2016年07月18日

母と子の剣道日誌(96)ひさしぶりの大人稽古。

「 初挑戦!竹刀の組み換え」の続きは次回書きます!

今、けっこう「いい気分」なんですが…つまり酔っています(笑)
そのせいで文章が支離滅裂かもしれませんが、お許しください。
気分のいい時ほどブログ書きたくなるんですよね〜(^_^.)


土曜日は、市内数団体合同のミニ大会に出てきました。
今回は、珍しく初心者から始めたママさん剣士が対戦相手にいたのですが、私の成績は芳しくありませんでした…。

最近、役員の仕事が忙しかったり、長男の受験関連のイベントで稽古を休んだりということが多く…
6月初旬に審査、大会があったのもあり、ほとんど大人の稽古には出ていませんでした。
子供の稽古のほうには出ていましたが、元立ちをする事が多く、自分自身の稽古はあまりできていなかったんですよね。
そんな間も、家ではひそかに「上段の練習」をしていたりしましたが(笑)
左手一本での素振りを繰り返していたら、左手の親指の根元に「タコ」ができてしまいました…。

そんな感じで体力はランニング、素振りなどでつけていたのですが、人を相手にした稽古をほとんどやっていなかったんですよね。
だから試合もなんだかすごくひさしぶりで…どうやって攻めよう、って考えているうちに負けてしまいました。5戦中、1引き分け、4敗というけっこう惨憺たる結果でして。
対戦相手のうち2人は中学生、1人は三段を持っている当会のママさん剣士Kさんで、この3人は明らかに私より上手なので負けても仕方ないって感じでしたが…
残り二人のママさんは私と大差ないというか…むしろキャリアとしては私のほうがやや長い、という感じだったので、絶対勝てないということはなかったはずなのです。


いや、攻めてはいたんです。
そして、一本にはならなかったのですが、いちおう当たっていたそうです。
同じチームになった、同じ剣友会の「期待の新星」IDさんから「はなずきんさん、さっきの試合の小手、当たってましたよ!もっと、打ったとアピールすれば一本になりましたよ。」と言われました。

同じ事を、最近うちの会に入った別のパパさん剣士MKさんからも言われました…。
MKさんは実は警察官で六段、警視庁内の大会にも出る選手に選ばれたという手練れなのです。なのにとても丁寧で腰が低くてびっくりしたのですが(笑)
今回の大会、試合に参加するつもりでいらしたらしいですが(他のパパさん剣士は全員3段以下なんです!ちょっとレベル違いすぎですが〜)、審判の数が足りなくて審判にされていました。

MKさんは私の試合(Iさんに小手が当たっていた、と言われたのとは別の試合です)を審判をしながら見ていたのですが、「小手が当たったと思ったので旗を上げたんですが、打った時の発声が足りなかったせいか、他の方が旗を上げなかったんですよね」と…。


そ、そうだったんだ…、
いちおう、打った時に声は出していたつもりなのですが、もっとはっきりしつこく言わなければならなかったのでしょうか(笑)
前に部内試合した時も、審判をしていた先生から「打ち切れば一本だったのに」と言われましたし…
打ちが軽かったのかもしれません…そういう時こそ「アピール」が必要なのかもですね。

「打ち切る」そして「打ったというアピール」が、私の今後の課題ですかね〜…。


私は試合に負けていたとはいえ、大会そのものはけっこう楽しかったのです。
「剣友」パパさん達が、試合した後にお互い「あれは良かったですね〜」とか「やられましたよ」とか、楽しげに話しているのもいいなあ、って思っていました。
ちなみに、一般男子の出場者はほとんどがうちの会のパパさん剣士で…、他の剣友会との合同の大会、というよりはやや「部内試合」になってしまっていた感がありますが。

私、剣道を見て、自分でもやって、剣道の話をしていられれば、自分が負けていようが楽しいんですよ。

この季節としてはやや涼しい日だったので、さほど汗だらだら、という感じではなかったですが、そこそこ体力を使って疲れました…。すぐ負けた試合が多く、さほど動いてないのですが、試合って短時間でも疲れるんですよね。

そして大会のあった土曜日の夜、自宅の近くのお祭りがあり、娘がそこでお囃子(最近習い始めました)の踊りを披露するのに付き合ったりして…
大会から帰ってご飯を食べて、そんなに休む間もなく、娘の浴衣の着付けをしてくれる祖母を迎えに行ったり(初めて子供に着付けするので、私がやる自信がなかったのです)。
娘がお囃子披露の後、お祭りで遊ぶのが終わるまで(夜8時過ぎてしまいました)付き添ったりと、けっこうハードな一日だったのです。



そして翌日の朝からまたいつもの稽古でした。
前日、あまり早く寝ることもできなかったし、大会の日もわりと早起きしたので、朝起きた時はやっぱり、ちょっと疲れていましたが…
でも、ひさしぶりに大人稽古に出られるんですから、少々疲れていても休みたくありません。
気合いを入れるために栄養ドリンクを飲んで(笑)、いざ稽古へ、です。


この日は気温はさほどではなかったのですが、とにかく湿度が高くて…
最初のランニングが終わった時点で、すでにけっこう汗をかいていました。
素振りをして、その後いくつか筋トレ的なことをさせられたのですが、それでもう汗だくだくです。
素肌を汗の玉が伝わっていくのがわかります…。

前半は面付けをせず素振り的な稽古をしていたのでまだ良かったのですが、後半の面付け後の稽古は、とにかくもう汗だらだらです〜。防具をつけているだけでも暑かったです。
子供相手の元立ちをしていただけなのですが、汗を吸った道着がどんどん重くなっていくのがわかるという。
多めに持ってきたスポーツドリンクも、子供稽古の間だけでほぼ底をついてしまい、先生に出したお茶が余っていたのをもらいました…。

子供の中でも熱中症ぎみになって途中で休んでいた子が何人かいました。
こういう、さほど気温は高くなくても湿度が高い日は要注意ですねえ。



そして…子供稽古が終わり、次は大人稽古です。
N先生の教えてくれる大人稽古に出るのは、いったい何週間ぶりでしょうか!
1か月半くらい出られていなかったかもしれません。

子供稽古でものすごく汗をかいて少し体力を消費していましたが、それでもやっぱり大人稽古は出たい!
役員の仕事を急いで片付けてから、少し遅れて参戦です。

大人のほうはすぐ防具をつける稽古に入ったので暑いし、疲れます。でも楽しいんです。
やっぱり、元立ちをやっているのとは違って、自分でやるのは本当に楽しいんです。
(元立ちもそれなりに楽しいですけどね。子供の成長が感じられるので)
私、本当に稽古が好きなんだな、とつくづく思いました。

後半はほぼ地稽古だったのですが、とにかく声を出してがんばりました。
きつい、と思った時こそ声を出して自分に気合いを入れます。
倒れてしまっては元も子もないので、時々水分補給の休憩は入れましたが、そんなに疲れすぎることもなく、なんとかやりきりました!


最後に、整列して、黙想した時の充実感といったら…
流れ落ちる汗を感じながら、しーんとした中で、息を整えていくこの瞬間。
そう、これこれ、この感じがいいんだよね。

やっぱり、私は自分で剣道をしていたい。
見ているだけじゃ、物足りないんです。


そして…
夜、ご飯の後にお風呂に入ろうと思ったのですが、これだけ汗を流したので、今日はビールを飲みたい!と思いました。
いつもなら、翌日は月曜なのでそんなに飲むわけにはいかないのですが、明日は祝日ですし、珍しく全く予定が入ってない休日なのです。
そこで急遽コンビニに行ってビールを買ってきまして…
お風呂上りにぐっと一杯!ひっかけたというわけです。

いやー、稽古の後のビールは最高に美味しいですね!
すっかり気持ち良くなっちゃって、ブログを書きたくなったという(笑)。


8月後半には合宿もあります…。
合宿といえば青春!って感じですよね〜。
前に警察で行った合宿は、自分はまだ剣道を始める前でしたが、それでもかなり楽しかったんです。

今の会に入ってから、昨年の合宿は出たかったのに、他の旅行がかぶっていてどうしても参加できず…
今年こそは参加するぞと、ずっと前からカレンダーに日程を書きこんでいました。

今回は、自分も稽古をする中に入っているわけで…。
子供の相手はもちろん、パパママ剣士さん達とも必死に稽古して、その後はバーベキューなんです。
最高にビールが美味しいんじゃないでしょうか。
稽古時間が長くてきついらしいですが、部内試合やスイカ割りなんかもあるそうです。
剣道やってる子のスイカ割りって、さぞかしキレイに割れるのでは!?(笑)
いろんな事を、とっても楽しみにしている私です。



役員の仕事は人間関係がいろいろと大変ですけど…
正直、役員もこの会もやめたいと思った事はすでに何度もあります(汗)。

でもやっぱり、剣道が、稽古が楽しすぎて。
先生はみんないい人だし、子供を相手しているのも、剣友パパさん達と一緒に稽古をしているのも好きです。
なんとかこの一年乗り切って、まだまだここで剣道を続けていきたいな、と今は思っています。

酔いに任せて書いたので、内容がとっ散らかっておりますが…
本日はこのへんで、失礼いたします(^^)

posted by はなずきん at 00:48 | Comment(5) | 親子で剣道3 剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

母と子の剣道日誌(95) 初挑戦!竹刀の組み換え(その3:組み立て準備)

ちょっと忙しくて間が空いてしまい、すみません。

母と子の剣道日誌(94) 初挑戦!竹刀の組み換え(その2:竹刀の分解)
から続いています。


さて、竹刀の分解は終わりました。
次は組み立てるための準備です。


@竹を選び、使う部品をきれいにする

8枚ある竹のうち、比較的きれいなものを4枚選びます。
打突部分とは逆側の竹はそんなに傷んでいないので、それぞれの竹刀から2枚ずつを組み合わせることにしました。
とはいえ、多少はささくれている部分があるので、竹刀削りを使ってきれいにします。

015_1.JPG

竹刀削りは、私は刃のついていないタイプのものを使用しています。
これを買う前はカッターで削っていたのですが、普通のカッターだと、ささくれを取ろうとして、さらにささくれを作ってしまったりとちょっと使いづらかったです。
この竹刀削り、さすが専用工具だけあって使いやすいです。


A竹刀油を塗る

この「竹刀油の塗り方」については、調べてみたら諸説ありまして…
表面に塗っても油を吸わないので、節の部分に油を浸した脱脂綿を置いてしばらくの間浸透させておくとか、竹刀の部品を丸ごと油の中につけておくとか…
油の浸透具合が竹の場所によって違うと良くないとか。

どうするのがいいのか判断がつかなかったのですが、浸透させるには時間がかかりそうだし、これはしょせん「会の体験用の竹刀」なので、まあ適当でいいやってことで(笑)裏表に薄く竹刀油を塗りました。

016_1.JPG

ちなみにこれは、専用の竹刀油ではありません。実はヘアオイルなのですが、竹刀油は椿油なので、まあ似たようなもんだろうということで使っています。サラダ油でやる人もいるくらいなので、まあ大丈夫かと…。
ただ、あまり粘度の高い油は向いていないようです。

017_1.JPG

↑左が油を塗ったもの。右は塗っていないものです。
よ〜く見ると、色が微妙に違います。



B竹の長さを揃える(実際は必要ない作業かも)

竹を揃えてみると…
同じ36の竹刀ですが、微妙に長さが違う…ような感じです。
(↓写真は、竹刀の先革をはめる先端の部分です)

020_1.JPG

これでは合わないので、少し切ることにしました。
糸鋸で切ります。

023_1.JPG

が!!切ってから後で合わせてみたら、やっぱり長さがずれてたのです!(汗)
切らなければ同じ長さだったような気がします…。
合わせた時に上手くできてなかったのでしょうね。


C楔位置の調整

まず、楔が入っていた、竹刀の手元の内側部分を確認します。
違う竹刀から2枚ずつ、ささくれていない竹を組み合わせることにしたので、それぞれ楔の入っていた位置が違います。

018_1.JPG

4本とも、同じ位置に契が入るように溝を入れなければなりません。
2本分の溝はそのまま使うことにして、残りの2本の同じ位置に印をつけた…のですが…

025_1.JPG

後から、この方法ではずれが生じることがわかりました(^_^.)
よく「剣道用具マニュアル」を見たら、使う溝に契を刺して、他の竹の部品を竹刀の形に合わせてぎゅっと握り、楔で跡をつけて印をつければよかったようです。


ちなみに、竹刀の中に入っていた契とはこういう部品です。
少しはじっこがさびてますね。

026_1.JPG



D溝を切る

印をつけたところを鋸で切って溝を切ります。

が、私は、ここがあまり上手くいきませんでした…、


まず、普通の木工用の鋸だと、刃が太すぎます。
うちには糸のこもあったのでそれでやったのですが、それでもちょっと溝の幅が太くなりすぎてしまいました。また、普通のカッターで切れ目を入れただけだと、細すぎて契が刺さりません。
もう少し細い刃の鋸を用意しておくべきでした。

いちおう、太めの溝はできましたが…、
なんか、楔が刺さっている、というよりは「なんとなく乗ってる」感じになってしまったような。

↓右側が元からあった溝、左側が糸のこで切った溝です。
明らかに糸のこで切ったほうが太くなりすぎてます(^_^.)
027_1.JPG


E竹を合わせる

溝の位置に契を入れ、4本の竹を合わせてみます。

029_1.JPG

なんとなく竹の大きさとか厚みが違いますが、まあ外側は凹凸がないので許容範囲でしょうか…?
溝が太く切れているせいか、契がしっかり刺さっている感があまりないのですが、この上から柄革で固定するからいいだろう、ということで…(汗)

違う竹刀だと、端の面取り(材の角を削ること)の仕方などが微妙に違ったので、金やすりで削ってだいたい同じような形にしました。


しかし、この合わせた時に気づいたのですが…(写真撮り忘れたのですが)
竹刀の先端のほう、竹の長さがずれてたのです〜(^_^.)

さっき長さを揃えるために切ってしまいましたが、切らなければ合ってたような気が…、

また切るのも嫌だし、どうせ先革で隠れる部分なので、もうこのまま組み立ててしまう事にしました。
ほんとうはきちんと長さを合わせたほうがいいような気がしますが。



次に続きます!

posted by はなずきん at 20:28 | Comment(6) | 親子で剣道3 剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする