2017年09月24日

母と子の剣道日誌(216)テーピング講習会に行ってきました(後編)実技講習

母と子の剣道日誌(215)テーピング講習会に行ってきました(前編)テーピングの基礎知識 より続いています。


講師の方の実技を交えた説明が終わり、次は受講者同士がふたり組になって、実技演習です。


受講者は老若男女いろいろで、自分がスポーツをしている人、子供がスポーツをしているお母さん、運動部のマネージャーの方などいろいろでした。
私は、アーチェリーをしているという年配女性と組むことになりました。
後からアーチェリーをしていると聞いたのですが、どうりで肩の筋肉が立派だったわけです!


まずは肩のテーピングから。
講師の方が見本を見せてくれた後、受講者同士でやります。

最初はどこのポイントに貼るのはわかりづらいです…。
筋肉をサポートするように、筋肉に沿ってその上に貼るわけですが、筋肉がどこからどこにつながっているのかがわからないと、貼る場所がよくわからないのですよね。

まして、今回は他人に貼るわけなので、なおさらどこからどこまでがひとつの筋肉なのか…わかりづらかったです。私の相手の方は肩の筋肉がかなり立派で、私の肩の筋肉よりもかなり大きかったのですよね。
いろんな人に何回もやっていると、だんだんわかってくるのでしょうけれども。

テーピングが上達(?)するためには、まずは筋肉の構造(筋肉がどこからどこへ行っているのか)を理解しないといけないのかな、という気がします。


今回は肩の「三角筋」を囲むような貼り方を教わりました。
ここをテーピングすると、肩に力が入るようになったり、四十肩で腕が上がらない、という人も上がるようになることがあるのだとか。

今回は5センチ幅のテープを使用しました。
筋肉が太い人には、幅の広いテープを使ったりするそうですが、5センチ幅のテープが一番使用することが多いのだそうです。


@まずはテープの長さを、貼る場所に当てて測りハサミで切ります。
A四隅を切って面取りしてから、4センチくらいを残して縦半分になるようにハサミを入れます。
B三角筋の下の、くぼんでいるところに切れていない部分を貼ります。
(貼り始めと貼り終わりは、筋肉を伸ばさない状態で貼ります)
Cそこからまず三角筋の後ろ面に沿って半分に切った部分のテープを貼っていきます。
「筋肉を伸ばした状態で、テープを伸ばさず貼る」のが基本なので、この場合は腕をぐっと前の内側に曲げて、肩の筋肉を伸ばした状態で、後ろに向かって貼ります。
D残りの半分は、腕をぐっと後ろに引いた状態で、三角筋を包むように前に向かって貼ります。

文章だと説明するのが難しいのですが、こちらに動画と写真があります。
ニトムズ  肩のテーピング説明ページ



この「テープを伸ばさないで貼る」のがけっこう難しいんです。
キネシオテープはかなり柔らかい伸縮性のあるテープなので、はがす時につい引っ張って伸ばしてしまい、そのまま貼ってしまいそうになるんですよね。

貼る時にはしわにならないようにするのですが、これまたなかなか難しいです。
何回かやれば慣れてくると思いますが…。

それでもなんとか、講師の方にチェックしてもらって、合格点をもらいまして…



次は膝のテーピングです。
これも、膝を曲げた状態で、膝の皿を囲むような形で貼ります。
うちの主人のような、膝が弱い人には効果がありそうですね。
(主人は膝が弱いというよりは、体重が重すぎて負担がかかっているのだと思いますが…)

ニトムズ 膝のテーピング説明ページ

上記ページの説明だと、腰骨の付け根あたりから貼っていますが、私たちは膝のみを囲むような形でやりました。
筋肉はあちこちが連動しているので、しっかりサポートしようと思ったら、複数の筋肉に貼ったほうがいいようですが、簡易的にはサポートしたい周囲のみでいいということでした。


その後は、講師の方が「こういう場所に貼りたいという質問はありませんか?」と聞いたら、捻挫の時の貼り方を教えてほしいという方がいました。
私と同年代くらいの女性でしたが、お子さんが柔道をやっているそうで、しょっちゅう足首を捻挫してくるのだそうです。


キネシオテープは、同じ動作の繰り返しによって起こる、肉離れや野球肘などの「スポーツ障害」向きのテープなのですが…
捻挫、打撲、靭帯損傷などは「スポーツ外傷」に分類されるので、伸縮性のないスポーツテープ(白)のほうが向いているそうです。

ただ、キネシオテープしかない場合は、思い切り引っ張って貼ることによって伸縮性のない状態にして使うことができるとのことでした。

軽い捻挫の場合は、両方のくるぶしを(足裏を回るような形で)包み込むように思い切り引っ張って貼るといいのだそうです。
ただ、捻挫の程度がひどい場合は、スポーツテープでがっちり固定したほうがいいそうです。


あと、腱鞘炎の場合の張り方も教わりました。
下記の写真がそうです。
007_1.JPG



だいたいそんな感じで、講座は終了しました。
今回は「入門編」な内容でしたが、今までなんとなく「こうやるのかなあ?」と、なんとなくしかわからず貼っていたのを、きちんと理論を教えてもらえたのでよかったです。


実際のところは、体に貼ってその効果を見てみる、ということを繰り返してみないと、上手く貼れるようにはならないとは思いますが…。
そもそも、筋肉の構造(どこからどこにつながっているのかなど)をまず理解しないといけないのですよね。
これからは、自分や家族が必要になったら貼ってみて、いろいろ試してみようと思っています。



筋肉の構造を理解すると、自分の体のメンテナンスにも役立ちそうなので、本格的な講座も受けてみたいのですが、きちんとやろうと思うと数万円かかりますからね〜。
ちょっとそこまでは無理かな…。


とりあえずは、剣道でしそうなケガの場合の貼り方を重点的に覚えるのがいいかもしれませんね。
剣道って一般の方から見ると腕を使うイメージかもしれませんが、ほとんどは足にケガすることが多いように思います。
それも「ぶつけたり転んだりしてケガをする」というよりは、筋肉の使い過ぎによる損傷のほうが多そうです。それも踏み切るほうの左足のふくらはぎ、アキレス腱あたりが特に多いかもしれません。



私は、ここ数か月、右の膝の内側あたりの筋肉が微妙に痛いのが治らない…と思っていたのですが、先日整体に行ったら、恥骨(股の中心にある骨で、左右の骨盤をつないでいる)が微妙にずれていて、それにつながっている内転筋(太ももの内側の筋肉)が引っ張られて、膝の内側に痛みが出ているのではないか、ということでした。

これもテーピングで負担がやわらげられないかな?と思い、整体の先生に貼り方を聞いたのですが、自分のお尻のあたりから膝の内側にかけて貼るのだそうです。
これは自分で貼るのはとても難しい、というかほぼ無理です。
仕方ないので、主人に説明して貼ってもらいました。

でも、主人はいつも家にいるわけではなく…
特に日曜日の稽古の前にいることはまずないので、貼ってもらえないのです。
テーピングは場所によっては自分ではできないのが難点ですね〜。

でも、ある程度は効果があったようなので、とりあえず稽古の時にはテーピングをしています。
自分では貼れない場所なので、主人に貼ってもらったらしばらく貼りっぱなしにしていますけど。



昨年の夏合宿に、私が左足ふくらはぎの肉離れを起こした時は、キネシオテープというものがあることすら知らず、先生に教えてもらって合宿係さんに買ってきてもらい、しかも貼り方は自分で調べて貼ったのです。
その時は、これでいいのかな?とちょっと心配でした。
どのくらい伸ばして貼るのかもわからず、けっこう伸ばしていたので、ずっと患部が引っ張られている感がありましたが、あんなに引っ張らなくて良かったのですね〜。

でも、これである程度の知識がついたので、これからは多少は自信を持って貼ることができそうです。


キネシオテープはいろんな会社が出していて、ニトリートのテープは確かに高品質でノリ残りが少なくて良かったのですが…1本800円くらいで、けっこう高いのですよ。
足などに貼る場合はけっこう長く使うので、1本なんてすぐなくなってしまうのですが。

うちには、コストコで買った、住友3Mの3本セットの安いテープがあるので(はがす時にノリがけっこう残りますけど…)しばらくそれで練習しようと思っています。


「テーピング講習会に行ってきました」はこれで終わりです。


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 14:36 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

母と子の剣道日誌(215)テーピング講習会に行ってきました(前編)テーピングの基礎知識

母と子の剣道日誌(206)夏だ!合宿へ!(その8)2日目、発声練習!で書いたのですが…

今年の夏合宿に行った時、足の調子が悪い子供のテーピングをした時に「テーピングの講座を受けたい」と思い…
先日行ってきましたので、その感想を書きたいと思います。


ネットで検索したら、テーピングの講座というのはわりとあちこちでやっています。
だいたい、テープを作っている会社が行っているのですが…。

ただ、料金が1回の講座で1万から1万5千円くらいと、けっこう高いのですよね。
本格的に学びたいとなったらそういうものを受けたほうがいいのかもしれませんが…

私はとりあえずは、基本的なことを学べるくらいでいいかなと思ったので、無料の講座はないか探しました。
ほとんどなかったのですが、墨田区総合体育館で行うものを発見したのです!
無料といっても、実技で使うテープの代金2000円分はかかりますが、他の講座に比べれば安いほうです。
先着順でしたが、申し込むタイミングが早かったのか、無事受講することができました。


講師はキネシオテーピングを世界で初めて作ったという「ニトムズ」の営業をされている方でした。
ニトムズといえば「コロコロ」(ロールになった粘着テープを転がして床などを掃除するグッズ)を作っているところです。

ニトムズって、私は普通の日用品メーカーなのかと思っていましたが、意外な由来の会社なのでした。
以下、ウィキペディアからの引用ですが…

1975年に、粘着テープの製造販売で大きなシェアを誇る日東電工が個人消費者向けの製品を開拓するプロジェクトチームを会社組織にしたもの。
社名はニットーホームプロダクツからの造語である。このため、現在も日東電工が全株を保有する子会社となっている。


そして、日東電工って、名前からして電気工事系の会社なの?と思っていたらそれも違って…

ある特定の素材を扱うのではなく、社会で利用される製品の中間材料を、電子素材、自動車製品、工業製品など幅広く手がける。「グローバルニッチ」を標榜し、その製品でトップシェアを目標におく方針をおく。液晶テレビ等に使用される液晶用偏光板、液晶用位相差板、また、熱はく離シートや、ぜんそく治療薬などでは、世界最大のシェアである。また、水の浄化・海水淡水化に使用される逆浸透膜なども、世界的に大きな市場シェアを占める。


だそうで、いろんな工業素材を作っている会社なのですね。


キネシオテープ、というのは、テーピング用の伸縮性のあるテープです。
テーピングと一口に言っても、テープにはいくつかの種類があります。
伸縮しないタイプの「スポーツテープ」というのもあるのですが…
(このあたりも今回の講座で教えていただいた内容です)
今回はキネシオテープの巻き方の講座でした。

最初はテーピングは「固定用」に使われていて、伸縮性のないテープを使っていたのですが、日本の博士が伸縮性のあるテープを使って筋肉をサポートするテーピング法を考案し、それを「キネシオテープ」として商品化したのが「ニトムズ」だったということです。
以下、ウィキペディアから。

キネシオテープとは「キネシオテーピング」法によって患部の治癒を助けるテーピング用テープの一つ。キネシオロジーテープとも呼ばれている。
筋肉と同じくらいの伸びがあり、患部を固定するのではなく、伸びすぎた、あるいは収縮しすぎた筋肉に沿って貼る。人間の体の動きを研究する学問を「キネシオロジー」(kinesiology、人体運動機能学)といい、名前はここに由来する。
1980年、ドクター・オブ・カイロプラクティックである加瀬建造により日本で開発され、その後全世界にキネシオテープならびにキネシオテーピング法は普及している。
筋肉の伸びを制限することで、痛みの緩和、予防をはかったり、筋肉の過剰伸びを防ぐことで怪我防止に使われたりする。使用方法により疲労の回復も期待できる。


私はてっきり、キネシオテープって外国由来のものなのかと思っていたら、日本の博士が考案して日本で商品化したものだったのですね!知らなかった…。


講座の最初に、まずはそんなキネシオテープの種類や歴史などの話を伺いまして…



次に、キネシオテープの貼り方のコツを、講師の方の実技を交えながら教わります。


*テープは伸縮性があるが、筋肉を伸ばした状態でテープを伸ばさずに、筋肉に沿って貼るのが基本。
(伸ばして貼るという人もいるそうですが…)
特に端の部分は引っ張らないよう注意する。端末を引っ張って貼ると、皮膚に負担がかかりかぶれやすくなる。

*ニトムズのキネシオテープには、はがす時に負担の少ないタイプの「キネロジR EX」という商品がある。
密着性は高いが、はがす時に角質がはがれにくいので、かぶれやすい人におすすめ。
撥水タイプのテープもあって通常タイプより汗や水に強い。

*貼った後は多少濡れても大丈夫だが、貼る前には皮膚の水分はよく取っておく

*はがす時は、体毛に沿ってはがす。はがす部分の皮膚を押さえながらはがすと良い。

*テープを適切な長さに切ったら、隅を切って面取りしておくとはがれにくくなる。

*テープを切る時は、テフロン加工されたハサミで切るときれいに切れる。そのほうが切り口が毛羽立たず、はりやすく、はがす時に負担がかかりにくい。

*貼る時は、シワや気泡が入らないよう押さえながら貼っていく。
(貼った後に筋肉をゆるめた時にシワが寄る状態で良い)

*貼った後は軽くテープの上からこすって皮膚に密着してなじませると、はがれにくくなる。

*貼ったままお風呂に入ることも可能。ただし、お風呂から上がった後はタオルなどでよく水分を押さえて取っておく。2〜3日は貼りっぱなしでも大丈夫。



講師の方は、部下の若い方の体を使って(笑)腰へのテープの貼り方を見せてくれました。
背中から腰につながっている筋肉に沿って貼ると、腰痛の緩和や防止になるそうです。


(後編へ続く)


いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村
posted by はなずきん at 12:12 | Comment(0) | 親子で剣道4剣友会編(二段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

アラフィフ母の、GU初挑戦。

みなさんご存じ「GU」
ユニクロを展開しているファーストリテイリングの傘下にある、兄弟ともいえる関係のアパレル店ですが…。


GUって、できた当初は、あんまりいいイメージがありませんでした。
「安っちいユニクロ」という感じで、生地もぺらぺらして品質もイマイチそうな感じがしたのです。
ユニクロでは時々買い物をしていた私ですが、GUで買い物をしようとは思いませんでした。


しかし…
昨年、長男の服を買おうと探していた時のことです。
現在、高校1年の長男は身長は低い(最近やっと160cmくらいになりました)のですが、がっちりした体つきなので、中学3年の頃から服はメンズのMとかLサイズくらいなのです。
特に下半身が太目で、Lサイズがちょうどいい感じです。

長男の高校は「指定服」はあるのですが「制服」がなく、儀式以外の時は私服でOKです。
しかしオシャレじゃないのを自認している長男は、
「私服なんて考えるのがめんどくさい、学校行くのは全部制服でいい」
と言って、私服を着て行ったことは一回もないのです。


しかも、プライベートの時も「コーディネイトを考えるのがめんどくさいし、よくわからないので、制服で済むならそれでもいいくらい」なんだそうで。
もちろん、中学の時も私服には全く力を入れていませんでしたが、友達と遊ぶ時に制服ってわけにもいかず…しかたなく最低限の私服を買うことにしたわけです。
しかし、成長期で、どうせ1〜2年でサイズアウトしてしまうのだろうと思うと、できることなら安いほうがいいじゃないですか。


ユニクロで買おうと思って見に行ったら、どうも適当なものがありません。ユニクロは前に比べてだいぶ値段を上げてきたころで、メンズのパンツを買うと4000円以上という感じで、高校生の息子に買うには高いなあ…という感じでした。

我が家の近くには、他に若い男性向けの服のお店があんまりありません。
しかたないなあ、GUでも見てみるか…と、しばらく敬遠していたGUに足を踏み入れてみたのです。


そうしたら、案外良さそうなものが、ユニクロより1000円くらい安い値段で出ていまして。結局、それを購入したのです。
ただ、長男は私服のカジュアル感が苦手らしく(ジーンズが嫌いなんです)、ほぼ制服じゃないの!?って感じの白シャツとグレーのパンツを揃えたのですが(笑)。

長男はそれをけっこうヘビロテで着ていますが(それ以外に私服がほぼないですから)、あまり傷んだ感じもありません。

なんだ、案外、GUの服、使えるじゃない!と思いました。
GU創設当初とは商品開発の方向性が変わったようで、前より品質が上がったようなんですよね。


なので、それ以降、子供の服はたまにGUで買うようになりました。
でも、女性向けの服は若いデザインのものが多かったし、私が着るのにはちょっと安すぎるのでは(品質がもうひとつなのでは)という感じがしたので、私の服を買ったことはなかったのです。



でも、先日GUのマネキンが着ているベロアのワイドパンツを見て「あ、これはいいかも」と思いました。


私は、夏物ではワイドパンツやガウチョみたいな系統のものを良く着ているのですが、秋冬物のガウチョは1着しか持っていませんでした。
保護者会や食事会などの「まあまあきちんと」な席には、そのガウチョが重宝していたのですが、けっこう前に買ってわりと着こんだものだったので…そろそろアップデートしたいなと思っていました。


GUのマネキンが着ていたのは深いグリーンのワイドパンツで、それも悪くなかったのですが…
何種類かの色バリエーションの中から、合わせやすさを重視してを選びました。
私は以前は黒を着ると「地味な人」に見えたのでほとんど買いませんでしたが、最近は「黒」が似合うようになってきたようなので、黒を着るのが新鮮だというのもありまして。


試着したら、うん…
かなりいいんじゃない?これ。

女性っぽさもあり、ほどほどにハンサム感があり、今の私に似合ってます。
しかも、ウエストゴムなのがポイント高いです(笑)
(最近、サイズが変わりやすいので…あまりタイトなサイズ感のものは買わないようにしています)


どれどれ、お値段は…

1990円!?
うわ、安っ。


普通なら、ここまで安いと「すぐダメになりそう」な気がしてまず買わないのですが…

シルエットもいいし、生地も安っぽい感じはないし…とても1990円には見えないのですよ。
細かい縫製は若干雑かもしれませんが、生地はユニクロで3990円くらいで売っているのと同レベルくらいではないでしょうか。

ひとつ難点を言えば、ベルトをはめ外しするのがちょっと面倒そうなのですが…
でも、私はトップスをインすることはほぼないので、ベルトは使わないかもしれません。


私はふだんはLサイズなのですが、ゴムがきついのは嫌なので、最初にXLサイズを試着しました。
でも、XLだと少しウエストに余裕があったので、Lサイズもはいてみたのですが…

Lサイズだと、「ワイドストレートパンツ」っぽい縦長の印象。
XLサイズだと、やや広がりのある、スカートっぽい印象になります。
どちらかというとXLサイズのシルエットのほうが私好みだったので、XLサイズを購入しました。


しかしですよ。
ちょっと前に
「今、着たいもの、着られるものを買うようにしている」
と書いたはずの私ですが…

このベロアのパンツ、まだ残暑っぽい今は、暑がりの私には当分、はけそうにないんですよね。
暑さが続いたら、下手すると、10月後半くらいまではけないかもしれないですが…

でもそれまで、この商品が残っているとは思えません。(GUは商品の入れ替わりが早いのですよね)
その頃にはまた別の、着たいと思うものがあるかもしれませんが、せっかく「これは使えそう」というものを見つけたのに、またそういうのを探すのもめんどくさいし…。


「すぐに着られるものを買う」というルールを破ってまで買ってしまったのは、安かったせいも多分にありますが…
「今の私にバッチリ似合っていて、涼しくなれば確実に使えそう」な気がしたからなんですよね。


とはいえ、果たして、その決断は吉と出るのか凶と出るのか?


また、寒くなって着てみてから、報告したいと思います!


↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション

posted by はなずきん at 09:51 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

黒いリュックの研究(その4)「ときめき」を重視して選ぶ

黒いリュックの研究(その3)どの条件を重視するべきなのか? より続いています。


ブラックフォーマルに合わせる黒バッグなど「ファッションとは無関係に持たなければならないもの」は「ときめかないものでも」持っていなければならないのでしょうが…
リュックを背負ったファッションが好きで、リュックを買いたい、と思っているのに「何にでも使える無難な(ときめかない)もの」を選ぶ必要はないのでは?


無印のリュックはシンプルなので、スカートでもジーンズでも何にでも合わせられそうです。
でも「明日にでも、これをしょって出かけたいほど好きか」というと、そうではないのです。
このリュックを持っていても、私は「これしか合うものがないから」という、消極的な理由でしか使わないのじゃないだろうか。
刺繍でワンポイントを入れたところで、たぶんその気持ちはさほど変わらないだろう、という気がしました。


あまりに個性の強いものだと、使えるシーンが限定されるのは確かです。
服や小物を減らそうと思っているので、ある程度は汎用性のあるデザインのものにしたいですが、それにしても…
「スカートにも、メンズっぽい恰好にも合うリュック」
を選ぶとなると、どっちつかずになってしまいそうです。


そもそも「ややきちんと系のスタイルでリュックを背負わなければならない」なんて機会が、私にはどれだけあるのだろうか…?

フォーマルな席に行くという時は、私と母ふたりで、ということはほぼなく、他の家族も一緒にいることがほとんどです。そうであれば、私が手を空ける必要はそんなにないのです。

万が一「手を空けなければならないフォーマルな機会」があるのなら、手持ちの革のリュックを使えばいいわけです。黒リュックを買ったら革のリュックは捨てようと思っていましたが、何も慌ててすぐに捨てることもないかなと。
バッグの数を減らしたいのは確かなのですが、まだ、どれほど革リュックを使う機会があるかが読めないので、もうしばらくは取っておこうと思いました。
一年経っても使う機会がないようなら、もう革リュックもいらないということなので、捨てようと思います。


と、いうわけで…最終的には

「これがいい!これが好き!」と感じた、コールマンのリュックを買ったのです。

そしてそのすぐ後に、持っていたトートバッグから荷物を入れ替え、買ったリュックを背負って帰りました(笑)

しょった姿を鏡に映してみて
「やっぱり私は、こういうのが欲しかったんだ」
と思いました。


001_1.JPG


ちなみに、このリュックが、私が最初にあげた条件をどれだけ満たしていたかというと…。

@色は黒。
→もちろんOK。
ただ、スカートにも合わせられるものという条件には微妙に合わなかった。
「スカートにこれでもおかしくはない」のですが、ばっちり合っているという感じではないかも。

A素材は革や合皮や綿ではなく、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維のもの。
→一見綿っぽく見えるのですが、ポリエステル100%です。

B全体の形は、メンズっぽすぎたり、もろにアウトドアっぽいものは除外。
→下の金具部分が微妙にメンズ&アウトドアっぽい気もしますが、許容範囲です。

C黒一色で何もポイントがないものは、私には地味だと感じるらしい。
→右下の革パッチロゴがあるのが私のツボでした。ファスナーの持ち手が革(どちらも合皮ですが)なのもいいですね。
ファスナーについている「COLEMAN」と書いてあるリボン?はやや派手ですが、まあ許容範囲内でしょうか。気になるなら外してもいいですしね。

D容量は、小さくもなく大きすぎもしないもの。
→21リットルで、ちょうど良さそうです。

E外ポケットは最低ひとつ、できればサイドポケットがあるものがいい。
→大きい外ポケットがひとつ、サイドポケットがふたつついてます。
中にも背中部分にA4サイズの書類が入るサイズのポケットと、小さいメッシュポケットがあり、機能的です。私はA4書類を持ち歩くことが多いので、ここがあると助かります。

ポケットとは関係ないのですが、アウトドアメーカーのリュックだけあって、防水のザックカバーが下部に内臓されているのが役に立ちそうです。

F前から見て、肩ベルトが「ほどほどに太い」ものがいい。
→金具やメッシュ部分などついていないシンプルなベルトで理想通りです。
(今回しょってみて、案外、ここがゴテゴテしているリュックが多いことがわかりました…)

G価格は高すぎず、安すぎなければいい。
→税込8316円で、品質と価格のバランスがちょうどいいです。


というわけで、だいぶ苦労しましたが、ほぼ理想通り!のリュックが見つかったのでした。
アウトドアメーカーでも、シンプルな肩ベルトのものがあったのですね〜。

「スカートの時にも兼用したい」という希望には、ビミョーに沿いませんでしたが…
それはそもそも「無理な話だった」気がするので、今回はあきらめました。
無難なものを選んで兼用するよりも「これがいい」というものをふたつ買ったほうがまだいいと思ったのです。(しかも、いちおうスカートに合うリュックもすでに持っているわけですし…)
私はそこまでミニマリスト的ではないんですね(笑)


私がバッグに求めるのは、実用性とファッション性。どちらも外せません。
そして私がファッションに求めるのは「着用した時のわくわく感」なのだな、と。

地味なものでも「いいね、これ」と思うものもないわけではないのですが…
無印のリュックは、私にとってはその範疇には入らなかった、のでした。




買物をすることが少なくなっても、いやだからこそ、物を買う時のコダワリは捨てられませんね(笑)。
この黒リュックを探すために、総計で24時間くらいは使った気がします…。
でも、満足なものが買えたので、時間を使っただけのことはあったと思っています。


リュックを買った翌日には、このリュックに似合うコーディネイトを考えて着て、出かけました。
ユニクロで昨年買った、メンズの青のペイズリーの半袖シャツと、ジーンズと、ビルケンのサンダルを合わせた「男子大学生っぽい」コーデです。
私がリュックを買ってしたかったのは、こういうファッションだったようです。


そしてその後も、わざわざ「このリュックに合うような服」を選んで着て、このリュックでお出かけしている事が多いのです。
お気に入りのものが買えて、一件落着、でした。


先日の台風18号の大雨の時もこのリュック+ハンターの長靴で出かけたのですが…
(実用を考えてこの組み合わせにしたのですが、このコーディネイトの見た目もけっこうイイと思いました)
相当風雨の激しい中歩いたので、私自身はびしょ濡れになりましたが(笑)ザックカバーがあったおかげで、リュックの中身が濡れず助かりました。


「いろんなことに使えるシンプルなものを買う」というのは、服を減らすひとつの方法ではありますが、私の場合、「持っていてときめかないもの」は持つ気にならないのですよね。
「多少癖があってもすごくお気に入りのもの」なら、何回も着用してもあまり飽きが来ない気がします。

今回のリュックを買ってからも、手持ちのリュックの数は減らしていませんが、それでも買って良かったと思える買物でした。
「モノを減らす」ばかりにこだわらず、時には「どうしても欲しくてよく使えるものなら、足してもいい」のではないかな、と思いました。



しかし、アラフィフ女性で「男子大学生っぽい」恰好をしている人は、ほぼいない気がします…。
でも今の私は、こういう傾向のものを着ていると心地いいと感じるし、まあ似合ってはいるようです。
精神的にもあまり「アラフィフ女子」っぽくないんでしょうね、私(笑)

ただ、やりすぎるとホントに男性に見えかねないので、メンズライクな格好をする時にも、どこかにちょこっと女性っぽいモノ(ネックレスとか女性っぽいサンダルとか)を入れるようにしています。



「黒リュックの研究」これにて完結です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました(^^)


↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション
posted by はなずきん at 09:36 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

黒いリュックの研究(その3)どの条件を重視するべきなのか?

黒いリュックの研究(その2)ネット通販と実店舗で探してみた より続いています。


カリマーのリュックを見た後、普通のレディースのアパレルのショップを見て回りました。
ワンピなどに合わせるのなら、むしろそちらのほうがちょうどいいのがあるのでは?と思ったのです。
ちなみにこの日は「スカートに合わせるリュックを探す」ためだったので、スカートをはいて買い物に来ていました。


いくつか見てみたら「アースミュージックアンドエコロジー」に、かなり希望に近いものがありました。

メニーポケットリュック/アースミュージック&エコロジー(earthmusic&ecology) - 丸井(マルイ)楽天市場店
メニーポケットリュック/アースミュージック&エコロジー(earthmusic&ecology) - 丸井(マルイ)楽天市場店

これはスカートにはばっちり合いそうです。
機能的にも、ポケットの位置や大きさ、見た目などはかなり希望に近かったのですが…

ひとつ気になったのが「メインのファスナーの開け閉めがしづらい」ことでした。
ファスナーを目立たせないためなのか、少し布がかぶさっているのですが、この布が邪魔でかなりひっかかります。
ここは一番開け閉めする場所なのに、これではストレスがたまりそうです。

残念ですが、これもあきらめました。
他にもそのショッピングモール内のレディースのアパレルショップをほとんどチェックしたのですが、「これは」というものはありませんでした。


というわけで、結局この日は、何も買わずに帰りました。
またも、ネットでリサーチです…



すると、無印のリュックに刺繍をしてくれるというサービスがあるのを知りました。
いくつかの大きい店舗限定ですが、「刺繍工房」というところがあり、無印良品の商品を買うとその場で刺繍してくれるのだそうです。

無印のリュックは「地味」なのが難点だったのですが…
刺繍をしたら印象が変わるかも?
なので、もう一度無印に行って実物を確かめてみて、刺繍したらよさそうならそれにしようかなと思いました。

それと、ネットで見かけた「マリメッコ」のリュック…
これは前に店舗でも実物を背負ったはずなのですが、なぜか「これはダメ」と思ったんですよね。
でも、写真で見る限りはわりと私の条件に近いような…何がいけなかったんだっけ?
店舗で、実物をもう一度確かめてみることにしました。



まずは、マリメッコのリュックを見に行きました。
これです。
マリメッコ marimekkoBUDDY バディー ROADIE バックパック リュックサック デイパック ナイロン 999 BLACK ブラック 026994【送料無料】 - Mike Museum
マリメッコ marimekkoBUDDY バディー ROADIE バックパック リュックサック デイパック ナイロン 999 BLACK ブラック 026994【送料無料】 - Mike Museum

ポケットがいろいろついていて、ファスナーなども機能的なわりに、見た目はわりとシンプルでスカートにもジーンズにも合いそうな感じ。

ふたたび、背負ってみました。
そして、何が「ダメ」と思ったのか、思い出しました(笑)

リュックの横ポケットの下のほうに、反射材の光るラインがついているのです。
写真で見るとあんまり目立ちませんが、実物だと特に光を当てなくてもけっこうくっきりと白く見えます。
このたった一本のラインが「実用品感」をかもしだしていたせいで、しっくり来なかったのでした。


うちの長男が通学用にL.L.Beanの黒のブックパックを使っているのですが…。
長男はモノ使いが荒く、すぐに物を壊すので、バッグは見た目よりも丈夫さ、機能性を重視しています。
このブックパックは機能的で丈夫ですが、「実用品感」溢れるデザインで、反射材もついていますが、このマリメッコの光るライン、それを思い出してしまいます…。

真っ黒なリュックだと、夜に目立たず危ないから…ということでついているのでしょうが…
中途半端に小さいラインを入れるくらいなら(こんなほんのちょっとのラインで、車から気づくんですかね?)反射材付きのキーホルダー(取り外し可能)を付けてくれたほうがいいのにな。

というわけで、これも却下…。



前にチェックした時もここの売り場をさんざん見たのですが、商品が少し入れ替わっていて、新しいものがあったので見てみました。
そして、前回も見た、コールマンのシンプルなリュックを発見し…「これは悪くないのでは?」と思い、もう一度しょってみました。

■送料無料■ Coleman コールマン JNデイパック 4:ブラック(jndaypack-4) - PINEMOUNTAIN
■送料無料■ Coleman コールマン JNデイパック 4:ブラック(jndaypack-4) - PINEMOUNTAIN

前に見た時もしょってみたのですが
「スカートの時に背負うには、少し大きくてカジュアル感が強いかな」
と思って候補から外したんですよね。

でも…このリュック、すごく私の好みなのです。
「学生っぽい」感じがありながら、革を部分使いしているのでわりときちんと感もあります。
リュック下側のベルト部分に金具がついていて、少しアウトドア風味もありますが、そんなに強く主張しているわけでもありません。

確かに、スカート系にはあんまり合う感じではありません。
でも、ギリギリ許容範囲ではあるような…。



このコールマンのリュックはかなり気に入ったのですが、スカートに合わないかも、ということだけがひっかかって迷ったので、ふたたび、同じ建物内にある無印良品に行ってみました。


もう一度無印のリュックをしょってみました。
うん、確かに…こちらのほうが、スカートには合います。

というか、このリュックは何にでも合わせられそうなのです。

リュックでありながら、フォーマルな席でなければ、老若男女問わず、誰がどういうシーンで持っていても、そんなに違和感がなさそうなデザインです。地味な分、かなり汎用性が高そうな感じではあります。


でも、しょってみた状態を鏡で見た時に
「これがいい!これが欲しい!」
という気持ちにならないのです。

どうしても「ときめかない」のです。



ここで、はたと、”いったい私は何を優先したいんだろう”とあらためて思ったのです。
そこで、店舗近くのベンチに座って、考えを整理することにしました。



そもそも、私が最初に「いいな」と思っていたのは、やや学生色のある「デイパック」と表現したほうがいいようなものだったのです。
でも「黒でシンプルなリュックなら、スカートにも合わせられるんじゃない?」と後から考えて、じゃあ両方に使えるものを買おう、と思ったのですが…。

若い女性なら、スカートやワンピにカジュアル感の強いリュックを合わせるのもアリだと思うのですが、年配の女性となると…そこそこきれいめの「レディース感」のあるものを選ばないと浮いてしまう感じがします。
しかし、そういうものを選ぶと、私がもともと「いいな」と思っていた、男子大学生っぽいリュックとはややかけ離れてしまいそうです。

つまり、
「スカートの時に背負えるリュック」と
「私が今、欲しいと思っているリュック」を
兼用することには、無理があるのではないだろうか?




…ということに、ここまで探してみて、やっと気づきました(笑)←気づくのが遅い!


(続く)

↓私も参加している、ミニマリストファッションテーマのブログが集まっているコミュニティです。
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ
シンプル・ミニマルライフのファッション

posted by はなずきん at 11:09 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする