



なので、前回出た時は「なんか、全然できてないよね、私」
と自信喪失して帰ってきた、という過去があったのですが…


今年は、前回会えなかった掲示板の知り合いの方が参加するということを聞き、お会いしたいと思っていました。
私もあれから二年経ち、二段を取っているし、前よりは周囲との差は縮まっただろう…と思って、参加することにしたというわけです。


掲示板の知り合いの方…というのは、二年ほど前に、六段審査を一発で合格された、ご年配の男性「DGさん」です。
中学校の部活の(厳密に言うと、現在は部活ではないのですが)剣道の、外部指導員として、長年指導をされています。

4年前、次男が警察で剣道を習い始めで、まだ私が剣道を始めていなかった頃から…
掲示板で私の愚痴やら質問やらにいろいろアドバイスをいただいていました。
それからずっと、掲示板上でのやりとりは続いています。


DGさんは、中学生の指導に情熱を傾けています。
昔に比べたら、ゆるくせざるを得ない部活で、思春期真っ只中の、イマドキ中学生たちの気まぐれ行動に頭を悩ませながらも…
決して投げ出さず”熱”をもって指導されているであろう、DGさん。

半分大人だけど、まだ子供を多分に残している中学生って、人生でもっとも扱いづらい時期ではないかと思います(笑)。
中学生自身でも、自分の思考や行動、衝動をやや持て余しているんじゃないでしょうか?

私は、我が子ですら”どうしたもんだか”と思うことがよくあるのに…
他人の子供である中学生の指導なんて自信ありません。小学生のほうがまだ扱いやすいですσ(^_^;)

そんな中学生たちの指導に心血を注いでいるDGさんの熱心さには、頭が下がる思いです。
掲示板でも、いろんな方の質問に丁寧に答えていて、
「本当にいい人なんだな…」
と、私はずっと感じていました。


さて、そんなDGさんに会うために参加した稽古会。
日曜日だったので、珍しく自分の会の稽古をお休みしての参加です。
そんな日に限って、しばらく来ていなかった神戸のおばちゃん、KDさんが来ていたらしく
「いつもいらっしゃるはなずきんさんがいないんで、びっくりしましたよ!」
って後から言われました(笑)


稽古会は9時からで、東京区部のとある中学校の体育館で行われました。
うちからそれなりに距離のある場所だったので、家を出たのは7時前でした。
ふだんの稽古だったら、9時前くらいに家を出ているのですが、この日はいつもよりは相当早起きして出かけなければなりませんでした!


8時半頃、現地到着。受付して、更衣室で着替えます。
会場である体育館に入って準備していたら、掲示板で話もしていて、前回稽古していただいた女性「YDさん」にお会いしました。

YDさんは大人になってからお子さんと一緒に剣道を始めた方で、確か三段だったと思います。
大学時代に空手をやっていたそうで、同じような年代の女性でも、私なんぞとは全然運動センスが違う気がしますσ(^_^;)


ところで…
以前お会いした時にYDさんが使っていた手拭いが素敵だったので、販売しているお店を教えてもらい、自分でもそこの手拭いを買いました。

剣道用の手拭いは普通の手拭いよりも大きいので、普通の手拭いは使えないのですが…
「剣道用」として売っているものは、ほとんどが男性向けのデザインで、ありがたい”コトワザ”(笑)みたいなのが筆文字で書いてあるのがほとんどなんです。
剣道用の手拭いで、女性用のデザインの手拭いは、ごく少ししか売っていないと言っていいでしょう。

しかし↓教えていただいたこのお店は、普通の手拭い専門店で、剣道用として売っているわけではないのですが、サイズが剣道用とほぼ同じなのです。
だから「剣道用」のものとは違って、きれいな柄のものがいっぱいあります!

手ぬぐい専門店【浅草 染の安坊】楽天市場店

手ぬぐい「桜の花(さくらのはな)」お花見/桜/サクラサク/春/てぬぐい/手拭/Cherry Blossoms - 手ぬぐい 染の安坊
手ぬぐい「桜の花(さくらのはな)」 - 手ぬぐい 染の安坊

普通の剣道用手拭いよりはちょっと高いのですが、デザインもいいし、薄手ですが丈夫で、頭に巻きやすくていいのです。大人の剣道手拭いとしてプレゼントにもおすすめです。

私は同期の「SGさん」が引っ越す時に、餞別として私とお揃いにして、この店の手拭いを贈ったのですが、先日SGさんが稽古に来た時にそれを使っていてくれて嬉しかったです。
母と子の剣道日誌(298)剣友(とも)あり遠方より来る。また楽しからずや



さて、話がそれてしまいましたが(^^)

YDさんと話をしながら防具の準備をしていたら…
DGさんらしき方を発見しまして、さっそくご挨拶にうかがいました!

今まで掲示板上ではいろいろと話していましたが…
実際にお会いして話すのは初めてなので、緊張してしまいました。
私は勝手に「やせていて小柄な方」を想像していたのですが、実際はわりと大柄な方でした。
でも、やっぱりとても人のよさそうな方だな!と思いました。



それからまもなくして、稽古会が始まりました。
参加者は総勢で40名ほど。年齢層は全体的に高く、おじさん、おじいさん?が多かったです。
あとは小学生と中高生が若干名で、成人女性は数えるほどしかいませんでした。
まずは円陣で準備体操、素振りを行います。


それが終わったら、次は今回のメインイベント「切り返し選手権」です。

トーナメント形式で、対戦相手となった二人が、元立ち(共通)の方にそれぞれ切り返しを行い、上手だと思ったほうに観客が移動する…という、ウルトラクイズ予選形式の判定をするのです。
対戦の組み合わせはくじ引きで決めてあり、年齢や段位は関係なく組まれています。


主宰者の方の説明によると、ご自分の会でやった時は、なんと小学生が優勝したのだとか。


試合ではないので、私にも少しは勝ち目があるかも…?とか思っていたのですが、その予想は全く、大外れでした(汗)



私は自分の会の稽古の時は、切り返しは毎回ありますし、わりと丁寧にやっているつもりです。
実際にできているかどうかはともかく、先生に言われた通りにやろうとは努力していて…
少なくともうちの会のほとんどの小学生よりは、私のほうが上手いと思っています。

うちの会の子供たちは、正直、切り返しはあまり上手ではありません…
っていうか、基本打ちがあまりキレイではない子がほとんどなのです。
試合に勝てる子はいますが、基本がしっかりできてる!と感じられる子はほんの数人です。
中学生はさすがに、私より上手い子ばかりですが。

当会の小学生は、もう少し基本をしっかりやったほうがいいとずっと感じているのですが、そのあたりは、私が口を出せることではありませんので(^_^.)



切り返しって、試合に強かったり段位が高くてもあまりきれいにできていない方…
というのが存在するように思います。
「ただ早いだけ」で、足と手がバラバラだったり、竹刀を打っているだけで面を狙っていなかったり。

特に子供は、上手い子は上手いですが、できていない子は全然できてないですよね。
だから「試合に比べたら、多少は勝ち目があるかも」なんて思っていたのですが…


この稽古会に参加していた方は、年齢層に関係なくかなり上手な方ばかりでして。
今回も「私が一番、下手だったのではないか」と思いました(^_^.)


切り返し選手権の詳細は、次回に続きます!


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 16:48 | Comment(2) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする