2017年09月15日

母と子の剣道日誌(213)叱咤、激励。

ちょっと前のことですが…
8月の終わりの、水曜日の大人稽古の時のことです。


この日は、暑さがぶり返した日で…
かなり暑かったせいで、子供の元立ちだけでもけっこう疲れてしまっていました。
なので、大人の自由稽古のほうは、そんなに気合いを入れなくてもいいかな…と思っていました。


まずは切り返し、面打ちなどの基本稽古を軽くしたのですが、それだけでも疲れてしまいました。
面を外して水分を取って一休みして、残りの時間をどうしよう…
と思ってKD先生(年配の女性の先生)のところに行ったら、
「(大人担当の)N先生のところに、かかっていかないと!」
と言うので、N先生のところに行きました。


N先生はいつもは、私相手には、そんなにキツイことはやらせません。
息が上がるくらいまでは休まずやらされますが、私がN先生と立ち合った時に、徹底的にしごかれたことは、今まではほぼ、なかったように思います。

体力がありそうな若手男性には、かなりキツイ稽古もやらせていますが、
私に対しては、体力レベルを考えて、手加減してくれているんだな…と思っていました。
ところが、この日のN先生は、けっこう厳しかったのです。


「後ろ足に重心がかかって立っているので、とっさに打って出れていない。」
また、
「打った後に休んでしまっている、すぐに残心を取らないと」

と言われ…


何度も「先生が打突部位を開けたらすぐ打つ」「打ったらすぐに残心を取る」という練習をやらされました。


しかし、すでに暑さで消耗していて動きが鈍く、足もとっさに動かなくなっています。

「まだまだ!全然できてない!」

「前に重心をかけておく!開けたらすぐ打つ!もう一回!」


私は、気合いを入れてなんとかやろうと思っているのですが、息は上がってきているし、足も疲れていて気持ちについていかないのです。

そうこうしているうちに、大人稽古の終わりの時間が近づき、他の組は全員稽古を終わって、立ち合っているのは私とN先生だけになってしまいました。
周囲で見守っているのは高段者ばかりでした。
その中でN先生の私への檄が飛びます。


周囲の方からも応援の声が飛びますが…
もう、息は相当上がっていて、かなり苦しいのです。
先生が相手でなかったら「すみません、ちょっと休ませて下さい」と言いたいくらいの苦しさです。


言われたようにやりたいのに、どうしても体が思うように動きません。
もう、終わるべき時間は過ぎてしまっているし、私の体は今はこれ以上動かないとN先生は思ったのでしょう。

「しかたない、これで終わり!
全然、できてないけど、しょうがない」


と、N先生に言われてしまいました。


できてないけど、それよりも、やっと、終わった…、
とほっとしましたが、この時は相当、苦しかったです。

すぐに最後の整列をしたのですが、やや過呼吸ぎみで、隣の人にゼーゼー、ヒューヒューと言う呼吸音がはっきりと聞こえるくらい、激しく呼吸をしている状態でした。

このまま倒れるんじゃないかと思ったくらいですが、なんとか「黙想」中に過呼吸は収まりました。
しかし、こんなに苦しい稽古をしたのはひさしぶりでした。


先生にやれと言われたことが全然できなかった。
悔しい…
と、この時は思っていました。


でも、後から考えたら…
ここまで言ってもらえるということは、私が前よりはできるようになっているからではないか、と思ったのです。


今まであまり厳しく言われなかったのは、私がまだ注意されるようなレベルではなかったからではないか。
厳しく注意してもらえるということは、まだこれ以上やれると思ってくれたからではないのか。
そう感じたのです。



秋の大会まで、あと一か月もないのです。
少しでも勝てるように、強くなるように、と、N先生は厳しくアドバイスしてくれているのではないか…と思いました。




その次の週の水曜日のことです。

この日は比較的涼しかったのですが、大人稽古に出ている人はかなり少なく…
全部で8人くらいしかいませんでした。


たまたま空いていたMK先生に基本稽古の相手をしていただいて、他は高段者ばかりで、私の相手をするのにちょうどいい方がいなかったのです。

そして、いつも人気の(立ち合いを希望する人が多い)N先生のところにも、人が並んでいません。
先週「全然できてない」と言われたまま、N先生とは立ち合っていなかったので、また、N先生にかかることにしました。


N先生に私の前にかかっている方が終わるまでの間、先週注意された
「重心を前に置いておく」「すぐにかかっていけるようにする」「打った後、気を抜かないですぐ残心を取る」
というのをもう一度口に出して確認していました。


今度はそれに気をつけて、かかります!
しかし、今まで、あまりできていなかったことをやろうとしているわけですから、難しいです…。


前に重心をかけるように気を付けているのですが、なかなかすぐ打ちに行けません。
小手を開けてくれたのに、面を打ちに行ってしまったりして
何度も「よく空いているところを見て打つ!」と注意されました。

でも、先週よりはマシなタイミングで打てた、でしょうか?
この日は、先週ほど厳しくはされず、ある程度やったら「終わり」となりました。

そんなにしっかりできていたわけではないのですが、少なくとも、私が「すぐに打って出られるようにしよう」と意識してやっている事は伝わったのかな、と思いました。



水曜日の大人稽古の終了は、夜の9時過ぎです。

稽古が終わって、黙想した時…
シーンとなった体育館に、リーン、リーン…と秋の虫の声が響き渡りました。

しばしの静寂と…虫の声。
汗はまだにじみ出て、額を伝わってきていますが…
気持ちが落ち着いてきます。

ああ、いいなあ、この時間。

私はこの時間が好きで、剣道をやっているんだなあ、といつも思います。
「修業を終えた」という感じがあるのが好きなんですよね。


黙想を終え、体育館の上の窓閉めをします。
窓から、涼しい風が入ってきていて、熱くなった体に心地いいです。
ふと外を見ると、沈んでいこうとしている上弦の月が見えていました。
もう、秋の月の色です。

暑い夏が終わり、稽古にいい季節になってきたなあ、と思いました。


秋の大会までもう少し。
公式戦では勝てたことが1回しかない私ですが、それでもがんばりたいな。
でも、もう少し脚力を強化しないと、とっさに打って出れないな。

体の調子が悪かったり、暑かったり、雨だったりで、少しサボり気味だったランニングを再開して、大会までにもうちょっと脚力をつけよう!と思った…
夏の終わりの稽古でした。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 15:12 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする