2016年04月30日

母と子の剣道日誌(70)次男、主人、私…と、剣道。

4月からやっと稽古に復帰した次男。
中学の部活は、美術部に入りました。
ブログを読んでいる方はご存じと思いますが、次男は運動系が好きでも得意でもないので、文科系のクラブしか選ぶつもりはなかったのです。仮に剣道部があっても(ないんですけど)、たぶん入らなかったでしょう。
美術部の活動は週2日しかありませんので、剣道との両立には全く問題なさそうな感じです。

美術部は、最初は「女子ばっかりだからなあ…」と入ること自体を敬遠していたのですが、実際体験入部してみたら、案外楽しかったようなのです。
同じ1年生ですごく絵の上手い(らしい)男子が一人入った事もあり、刺激を受けているようで、今のところ楽しそうに部活に出ています。


余談ですが、
次男が幼稚園の時に一緒だった子で、小学校は違って、また中学で一緒のクラスになった子がいます。
入学式の時に名簿を見て、あれ?なんか聞いた名前…幼稚園で一緒だったあの子だ!と思い出した私。同じ中学校になるとは考えてもいなかったので、びっくりしてしまいました。
というのも、実はその女の子、幼稚園時代に、次男にラブレターをくれたRちゃんだったのです!(笑)

Rちゃんは、幼稚園の年長さんの時に同じクラスで、幼稚園の放課後の習い事だった絵画教室でも一緒でした。
小学校時代は、片思いはあってもモテてはいなかった次男ですが、幼稚園の時はこの子と「ラブラブ」な雰囲気だったのですよ〜。ラブレターなんて次男はこれ以降、もらった事ないです。
どうも、どちらもラブレターのことは忘れていたようですが…(笑)
絵画教室で一緒だったという事はふたりともすぐ思い出したようで、お互いどういう絵を描いていたのかは記憶していました。次男は他人にあんまり興味がないので、昔の同級生や友達の事はほぼ覚えてないんですが、観たものはしっかり覚えているのです…

Rちゃんとは昔仲が良かっただけあって、今もわりと話が合うようです。彼女も美術部に入ったし、クラスでも同じ斑になったらしく、そこそこ仲が良くなったようです。
ふだん、友達付き合いの少ない次男ですが、絵を描く人にはけっこう興味があるのですよ。
私もそうでしたけど…。主人も絵が上手いから好きになったんですよね〜(笑)


さて、そんな感じで、新しい中学生活をわりとエンジョイしている次男なのですが…
先日の稽古では、最初の素振りだけで疲れてしまい、
いきなり「帰る」「もう、剣道やめるわ」と言い出す始末。

そりゃ、半年も運動してなきゃ、バテるに決まってるでしょ。
そのくらいでやる気なくすな〜!(笑)

さすがに本当には帰りませんでしたが、そこからは、もう見るからにやる気なしモード。

大人が元立ちで子供が掛り稽古をするという形式の時に、私のところにも来たので、
普通にできてない部分を注意したら、ムッとむくれた顔をして聞きやしません。
さすがに私以外の大人にはそんな態度は取っていなかったのですが…

でも、終わる頃には微妙に気分が変わったようで、「次はちゃんとやる」と言ってましたが…、
素振りを始めるまではごく普通だったし、いったい何がきっかけでやる気のスイッチが入ったり切れたりするのかつかめないです〜。
きっとこれからもコロコロ気分が変わるんだろうなあ、次男。(笑)


ところで…。
母と子の剣道日誌(56)「小さい面」の特訓!?の頃から、私は水曜日の子供稽古の後の「大人の自由稽古」の時間にはほぼ出るようになっていました。

自由稽古の時間は、当会の人ばかりでなく、出稽古の方もよくいらっしゃいます。というか、実は出稽古の方のほうが多いような気がしますが…。
市内でもトップクラスの成人男子の方たちがよくいらっしゃっているのですが、「その日に稽古をやっている団体」に出向いて、毎日のように稽古をしている…という事なのかな、と思っています。

入会したての頃は、こんな強い人ばっかりいる所になんか参加できない!って思ってほとんど出た事がありませんでしたが、前回日記に書いた時は、1級審査前だった事もあって、このくらいやらなきゃ!って感じで参加してみたのです。
が、その後審査も落ちちゃってなおさら「なんとかしないと」という気持ちになり…。
大人担当のN先生も、私をなんとかしたい!と思っていらっしゃるようで、私が自由稽古の時間に出ようとしていると、いつも「私のところに来なさい」と声をかけて下さるのです。
N先生のその気持ちにも応えたいし、もちろん私だってなんとか弱点を克服したい。まして、副会長になってからは、子供稽古の時間は副会長の仕事をしていて出られない事も時々あり…大人稽古の時間は出ないと、と思って、ほぼ毎回出ています。


次男がずっと休んでいた時には、稽古は私一人で来ていたので、自由稽古に出るのにはかえって都合が良かったのですが…
4月から次男を連れてくるようになりましたが、水曜日の大人稽古は終わる時間が9時過ぎと遅いので、さすがに終わるまで次男を待たせるのは気がひけます。

なので、これから水曜日は主人に送り迎えしてもらうことにしました。
子供稽古が終わったら次男を回収?してもらい、大人稽古が終わる頃にまた来てもらうのです。

そのため、今までほとんど稽古の見学をしたことのなかった主人が、最近は早めに着いた時はちらっと見学するようになりました。そのせいなのかわかりませんが、ちょっと前までは「剣道は自分ではやる気ないよ」「この手の会は人間関係がめんどくさい」とか言っていたのに、「一回お前とやってみたいな」とか言い出しまして(笑)。
今度、主人もなんとか自由稽古に引っ張り出そうと思っている私です。



それはさておき、この間の大人自由稽古の時の事ですが…
私が参加し始めてから冬の間は、自由稽古の時は全部で10人いるかどうか、下手すると5人程度だったりする日もあったり、あまり人数がいない事のほうが多かったのですが…。
暖かくなったからなのか、審査や大会が近いせいなのか、先日はけっこうたくさんの人が参加していました。

いつも水曜日にはあまり参加していない、同じ会のパパさん剣士達もその日はけっこういて、その日はそういう方達と稽古したりしていました。
大会の試合は女性とやる事になるので、本当は女性とやりたかったのですが、他に女性はほとんどいませんでした。ママさん剣士はみなさんほぼ子供連れなので、水曜の自由稽古に出る方はほとんどいません。
たいてい女性は、年配のKB先生と私くらいしかいないのです。

すると、なんと以前「母と子の剣道日誌(56)「小さい面」の特訓!?」の時に教えていただいた、N剣友会のMRさんが私に「やりましょう」と声をかけて下さったのです。

MRさんは当会に出稽古に来ている方ですが、自由稽古への出席率はかなり高く、4回稽古があれば3回は出ている、くらいの感じです。当市のトップのN剣友会の方で、昨年の市大会では個人優勝していました。

うちの市の剣連のHPを見ると、MRさんはよく名前が出ていて、市の代表として、けっこうレベルの高い大会に出場されていたりします。
以前に「初心者だからといって遠慮しなくていいですよ。声をかけてくれれば教えますよ」と言っていただいたものの、私から声をかけるというのはやっぱり気がひけてしまっていました。
だって、出稽古=明らかに自分の研鑽のため、なんでしょうし…、そんな時に私なんぞ相手にしていただいても…と思ってしまいます。

私も自由稽古には良く出ているし、MRさんも毎回のようにお見かけしていましたが、最初に教えてもらった時以来、お相手していただいた事はありません。
私はMRさんが他の方と稽古しているのを見ては「うーん、カッコイイっ」って思っているだけでした(笑)。

なので、声をかけていただいてびっくりするやら、申し訳ないやら、ちょっと嬉しいやら。

私は出席率だけはいいので「下手だけど熱心にやってるオバサン」と思われているのでしょうか…
一所懸命やってるわりにはなかなか上達できない私を、みなさん「どうにかしてあげたい」と思って下さっているようで、いろんな方にアドバイスしてもらえるのはとてもありがたいことです。


MRさんは二刀流なのですが、今回は、なんと、「二刀を相手にした時の戦い方」を教えていただきました。
まだ普通の一刀の人すらろくに相手できてない私なのに、いいのか?と思いましたが…でも、こんな機会はなかなかありませんから、ちょっとワクワクしてしまいました。

二刀の方はたいてい右手に「大刀」、左手に「小刀」を持っています(逆の二刀もあります)。だいたい右上段に構えている事が多いので、普通に面を打ちこむのはなかなか難しいです。
なので、まず狙うのは「小手」(右小手)なのだそうです。
普通に中段に構えている相手を狙う時は、わりと「まっすぐ打ちこんでも」小手に当たるのですが、
上段の構えをしている相手の右手は上のほう、かつこちらから見るとわりと左側にあるので、左斜め上から当てるようにするといいのだそうです。

また、一刀の時はあまり狙わない(というか、当たってもあまり一本にしてもらえない)左小手も、二刀の相手の場合は一本を取ってもらえるのだそうです。なので、次に狙うべきはそこなのだそうです。

そして、次に入りやすいのが「突き」なんだそうで…
小中学生は突きは禁止なので、子供稽古の時間には教えませんし、大人稽古でも突きはほぼ練習したことがありません。試合などで突かれた事も私は数えるほどしかありません。
Mさんが「やってみて下さい」というので、何度か練習させていただきました。が、なかなかうまく当たりません〜。外すと首のあたりに入っちゃうので痛そうなんですよね…、
突きは、手で突き垂れに当てるようにコントロールしようと思うと当たらないのだそうです。
腰を入れるようなつもりで、手を前に突き出すと当たるのだとか。

突きに限らず、面も小手も胴も、手先でコントロールしようと思うとうまく当たらず、体の面を相手にのほうに向けて、腰から出るつもりで、竹刀はただまっすぐ振り下ろすようなつもりで力を入れないほうが、きちんと当てるべき場所に当たるものなのです。そうはいっても、それがなかなか難しいんですけれども。
つい手でコントロールしようとしちゃって、力が入り過ぎちゃって上手くいかないんですよね。

そして、面を入れるには、何か打とうとするアクションを起こして、相手が打ってきて空いた時に打つのだそうです。

ふーん、そうなんだ、なるほど…、今回教わったのはほとんどが知らない事ばかりでした。
内容が高度で、今のレベルの私が上達するのに役立ったかどうかは微妙ですが(笑)、大変興味深いレクチャーでした。
自分でできないようなことであっても、こういう話を聞くのはとても楽しいのです。

MRさん、教え方が本当に上手なんですよね。
そして構えた時に迫力があり、とにかくカッコイイ!
二刀独特の、なんというか不敵な雰囲気もあり…一瞬、教わっている事を忘れて感心してしまいます…。
また教わりたいな〜と思っているのですが、…でもやっぱり、私からは声はかけられないかも〜。



ホント、なんでろくにできない私が、こんなに剣道が好きなんでしょうか…。
見てるだけでもかなり楽しいのですが、でもやっぱり自分もその中にいたいんです。
なんか、叶うことのない片思いみたいな感じですが(笑)それでもあきらめられない、往生際の悪い私です。

私は「人並み外れて運動ができない」わけではないと思うのですが、「できるほう」ではないのは確かです。
普通、私みたいなレベルの人は、ある程度やって上手くいかなければ、嫌気がさしてやめてしまうのではないかと思います。
子供の場合はそこそこ下手?でも「習い事」として続けている子はいますが、大人の場合は下手な人は残っていかないというか…つまり、続けてやっている人=できる人、なんですよね。だから私の下手さがよけい際立っちゃうんですが(笑)。
まさに「下手の横好き」ですが…。

いつになったら、どんな相手でも自信を持って(勝てるかもって意味じゃないですよ!)組めるようになるのでしょう。今は、相手より自分のほうが圧倒的にできてない!という気がすることばかりです。
同じ経験くらいの初心者相手でも、なんだか私のほうができてない気がするんです。
特に男性は力も強く、スピードも速いので、単に「打ちこまれるだけ」の元立ちですら「ちゃんと相手できてるのか、私?」ってよく思います。


体力的にもキツイ!って時もよくあるし、全然思うように動けてない。
でも、それでもやっぱり稽古は楽しいのです。
つたない私の相手をさせられる周りの方には迷惑かもしれないですが、
少しずつでも上手くなれるよう、続けていきたい…です。
posted by はなずきん at 00:29 | Comment(2) | 親子で剣道2 剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

何かと「長」な今年…。

ご無沙汰しております。

今年、剣友会で副会長をやっている事は書きましたが…
副会長の仕事の中で、数年に一度しかやってこない「学校施設開放協議会代表」という仕事も、なぜかばっちり当たってしまっています。

どういう仕事かというと、いつも稽古場所として借りている学校の体育館を使っている、他の団体も含めたすべての団体のスケジュールを統括する仕事なのです。

今借りている学校の体育館を使っている団体は、うちを含めて9つあります。
だいたい団体は固定されていて、使用する曜日や時間帯も決まっているのですが、学校行事などにより使えない日があったり、団体の都合で使用しない日があったりします。
そういうスケジュールをまとめて、教育委員会に申請する書類を作成したりするのが「協議会代表」の仕事なのです。

この「協議会代表」の仕事は、各団体の持ち回りで半年ごとに交替するので、うちの団体には4年半に一度しかやってこないのです。つまり、前の副会長さんはこの仕事内容を知らないという…。
たぶん今いる元役員さんの中で、この仕事をやった事がある人はいないと思われます。

昨年、副会長になる前(内定はしてましたが)の2月からいきなりこの仕事がやってきて…
自分の団体の仕事もわからないまま「代表」の仕事を引継ぎ、なんとかやり方がわかってきた頃に、市のシステムが年度代わりで微妙に変わったり、団体の入れ替えがあったりして、けっこうやることが多かったのです。
これも引き継いだ時は書類もごちゃごちゃでして、何が何やらという状態をだいぶ整理しました…。



そして今年、長男の中学のPTA役員もやることになっていました。
これはあらかじめ、1年の時に「何年に役員をやる」という希望を出していて(子供一人につき、必ず1回やる事になっています)長男と次男が一緒に中学校にいる、長男が3年の時がいいかな?と思って今年にしたのですが…。

今年は剣道のほうも忙しいし、母の面倒も見なきゃいけないし、なので、こちらはそんなに力を入れないようにしよう…と思っていたのですが、なぜかこちらも「委員長」になってしまいました(笑)。

というのも、委員長は本部の会議に出て活動報告をしたり、そのために実務部隊のリーダーとの連絡を取る事が仕事なのです。
あらかじめ年間の会議の日程は決まっているし、平日の午前中に用事が済みそうな事ばかりだったので、むしろ実務部隊よりも委員長のほうが私にとっては都合がいいのでは?と思ったのです。

委員長ひとり、副委員長ふたりが必要で、仕事内容はほぼ同じなのですが、希望者3人でじゃんけんをしたら、私が委員長になってしまいました(笑)。

仕事内容としては委員長は案外楽じゃない?と思っていたのですが、しょっぱなから「引継の時に途中で帰ってしまった人がいて、それが誰かわからないので名簿と照合してほしい」とかいう仕事が来て…、個人データの管理は委員長の役割なのです。
基本、人の管理や連絡は下のグループ内で行うので、こんな仕事は発生しないはずなのですが…
私のやっている委員が全体で35名と多いし、欠席者や途中で帰った人がいたのでこんな事になってしまったのですね。

照合してみたら、出席していたのに欠席にされていた人とか、名簿上、違うグループに振り分けられちゃった人とかいて、なんだかごちゃごちゃで(汗)
結局、私がエクセルで名簿を作って、当日書いた手書きのメモと合わせて一人一人チェックして、その不明者を探り当てたのでした…。

これからはこういうややこしい仕事が来ない事を祈ります。


結局、今年だけで3つも「長」をやることになってしまったという。
昨年はこれといって何もやってなかったのですが、そのあおりでしょうか?(笑)


しかし「協議会代表」の仕事はめんどくさいので、早く終わってほしいです…。
あと3か月もありますが〜。

剣道の副会長のほうは、登録作業や部内行事はひと段落したのですが、6月に審査や大会があり…自分も受けるのにいろいろ手配もしなきゃいけないし。
母の次の行先の老人ホームの見学などもしなければいけないし、まだまだ忙しそうです。



posted by はなずきん at 11:25 | Comment(5) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

母と子の剣道日誌(69)役員の仕事、効率化したい。

相変わらず副会長の仕事に忙殺されています…

もちろん、副会長の仕事そのものが多いのもあるのですが…
それにしても、いろいろ非効率な事情が多くて進みが悪い、というのもあるんです。

役員は私(副会長)、Oさん(会計)、Sさん(書記)の3人なのですが、Oさんは日曜しかいらっしゃれない、Sさんはフルタイムでお仕事をされていて、出張などもあり、最近会う機会が少ないのです。
しかもこの3人全員、入ってから2年以内で役員初経験ですから、いつ何をすればいいのか、おおまかにしか把握していないのです。

昨年、役員をやっていた3人の方は、一人の方は男性だったのでなかなか連絡が取りづらかったようですが、あとの2人はとても出席率が高かったし、うち一人は役員経験者で、二人ともお母さんは剣道はされていなかったので、稽古時間中に話すことができて、仕事は進めやすかったのではないかと思います。

今回は、一番出席率が良くて、一番動くべき私が稽古に出ているということもあり…、
いろんな人にいろんな事を確認する時間がなかなか取れません。
最近は、子供稽古の時間はあまり稽古に出られず、他の役員やお母さんとの打ち合わせをしている事が多いのですが、それだけにその後の大人稽古の時間はフルに出ているので…
子供を教えていたり、大人稽古に出ていたりする先生をつかまえて話を聞くのがなかなか大変です。


いつも稽古場にしている小学校が使えない時は、他の会場を取ったり書類を出したりするのが副会長の仕事で、稽古の最後まで残って書類を出して帰らないといけないので、防具をしまったり書類を出したりとひと仕事終えた時には、話をしたい人が帰ってしまっていたりすることもあったり。
今の会はいろんな仕事がいろんな先生やお母さんたちに分散していて、複数の人の話を聞かないと物事を決められないことが多いのです。

役員同士はスマホのLINEで連絡を取り合うことにしていて、LINEは即時性があるのは便利なのですが、決める物事が複数ある場合、話題が流れてしまって後からたどりづらいのです。
メールもあまり頻繁にやりとりしてもわかりづらいし…

急ぎの事はLINEやメールで連絡しようと思いましたが、さほど急ぎではないけれど、進行状況を知っておいてほしいようなことを共有できるツールはないかな…と思っていたら、ちょうどいいのを見つけました!
サイボウズ という無料サイトで、ToDo(やるべき仕事)を複数の人で管理できるシステムがあったのです。
デジタルに頼りすぎるのもあれですが、やはり便利なものは最大限利用して、仕事は漏れなく素早く進めたいものです!


役員の業務内容も基本的には「前年踏襲」で、あまり効率的ではないことが多いです。
「ちょこっとシステムを直せばこっちが楽になる」ようなことが直されていないままで。
いろいろと直したいのはやまやまなのですが、他の人を通さないと直せない事が多々あり、勝手にやってしまうわけにもいかないようなのです。


他の剣友会などでは、こういう事務作業はどうされているのでしょうね。
お母さん達は数年で入れ替わってしまうので、継続的に効率化していくのはなかなか難しいのかもしれませんが…。
ほとんどの人が専業主婦だった時代と今は状況も違ってきているので、私としては、もっと作業を効率化してから次世代に渡したいところですが…いろんな過去の経緯があったり、いろんな方が関わっている事なので、さじ加減が難しいです。


いざ役員になってから知ったこともたくさんあり、外から見ているのと、自分でやるのとでは大違いだな〜と思っています…。

posted by はなずきん at 21:45 | Comment(0) | 親子で剣道2 剣友会編(1級まで) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする