2013年06月28日

母と子の剣道日誌(10)MY竹刀を買いました!

書きたいことが山のようにあるのですが、時間がなく間が空いてしまいました。


実は、マイ竹刀を買ってしまいました(笑)。

もはや、子供との勝負とか、子供に教えるためとかあまり関係なく、素振りそのものが楽しくなっています…。

何しろもともと剣術が好きですから、ぴしっと竹刀が振れるようになりたい、ということがありますが、体を動かすことによるストレス解消もあるのでしょうか。

疲れた時のほうが素振りしたくなってたりして…。なんかすっきりするんですよねえ。


昨日は実家関係の作業がいろいろあって泊まってきました。さすがに竹刀は持っていかなかったのですが、実家で「何か長い棒ない?」と聞いたら、富士山に登った時の金剛杖(八角形の棒)があったので、それで素振りをしていました。(笑)

ちょっと竹刀よりは長めなので振りづらかったですが…。実家の屋上から東京スカイツリーがよく見えるのですが、ちょうど面を入れる高さあたりにスカイツリーの先端があるので、スカイツリーに向かって素振りしていましたよ!


今までは主人が子供を教えるために買った竹刀があって(38というサイズです)、それを使っていたのですが、ちょっと重くて振りづらかったんですよね。

私の竹刀は女性用の一番安いのにしましたが、鍔は桜の柄にしました〜。柄入りの鍔って高くて2000円もするのです。竹刀本体と同じくらいの値段なんですが、愛着を持って使いたかったので奮発しました!


ちなみに、竹刀は普通、身長に応じた長さのものを使うのですが、男性用と女性用では同じ長さでも重さが違います。女性用の中にも「高校生用」と「一般用」があって、一般用のほうがほんの少し重いです。私は一般用(38)のほうにしました。

でも女性用にしたら確かに振りやすくなりました。私の今の筋力だと男性用は重さを維持することに気を取られてしまうのか、うまく振れないのです。

自分用の竹刀があると「愛剣」って感じがしてとてもうれしいです。おかげで前より素振り回数が増えました(笑)。剣道をきちんと習ってもいないのに竹刀買う人なんてあまりいないですよねえ…。
今まで、リビング脇の和室に竹刀を置いていたのですが、あまりにちょくちょく外に素振りに行くので、和室まで取りにいくのがめんどくさくなり、私は玄関に竹刀を置いています。傘立てを買って玄関に置いて、全員分の竹刀を入れておこうと思っています。

今度は好きな柄の竹刀袋を購入しようと、オークションを物色中です。市販品には女性向けの柄入りのものはあまりありませんが、オークションだとハンドメイドなので、女性向けの柄のもいろいろあるんですね。

ふだんは家の前で素振りしているのですが、はだしになれないので、はだしになれて室内で素振りできるところ…というところがないかと思い…。

家の中で素振りできるところがないかと探して、天井が高いところならいけるかな?と階段のところとか試してみましたが、高さがあるところは奥行きが足りないのです。室内だと相当天井が高くて広いところでないと素振りは不可能ですね。

最近、学校とかショッピングセンターとか、天井の高い場所に行くと「ここ、素振りできそうだな〜」って考えている私って変でしょうか?(笑)


そこで、子供の道場にはいつも開始時間より早めに行っているので、たたみ上げ(柔道も同じ道場でやっているので、柔道の後は畳が敷いてあります)をするまでの間、私も子供と一緒に練習してもいいですか?と先生に聞いて許可をいただきました!もちろん先生はノータッチですが。

(畳は半分にしか敷いてないので、たたみ上げをする前も半分は板の間です)

嬉しくてマイ竹刀をぶんぶん振ってたら、私の子供以外の生徒が寄ってきて「打ち込んで〜」(みんなまだ防具は着けてないので、竹刀を、ですが)みたいな感じになってなぜかモテモテでした。

もちろんこんなことやってる親、他にはいません(笑)。


本当はこの道場で教えてもらえるのなら私も剣道を習いたいのですが…、

警察は小学生、中学生までしか教えてくれないのです。
さすがに私だけ別の道場に通うほど時間はありませんし…。まあ、しばらくは「稽古ファンクラブ」状態で我慢します。


あと、竹刀以外にも剣道関係で買ったものがあります。

剣道 片手用素振り竹刀(手首竹刀)

¥3,150 楽天


これは片手(特に左手)で、室内で素振りをするためのものです。竹刀っぽい恰好をしていますが、ビール瓶くらいのサイズで、重い木でできています。かなりずっしりしていますよ。ビール瓶でやる人もいるそうですが、子供が落としたら大変と思い、こういうのにしました。

私の左手がある程度よりなかなか強くならないので重点的にトレーニングしたいというのと、室内でもできるのが気に入って購入しました。

息子にも使わせようと思いましたがちと子供には重いかな…。娘は手首を痛めそうなので使わせていません。もはや、道具をそろえているのは子供のためなのか私のためなのか…、(笑)



そうそう、道場でのたたみ上げについては書いていませんでしたね。

息子の道場では、いつも来た時にはたいてい畳が敷いてあります。

これを全部、子供たちが稽古の開始時間までに片づけるというのも稽古の一環です。


たたみって重いんですよ!道場の畳は、下は発泡スチロールのような素材ではありますが、畳のサイズが大きいのでかなりの重さです。

最初はこれを子供たちがひとり一枚ずつ持って片づけているのを見てびっくりしました!大人がやっても大変そうなのに…。

慣れている子は、うまい具合に背中にひょいと背負って持っていきます。でももちろん、最初はコツがわからず苦戦しますよ。うちの息子も娘もまだよろよろしてます(笑)。でも、最初に比べたらずいぶんマシになりました。「子供には無理」と思ってもやらせてみるものですね。


こういうことをやらせるのもまた剣道のいいところなんですよねえ。

自分からだったら、絶対こういうことをやりそうにない息子ですが、さすがに道場では文句を言わずにやっています。でも、時々こっそりサボろうとしているのも見えますけど…。(笑)

posted by はなずきん at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親子で剣道1警察編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする