2017年06月30日

メタボな主人と、ご近所トレッキング(前編)

今夏、家族で富士山に登るための体力作りとして、最近ちょこちょこと登山をしている主人。


富士山に登る目標を立てた話はこちら→今年の目標を考えてみました


主人は「超」のつく、ものぐさっぷりで、今までは一切「健康的な習慣」を持とうとはしませんでした。
さすがに以前よりは多少は、食事には気を遣うようにはなりましたが…
睡眠が不規則、お酒の回数が多い、などいろいろ問題はあるのですが、
一番問題なのは…「運動をする」のが嫌いなことなんです。


でも、スポーツが苦手なわけではなく、運動神経はむしろいいほう。
昔は器械体操は得意だったそうです。
少年野球もやっていたし、剣道も数年やっていた事があり、運動のセンスなら私よりよっぽどありそうです。
もっとも、習い事は「親にやらされていた」だけで、自分からやりたいと言ってやっていたわけではないようですが。

スポーツをやることそのものは、嫌いではない…というか、
やらざるを得ないような状況に置かれれば、むしろ進んでやっていますし、持久力はともかく、体の動きとしてはわりとできているのです。
ゲーム性のあるものは好きなんですよね。

ただ、そういう状況に至るまでが、面倒でしょうがないようで…
「スポーツをするためにわざわざ出かける」とか「家でトレーニングをする」というようなことが、とにかく面倒なようなのです。



主人は、身長は男性としては低めですが(168センチなので、私と2センチしか違いません)、骨格も筋肉もがっちりしていて、みんなからはわりと身長が高いと思われているようです。
生まれながらの体力や運動能力がけっこうあるせいなのか、それをいいことに、これまで全く、身体能力を維持するような努力をしてきませんでした。

そのおかげで(笑)今は立派にお腹がバーンと出ていて(内臓脂肪系なのでしょう、お腹はたるんでいなくてパンパンです)、体重も100キロ近いので膝にも負担がかかっていて、たくさん歩くと膝が痛いようです。


結婚前に原付バイクを所有してからというもの、近所に行くのにもバイクを使おうとするし、通勤もバイクでほぼ歩かないし、職場内の移動はエレベーター、職場から出かけるのもほとんどバイク。
職場でも基本は座っているので、立って歩いている時間は一日2時間もないのでは?

週に2〜3日の休みの日しか家に戻って来ないのですが、家にいるとゴロゴロゴロゴロ…
料理は好きなのでやってくれますが、それ以外の掃除や洗濯などの家事はノータッチです。
家の中の壊れたところがあれば修理してくれるくらいでしょうか…。

2日休みがあったら1日は寝てるんじゃ?というくらいのゴロゴロっぷりです。
睡眠時間も長いほうなのに、目が覚めていてもゴロゴロしています…。
「起きて立って活動している時間」があまりにも短すぎると思うんですよねえ。


体を動かさないせいなのか、不規則な生活だからなのか、やや神経質だからなのか…(全部かも)
睡眠が思うようにとれないことも多いようです。
「寝たくても寝られない」こともあるし「今は寝るべきタイミングじゃないのに眠い」ってこともよくあります。およそ健康的な生活とは言えないですよね…。


私は子供に合わせたら規則的に生活せざるを得ないし、睡眠時間もそんなに長いほうではないし、よっぽど疲れない限りゴロゴロなんてしないので、なんだか”違う生き物”なんですよねえ。



今年、富士山に登るということは私が決めたのですが、高尾山に登って体力不足を実感した時にはさすがに「これじゃアカン」と思ったようですが…
メタボな主人と、家族で高尾山登山!(前編)
果たしてその後、どれだけ運動するかは未知数でした。

今でもやっぱり、日常的にはあんまり動いていないのです。
ただ、1〜2週に一回は、1人で山登りに行くようになりました。
といっても、超初心者向けのところばっかりですけど。

高尾山に登った後に、「トレッキングポール」を買って次から使ったら、だいぶ足の負担が軽減されたそうです。そして、登るスピードもアップしたのだそうで。
そのおかげで楽しくなったみたいで、登山することそのものにはあまり抵抗がなくなったようです。

主人は、幼いころは義母の実家のある、岩手県の山奥で育ったので、山が好きなのです。
山が見える景色にほっとするようです。
子供が独立したら田舎のほうに住みたいとよく言っています。
(私は、田舎暮らしでもいいけど、どうせなら富士山が見えるところがいい!と主張しています(笑))

そして超常現象の類が好きな人なので、山であった不思議な話…みたいなのも好きで。
最近はそういう本をよく読んでいたりしました。

山怪 山人が語る不思議な話 -
山怪 山人が語る不思議な話 -


基本的には一人で登っているのですが、たまには他の人と一緒に行きたいようで、私も山に一緒に行こうと誘われていたのですが…
私のほうが足の調子がイマイチで、あんまり足を酷使したくなかったので、
主人の休みの時に、二人でご近所のトレッキングをすることにしました。


なお、このトレッキングをしたのは5月中旬の頃の話です。
途中でいろいろ違う記事を書いていたので、アップするのが遅くなってしまいました(^_^.)
今は私の足の調子もちょっと良くなったのですが。



我が家は多摩丘陵のあたりなので、場所によってはけっこうアップダウンがあります。
ご近所を歩くと言っても、道によってはけっこうキツイのです。
主人は「トレッキングポールを使う」というので、私もいちおう持って行くことにしました。


まずは、次男の通う中学のあたりを目指して行きます。
中学は丘の上にあるので、我が家との標高差は40メートルあり、それなりの傾斜を登っていかなければなりません。
距離にすると1.5キロくらいで、我が家から普通のスピードで歩くと20分くらいかかる場所です。私は早足で歩いているので、だいたい15分くらいで着きます。


私は、PTAやら学校行事やらで中学に行く時は、トレーニング代わりにと、ほぼ歩きで行っていました。
スピードを落とさず歩いて行くと、中学に着く頃に汗が出てきて、ちょっと息が上がるくらい。
私にとっては「ちょっとだけがんばる散歩」という程度で、どうってことはないのですが…。


その日、主人と一緒に歩いたらば…
平地はまあいいのですが、勾配を登る時は、急に遅くなるんです(笑)
トレッキングポールを使っているのに!ですよ。

私は「いつも歩いてる道」ですから、ごく普通に歩いていましたが…
いつものペースで歩くと、主人より先行してしまいます。

たかだか家から20分くらいの道のりなのに、途中で休んでるし!(^_^.)
…う〜ん、やっぱり、かなり主人は体力落ちてますよね〜…


そもそも体重が95キロ超というのがイカンのですよ。
そんなに体が重ければ、私だって坂道を登るのはキツイと思いますよ(笑)



(続く)

いつも当ブログへお越し頂きありがとうございます。
当ブログは現在、人気ブログランキングに参加中です。
皆様からの応援が更新の励みとなります。
下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです。♪

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

posted by はなずきん at 11:09 | Comment(0) | 登山&トレッキング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする