2018年03月02日

母と子の剣道日誌(297)続・ママ剣士を求めて出稽古へ!(その3)打つ機会をとらえるための稽古

母と子の剣道日誌(296)続・ママ剣士を求めて出稽古へ!(その2)素振り、きつ〜っ!! より続いています。


やっと、素振りが終わり…
それから後は、子供と大人は分かれての稽古でした。

大人は、後からいらした「副会長先生」から指導をいただきます。
副会長先生は、ご年配の男性で、見るからに段位の高そう(熟練していそう)な雰囲気です(^^)
(私の予想だと、七段くらい?今度聞いてみます(笑))

子供の稽古内容も見てみたかったのですが、自分に指導されているほうに集中していたので、子供が何をやっていたのか全然見られませんでした(^_^.)


大人は私を含めて、全部で4名。すべて初心者から始めた人でした。
私と、ママさんのTNさん、THさんは二段。そして男性のSZさん(初段か二段?)です。


後から来たTHさんは、会社帰りということで、防具を持っておらず、私服での参加です。
セーターを着ていましたが、動いても暑くないのでしょうか?
私はすっごい暑がりで、真冬でも稽古着の中に下着を着ていないくらいなので、セーターを着て稽古なんて、絶対に無理ですが(+_+)
なので、THさんは「打ち込むだけ」で、打たれる側にはなりませんでした。


まずは、副会長先生のお話を聞きます。

「みなさんは、段を持っていますので、全剣連の区分でいくと”初級者”ということになります。
段位を持っていない人は”初心者”です。

初心者なら、”自分が打ちたい時に打つ”でもいいですが、初級者は”打つ機会をとらえて打つ”ということを意識しなくてはなりません。
今日は”どういう時に打つか”ということを学んで欲しいと思います。」

「どういう時に打つか、ということでよく言われるのが”3つの許さぬところ”という教えです。
まずは ”技のおこるところ、いわゆる出頭”です。
そして”技の終わったところ”。尽きたところとも言います。
そして”相手が居付いたところ”です。
その中でも特に重要なのが”出頭”です。
今日はその出頭をとらえる稽古をしましょう



ということで、防具をつけて、二人で組になりまして…
まずは遠間で構え、掛かり手がまずは気合い声を出し、打ち間に入りながら攻める姿勢を見せます。
そこで元立ちが「打つ気配を見せる(少し動く)」のをとらえて、掛かり手が面を打って行く、というものです。

重要なのは、まずは”相手の打つ気配を察すること”
そして”気配が見えたらすぐに打てるような体勢にしておくこと”だそうです。


私もこういう稽古を、自分の会のSZ先生にやっていただいたことがありますが…
なかなか”すぐに打つ”のが難しいですσ(^_^;)

しかし、全員が初心者スタートの方なので、そんなにレベルは大きく違わず…
すぐに打てなかったり、一足一刀になっていなかったり、相手が打つ気配を見せる前につい打ってしまったりと、なかなか上手くいきませんが…
何度かやっているうちに、少しコツがつかめてきました。


私はこの稽古でTHさんと組んだ時に、THさんの気迫に感心しました。
初心者スタートの二段の女性で、対峙した時にここまで迫力がある方は、なかなかいないのでは!?
”攻める気”というか、”圧”を感じるんですよね。
それだけに、少し体に力が入っているようなところもありましたが…
(私も人の事は言えないですが…)
でも、この方はこれからもっと強くなるだろうな〜、と感じました!



相手を変えて一通り回った後に、副会長先生が講評をして下さいました。

私は、せっかく中心を取ってから打っているのに、振り上げている時に竹刀が中心からそれてしまっていると言われました。
「相手の鼻を竹刀で突き上げるようなつもりで、中心に沿って竹刀を振り上げるようにするといいです」
と、教えていただきました。

他にも、副会長先生からは
「帯刀の時、脇にすき間が空かないように構えたほうがいい」
という注意をいただきました。
当会ではそこを注意する先生はいなかったので、私は初めて聞いたことだったのですが、なるほど確かにそのほうがカッコよく見えるかも、今度からそうしよう!と思いました。


稽古は準備運動を含めて1時間半しかないので、このあたりで稽古時間は終了でした。
素振りなどが長かったこともあり”えっ、もう終わり!?稽古のほうをもっとやりたかった”という感じでしたが…。
#素振りのほうは、これ以上は勘弁してほしい、と思いましたけど(笑)


体育館を使う次の団体がいるために、急いで出なくてはならず、先生へのお礼もゆっくりは言えず、防具をしまうのもそこそこに体育館を出て、更衣室に行ってから防具をしまいました。


更衣室では私はTNさんとお話しながら着替えて防具をしまっていましたが…
TNさんにこう聞かれました。

「はなずきんさん、こうやってわざわざ出稽古に来るなんて、本当に熱心ですよね。
なんでそんなに一生懸命、剣道をやっているのですか?」
「そうですね〜、私、本当に剣道が好きなんですよ…愛していると言ってもいいです(笑)
自分が下手なほうだからこそ、もっとやらないと上手くならないと思っていまして。
ミニ大会の時、なんか全然試合できてないなあ、と思って、もっと同じようなレベルの方とやりたいと思ったんですよね。」
「そうなんですか〜、スゴイですね〜!」


確かに、たいして上手くもないママ剣士が(子供とは関係なく)出稽古に行く、というのも、普通はほとんどないんでしょうねえ(笑)。
でも、なかなか、自分の会以外の”ママ剣士”と話す機会はないので、雑談するだけでもとても楽しかったです。こうやってママ剣士の「剣友」が増えて、一緒に稽古する機会が増えるのはいいことかも!と思いました。



こうやって、いろんな先生に教わったり、いろんな方と稽古するのは面白いですね!
特にママさん相手に稽古する機会は非常に少ないので、出稽古に来た甲斐がありました。

また自分の会とは微妙に違う「流儀」や「教え」などなどに触れるのも勉強になりました。
他の会の先生が自分の会に来た時は、ある程度「合わせてくれている」のでしょうから、こうやって別の会の”空気”の中で稽古できる、ということは”出稽古ならでは”だなあ、と思います。


K会のママ剣士さんとは、この後に開催されたミニ大会で対戦したのですが…
その結果はまた後日ということで(^^)



”出稽古にひとりで行く”というのは最初はハードルが高いですけど…
やってみるとかなり楽しいものだということがわかりました。
特に初心者の大人を教えてくれる会に行くと、仲間も増えるし、先生によって教え方もいろいろあって、とても勉強になります!

それにママ剣士は”同胞”が少ないだけあって、ただ行くだけでも、けっこう歓迎してもらえるのも嬉しいところなのでした。



とか書いているうちに、もう3月になってしまいました。
3月はどこに出稽古にお邪魔しようかなあ〜。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 00:16 | Comment(0) | 親子で剣道5剣友会編(三段に向かって) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする