2013年10月09日

母と子の剣道日誌(28)優れもの!iPadでフォーム修正!

元気を出して稽古に行ったはずの私ですが…またちょっと落ち込んでいました。


その回の稽古は、子供たちは防具付けの練習をしていたのですが、その間私はすることがないので、素振りを先生に見てもらっていました。
すると、自分ではだいたい直ったはずと思っていた「前進後退素振りの時に頭が前に動く」のが、ちっとも直ってないことが先生に指摘されてわかったからなのです。

先生に言われてすごく注意してやっているつもりなのに、やっぱり動いていると言われました。


他にもいろいろ注意点はあって、脇が開いているので締めるとか、剣先を先に動かすようにしないととか、…まあ、でもそこは注意して反復練習すればなんとか身に付きそうな気がしたのですが…

「首が動く」のだけは、どうにも自分で制御できないのです。

何がいけないんだろう。


それを直すように家で練習しようと思いましたが、自分では自分が見えないし…、どうしたものかと悩み…
あっ、そうか、そういえばiPadに動画の撮影機能があった!と思って自分の素振りを撮影してチェックすることにしました。
深夜の自宅前の路上で、ひたすら撮影しては見て、撮影しては見て。かなり怪しい感じですが…(笑)。


やっぱり、頭を動かさないよう意識しているのに、どうしても動いています。
っていうか、それ以前に、普通に構えた状態でアゴが上がっていることがわかりました。
それに姿勢も悪い。私のフォーム、前傾していてカッコ悪いのです。

ふだん先生の動きや、防具コースの子の見本や、剣道のDVDなどを見ているので、自分のフォームが「いいフォーム」でないことはぱっと見てわかりました。

こういうの、動画が撮影できなければわからないことですよね。
自分で自分の横から見た姿をチェックするなんて無理ですから。
先生や主人からは悪い部分は指摘されていたのですが、やっぱり自分の目で見たほうが説得力があるというか、何が悪いのか一目瞭然でした。
「かっこよくなりたい」から剣道をやっているのに「自分の素振りはかっこ悪い」ってのがけっこうショックで(笑)うん、確かにこりゃダメ出しされるわけだ、と思いました。

今までいくら練習しても、自分のフォームがどう悪いかがはっきりとわからなかったので、いっこうに直らなかったわけです。

あと、今回思ったのが、普通のカメラで撮影するよりも、iPad(タブレット端末)のほうがイイということです。
なぜなら、撮影している画面が自分にも見えるからで、鏡のように使うこともできるわけです。iphoneやスマホでもいいのですが、画面が小さいので撮影中に見えづらいのが難点です。
自分がどういうフォームなのかがやっている時に見えるので、その場で修正もできます。「かっこよくなる」まで姿勢を調節できるので、自分の体のどこに注意すればいいのかわかりやすいのです。

さらに動画の録画もできるので、静止している時だけでなく、動いている時の状態もチェックできます。iPadの動画撮影は、フォーム修正にかなり役に立つことがわかりました。


ただ、まっすぐ立てるスタンドのようなものが必要ですね。
私は家のポストに無理やり立てかけて使いましたが、落ちたらショックですよね(笑)。
こういうタブレット用の三脚パーツがあるようなので買おうかな…。


で、どうやったらアゴの上がりを直せるんだろう?と剣道の掲示板でぐぐってみたらば…
「アゴが上がるのは左足の引付けが遅いから」と言う考察がありました。
えっ、そうなの?と思ってまた自分を動画撮影。む、確かに関係あるかも…?


あと、姿勢をまっすぐにするコツもネットで検索してみました。

「頭を上から引っ張られているようなつもりで立つ」んだそうです。

私は頭を前のほうに傾けがちなようなので、胸を開き、ややそりかえるような意識で頭の位置を自分の背骨の真上に持ってくるようにしてみました。そして顎を引きます。


その翌日、背筋をまっすぐにして、顎を引くように一日意識して生活してみました。気を抜くと背中が丸まって頭がだらっと前に行ったり、顎が上がってしまいます。ふだん、いかに前傾姿勢だったかわかりました。

剣道の時だけ姿勢をよくするなんて私には無理なので、常に気を付けてみようと思いました。


そして夜、家に帰ってから、もう一度姿勢を整えるようにして、素振りを動画撮影してみました。

自分としてはやや反り返っている、くらいの状態でやっとまっすぐになっていることがわかりました。
そこを気を付けてやってみると、昨日よりは姿勢はだいぶマシになっているものの、やっぱりまだ頭が動きます。

そこで家に入り、今度は先日購入した「剣道時代」についてきたDVDを引っ張り出し…(警察剣道の特集DVDだったので買ってみたのです。基本稽古の様子が入っているので、時々勉強のために見ています)
達人の素振りをスロー再生でチェックします。

すると、私よりもかなり歩幅を大きくしていることがわかりました。素振りしながら、前に行く時は打ち込む先に、飛びこむように素早く移動しているのです。
でも背中はまっすぐのままだし、もちろん首なんぞびくとも動いていません。


私と何が違うのだろう、と何度も繰り返し見てみます。そこでやっと気づきました。

まず私は歩幅が小さすぎるのではないか。そして、素振りの時の移動がゆっくりめなのと、膝がまっすぐになりすぎているので体がぶれて、首が動くのかも?

もう一度外に出て素振り動画撮影です。
今度は膝を普段の私よりやや曲げぎみにして、歩幅を少し広げ、素振りと同時にささっと後ろ足を引き付けるようにしてみました。
今度は首が動いてません!!しかも、前よりはカッコよく見えます!
ちゃんとできている人は、膝を少し曲げていることで、上下動のぶれを吸収していたんですね。
これを発見した時は「やったぞー!そうか、そうだったんだ!」と叫びたいくらいの気分でした(笑)。

おとといと昨日の夜、合計2時間くらい素振りチェックをしていた私。背中の筋肉バリバリです(笑)。
おとといの夜は「どうやったら直るの〜?」と悩みながらネットを検索しつつ、変な姿勢でうたたねしてしまい、気がついたら下敷きにしていた腕が痛かったです(笑)。
でもそのかいあって、やっと自分の悪いところをどう直せばいいのかがわかりました!
昨日は「やっぱり、運動神経イマイチな私には、こんな基本的なところでどうしようもない部分があるのか…?」というやや絶望的な気分だったのですが、今日は自分でその原因を発見できてうれしかったです。

動画チェックって重要なんですね。
体の動きが決して良くはない私は、頭を使ってなんとかしないと…。
今度、子供の動画も撮って本人に見せてあげようと思いました。
娘はフォームはいいのですが、次男は私に似てなんだか姿勢が悪いのです(笑)。

ただ、娘は筋力が足りなくて、片手素振りの時には腕も体もブレブレです。もっと練習しないと筋肉がつかないと思うのですが、自分の苦手なところはあまり練習したがりません。私に体を貸してくれたら、練習して返してあげるのに、って思うんですが(笑)。


はー…、これで今日の稽古は気が重くなく行けそうです。

そうそう、私、勝手に目標を立てたんですよ。

今までは「自分の体力が稽古についていけるのか」というところが心配で、そんなところまで考えられなかったのですが…足の痛いのはほぼ治ったようですし、筋力だけならまあついてきたし、持久力もなんとかついていけそうな気がしています。

だから、目標を立てて励みにすることにしました。


「10月中に早素振り50回をできるようにする」(本当は100回できないといけないのですが、急にそこまでは…)
「年内に、防具をつけられるレベルまで行く」


これを目指してがんばります!

うちの子達含めた基本コースの子は、今日、初めて面をつけます。
私も早く子供たちに追いつきたいです!

posted by はなずきん at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親子で剣道1警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする