2014年09月21日

母と子の剣道日誌(37)もうすぐ、初試合なんです!

ご無沙汰しておりました。
実は、10月にリフォーム&仮住まいに引越しの予定がありまして、かなりバタバタしております。

しかし、剣道のほうもいろいろとありまして…

そう、タイトルにも書きましたが、もうすぐ私の試合デビューなんです。
9月末に市民大会があるのですが、そこで初めて公式試合に出るのです。

私が出るのは、高校生以上の女性が出る「女子の部」の個人戦なのですが…
これに出たら、次に出られる公式戦は、たぶん春までありません。
子供はいろいろ大会があるのですが、なにぶんオトナは私しかいませんから、大人の試合をわざわざ組むということがないんです。

しかもその頃、今教えていただいている先生は異動してしまっている予定なのです。
(東京の警察の少年剣道の先生は、5年で異動すると決まっているようなのです)
先生が変わっても、私が子供と一緒に教えてもらえるかどうかは全くわからず…
もしかしたら、今度のが最初にして最後の公式試合になったりして!?

そう思うと、おのずと緊張してしまうといいますか…、なんとか試合らしい試合をしなくてはとちょっと焦っていました。

もちろん子供たちも同じ大会に出るのですが、子供たちはもう何度か試合に出ていますし、この先だってありますから…


が…、いかんせん、私は稽古でも試合経験が非常に少ないのです。
なんでかわかりませんが、最近まで私だけ試合稽古をさせてもらえなかったので。
(本当になんでか謎なのですが…、先生にはなんとなく聞けません…)

やっと数週間前から試合稽古にも参加させてもらっているのですが、なにぶん、子供しか相手がいないので…
大人とやるのとはたぶん勝手が違うでしょうね。

試合ではない稽古の時も、中学生や小学生相手では私のほうもちょっと遠慮があって、自分のやりたいように稽古するのもなかなか難しく…。
私はあくまでも「子供のおまけに」教えていただいているだけなので、私のための稽古をしてもらうわけにはいかないようです。



試合が目前なのに試合形式の稽古がなかなかできず…
戦的なスキルをつけられなくて困っていた私の状態を見かねたのか、はたまた、自分がやりたかったからなのか、うちの主人が最近、防具(もちろん稽古着も)を購入したのです!

前にも書きましたが、主人は小学生から中学の頃にかけて、警察で剣道を習っていました。
本人いわく「剣道は嫌いじゃなかったけど、親にやらされてやっていただけだし、あまり真面目に稽古してなかった」んだそうで…。
公式試合もあまり出ていないし、級なども取ってないそうです。

でも、主人は運動神経はわりといいほうなんです。
もっとまじめにやっていれば、初段くらい取れたのかもしれません。
40代半ばの今は、体格はだいぶ!!メタボ体型になってはいますが…
たまに子供にも教えてもらうのですが、さすが経験者、竹刀の振りもなかなかサマになっていたのですよ。


私があまりに熱心だったからなのか…
だんだん、主人もやりたくなってきてたみたいで(笑)
ちょっと前から、職場の近くに通える道場があれば行きたいのになあ、って言っていました。

でも、主人は夜勤の職場で、平日休みなんです。
そういう仕事パターンの社会人男性が稽古に参加できる道場って、探してみたけれど、ほとんどないのです。

仕方なく主人が道場に通うのはあきらめたのですが、私の初試合デビューを目前にして、協力してくれる気になったようで…。
家の近くの防具屋さんで、ちょっと前に防具を購入しました。

そんなに本格的にやるつもりではないので、セールの安いセット防具にしたのですが、メタボ体型の主人には「セットの範囲内」ではちょうどいいサイズがなく…
セットの中では一番大きいサイズにしたのですが、なんか、袴のヒモの長さが足りてないし(蝶結びにできず、固結びにしています)胴からお腹がはみ出てるような気が…(笑)


問題は主人と私が稽古をする場所ですが…
さすがにいつも素振りをしている家の前でやるわけにもいきません。
素振りならまだしも、防具をつけて道路で試合していたら、アホ夫婦でしょう(笑)

いろいろ探してみたら、隣の市に一般開放している体育館があり、そこに武道場があることがわかりました。
2時間くらいでひとり300円と手ごろなお値段です。

最初はまだ主人の防具がない時に、様子見がてら、うちの子供ふたりと、同じ道場の友達ひとりを誘って行ってみました。
すっごいすいている(ほぼ貸し切り)のはよかったのですが…
冷房がなく、8月なかばだったので、暑いのなんの!ただ防具をつけているだけでものすごい汗です。
うーん、これだけ暑いと熱中症になってしまいそうです…。


そして、先日は防具を付けた主人とふたりで稽古をしてきました。
主人は、何十年かぶりに稽古着と防具をつけたんですよね…。以前に比べると、防具がものすごく軽くなってる!と感心していました。
今度はだいぶ涼しくなってきたので、稽古にはちょうどよくなってきた感じです。

基礎ができていて、瞬間的な動きはいいけど、体力がガタ落ちしている主人と(笑)
運動神経イマイチで初心者だけど、1年間稽古してきた私と…。

私が道場ではなかなかできない、試合に使う技の練習などに付き合ってもらいました。

時間を計って試合稽古もやってみましたが、いやまだまだ、主人には全く勝てません。
あっけなく面を入れられてしまう事が何度も…。
稀に、私が一本取ることもありましたが…。

主人は体重は私の倍近くあるし(笑)力も強いし、鍔迫り合いをすると、押されっぱなしでした。


が、主人のわりと的確な指導もあり、子供と稽古をしている時よりは、
だいぶやりたいことがやれて、試合に向けて役立ったと思います。

ふだんはわりとぐうたらで、「運動不足」を絵に描いたような生活の主人にも、ちょっとは運動不足解消に役に立ったかな?
しかしまさか、この年で、夫婦で剣道の稽古をする事になるとは、思ってもみませんでしたねえ…。



道場のほうの稽古は、相変わらずかなりきついこともあるし、竹刀が全然振れてない、踏込みが全然できてない、って先生に怒られっぱなしで、上達の度合いもゆっくりではありますが…

でも、先日の試合稽古では、初めて子供から一本を取ることができました。
子供相手とはいえ、みんなレベルが高く、何試合かは打たれっぱなしでしたが、防具組のそれなりの強さの子から一本を取れたので、嬉しかったです。

そうそう、道場で私の試合稽古を見た、RM君(道場ではかなり強い、息子の同級生)のママから、
「はなずきんさん、想像していたよりちゃんと試合っぽくなってましたよ!」って言われて、ちょっとほっとしました。
でも、足も動いてないし、技も一生懸命考えないと出せないし、全然まだまだまだまだ…、なんですけどね…、


時々へばっていても、やっぱり、稽古はとても楽しいんです。
稽古でヘロヘロになっても、それが気持ちいいと言いますか。

私、他の格闘技はほとんど興味ないんですよね。
剣術とか、それに関するものだけが好きなんです。
たぶん、袴を着ているという「武士っぽさ」と、刀を構える緊張感が好きなんでしょうね。
自分が「剣士」になれたんだ、ということがとても嬉しいんです。

試合稽古も好きです。
礼をして、竹刀を構えて、蹲踞(そんきょ、しゃがむこと)して…という部分からして、自分でやっていて「カッコイイ」って思っちゃうくらいです(笑)

本当に強くなる事はなかなか難しいかもしれませんが、せめて立ち居振る舞いだけでも、強そうにしたいところです。



初試合、勝てる確率は高くはないかもしれませんが、それでもやっぱり、勝ってみたいです。
弱いからこそ、守りに入るような試合はしたくない。
打たれてもいいから、思い切り行きたいと思っています!


実は、ものすごく緊張しているのですが(笑)やるっきゃない!です!
当たって砕けてきます!
posted by はなずきん at 21:01 | Comment(15) | TrackBack(0) | 親子で剣道1 警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする