2012年09月23日

キャンピカ富士ぐりんぱへ(その9)3日目朝ごはん&撤収

さて3日目です。

長かったキャンプの話題もこの回でおしまいです(笑)。


この日もさわやかな朝でした。

ふだん平日は朝5時に起床している私ですが、さすがに昨日は疲れたので6時頃に起きました。

残りの家族はまだガーガー寝ています。


朝の富士山を眺めて、洗面して戻ってきて、子どもたちを起こしましたが主人が起きません…。

朝ごはんを作ってくれる予定だったのですが、どうやら二日酔いのようです(汗)。

しかたがないので、私が作ることにしました。


この日はもう帰るので火はおこさず、持ってきたカセットコンロで調理をしました。


まずカップスープ(ポタージュ)を作ったのですが、主人が半ば寝つつ「牛乳を鍋であたためてそれに粉を入れる」と言っていたのでその通りにやってみたら…

(本来はお湯だけで作る商品なのですが、主人はよくこういう「チョイ足し」をします)

全然溶けません〜!!

牛乳で溶かすのは無理がありました。

かなり頑固に粉が固まって残っていたので、溶かすのにとても苦労しました…。

お湯で溶かして、後から牛乳を足してあたためたほうがよかったものと思われます。


そして残っていたソーセージを鉄板で焼きます。

コンロがひとつしかないので、5人分の料理を作るのはけっこう大変です。


それから食パンをトーストします。

キャンプでパンをトーストしたことがなかったので、最初は鉄板でやってみましたが全然焼き目がつきません。コンロの上に直接網を乗せたらまあなんとか焼けましたが…カセットコンロだから火加減が調節できたものの、バーベキューコンロではこのやり方では無理でしょう。

それに一回に1枚ずつしか焼けないので効率が悪いです。

やはりトースト用のグッズがあったほうが失敗なく焼けそうですね。


↓このユニフレームのロースター、網を斜めだけでなく平らにもできるんですね。なんか便利そう。

でもパンは2枚までしか焼けないようです。


《在庫あり。あす楽対応》UNIFLAME(ユニフレーム) fanマルチロースター 660072...

¥1,900
楽天
↓こっちは4枚いっぺんに焼けるようですが…こんなに火から離れていても上手く焼けるのかな?
パール金属 キャンピングトースターM-8288
¥721
楽天

↓トーストに雲の形の焼き目がつくという、おしゃれな一品。

だけど一枚しか焼けないので、ファミリー向けじゃないですね〜。

リッケ あおぞらロースター RIC-007/和平フレイズ
¥2,310
Amazon.co.jp

昨日の夜もけっこう食べたので、朝食はシンプルな感じで(っていうか、それしか食材がなかった)。

子どもに食べさせて、私が食べ終わった頃、ようやく主人が起きてきて食べました。

でも食べたらまた寝てしまいました…。


朝食がちょっと少なめだったのと、食べたいと思って買ったのに使っていなかった「あずき缶」があったので、お汁粉を作ることにしました。

作る…といっても、缶詰をあけて水で薄めてあたためるだけです。

本当はおもちを入れたかったのですが、買うのを忘れていました。


このあずき缶、いまどき珍しい缶切りで切るタイプのものです。

缶切りは忘れず持参したのですが、荷物を準備している時(旅行前日です)に気づいたのは「うちには小さい缶切りがない」ということでした。

歯車がついていて、ぐるぐるハンドル(というかねじ?)を回して切るタイプのものしかないのです。

以前はフツーの缶切りがあったのですが…さびて古くなっていたし、あまりにも使う機会がないので捨ててしまったんですよね。

でも少しでも荷物を減らしたいキャンプのときに、歯車付のでかい缶切りは邪魔すぎます。

今回は買いに行く時間がなかったので大きいのを持ってきたのですが、帰ってきてから100円ショップで缶切りを買いなおしました…。

はっ!もしかしてうちの子、フツーの缶切りが使えないのか!?

う〜む今度やらせてみよう…。


脱線ついでに、まどきの子ができないものといえば「ダイヤル式の電話をかけること」です。

我が家の長男はレトロ好きなので、自分でいわゆる黒電話を持ってる(私がオークションで買ってあげた)のですが、それを見た子供はたいていそれで遊びたがります。

(この黒電話は回線にはつないでおらず、ディスプレイと遊び用になっています)


で、よその子どもにやらせてみるとまず「ダイヤルの回し方がわからない」のはまあわかるとしても…

みんな「受話器を取らずにダイヤルを回そうとする」んですね〜。

なるほど、確かに今は先にプッシュしてから受話器をとりますもんね。

ダイヤルの回し方は教えてあげても、なかなか上手に最後まで回すことができません。というか、最後まで回すということをそもそもわかっていません。

私たちオトナは自分でも意識しない間に細かい動作ができるようになっているわけですが、今の子は全体的に難しい手作業をする機会が少ないので、どうも不器用なんですよね…。

男子だと小学生でもちょうちょ結びすら怪しいですからね。

うちの子も、親がものづくりをよくするわりに不器用なのでなんとかしたいのですが(汗)。


かなり脱線しましたが…

そんなわけでお汁粉をつくって食べ、後は撤収作業です。

コテージデコをはずし、子どもを食器を洗いに行かせ、ひたすら片付けです。

本当はよそのテントの観察などにも行きたかったのですが、そんな時間は取れませんでした…残念。

今回は主人が疲れ気味だったので寝かせておきましたが、次回はもう少し手伝ってほしいものです。

さすがにひとりで家族5人分の準備と撤収は疲れました…まあ楽しかったのでそんなに苦労ではなかったですが。

最後に主人を起こし、最後のコーヒーを淹れて飲み、チェックアウトです。


昼前にキャンプ場を出たのですが、おみやげなどもゲットしつつ家に帰り着いたのは午後3時頃とまだ日の高い時間でした。

ということは、富士山にはこれだけ早く行って帰ってこれるんですよね。

その気になれば日帰りもできそう(疲れそうですが)。


しかし次のキャンプは来年か…

行きたいのはやまやまなんですが、主人が平日休みで子どもと合わないので、長期休み以外は難しそうです。来年までにテント買いたいなあ〜。あ、でも車に載らないか…。


ところで今回のテーマだった「メルヘンキャンプ」ですが…

コテージのデコ以外は、メルヘンだったかどうか微妙な感じでした(笑)。

やはり子ども3人の世話をしつつ「メルヘン」はハードル高いです〜。

主人は全然そのあたり、興味なさそうですし…。

でもこれからちょいちょいメルヘングッズを増やして、次はもう少し自分のお気に入り道具でキャンプできたらいいなと思っています。


みなさま長々とキャンプ日記にお付き合いいただきありがとうございました!

posted by はなずきん at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする