2014年06月29日

母と子の剣道日誌(36)やるじゃん!次男!

今日、次男と私は、署の道場のメンバーと、他の警察署への出稽古(でげいこ)に行ってきました。

出稽古とは、よその道場に行って稽古をしたり、試合をしたりして、ふだんとは違う稽古をつけてもらったり、ふだんのメンバーとは違う相手と試合をすることによって実力を磨くためにあるのですが…

警察の少年剣道の場合は、出げいこはたいてい、よその署の道場に行くようです。

基本コースでは出稽古に出ることはありませんでした。(自分の署に、他の署の人が来る時に一緒に稽古することはありましたが)
防具コースに移って初めて、出稽古に出られるのです。
なので、次男も私も今回が初の出稽古です。

あ、私は稽古には出られませんけどね(笑)。
保護者が一緒に習うのはイレギュラーなことなので…。
ちなみに今回は、娘は別の用事があって出られませんでした。



今日は、いつもの署に朝7時に集合です。
せっかく休みの土曜日なのに、朝早かったせいか、私が起こした時、次男は「今日は行かない!」って言い出して、布団をかぶって起きようとしません。
単に眠かったんでしょうけど…。

もう〜、「稽古めんどくさい病」はまだ治ってないのか!(笑)

それでもなんとか、着替えさせて車に乗せまして。
みんなで集合してから、車で1時間ちょっとかかる会場になる署に移動して、12時過ぎまで試合と稽古がありました。
今回の稽古は4署合同でした。

先方の道場で、軽くウォーミングアップをしたら、いよいよ他の署との対戦試合です。


4署がすべて当たるように組んだので、3回試合をしたことになります。
ただ、署により人数に差があったり、今回はだいたい同じ学年同士で組むことになっていたので、ある署との試合では、次男は2回出場しました。
つまり、4戦やったわけですが…。

今回は試合をやったとはいえ「稽古」なので、どちらの署が勝ち、というような判定はしていません。
試合をしている横で、お互いの先生が「もっと前に出て行け!」とか「そこを狙え!」とか指導をしています。

ちなみに剣道は、公式試合の時は、横から選手に助言をしてはいけないんですけどね。


次男の試合結果は、以下の通りです。

1試合目 1本(小手)取って勝ち
2試合目 2本取られて負け
3試合目 2本取られて負け
4試合目 1本取られ、2本(面、小手)取って勝ち

4試合やって、2回勝ちました。
相手も警察で習っている子ですから、勝った時も、そんなに弱い相手でもなかったんです。
すごく強い相手でもなかったですけど。(笑)

剣道をきちんと習うようになって1年ちょっと、公式試合に出るようになって2か月の小学校5年生、としては、なかなか上出来な結果ではないでしょうか。



次男はもともと、決して体育などが得意なほうではなく…
休み時間はいつも教室にこもって図鑑などを見ているタイプです。
先生に「外に行け!」って言われると、外に行くふりをして戻ってくるんだとか(笑)。
兄弟3人の中でも、一番外遊びが少ない子です。

体も細く小さく、力も弱いほうで、他のスポーツも本格的にやったことがありません。
昨年学校でやった体力測定では、結果にA〜E判定がつくのですが、次男はなんと「D」判定をもらってきました…。
剣道を一年近く習っててこの結果ですか!?

全部の項目が全然ダメだったわけではなく、一部にかなり苦手なものがあったので、特に悪い判定がついてしまったのですが、それにしても、決して体育系が得意でないのは確かです。



剣道の稽古に行っている時は、まあまあきちんとやっていたものの、家でしっかりと稽古をするわけでもなく、私が外で素振りをしていても、あまり出てきません。
最近も、自分の道場の中での試合では、そんなに勝てていなかったのです。

先生が1年間みっちり基本を叩き込んでくれたとはいえ、
次男は「上手い!」ってうなるほど、きちんと動きができていたわけでもなかったのです。

しかし…
こと試合になると次男はなかなかいい動きをするんです。声もしっかり出ていて、やる気が感じられるのです。
もしかして、本番に強いタイプ?全然、そんな感じはしないんですけどねえ。

よもや、次男がこんな「きちんとした剣道」ができるようになるとは…。

次男は5年生ですが、高学年となると、周囲も何年も剣道をやっている子が多く…
そんな子に試合で当たったら、まず勝てないだろうと思ってました。




次男が剣道を始めたきっかけって、
実は、Wiiスポーツ(ゲーム)のチャンバラにはまったからなのです。
面が進むとけっこう難しくなってくるのですが、次男は10面全部をクリアして、それから出現する、さらに難しい「裏面」の10面も全部クリアしました。

うちでは、次男以外そこまでクリアできた人はいません。
子供の友達でも、裏までクリアした子がいるとは聞いたことがないので、普通はそこに行くまでにあきらめてしまうんだと思います。

何度も敵にやられても、何回でもチャレンジしていました。
全部クリアできた時は、ちょっとお祝いをしてあげたほどです(笑)。
よっぽどチャンバラ、楽しかったんでしょうね…。

その頃ちょうど、次男の学校の体育館でやっていた剣道教室のチラシをもらってきたので、それを見て「剣道を習いたい」って言い出したので、もともと剣道をやらせたかった私も夫も賛成して、そこでしばらく教わったわけです。
そこの教室で1年やってから警察に移ってきたわけですが…。

次男はまだそんなに試合経験がないのに、わりときちんと試合ができているのは、もしかして、あのチャンバラが役立っているのでは?とちょっと思いました(笑)。



今日の4試合目、それなりの実力の相手に、ほぼ互角にわたりあっている次男を見て…、
この子も成長したなあ、って思ったら、なんだか、涙がにじんでしまいました。
1本取られながらも、しっかり2本取って買った次男。
公式戦、初の2本勝ちでした!

iphoneで動画を撮りながらも、息子が1本決めるたびに「おっ、やるねえ!」って感心してた私です。




私、剣道の上手い人には弱い(カッコイイ!って思っちゃいます)んですが…
次男もそれなりにカッコよくなってきたんですよ〜。
まだもちろん、防具コースの子ほどいろいろできてないし、すごく強い子に当たったら一瞬で負けちゃますけど…。



まあ、家では宿題もなかなかやらない、くもんも、稽古に行く前は行きたくないと大騒ぎ、暇さえあれば、家で漫画を読んでは絵を描き…と、決してほめられるような生活はしてない次男ですが(笑)。

余談ですが、次男は絵はなかなか上手です。
夫が実は美術系の仕事の元プロなのですが(今はその仕事はほぼやっていません)その才能を受け継いだのか、小さい頃から漫画っぽい絵をいっぱい描いていて、今も5年とは思えない細かい絵を描きます。



まあでも、美術の才能がある人っていうのは、たいていは生活のほうはほったらかし、ですけどね〜(笑)
かくいう主人もそんな感じですし、次男ももちろん、いつも「夢の世界」を空想してるって感じで…。
現実のほうは、あまり見てないんです(笑)。




わりときっちりとしていて、宿題や学校の掃除はさぼったことがないような私と、なんでもめんどくさがってやりたがらない次男との相性はいいほうではなく、剣道を始めるまでは、どう接したらいいのやら…ってところもあったのですが…

私も一緒に剣道をやっているので共通の話題も増えましたし、以前はわりと強かった、次男に対しての苦手意識みたいなのもあまりなくなりました。


まだまだいろいろ問題は起きるでしょうけれども…とりあえず、今の気持ちは「やるじゃん!息子!」って感じです(笑)
これで剣道がもっと楽しくなってくれたらいいと思ってます。
posted by はなずきん at 01:20 | Comment(12) | TrackBack(0) | 親子で剣道1 警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

母と子の剣道日誌(35)次男、まさかの…?

またまたご無沙汰しております。

最近かなり忙しくて、なかなか書く時間がなかったのですが…
今日は剣道関係で、大ニュースがあるので書いてます。


先日、剣道の市民大会がありまして、息子と娘は団体戦で出場しました。
私はオトナとしてはまだ出れるレベルではないし、チームを組む相手がいないので、今回は出ませんでした。

団体戦、といっても選抜チームではなく…息子の道場では、防具をつけている子はすべて参加します。
おそらく、他の団体もそんな感じかと思います。

わが市の市民大会は、子供も大人も出場できるのですが、子供(小中学)のほうのルールで説明しますと…

小学校低学年、小学校高学年、中学生男子、中学生女子は三人一組で出ることになっており、中学生女子以外はトーナメント戦です。
中学女子は参加団体が少ないため、リーグ戦になっていました。

息子は高学年チーム、娘は低学年チームになるのですが…
高学年は5年以上、低学年は4年以下で、3人1チームで組みますが、ちょうど3で割り切れない低学年チーム2組は2人で出場となりました。
人数が足りない場合、同じような他の団体と組むという方法もあるのですが、低学年では難しいということなのか、それはやりませんでした。

試合は、先鋒、中堅、大将の順で試合をします。
勝ち抜きではなく、先鋒同士、中堅同士、大将同士の3試合を必ずやり、勝ち数の多いほうのチームが勝ちです。



娘(2年)は、4年の男の子NH君(去年基本コースだった子)と2人チームで出場しました。
先鋒がNH君で大将が娘です(笑)
一人足りない中堅は、こちらの不戦敗となるのです。

娘のチームは、初戦で二人とも2本取られて負けました…。
不戦敗含めて0−3で、一回戦敗退です。
まあ、予想通りと言いますか…(笑)

ちなみに、うちの道場の低学年は4チームあったのですが、残りの3チームのうち、1チームは一回戦敗退したものの(これも超初心者チームでした)残り2チームは決勝で同じ道場同士の対決となり、優勝と準優勝を収めました!


そして息子(5年)のほうですが…
高学年はふたつチームを作ったのですが、息子はAチーム。
先鋒が去年基本コースだった5年のRT君。
中堅が息子で、大将は防具コースで6年のKS君です。

大将のKS君、防具コースの中ではあまり目立たない感じでしばらく伸び悩んでいたのですが…
ここ1〜2か月くらいで、めきめき上手くなったなと私は感じていました。
先生からも最近はけっこう、ほめられていましたし。

KS君はおとなしい感じですがマイペースで、天然なんですが(笑)とても素直な子だなと思っていました。

RT君は力が強く、スタミナもあって、闘志はけっこうあるのですが、いつも間合いが近くなりすぎて、きちんと一本がなかなか取れない子です。
息子との試合稽古でも、息子のほうが小さくて押され気味で、間合いを取れずなかなか攻めづらかったようですが…
最近の稽古では、ふたりとも少し試合らしい感じに戦えるようになってきたな、という感じでした。

子供たちは、ちょっと前にも別の市民大会に出場したのですが、息子は、その時を境に動きが良くなってきていました。
試合稽古を見ていても、積極的に攻めている感じでして…。

私や主人が「試合開始直後に一本を狙うと、相手が油断しているから取りやすいよ!」
って教えたら、本当にそれを実践していて、たまに一本を取れるようになってきていたんです。



高学年のBチームのほうは、息子のチームより、明らかに強そうでした。
一人は息子の小学校の同級生のRM君で、道場の小学生の中では実力1、2位を争う子です。
その1、2位を争うもうひとりのM美ちゃんと、最近ちょっと稽古に来ていませんでしたが、前は強かったらしいNM君のチームでした。
この組み合わせを見るに、先生としては、こちらのチームを勝たせるつもりだったに違いありません…。

私は、RM君チームは優勝候補で、息子のチームは「一回戦でも勝てればラッキーじゃないかな」と思っていました。


さて、低学年の試合が終わり、いよいよ高学年の息子の試合です!

【一回戦】
先鋒RT君…引き分け
中堅息子…引き分け
大将KS君…勝ち

RT君と息子は、一本は取れませんでしたが、相手から一本取られることもなく引き分けです。
KS君はさすが防具コース、しっかり勝ちを決めてくれました。

…ということは…スコアは1−0となり、チームとしては勝ちになります!
息子は一本は取れなかったものの、しっかり声も出ていたし、積極的な攻めで善戦してくれました。

チームが勝てたのは、大将ががんばってくれたおかげとはいえ、負けはしなかった息子もいちおう貢献したわけで…。
公式戦、初の二回戦進出に大喜びです。


【二回戦】
先鋒RT君…負け
2本取られて負けだったと思います。

中堅息子は…公式戦初の一本(面)を取りました。
二本取れたら勝って終了になるのですが、一本だけ取って時間切れとなり、それで勝ちとなりました。
公式試合で息子が勝ったのはこれが初めてです!

大将KS君…勝ち

息子の初一本、初勝利、嬉しかったですね!
積極的に攻めてる感じだったので、それが実を結んだ感じです。

スコア2−1でチームとしても勝ちです。
一回戦を勝てただけでも驚いたのに、二回戦も勝てるなんて、親も息子もびっくりです(笑)

大将も、またがんばってくれました!


【三回戦】

三人とも、あっという間に2本取られて負けました(笑)
相手は準優勝したチームでした。今回は大将も力及ばずです。

まあ、つまり、一回戦二回戦と、あまり強いところに当たらなかったのもラッキーだったわけで…
でも、ほぼ初心者の息子がここまで来れただけでもよくやった!と思ったのですが…

小学校高学年は、参加チーム数が今回そんなに多くなかったので(17チーム)、
二回戦に勝っただけで、ベスト4に入っている、という事に後から気づきました。

えっ!もしかして、3位入賞…ってことは銅メダル!?

それがわかった時の、息子たちの喜びようと言ったら!
正直、Aチームのほうは、子供も親も入賞するなどとはちっとも思ってなかったんです。

しかも、みんなが「こちらは勝てるだろう」と思っていたBチームは、2回戦で、優勝チームに当たって敗退してしまったのです。
実力は明らかにBチームの子のほうが上なのに…勝負の世界というのは、わからないものですねえ。



後から知ったことですが、いつも優勝を総なめしている、わが市ではトップの剣友会の小学生が、今回は別の大会に出ていまして、一番の強豪がいなかったのでした。

そんなラッキーな偶然もあり、そんなにすごく強いわけではないのに、まさかの3位入賞を果たした息子たちですが…
みんなよっぽど嬉しかったのでしょう、ずっとニコニコしていました。

でも、大将のKS君はよくやってくれました。
初心者ふたりが同じチームだから、勝てるとは思ってなかったでしょうけど(笑)ひょうひょうとした感じの、マイペースのKS君の持ち味が良いほうに出たのでしょう。

先生が試合稽古の時に、あっけなく一本を取られちゃうことも多いKS君に言っていたんです。
「お前、本当に素直でいい奴だな。先生は、全力でお前を応援してるぞ」
うん、私もKS君は、応援しちゃいます(笑)


もうひとりのRT君はちょっと乱暴な感じの子で(汗)よく、息子や娘にもいたずらしてきたりすることもあり…
同じ学年で同期なので、息子と稽古で一緒にやることが多いのに、あまり仲が良くはなかったんです。
でも今回、一緒に戦ったことで、多少は同士的な気持ちが芽生えたんじゃないかな?と思います。

剣道は基本は個人戦ですが、団体戦も、いろいろと人間模様が芽生えて面白いものですね。



大会最後の、表彰式で…息子たちは無事、賞状と銅メダルをいただいてきました。
賞状は1枚しかなくて道場に飾るのですが(コピーはもらえるらしいです)、銅メダルは各人1個ずつもらえたのですよ。
その場で賞状とメダルを持って記念撮影もしてもらえて…満面の笑みで写真に映っていた息子チームでした。

私だって、何かの大会でメダルなんてもらったことないですよ。
今まで勝負事にあまり縁がなかった我が家初のメダルかも!?
息子は家に帰ったら、喜んでリビングに銅メダルを飾っていました(笑)



ところで、1回戦負けしちゃった娘は、実は試合直前に「おなか痛い、トイレ行きたい」とか言い出していて…もう防具を外すわけにもいかないのに!
「もうすぐ試合だから、我慢しなさい!」と説得するのに疲れました(笑)

娘はどうも、大事な局面になるとおなかが痛くなるタイプで…
あっけらかんとしていそうに見えるのに、プレッシャーには弱いんでしょうか〜。
試合の時もちょっと固くなってる感じでしたねえ。

プレッシャーには弱そうに見えた息子の方が、案外落ち着いて自分のペースでやれてた感じがします。

まあ、ふだんの稽古からして、娘はきちんと一本取れてないんですが〜
「面」って言いながら、面から外れたところを打ってます。(相手が動いてなくてもですよ!)
でも注意するとむくれちゃって、なかなか弱いところを直しません。
っていうか、まだどうすれば勝てるのか、なかなか理解できてないんでしょうねえ…。

後で「一回戦で負けちゃったよ〜」って残念がっていて、「お兄ちゃんはメダルもらえていいな〜」ってちょっとうらめしそうでした。

勝ちたい気持ちはあるようですが、それに向けて、欠点を克服しなきゃとか、技が入るようにしようとかいう考えまでになかなか到達しない娘なのでした…。



運動神経がいいほうの娘がイマイチ伸び悩み、たいして強くならないでしょ、と思ってた息子が最近はわりとよくなってきて…
子供の能力ってのはわからないものですねえ。
息子の「稽古行くのがめんどくさい病」も、これで治ってくれるといいんですが(笑)


この日は夫は仕事、長男は外出していたので、大会が終わった後の夕食で、私と息子と娘の3人で祝賀会をやりました!
息子の希望で、祝賀会は回転寿司です(笑)。

いつもは「ジュースとデザートは、どっちかだけね!」と言っているのですが、この日に限っては「いいよー、両方取っても。お祝いだからね!」と大盤振る舞い。
(安い大判振る舞いですよね(笑))

メダルを取ったのが嬉しいのか、お寿司をいくら食べてもいいよ!って言われたのが嬉しいのか、とにかく、ずっとニヤニヤ、ニコニコしていた息子、まだ可愛いですね。



ところで…
息子が前習っていた剣道団体も出場していましたが…やっぱり、今回の大会でも一回戦負けしていました。

息子がいた頃から、その団体の子が試合に勝ったのを見たことがありません…
(部活などでも剣道をやっている子は別にして)常に一回戦負けだったようです。

前の教室は教え方もあまりに適当すぎるし、教える方針もなんだかおかしかったし、ということで、今の道場に移ってきたわけですが…

いや、本当に移ってよかったとつくづく思いました。
あのままあそこにいたら、入賞などという体験は絶対できなかったでしょう。
幸運の要素が強かったとはいえ入賞できたのは、多少でも実力がついていたからで。
それなりに厳しい稽古に、なんとかついてきた甲斐があったというものです。

自分で言うのもなんですが、私がこれだけ剣道が好きになったから、ということも、息子の上達に貢献しているのだろう、とも思いました(笑)

前の会の時は全然息子の稽古を見てもいなかった私が、今の道場では自分でやるくらい剣道が好きになったわけですから…
それも今の先生いてこそ、なのですが。


前は書きませんでしたが、前の教室にいた時に…
とある保護者に、私が強く怒られたことがあったんです。
稽古中に自分の子供をもっと見ていて、何かあったら手助けしろと。

私は稽古中は先生が責任を持つものと思っていましたし、前の教室の稽古はちっとも剣道らしくなくて、全く興味を持てなかったので、見学はしていましたが、息子が防具をつける時だけ出て行ってただけで、稽古自体はほとんど見てなかったんです。

そこでは先生は生徒にほとんど指示を出さず…
初心者の子は、どうすればいいやら、って感じでぼーっと突っ立っている時もよくありました。
でもそれは、保護者が稽古内容を見ていて、自分の子供に指示を出すものなのだと後から言われたんです。

その保護者さんは言ったんです。
「こんな、自分の子供の事を見てない保護者さんは他にいないですよ!息子さんも全然周囲を見てないし…親子そろってこんなんじゃ、困ります」
みたいなことを。

親の付き添いだって、最初だけでいいって言われてたはずなのに途中から強制されるし…。
いつも指示が曖昧で、親も子供も何をやるかもはっきり言われてはいないのに…
それに、先生がいるのに親が子供に指示を出す事自体、おかしいと思っていたんです。

なのに、なんでそこまで言われなきゃいけないの!?と、その時私は、かなり悔しい想いをしました。
でも、剣道は続けたいと言っていた息子のために、反論したいところをぐっと我慢していたんです。
ですが、心の中で、こんな親がかりのへなちょこ剣道を教えているような所は、いつか見返してやる、って思っていました(笑)。



その方に今、言いたいです。

私は剣道の稽古を見るのも、自分がやるのも楽しくて仕方ないし、息子のこともとてもよく見ているし(でも、稽古中に指示なんかしませんよ、私は先生じゃないですから)息子も、多少ボーっとしていて怒られることもありますが(笑)、前よりははるかにしっかりと稽古についていっていると。

今回の息子の戦いぶりを見て、本当に今の道場に移って稽古をしてきてよかったと思いました…。
これからも波も紆余曲折もあるでしょうが、できるだけ、長く続けてほしいなと願っています。

posted by はなずきん at 01:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 親子で剣道1 警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする