2015年09月12日

勝沼「ぶどうの丘」へ、夫婦ふたり旅(その2)日本三大奇橋のひとつ!猿橋へ

上野原を出て、次の目的地は「猿橋」です。
ダンナが「前から一度見てみたいと思っていた」というので寄ってみました。

猿橋とはなんぞやと言いますと…
上のリンクにこう説明があります。

「岩国の錦帯橋」「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋のひとつで、広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにその珍しい構造が描かれています。
長さ30.9m、幅3.3m、高さ31mのその姿は、橋脚を全く使わない特殊なもので、鋭くそびえたつ両岸から張り出した四層のはねぎによって支えられています。


かなりユニークな構造の橋なんだそうです。

005_1.JPG

両側が断崖絶壁なので、両側の岸からパーツを継ぎ足し継ぎ足しという感じで橋を作っていったわけです。
猿が手をつないで橋のようになって川を渡っているのを見てヒントにしたのだとかで、それで「猿橋」なわけですね。

007_1.JPG

↓下を眺めると川面がすごく遠い(高い)です。
確かに、これじゃ、下から橋脚を立てて作るわけにはいかないですね。

011.JPG


行くまでは私は全然知りませんでしたが、確かに珍しい橋です。一見の価値はあるかも。

しかし、猿橋以外、近くには特にこれといって見るものはありません…
いくつかちょこっと土産物屋がある程度。
橋のすぐ近くに「国定忠治が寄った」という蕎麦屋「大黒屋」さんがありますが、うちは時間の都合もあり入りませんでした。
ここは猿橋を見るために行く、というよりは、近くに行ったのでついでに見に行く、という程度のボリュームでしたが、なかなか面白かったです。

さて、猿橋を後にして、引き続き甲州街道をゆるゆるとドライブします…。
posted by はなずきん at 17:41 | Comment(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする