2017年09月19日

黒いリュックの研究(その2)ネット通販と実店舗で探してみた

黒いリュックの研究(その1)私の欲しいリュックの条件 より続いています。


さて…
私は、一旦「買いたい」スイッチが入ると、とにかくそのアイテムを調べまくります。
いろんなお店をのぞいたり、ネットショップで見たり、ネットのまとめサイトを見たり…


そういえば、ユニクロにも黒リュックがあった、ということを思い出しました。
サイドポケットがなかったので候補から除外していたのですが、たまたま売り場のマネキンがしょっているのを見たら、なんかこれ、想像していたよりカッコいいんじゃない?と思ったので、いちおう試着してみたのですが…

ユニクロ バックパック

あれ、私がしょうと、マネキンのイメージとは違うなあ。
思ったより小さくて、背中側から見ると「すいている感じ」がします。

そもそも、荷物の容量(18リットル)が、私にとっては少し小さいようです。
暑がりで、小物で体温調節をすることが多い私は、よくストールとかはおり物を入れるので、カバンにはある程度の大きさが必要なのです。
おそらく20-25リットルくらいがちょうどいいのではないかと。
ユニクロのリュックは、外ポケットも薄くてあまり物が入らない感じですね。

というわけで、ユニクロのリュックはやっぱり×です。



こんなにいろいろ条件があるのなら、ネットで探したほうがいいかも?と思い…
でも、試着してみないと合うどうかわからないので、「返品できるショップで買う」ということで探してみたのですが…

ネットで検索したら、「おしゃれな黒リュック」のまとめ記事がいくつかあったので、黒リュックはそこそこ流行っているのでしょうか?
私は主に下記の記事を参考にしてみました。

《定番&人気》シンプルな黒リュックまとめ【リュック女子/通学/普段使い】



まず気になったのがこれです。

[アウトドアプロダクツ] デイパック DAY PACK  A4サイズ対応 452U BLACK -
[アウトドアプロダクツ] デイパック DAY PACK A4サイズ対応 452U BLACK -

王道の「アウトドアプロダクツ」のものです。
定番すぎかもしれませんが、見た目はかなり好きなんです。
が…サイドポケットがついてないので、やっぱり×。


他にも「見た目は好きなのに、サイドポケットがないから×」なものが、いっぱいありました。

[イーストパック] リュック OUT OF OFFICE EK767 154 ネイビー -
[イーストパック] リュック OUT OF OFFICE EK767 154 ネイビー -

イーストパックは、米国陸軍向けのダッフルバッグ、バックパックの製造からスタートした会社です。
お値段はそこそこしますが、シンプルで丈夫そうな商品が多いです。
しかしサイドポケット付のリュックはほぼありませんでした…。


[ペンフィールド] リュック Basic Backpack PFB-000-163001 Black Black -
[ペンフィールド] リュック Basic Backpack PFB-000-163001 Black Black -

ペンフィールドはアメリカのアウトドア系アパレルメーカーで、製品は丈夫そうです。
でも、日本で扱っている商品の種類はあまり多くないようですね。


リュック MEI メイ エムイーアイ リュックサック デイパック バックパック カジュアル ベーシック メンズ レディース 通勤 通学 アウトドア MOUNTAIN EQUIPMENT INC. - バッグ リュック 財布のベレッツァ
リュック MEI メイ エムイーアイ リュックサック デイパック バックパック カジュアル ベーシック メンズ レディース 通勤 通学 アウトドア MOUNTAIN EQUIPMENT INC. - バッグ リュック 財布のベレッツァ

MEIもアメリカのアウトドア用品メーカーで、シンプルなものから、カラフルなものまでさまざまなバックパックを作っています。



いろいろとリサーチしてみて…
シンプルなデザインのもの、という条件で探すと、サイドポケット付のものがかなり少ないということがわかりました。
しかしサイドポケット有りがいい、というのは、実用的には譲れないところです。
私はリュックを使っている時は必ずサイドポケットを活用しているからです。

「トートに比べて物の出し入れがしづらい」というリュックの欠点を補うのが、外ポケットの存在なのです。



さらにあちこちネットショップを見て、やっと私の好きな形で、サイドポケット付のものを見つけました。
しかもセールで安くなってる!(元値はけっこう高いですが)

【40%OFF】ドリフター クラシック パック 米国製 コーデュラナイロン CORDURA NYLON Drifter CLASSIC PACK DF1460 バックパック デイパック リュック 鞄 - ココチヤ
【40%OFF】ドリフター クラシック パック 米国製 コーデュラナイロン CORDURA NYLON Drifter CLASSIC PACK DF1460 バックパック デイパック リュック 鞄 - ココチヤ

この「ドリフター」もアメリカ製ですね。
私が今回目をつけたものは、ほぼアメリカのメーカーのものかも…。

ついでにバックパックの歴史も調べてみたのですが、もともとは山登りの用品としてアメリカの「ケルティ」社が作ったものだったのです。
気軽に背負えるカバンの意外な事実って? – 「デイパック」の教科書
なるほど、発祥の地であるアメリカ製の商品が多いわけですね。


さて、このドリフターのデイパックですが…
これは、なかなかいいんじゃないだろうか…と思って買ってみました。
届いたのを見て「うん、デザインはなかなか好み」と思いました。

が、試着してみて…
「これは、ちょっと大きいかも」
と思いました。

男性にはいいサイズのような気がします。
しかし、女性としては大きめの私にも、ちと大きいのです。
背中にがっつり乗っかってる感じで、このボリューム感では「買出しのおばちゃん」ですよ(^_^.)

買う前に、手持ちのリュックを測ってサイズを比べた時は、通販サイトにあるこのリュックのデータとそんなに変わらない大きさだろう、と思ったのですが…
しかし、手持ちのリュックよりかなり大きく感じます。

大きく感じる原因は、マチが広いことのようでした。
下のほうだけでなく上のほうのマチも広いので、しょったときに横から見ると、けっこう角ばった感じになるのです。
これは返品ですねえ。



う〜ん、サイズ感とかシルエットを写真とデータだけで見極めるのって難しいですね。
(私が細かいことにうるさすぎるんでしょうけど…(笑))
やっぱり通販だと限界があるかも…。

と思い、また実店舗巡りに戻ることにしました。



それからもさんざん調べましたが、「サイドポケットのあるリュック」ってあまり多くないのです…
アウトドアメーカーのリュックは外ポケットがついているものが多いのですが、そういうのはだいたいポケットや金具などがすごく多くてアウトドア色が強く、今回探しているシンプルな感じではないものが多いんですよね。
特に、メッシュポケットがついていると、とたんにアウトドア色が出てくる感じがするので、外ポケットはメッシュじゃないほうが良さそうです。


前から、アウトドアメーカーにしてはシンプルでオシャレな製品が多いな〜と思っていた、カリマーのリュックを調べたら…
(ちなみに、カリマーはイギリスのアウトドアブランドです)
ありましたよ、メッシュじゃないサイドポケット付で比較的シンプルなものが。
VT day pack F というものです。

karrimor / カリマー VT デイパック F / VT DayPack F(リュック バックパック リュックサック)【あす楽_土曜営業】送料無料 ポイント10倍 - 東京ラウンジ バッグ・小物のお店
karrimor / カリマー VT デイパック F / VT DayPack F(リュック バックパック リュックサック)【あす楽_土曜営業】送料無料 ポイント10倍 - 東京ラウンジ バッグ・小物のお店

このモデルは、黒以外の色のリュックはかなりカラフルで、付属しているベルトなども目立つのですが、黒だとそんなに付属品の主張が強くありません。
こんなにポケットやコンパートメントなどついていなくてもいいのですが、外見はシンプルなのでまあいいかな。
ネットの写真で見る限りはかなり私の条件に近いようなので、これを置いていそうな実店舗に見に行きました。


あった、ありました。
さっそくしょってみました。

あれ、思っていたよりアウトドアっぽい雰囲気が強いですね。
表面についている黒い布ベルトが、案外主張をしています。
あと全体の大きさはちょうどいい感じなのですが、背後の正面についている外ポケットが深すぎて、使いづらいかも。
う〜ん、これは希望とは違うかなあ。

それの隣に置いてあった、同じカリマーの「セクター18」というのも似たような大きさなのでしょってみました。

Karrimor/sector18(セクター18)【BLACK】カリマー/リュック・ザック・アウトドア 【RCP】☆ - クレブスポーツ通販事業課
Karrimor/sector18(セクター18)【BLACK】カリマー/リュック・ザック・アウトドア 【RCP】☆ - クレブスポーツ通販事業課

ぱっと見た目はアウトドア色が強いデザインですが、しょってみた時に、後ろから見た感じはそうでもありません。
おお、これはいいかも?と思ったのですが…
肩ベルトの胸部分を固定するフックがしょった時に前から見えるのですが、ここがけっこう目立つのです。

ボーイッシュな服装の時ならこの金具(プラスチックですけど)はいいのですが(本当はこういう部品は私は好きなんですが)、ワンピとかブラウスの胸元に、この金具ガッチリ感があるリュックはどうなの〜?
あと、肩ベルトの一部にメッシュ生地が使われていて…そこでもけっこう、アウトドア感が出ています。


いわゆるアウトドアのメーカーのリュックだと、シンプルなデザインのものでも、この胸部分の金具がついているものが多いようです。
でも、しょった時に肩ベルトの胸の部分は一番目立つ場所なので、結局そこが一番気になって、買いませんでした。


(続く)


↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション
posted by はなずきん at 08:54 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

黒いリュックの研究(その1)私の欲しいリュックの条件

私が今、いいなと思っている服。 で書いたのですが、私は黒いリュックが欲しくて最近ずっと探していました。



先日のブログで「こういうのが欲しい」と書いて紹介したのは、無印良品の新作黒リュックでした。

無印良品 サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック 黒

以前から似たような商品が出ていたのですが、使い勝手を良くしてリニューアルしたものが最近発売になったのだそうです。

私は心の中ではもうほぼ「これがいい、これにしよう」と思って、無印の店舗に行きました。
しかし、実際にしょって鏡で見てみたら…


「私の欲しい黒いリュック」とは何かが違う、と思ったのです。



私はバッグを買う時は、必ず「実際に持った状態」を鏡で見てみます。
私にとって、バッグは実用品であると同時にファッション小物なので、自分が持った姿を鏡を見ないで買う、ということはありません。


まず、自分がこのリュックをしょった状態を鏡で見て

「地味だな〜…」

という印象を受けました。

そりゃまあ、シンプルなものを選んだんだから、多少は地味に決まっているのですが…
でも、想像以上に地味だったのです。


私は他人が街中で黒いリュックをしょっているのを見て「ああいうの、いいな」と思って欲しくなったわけですが…。
その「いいな」というのはどういう部分だったのか。

私はリュックのスタイルがもともと好きなのですが、今回「黒がいい」と思ったのは、今の手持ちのリュックのひとつがアウトドアっぽい派手柄で、合わせる服を選ぶからです。
あとひとつのリュックは無地のえんじ色で、色柄としては派手ではありませんが、形が縦長で山登りザックっぽく、スカートやワンピにはミスマッチなのです。
なので、いろんな服に合わせやすい色のリュックがあるといいなと思ったのです。
単に、ぱっと見た感じで、黒がいいな〜と感じたのもありますが。



しかし…黒がいいと言っても、無印のリュックはロゴも何もない、本当に黒一色なのです。
ファスナーの持ち手も黒、ベルトもオール黒で、ファスナーなどの金属部分すらほぼ見えず、ぱっと見た感じ、黒以外の部分が見当たりません。

なかなかここまで真っ黒のリュックは珍しいと思います。
そのシンプルさが人気で、売れ筋の商品ではあるらしいのですが…
その「シンプルすぎ」なところは、私の好みとは微妙に違う気がしました。


無印からの帰り道、あらためて「私が欲しいリュックの条件」について考えてみました。
メンズっぽい格好にも、ロングスカートやワンピにも合うもの…ということで考えてみて…。


@色は黒。
レディースっぽいファッションでも、メンズっぽいファッションでも合わせやすいからというのもありますが、そもそも「黒リュックがイイ」と感じたから欲しくなったので、これは絶対条件です。
私は今まで茶系の小物が多かったのですが、最近は黒のほうが似合う気がするという理由も。

A素材は革や合皮や綿ではなく、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維のもの。
革や合皮だとやや重くなるので扱いづらいのです。また、革は印象がフォーマルになりますが、それは今回の欲しいイメージと違います。
テカテカした合皮もちょっと違うかな。
綿のリュックは質感は好きなんですが、使用感が出やすく、長期間使うのには向いてない気がするので除外。

B全体の形は、メンズっぽすぎたり、もろにアウトドアっぽいものは除外。
「ギア」と言ったほうがいいような、メンズっぽいゴツイアイテムは大好きなんですが、それだと合わせる服を選ぶので。
でかすぎる、たくさん外ポケットがついている、ファスナーなどの金具が目立ちすぎるモノも×です。

C黒一色で何もポイントがないものは、私には地味だと感じるらしい。
派手な模様や文字が入って目立っているのはNGですが、ちょっとしたロゴやマークなどが入っているか、金具がポイントとして映えるものがいいです。

D容量は、小さくもなく大きすぎもしないもの。
私はやや大荷物系なので、20リットルくらいが適当のようです。
ファッション的には、背中にしょった時に、背中がすべては覆われない程度だけれど、ほどほどのボリュームがあってほしい。
片側にかけることもあるが、両方でしっかりしょった印象が大事。

E外ポケットは最低ひとつ、さらにサイドポケットがあるものがいい。
よく飲み物を持ち歩くし、スマホも外ポケットに入れることがほとんどなので、サイドポケットはついているものがいい。
見た目的にも、全く外ポケットがないものはのっぺりして地味に感じます。

F前から見て、肩ベルトが「ほどほどに太い」ものがいい。
そもそも私は「学生っぽい雰囲気のファッション」(大学生男子のような)を見て、リュックが欲しくなったので、しっかり、リュックの肩ベルトを両方にかけてしょっている状態が好きなようです。
肩ひもが細いと「大人の女性」っぽくなってしまうし(私は大人の女性じゃないのか!?(笑))太すぎるとビジネスとかアウトドアっぽくなりすぎるようなので、適度な太さのあるものがいいです。

G価格は高すぎず、安すぎなければいい。
3000円〜15000円くらいの範囲内で。
そこそこ耐久性のあるものを選びたい。



って、めちゃくちゃ条件がいろいろありますね〜(笑)

「ただ好きなデザイン」というだけなら、もう少し緩くてもいいのですが、この年齢の女性が、いろんなシーンで使えるもの…ということを考えるとけっこうタイトな条件になってしまうのです。
カジュアルだけどカジュアルすぎない、そのさじ加減が難しいのですね。


そんなことを考えながら、街を歩く人がしょっているリュックを観察してみました。

あらためて見てみると、黒リュックを背負っている人はかなり多いのですね。
とはいえ「無難だから黒を選んだんだろうな」という感じで、ファッションとは無縁の「全くの実用品」として持っている方も多いようです。

まあ、どこに行っても黒いリュックって売ってますからね。
ホームセンターとか、スーパーの洋服売り場とかでさえ。(笑)
「おばちゃんの買出し用」「おじさんの何も考えてない楽ちんスタイル」「ビジネスマンの仕事用」って感じのものも多いですよね。

ああ、そういえば、ファッションの「フ」の字もない、うちの主人もちょっと前まで安っちい黒リュックでしたね。確か1000円くらいのもので、すぐボロボロになったのに、それでもしばらく使っていたという…。
あれはお世辞にもオシャレとは言えなかったですが…。


でも、「ああ、これがカッコイイとか、自分に合うと思って選んだんだろうな」という方も多いですね。
特に、若い方は女性も男性もけっこう考えて買っている感じがしました。
今の30代以下くらいの人って、私たちの年代(アラフィフ以上)に比べると、ファッション感度が高いですよねえ。そんなにオシャレに力を入れてない人でも、最低限はこなせてるという感じがします。


(続く)


↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション
posted by はなずきん at 13:49 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

母と子の剣道日誌(214)気剣体を一致させるには…?

約一年前に書いた母と子の剣道日誌(123)初段に向かって打て!(5)審査直前に、やっと手ごたえが。の中で、私は「打つコツがわかったような気がする」と私は書いていました。

確かに、この後から、面に当たる確率は以前よりも高くなったと思っています。
ですが…
いざ、試合稽古の時になると、なかなか「一本」が取れないのです。


一本が取れない…というのは、全く当たってないわけではないのです。
自分では「ばっちり当たった!」と思っているのに、審判(といっても部内の方ですが)に一本と認めてもらえない、のです。
いったい、何が不足で一本にならないのだろう…と、最近ずっと悩んでいました。


もうすぐ秋の大会なので、先日の大人稽古は試合稽古でした。
しかしやっぱり、当たっているのに一本にならなかった、と思った事が何回かあって。


先日の日曜の稽古が終わった後、大人担当のN先生に、どこが悪いのか聞いてみました。
すると
「確かに、打突部位に当たってる時はあるんだけど、気剣体が一致してないんだよね」
と。

「基本稽古の時はちゃんと打ててるんだけど、試合になると固くなっちゃって、姿勢が悪くなってるんですよ。
稽古の時に打つような感じで、試合でも打つようにするといいと思いますよ」

「あとは、打ち切ってないんだよね。打って止まっちゃうのは良くないね。もっと思い切っていかないと」



う〜ん、なるほど、”気剣体の一致ができてない”のか…。
あとは、”打ち切る”か…。


なるほどね、と思って、その次の稽古から、それを意識するようにしました。
打った後に抜けるように心がけたり、残心を取るように気を付けたり…。
それでもやっぱり、私が打ったものは一本にならなかったのです。


いったい、何を意識すれば「気剣体が一致」するのだろうか?
悩みは深まるばかりでした。



その次の水曜日の稽古の時のことです。

「神戸のおばちゃん剣士」KDさんが、ひさしぶりに来てくれました。
なんでも、しばらくずっと体調を崩していたそうで…。
まだそんなに調子は良くないのだそうですが、それでも来るなんて、KDさん、ホントに剣道がやりたいんだなと思いました。

私なんかは、自由稽古の時は、疲れて足が動かなくなるとつい休んでしまうのですが、KDさんは、時間いっぱい、他の剣友会の段位の高い男性などとも立ち合っているのです。
いろいろお忙しいようで、稽古回数はそんなに出て来れてはいないのですが、出てきた時はかなりがんばっています。そのバイタリティとチャレンジ精神には、私はとてもかないません。


その日の大人の自由稽古の時間の最初に、KDさんと基本稽古をやりました。
この日は子供が少なかったせいで、子供稽古の時間に大人も一緒にけっこうがっつりやったので、体慣らしはもう必要ありません。

切り返しをお互いやった後
「はなずきんさん、何かやりたいことありますか?なんでもお付き合いしますよ」
とKDさんが言ってくれたので
「気剣体が一致してない、というのをどうにかしたいんです」
と、これまでの経緯の説明をしました。

「じゃあ、面を打ってみてください」
とKDさんに言われ、地稽古に近いような状態で、お互い間合いを取り合ってから面を打ってみました。

「どこがマズイんですかね?」
「そうですね〜、足が先に出てないんじゃないですか。
当てよう、と思うあまりに、手が先に出てしまって姿勢が前のめりに崩れているんです。
”まず足から”を意識して、もう一度やってみてください」


「足から出る」稽古は、基本稽古ではいつもやっています。
でも、そういえば…いざ、地稽古や試合稽古になると、そこがすっぽり抜けていたかも…。
なまじ、手を引きつける癖が治って面が当たるようになった、と思っていたせいで、足がおろそかになっていた、のでしょうか。


今度は”足から”を意識して、やってみました。


「そうですよ、はなずきんさん。今の感じですよ!」


最初に構えた時の立ち姿勢については、私もいつも気をつけてはいました。
できるだけ前傾しないよう、まっすぐ立つように心がけていたのですが…
いざ打つ瞬間になった時に、手だけを出してしまっていた、ということでしょうか。

その後しばらく「足から」を意識して、KDさん相手に稽古させてもらいました。
なるほど、確かに…意識しない時よりは、姿勢がマシになった気がします。


そうか、そうだったのか!
言われてみれば「すごく基本的なこと」だったのです。
前はそれをかなり意識してやっていた時期があったのですが、最近すっぽり忘れていたようです。
そういうの、自分ではなかなかわからないものなんですね。



「KDさん、ありがとうございます。いい事、教えていただきました。
初段受審の直前の稽古でも、KDさんには的確なアドバイスをもらって本当に助かったのですが、今回もまたKDさんに助けられた気がしますよ

「いやいや、私なんてそんな、大したこと言ってないですよ。(←いつも超謙遜するキャラです(笑))
でも、はなずきんさんのお役に立てたのなら、良かったです」



その後、私との稽古を終えたKDさんは、「頼りになる弟」IDさんと立会いをしてがんばっていました。


私は時間が中途半端になってしまったのと、ちょうどいい相手が空いていなかったので、それで自由稽古を終えて、体育館の上の窓を閉めに行ったのですが…
窓のある位置からは、みんなが稽古しているのがよく見えるのです。


この人たちはみんな、剣道が好きでやりたくて、ここにわざわざ来て、がんばってるんだよね。
やる気のある人が、がんばっている光景を見れるのは、嬉しい。
そう感じる私も、本当に剣道が好きなんだなあ…
ここで剣道ができて、幸せだな。

…そう、思いました。


そろそろ、大人稽古は終わりの時間です。
私の大好きな黙想をするために、早く窓閉めを終えて下に戻らないと。


そして、整列、着座のあと…
SZ先生が
「姿勢を正して…、黙想ーツ!!」
と、張りのある掛け声をかけます。


私、SZ先生のこの掛け声、特に好きなんです。
大人稽古の時間にしか聞けない、ひそかな楽しみです。


今日も、楽しくて、ためになる稽古だったな。
KDさん、本当にありがとう。
…そう、黙想の時に考えていました。



いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 14:06 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

母と子の剣道日誌(213)叱咤、激励。

ちょっと前のことですが…
8月の終わりの、水曜日の大人稽古の時のことです。


この日は、暑さがぶり返した日で…
かなり暑かったせいで、子供の元立ちだけでもけっこう疲れてしまっていました。
なので、大人の自由稽古のほうは、そんなに気合いを入れなくてもいいかな…と思っていました。


まずは切り返し、面打ちなどの基本稽古を軽くしたのですが、それだけでも疲れてしまいました。
面を外して水分を取って一休みして、残りの時間をどうしよう…
と思ってKD先生(年配の女性の先生)のところに行ったら、
「(大人担当の)N先生のところに、かかっていかないと!」
と言うので、N先生のところに行きました。


N先生はいつもは、私相手には、そんなにキツイことはやらせません。
息が上がるくらいまでは休まずやらされますが、私がN先生と立ち合った時に、徹底的にしごかれたことは、今まではほぼ、なかったように思います。

体力がありそうな若手男性には、かなりキツイ稽古もやらせていますが、
私に対しては、体力レベルを考えて、手加減してくれているんだな…と思っていました。
ところが、この日のN先生は、けっこう厳しかったのです。


「後ろ足に重心がかかって立っているので、とっさに打って出れていない。」
また、
「打った後に休んでしまっている、すぐに残心を取らないと」

と言われ…


何度も「先生が打突部位を開けたらすぐ打つ」「打ったらすぐに残心を取る」という練習をやらされました。


しかし、すでに暑さで消耗していて動きが鈍く、足もとっさに動かなくなっています。

「まだまだ!全然できてない!」

「前に重心をかけておく!開けたらすぐ打つ!もう一回!」


私は、気合いを入れてなんとかやろうと思っているのですが、息は上がってきているし、足も疲れていて気持ちについていかないのです。

そうこうしているうちに、大人稽古の終わりの時間が近づき、他の組は全員稽古を終わって、立ち合っているのは私とN先生だけになってしまいました。
周囲で見守っているのは高段者ばかりでした。
その中でN先生の私への檄が飛びます。


周囲の方からも応援の声が飛びますが…
もう、息は相当上がっていて、かなり苦しいのです。
先生が相手でなかったら「すみません、ちょっと休ませて下さい」と言いたいくらいの苦しさです。


言われたようにやりたいのに、どうしても体が思うように動きません。
もう、終わるべき時間は過ぎてしまっているし、私の体は今はこれ以上動かないとN先生は思ったのでしょう。

「しかたない、これで終わり!
全然、できてないけど、しょうがない」


と、N先生に言われてしまいました。


できてないけど、それよりも、やっと、終わった…、
とほっとしましたが、この時は相当、苦しかったです。

すぐに最後の整列をしたのですが、やや過呼吸ぎみで、隣の人にゼーゼー、ヒューヒューと言う呼吸音がはっきりと聞こえるくらい、激しく呼吸をしている状態でした。

このまま倒れるんじゃないかと思ったくらいですが、なんとか「黙想」中に過呼吸は収まりました。
しかし、こんなに苦しい稽古をしたのはひさしぶりでした。


先生にやれと言われたことが全然できなかった。
悔しい…
と、この時は思っていました。


でも、後から考えたら…
ここまで言ってもらえるということは、私が前よりはできるようになっているからではないか、と思ったのです。


今まであまり厳しく言われなかったのは、私がまだ注意されるようなレベルではなかったからではないか。
厳しく注意してもらえるということは、まだこれ以上やれると思ってくれたからではないのか。
そう感じたのです。



秋の大会まで、あと一か月もないのです。
少しでも勝てるように、強くなるように、と、N先生は厳しくアドバイスしてくれているのではないか…と思いました。




その次の週の水曜日のことです。

この日は比較的涼しかったのですが、大人稽古に出ている人はかなり少なく…
全部で8人くらいしかいませんでした。


たまたま空いていたMK先生に基本稽古の相手をしていただいて、他は高段者ばかりで、私の相手をするのにちょうどいい方がいなかったのです。

そして、いつも人気の(立ち合いを希望する人が多い)N先生のところにも、人が並んでいません。
先週「全然できてない」と言われたまま、N先生とは立ち合っていなかったので、また、N先生にかかることにしました。


N先生に私の前にかかっている方が終わるまでの間、先週注意された
「重心を前に置いておく」「すぐにかかっていけるようにする」「打った後、気を抜かないですぐ残心を取る」
というのをもう一度口に出して確認していました。


今度はそれに気をつけて、かかります!
しかし、今まで、あまりできていなかったことをやろうとしているわけですから、難しいです…。


前に重心をかけるように気を付けているのですが、なかなかすぐ打ちに行けません。
小手を開けてくれたのに、面を打ちに行ってしまったりして
何度も「よく空いているところを見て打つ!」と注意されました。

でも、先週よりはマシなタイミングで打てた、でしょうか?
この日は、先週ほど厳しくはされず、ある程度やったら「終わり」となりました。

そんなにしっかりできていたわけではないのですが、少なくとも、私が「すぐに打って出られるようにしよう」と意識してやっている事は伝わったのかな、と思いました。



水曜日の大人稽古の終了は、夜の9時過ぎです。

稽古が終わって、黙想した時…
シーンとなった体育館に、リーン、リーン…と秋の虫の声が響き渡りました。

しばしの静寂と…虫の声。
汗はまだにじみ出て、額を伝わってきていますが…
気持ちが落ち着いてきます。

ああ、いいなあ、この時間。

私はこの時間が好きで、剣道をやっているんだなあ、といつも思います。
「修業を終えた」という感じがあるのが好きなんですよね。


黙想を終え、体育館の上の窓閉めをします。
窓から、涼しい風が入ってきていて、熱くなった体に心地いいです。
ふと外を見ると、沈んでいこうとしている上弦の月が見えていました。
もう、秋の月の色です。

暑い夏が終わり、稽古にいい季節になってきたなあ、と思いました。


秋の大会までもう少し。
公式戦では勝てたことが1回しかない私ですが、それでもがんばりたいな。
でも、もう少し脚力を強化しないと、とっさに打って出れないな。

体の調子が悪かったり、暑かったり、雨だったりで、少しサボり気味だったランニングを再開して、大会までにもうちょっと脚力をつけよう!と思った…
夏の終わりの稽古でした。

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 15:12 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

母と子の剣道日誌(212)新人ママ剣士、入会!

ひさしぶりの剣道の話題です。

夏休み後半は、富士登山の話で書いたように、肋間の筋肉を痛めて稽古を休んでいたり…
他にも家の外出の用事で稽古を休んだのもあったので、私にしては欠席が多かったほうでした。


ところで…
夏休み最後の日曜日に、我が家が主人の妹夫婦と一緒にバーベキューに行って稽古を休んでいた日に…
当会に、新しい方が入ったのです!

その次の水曜日の稽古の時に、その親子に初対面をしたのですが、
お子さんは、4年生のボーイッシュな女の子「HMちゃん」
それと、HMちゃんのお母さん、背が高くて筋肉質の「MYさん」が…
ふたりで一緒に剣道を始めるということなのです!


去年は入会ラッシュだったのに、今年は新入会員が1人も入っていなかった当会。
8月末になってやっと、本年度第一号の入会者です!



実は、そのちょっと前に、現在の副会長THさん(女性)が、
「私も剣道を始めることにしたんです。よろしくお願いします」
と言ってきてびっくりしたのですが…

副会長THさんのお子さんは、現在5年生の女の子、SNちゃん。
3年生の時に入会して、それからめきめきと上手くなって、今は対外試合でもわりと勝っています。

THさんはフルタイムで働いていて、お子さんも4人いて、とても忙しいとのことだったので、今までは誘われても「私は剣道はちょっと…」と言っていたのですが、副会長になってからは毎回のように稽古に来るようになったので、見ているだけよりも体を動かしたくなった、ということでした。

実は副会長=今年の合宿係さん、でもありまして…
そういえば、合宿で待機している時に、THさんは先生から素振りを教わってちょこっとやっていたのですが、そのあたりからやりたいと思っていたのかもしれませんね。

THさんは、学生時代はバリバリのバスケ少女だったそうですが、大人になってからは運動らしいことはやっていないとのこと。
でも、TNちゃんの上達っぷりから推察するに、THさんも運動神経は良さそうですし、私よりかなり若いんです。
見取り稽古も2年やっているので、基本的な知識はありますしね。


ひさしぶりのママ剣士誕生。
そのうち、団体戦で組めそう!良かったな…と思っていたら、さらにまた一人増えたとは。


なにせ、私が入会して以降、リバ剣以外のママ剣士さんはひとりも入ってきていなかったのですから…
初心者ママ剣士さんが入るのは2年半ぶり、になるのでしょうか。


新入会員のHMちゃんは、ショートカットで背が高くて、男の子っぽく見えるのですが、話してみるとカワイイものが好きらしくて、話し方も可愛いのですよ〜♪
私の桜の柄のツバを見て「これ、可愛くていいな〜」と言っているので、私の防具入れとか竹刀袋(どちらも桜柄なのです)も見せて自慢してしまいました(笑)

お母さんのMYさんは、テニスをやっていたそうで、背が高くて(私とほぼ同じ、166センチと言っていました)肩回りもがっちりした感じです。
明るくて気さくで爽やかな感じで、若々しいです(笑)
年はまだ聞いていないのですが、見た感じ、私よりは確実に若いでしょうね!
行ってても40代前半か、30代かも…。
最近はほとんど運動していなかったそうですが、わりとすぐ上達しそうな気がします。



半年以上ぶりの新入会員。
しかも数少ない女の子と、ひさしぶりの新人ママ剣士さんが来てくれるとは。
私が入ってから後、初心者ママの入会者は一人もいなかったのですよ〜。

なんだかすごく嬉しくなって、ウキウキしてしまい。
「あ、私、新人さんが来るとこんなに嬉しいと感じるのか…」
と思いました(笑)




わからないことを質問されたりするのも、なんか嬉しく…
いや〜、新入会員ってフレッシュでいいですね〜(笑)

昨年は新入会員がとてもたくさんいて、私は役員だったのでそのたびにやる仕事が一杯あって
「もう、これ以上入らんでいいわ〜」
と思ってましたが、昨年の終わりから今年の初めにかけて、引越しだの、受験だので辞めた子が多くて…
さらに先日、現リーダーだった6年のST君も受験で引退してしまいました。
そのうえ、今年に入ってから半年も入会者がいなかったので、そろそろ誰か入ってくれないかな…と心待ちにしていたのです。

昨年の全盛期には25名いた子供は、現在は16名に激減してしまいました。
今年は子供も大人も数が減るいっぽうだったので、新しい人が増えてホントに嬉しいです!



最近、(先生以外の)ママ剣士の稽古参加率はかなり低くて、私以外は水曜日にたまに「神戸のおばちゃん」KDさんが来るくらいだったんですよね。
同期のSWさんは引越しで3月に辞めてしまいましたし〜
(でも、そんなに遠くはないので、水曜日の稽古には参加したいという話をこの間していました!
SWさんも来てくれるといいなあ)
やっぱり、女性相手のほうが稽古しやすいので、女性がいてくれればなあ…とずっと思っていました。

ママ剣士では、私の次に出席率が高い「ママ先生」IZさんは、先生や事務局の仕事や、役員さんのフォローが忙しかったり、プラス腱鞘炎がかなり痛いらしく、あまり大人稽古に出ていないので…
お相手もなかなかお願いできないのです。

四段の「金メダリスト」NIさんはちょくちょく来るのですが、いくらなんでも年齢(20代)も、強さのレベルも違いすぎますし〜(^_^.)
NIさんは、市の代表になって都レベルの大会でけっこう勝っていたり…活躍目覚ましいのですよ。
同じ会の女性といっても、もはや別世界の方です(笑)


新人ママさんふたりとも、私より若くて運動神経も良さそうなので、すぐ追いつかれてしまうかもしれませんが(笑)、初心者スタートのママさん剣士が二人増えたのはとても嬉しいのです!
まだ、すり足や素振りの段階ですけど、そのうちMYさんとTHさんと、一緒に稽古できるようになるのを楽しみにしている私なのでした♪


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 20:27 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする