2016年06月13日

母と子の剣道日誌(85)戦い済んで、日が暮れて…

大会が終わりました。

私の試合は、あっけなく終わってしまいました。
なにせ相手は強豪N剣友会の、都レベルの大会に出るような方でしたから。

私はいつも打ちにいってはあっという間に打たれちゃうので、
今回は、ちょっと待ってみようかな…と思ったのですが、
全然攻める機会がつかめないまま、打たれて終わりでした(笑)。
試合時間、1分くらいしかなかったんじゃないですかねえ〜。

今回は試合前の緊張はあまりありませんでした。
負けた事自体は悔しくないのですが、あまりに何もできなかったので、もっとやりたかったなあ…。
疲れる暇さえありませんでしたよ〜(笑)


でも、大会自体はすごく楽しかったのです。
懐かしい警察のメンバーにも会えましたし。(私をいつも睨む意地悪な人はいませんでした!良かった〜)。
でも、警察ではお隣で稽古していた、私の憧れのK郎君の妹さん、小学3年生の泣き虫Rちゃんに「誰?」って言われてしまいました(笑)
2年間一緒に稽古してたのに、1年も会ってなかったら忘れられちゃうのか…、さすが子供。

ちなみに今年K郎君は高校生になったのですが、剣道の強い某私立高校に進学したそうです。
って、この間出稽古で行ったところでしたよ。私達が行ったのは、同じ大学の道場でしたが。
どんな剣道青年になったのか、見たいなあ…。


あと、警察で一緒だった、うちの次男の元同級生RM君は、剣道部のある市立中学に入学しました。
市の代表に選ばれるくらいのRM君は卒業式でも卒業アルバムでも、将来の目標を「剣道日本一になること」って断言してたんですよ。やる気があって素晴らしいです♪
なので学区通りの中学に行った次男とは学校が違ってしまい、大会でひさしぶりに会ったのですが…
なんでも4月に足指を剣道で骨折して、ずっと剣道部にも出られてなかったそうなんですよ!なのに大会に出て来てて…大丈夫?って思いましたが…大丈夫だったのかな(笑)
残念ながら試合は見られなかったのですが、前より背も伸びて、精悍な感じになっていてカッコ良かったなあ。



今回は私は大会の係(スコア付け)をやっていたのと、自分の試合もあったので、あまり他の人の試合が見られなかったのはちょっと残念だったのですが、同じ会場の係の別の会の方とも少し親しくなれて良かったです。


あと、一番楽しみにしていた二刀流剣士MRさんの試合が、自分の係の会場で行われたので堪能しました〜(笑)。
MRさんのチームは残念ながら準優勝だったのですが(優勝できなくて残念、っていうレベルなんですよね)、いやー、もう、見ていて楽しくて…というか入れこみすぎてドキドキして、苦しいくらいでして。
見ているだけでもアドレナリン出てるな〜と思います。(笑)
しっかり試合の動画を撮ってきたので、家でも堪能させていただきます♪
二刀流独特の構えが、ほんと、カッコイイんですよねえ〜。
でも、やっぱり直接見ている時のほうが緊張感のある空気が伝わってきていいのですが…。


それ以外の男子の試合も、かなり迫力がありまして。
係をしていながらも、自分の試合より緊張して、手に汗握って食い入るように見てしまいました。
以前より、私の剣道への入れこみ度が上がってきたせいでしょうか…?



ところで、うちの会のパパさん剣士たちは…、
大会後に「瞬殺反省会」(という名の飲み会)をすることになりまして…(笑)

まあ、つまりあまりみなさん、芳しくない成績だったのです。
団体戦だと、段位関係なく組みますから、かなり強い相手と当たっちゃうんですよね。
そりゃー、学生時代からずっと剣道続けていた人たちと同レベルになるのは、なかなか難しいですよ。



「瞬殺反省会」には、私も参加しました!(私も瞬殺されましたし!(笑))
他のママさん達も誘われたのですが、みなさんお子さんがいるので来れず、女性は私ひとりでしたが…
(私は最初から、飲み会があるかな?と思って、夕飯は子供が食べられそうなものを準備しておいたのです)
いやー、これが楽しかったのなんのって。

夜6時過ぎから会がスタートして、8時半くらいに次の場所に移って、10時半頃まで飲んでいたのですが…
その間、みなさんず〜っと剣道の話をしてました!(笑)

私は剣道の話がしたくてしょうがなかったので、このうえなく楽しかったです。
もっともっと話したかったくらいですが。


「瞬殺反省会」メンバーは、男子団体戦に出た10人のうちの8人プラス私でした。

先日「母と子の剣道日誌(72)私の「剣友」たち」でご紹介した「理想の上司EBさん」「アスリートHSさん」「稽古中毒SZさん」「ギャグ炸裂OMさん」はもちろんいらしていましたが…

あとはSN先生、A先生と。
あとブログに書いたことがありませんでしたが、現在、先生では出席率ナンバーワンの壮年剣士、SG先生。


そして期待の新星、IDさん。
IDさんのお子さんは、小学生の男の子の兄弟です。今年初め(1月頃)から当会に入っていました。
(その上にもお姉ちゃんがいますが、剣道はやらないそうです)

IDさんは高校の時に剣道をやっていて、二段まで持っているのですが、自分は「子供のお付き合い程度」で、そんなに一生懸命やるつもりはなかったそうです。
私から見ても、最初のうちは「そんなに熱心ではなさそう」って感じでした。

が…、大人稽古に出ているうちに、当会の熱心なパパ剣士さん達に影響されて、だんだん楽しくなってきたそうなんですよね。
そういえば最近は、IDさんは日曜日の大人稽古の出席率も良くなったし、水曜日の夜の自由稽古の時間にも時々いらしてるなあ、と私も思っていました。でも、大会に団体の一員としてエントリーされたからしっかりやらないと、と思っているのかな〜くらいの認識だったのですが…。
ところが、昨日の飲み会では「水曜日にどうしても出たくて、月火の仕事を一生懸命がんばって、水曜日は早く帰って参加するようにしているんです」と言っていたのです。

そ、そうだったのか!
そんなにやる気になってたんですね〜!

大会では、数十年ぶりの試合というわりには、かなり善戦してるなあと思って見ていたのですが…
でも、負けてしまったのですが「それがすっごく悔しくて」とおっしゃっていました。
うんうん、いいなあ、この「悔しさ」。
本気でやっていたからこそ、悔しいんですよね。

「なんでもっと、学生の時にやっておかなかったのかなあ、って今さら思いますよ」というIDさんに、
SZさんが「いや、今だからこれだけやりたくなるんでしょ。俺も学生の時は、やらされてる感ハンパなかったですからね」と。

IDさんは優しげな…正直言うと少し頼りなさげな(すみません)パパさんで、やんちゃな兄弟ふたりにも怒っているのをあまり見た事がないのですが、いざ稽古で対峙するとけっこう迫力があって上手くて、ちょっとイメージが変わったんですよね。
しっかり基本ができてる、いい剣道をされてるなと思っていました。
そんなにやる気になってたなんて…「剣道馬鹿仲間」が増えて、嬉しいです!


昨日の飲み会では「みんな、こんな年から初めて、こんなに入れこんでやってるなんて、異常だよね」とSN先生が笑っていました。
「みんな、ほんと個性的だよね。こんなに楽しく剣道をやってくれるなんて、俺も嬉しいよ」ともおっしゃっていました。


私が「剣道をしているみなさん、ほんとカッコイイですよ!私は、剣道をしているだけで評価アップ。稽古着着てるともっと評価アップ。高段者だともっと評価アップなんですよ(笑)」と言ったら、みなさんに「えー、本当ですか?なんで!?」と言われました(笑)



そうそう、憧れの八段剣士、YN先生の話が出たのですが…
なんと昔、子供が小さい頃は、当会に子供を連れて出稽古に来ていたそうです。
自分とは違う先生に鍛えて欲しかった、ということだったらしく。
その子は今、めちゃくちゃ強い大学生になっていて、昨日もチームで優勝していました。

だからSN先生は、YN先生とまあまあ親しいらしいのです。
私が「YN先生の話を聞きたいです!お願いします!」と頼み込んだので、いつかお会いさせていただけるかもしれません(笑)。




役員の仕事が(精神的に)大変なのは確かなのですが(汗)
こんな楽しい会をやめるなんて、私にはできそうにありません。
剣道馬鹿のパパさんたち、本当にみなさんいい人ばかりなんです。
一緒に剣道できてよかったなあ、と思います。

それはそれ、これはこれ、で、割り切って役員の仕事を全うし、私はここで剣道を続けたいな、と思った「瞬殺反省会」なのでした…。


posted by はなずきん at 09:32 | Comment(10) | 親子で剣道3剣友会編(初段まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする