2014年05月16日

母と子の剣道日誌(34)防具コース…きついけど、楽しい!

私と子供たちが、防具コースに入って約2か月が経ちました。
でもこの間、何かと稽古が中止になることが多く、そんなに多くは稽古していないのですが…。

5月中は、とある市民大会に出ることもあり(私は出ませんでしたが)防具コースの2時間の稽古のうち、後半は試合稽古だったのです。
私は試合に出ないので、その時は見学でして…

市民大会が終わり、本格的に2時間続けて稽古をやった時は、ものすごく筋肉痛になりました(笑)。

「切り返し」も防具コースに入って初めてやったのですが…
(切り返しとは、連続で相手に面を入れる稽古です)
今までとは比べ物にならないスピードで、面を何回も打たなければならないのですが…

切り返しの、打つタイミングもよくわからない…というところからスタートして、
何回か稽古をして、やっと動きに慣れてきたのですが、それを何回も連続で稽古させられた時にまず筋肉痛。

剣道を始めて、筋肉が前よりついたな…と思ってましたが、まだ全然、足りてないのですね(笑)。


すると今度は「体当たり」の稽古。
「面体当たり」であれば、面を打った後に、竹刀を自分のほうに引きつけ、面を売った勢いで相手にぶつかっていきます。
これを何度も連続で行うのです。

自分も相手にぶつかりますが、もちろん交代で相手も自分にぶつかってくるわけで…。
しかも相手は元気な中学生ですよ〜。

先生には「体当たりを受けた時には、足は一歩も動かすな」と言われて、ぐっと踏ん張るのですが…
それもけっこう、体力を使うのです。

これをほぼ1時間、続けた時は…
稽古の終わり頃には足はふらふらしてたし、翌日に背中と腕がバリバリになっていまして、カバンを肩にかけるだけで痛かったのです。


先日の稽古では「切り返し連続100回」というのをやらされ…
途中で何回打ったのかわからなくなってきちゃうし…
(基本的に、受けるほうが数えているのですが)

50回過ぎたあたりから、きちんと振りかぶれなくなっちゃいました。
もう、最後のほうはへろへろな打ちでしたよ〜。

いやもう、最近は常に肩と背中がバリバリしてる感じです(笑)
これからは筋肉がついていくんでしょうねえ…。
っていうか、つけないといけないんですよね〜。

家での素振りの時も「切り返し」をメニューに加えて、がんばっています〜。


40なかばを過ぎた老体?には防具コースの稽古は、きついんですよね。
時々息が上がるし、足はふらふらしてるし、ですけど。
でも、これはこれで、なんだか気持ちいいのです。
自分ひとりじゃ、こんなにきついこと、やりませんからね〜。



さすがに去年より前に防具コースに入っている子たちは、楽々とそういうメニューをこなしていきます…
私も、1年後にはそんな風になれているのでしょうか。

今、ちょっと早めに行くと、基本コースの稽古をやっているのですが、あいさつから始まり、まだ「面の打ち方三挙動」とかを始めたばっかりで…
去年の今頃は、うちの子も何にもできてなかったし、私は剣道を始めてすらいなかったわけですが…
それに比べたら成長したんだなあ、って思います。


まだ、防具コースの子の相手はなかなか難しいのですが、1年後には、自信を持って相手できるようになりたいなあ。

まだまだ、がんばります!
posted by はなずきん at 22:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 親子で剣道1 警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする