2017年11月11日

母と子の剣道日誌(236)全日本剣道選手権に行ってきました!(その2)いよいよ試合観戦

母と子の剣道日誌(235)全日本剣道選手権に行ってきました!(その1)試合観戦前のあれこれ より続いています。


さて、会場では三回戦が行われていました。
武道館の中央にコートが二面設けられており、そこで試合が行われています。


以前、子供の錬成大会で来た時は…
2F席から子供の試合を見るのが「遠くて小さい」と思っていましたが、今回はあまりそう感じませんでした。
見ている場所は、試合場からの距離としては同じか、むしろ遠いくらいなのですが…。
コートが2面しかなく、すっきりとして上から見やすいせいでしょうか。


子供の錬成大会…特に、全日本少年少女錬成大会の時は、それはもうコート数が多くて、全部で16面ありました。
さすがの武道館もそんなにコートがあるとギチギチで、試合場の外側の線も隣と共有している状態です。
なので、選手たちは微妙にコートに入りながら移動せざるを得ないという…。
もちろん、選手たちの待機場所もすっごく狭いのです。
そんな感じで、視覚的にとてもごちゃごちゃしているので、なんだか見づらくて遠く感じたのでしょうかね。


コートが二面しかないので、周囲の空いているスペースが多いのですが、そのあたりは大会役員や係員席やらアリーナ席になっています。
全日本剣道連盟や、各地方剣連のお偉方や来賓の方なども、たくさんいらっしゃいました。

001_1.JPG
↑これは四回戦以降の会場の様子ですが…
1Fはアリーナ席が写っていますね。


今回は2コートしかないせいで、視覚的にはよく見えたのですが…
でも、やっぱり、上から見ているし遠いので、細かい動きはわかりません。
しかも、同時に2試合やっているので、どちらを見るか迷います〜。

片方を見ていると、もう片方の試合で一本決まってたりして…
動きも技も早いので、ちょっと目を離してしまうと、気づかないうちに試合が終わったりしていました(^_^.)
そんな感じで、三回戦は、あまり見るのに集中できませんでした…。


でも、隣でSG先生が、一本決まるたびに
「今の技は、相手の小手を引いてさばいてから面を打ちに行きましたよね」
などと、解説をしてくれました。
私たちの後ろで、小学生の何人かで見に来ていた子が「あれ、今の技、なんだったの??」と友達同士で話しているのを聞いて、SG先生が解説をしてあげた時もありました。

さすが先生は、この距離から、あの早い技が肉眼で確認できるんですねえ…。
私はもう一度、スローで見せてもらいたい!と思いましたが、そういうわけにもいかず(笑)



そういえば…
私は北海道の安藤翔選手のファンで、今回も安藤選手が出るので、試合を見るのを楽しみにしていたのですが…
以前はかなり上位だったことが多かったので、一回戦や二回戦は勝ってくれるよね!と思っていたのですが、一回戦であっさり負けてしまったそうで…。
前回優勝の勝見選手も、準優勝の國友選手も、二回戦で負けてしまったと聞いてびっくりです。


さて、三回戦が終わり…
大田区剣道連盟の子供たちが「木刀による剣道基本技稽古法」の演武を披露してくれました。

小学校低学年から中学生までの子供たちでしたが…
こんなところに出てくる子たちは、相当強いのでしょうねえ〜。
演武の動きにも、キレがあります。
「日本剣道形」をやらせても、私なんかより上手くできそうな気がする子供たちでしたよ!


「木刀による剣道基本技稽古法」の演武が終わった時点で、15時くらいでした。
大会の進行予定よりも、30分くらい早く進んでいます。
次の4回戦も、早めてやるのかな?と思ったら、
「4回戦は、NHKの放映の都合上、15時半からの開始となります」
というアナウンスがありました。


この日、NHKでは、BSのほうで一回戦から三回戦までを放映していました。
四回戦以降が、NHK(地上波)で放映されることになっています。


私はこの時に、録画予約をし忘れてた!ということに気づき…(遅い〜)
家に電話して、娘にNHK地上波のほうの録画予約を頼みました。
安藤選手が見たかったので、一回戦から三回戦も録っておけばよかったなあ…。


主人は職場でほぼ最初から見ていたようなのですが…
放映中、アナウンサーが試合が終わった時に
「いい相撲でしたね〜」
と言いかけたらしくて、笑っちゃったと言っていました。
それ、聞きたかったなあ。(笑)

ふだん、相撲中継をしているアナが解説していたのですね〜。


でも、剣道では「いい剣道でしたね〜」とは言わないですよね…
言うとしたら「いい試合でしたね〜」ですよねえ。
っていうか、相撲以外では、そういう言い方をする競技はないのかも!ということに気づきました。



次の試合までちょっと時間が空いたので、観客はトイレとか休憩に出ています。
私は着いてからバタバタ試合を見ていて、プログラムをチェックする暇がなかったので、この時間にプログラムを見て、四回戦に出る選手のプロフィールなどを確認していました。


SG先生は、その間、出店が出している武道具屋さんに行っていたようでした。
その武道具屋さんのカタログを見ていて、わからないことがあったので質問しに行ったそうです。

SG先生、実は防具マニアでして…
あちこちの武道具屋さんの防具をよくご存じなのです。
どういう材料を使っているのがいいとか、どれが高いとか、何分刺しのがいいとか、いろいろコダワリをお持ちなのです。こういう時にはあちこちの武道具屋さんが、わりとたくさん出ているので、いろいろ出店を見て回っていたようです。


私は防具の違いに興味はあるけど、実際にはめったに買えない(最初に買ったものを使っていて、一回も買い替えたことはありません)ので、さほど詳しくないのですが…
SG先生はそのあたりに詳しいし、やや高い防具を使っているので、いろいろ話を聞くと勉強になるし楽しいのですよね。

当会では、防具のつくりについて一番詳しいのはSG先生ですね。
他の方は(先生でも)そこまで防具にこだわっている方はあまりいないようです。

私は、次に買う時があれば、今のよりはいい防具が欲しいです。
私の防具は質がいい悪いという以前に、サイズが合ってないのが一番問題なのですが。
(その話も後日書きます〜)



そして…
いつのまにか、二面あったコートラインははがしてあり、中央にひとつのコートが作り直してありました。
(コートのラインは、ラインテープという貼ったりはがしたりしやすいテープを使用しています)


しかしこの全日本剣道選手権のコートは、広いですよねえ…
私が出ている市大会のコートよりけっこう広い印象です。


全日本剣道連盟の「剣道試合・審判規則」では

”試合場は、境界線を含み一辺を9メートルないし11メートルの、正方形また長方形とする。”

とありますが、このコートは最大の11メートル四方なのでしょうね。
市大会の時は9メートル四方なのかな。
錬成大会のコートは8メートル四方だったので、それと比べたら、面積はほぼ倍ですよ!(笑)




さて、15時半になり、いよいよ四回戦が始まります。


って、今回もほとんど試合の話はないじゃないですか!(笑)
次回以降も、私が見ていた範囲の話ですから…たいした内容は書けないのですけど。

(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 11:01 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする