2016年05月15日

母と子の剣道日誌(73)はじめての出稽古

今日、剣友会の大人会員のみなさまと、初出稽古に行ってきました。

「出稽古(でげいこ)」とは、よその道場にお邪魔して、一緒に稽古したり、試合をしたりして研鑽を積むことです。
ふだんは同じ会の同じメンツで稽古していますから、経験値を上げるためには出稽古はとても役に立つのです。


私がこの会に入ってから、大人が出稽古するのは初めてです。もちろん、私自身も初めてです。

以前、警察にいた時は、子供たちはよその警察署にお邪魔して稽古をする事がちょくちょくありましたが…
当会は子供も「会として」出稽古する事はほぼないようです。
個人的に出稽古している子は何人かいるようですが。

初めての出稽古でなにか失礼をしたらどうしよう?とか、きつくてついていけなかったら?とか、私みたいなレベルに見合って相手してくれる人がいるの?とかいろいろ微妙に心配でしたが…
結論から言いますと「とっても楽しかった」のです!


お隣の市の大学の道場で稽古している、「K会」という大人だけの剣友会の道場にお邪魔してきたのですが、その道場がいい味出てるんですよ。
「ザ・道場」って感じの古いオール木の床、あちこちに貼ってある「標語」、窓の前にある鉄格子にぶら下がってる面などなど…
ふだんは小学校の体育館で稽古してますから、こういう道場っぽいところに来るとワクワクしてしまいます。
神棚があるとさらに良かったんですが、残念ながら日の丸だけでした。それもそのはず、キリスト教系の大学の道場でしたから…、神棚がないのは当たり前ですねえ〜。


今回の出稽古のお膳立てをしてくれたのは当会の大人担当のN先生です。
行ったメンバーは、男性9名、女性4名と先生ですが、K会には事前に私達の経験年数や段数をお知らせしてあって、それに合うようなメンバーを相手の先生が取り取り取り揃えて?下さったようです。

出稽古の初めはストレッチから。そして準備運動、素振り。
この「準備運動の順番」とか「素振りの内容」はそれぞれの会によって、微妙に内容や順番が違うので面白いです。全般的にはほとんど同じなんですけどね。

そして胴・垂をつけて、整列して、座って…黙想です!
いやー、「道場」で黙想っていいですねえ〜。

その後、それぞれの会で切り返しや面打ちなどの基本稽古をやりました。
この時、当会の「理想の上司」ENさんから「はなずきんさん、面の打ち方良くなりましたねえ〜!」って言ってもらえて…嬉しかったです〜。(涙)
少しは特訓の効果があったのでしょうか?

基本稽古が終わったら、いよいよ試合です。
春の市の大会が団体戦、ということで、今回も団体戦の練習です。
行った大人の人数で分けて2チーム作ったので、片方が6人、もう片方が7人となりました。

基本稽古で疲れちゃって、ゼイゼイ言ってる中、私は先鋒なのですぐ試合に出なければなりません!

最初の試合のお相手は年配の小柄な男性でした。
おそらく、経験年数は私と似たりよったりでしょうか?
私が面を打った時に胴を打たれてしまい、1本取られて、3分で時間切れとなって負けました。
この勝負「負け」ではありましたが、あまり緊張しなかったのは良かったところでしょうか…。
前の大会の試合の時と違って、自分が何をしたかをだいたい覚えているので、少しは余裕ができたのでしょうか。

この「団体戦」、私の入っているチームは残念ながら負けてしまいました。

次の試合のお相手は小柄な女性です。っていうか、学生さん?
全般的な動きから見るに、あんまり手慣れてなさそう…、って思ったのに、試合開始後すぐにあっけなく小手を取られてしまいました。
そして今度は面を打った!と思ったら同時に打たれていて、2本取られて負けてしまいました。
試合時間は1分くらいとあっけなくて物足りなかったです。
後から聞いたら、相手は高校2年だと言っていたので、おそらく高校から剣道を始めた女の子なのでしょうね。

あーあ、あっさり負けちゃったよ、とちょっとがっかりして戻ってきて、
スコアをつけようとしたら、そこにいらした「稽古中毒」SZさんが
「はなずきんさん、さっきの面良かったですよ!
僕ははなずきんさんのほうが早かったと思ったんだけどなあ」

って言ってくれたのです。

ENさんも「あれは良かったですよ。1本旗上がってたでしょう?」と言ってくれて。
負けながらも、そう言ってもらえた事が嬉しかった私です。

試合後に、この女の子とやった地稽古では、けっこう私が技を入れることができたのですが…、
だんだん相手の動きがわかってきたからかなあ?


この会の団体戦も、うちの会が負けてしまいました。
うちの会のメンツは、試合慣れが足りないのかもしれませんねえ〜。
まあ、それを補うための出稽古ってことなんですが。

この時、私は自分の試合が終わった後は、試合のスコアをつけながら観戦していたのですが、剣道の試合を見るのって本当にワクワクしてしまいます。
お互いに「気のやりとり」をしているだけでも見ててゾクゾクするし…、
きれいに技が入った時はホント感動します!
先方の会の方のいろんな戦い方も見ていて「へえ〜、こんなタイプの人もいるんだ」と感心してしまいます。

なんでしょう、私が試合を見る時のこの高揚感。
油断するとニヤニヤしそうになるくらい、ほんとに楽しいのです!


「見ているだけ」でも楽しいのですが、やっぱり「自分でやっているからこその視点」で見られるのがいいんです。
やっぱり私、剣道好きなんだなあ、下手くそでもやめられないなあ、って思いました…。


さて、次は「代表戦」ということで、お互いの剣友会のエースを出しての5人組の団体戦です。もちろん私は出ていません(笑)。
この団体戦は、うちの会が勝ちました!
代表になったのは試合慣れしている人が多かったので、いい感じで勝ってくれました♪


それで試合は終わり、次は先方の会の方と「地稽古」です。地稽古というのは、お互い試合のように技を打ちこんでいく稽古のことです。
さきほど試合でお相手したふたりの方+もうひとりの女性とまた組んでいただきました。

これが、ちょうど私と同じくらいのレベルの人だったので、やりやすい!のです。
うちの会は私と同レベルの人が2人くらいしかいないので、私が打ち負ける事がほとんどなのですが、今日は何回か「これは確実に1本入ったな!」ってのがあって、ちょっと気持ち良かったです。
まあ、私のほうもけっこう打たれていましたけど(笑)。

いつも自分より上手い人ばかり相手にしているので、「これは決まった!」って事がふだんはほぼないのですが、今日はその爽快感が味わえたというか…。
いつもと違う相手とやってみるのは面白いなあと思いました。


あと、地稽古でお相手していただいた、試合では当たらなかった女性ですが、打つために体を動かしてタイミングを取る人で、見ていて「あっ、今打ってくるな」ってわかってしまう感じなのです。
私は体を動かしてタイミングを取るわけではないのですが、打つ前の瞬間に沈むような動きをするらしく、打つのがわかりやすいと言われるのですが、ああ、私もこんな感じでわかっちゃうのかな、あまり「起こり」の動きを出さないように気を付けようと思いました…。

上手い方を見るのも勉強になりますが、同レベルの方を見るのも役に立つものですね。


結局、試合を含めて、3時間ほどの稽古となりました。
今日はなんだかあっという間の3時間でした。楽しかったからでしょうね!


ふだん稽古の時にあまりゆっくり話せないだけに、道場から駐車場への道すがら、みなさんと話す雑談も楽しかったです。いつも来る時から道着姿の「お父さん」たちが私服なのも新鮮でした(笑)。

行く前は正直「私なんかが出稽古に行ったら場違いなんじゃ…」って気持ちもあって、参加すべきなのか迷いましたが、帰る時には「こんな楽しいならまた来たい!」って思ってました。


さて、明日は部内試合。役員として忙しい一日です!
こんな日記書いてる場合じゃないので(でも書きたかったんです!)、寝ないと(笑)。
posted by はなずきん at 00:08 | Comment(6) | 親子で剣道2剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする