2012年08月07日

アウトドア店めぐりと欲しいアウトドアグッズ!

ひさびさのキャンプを控えた私は、アウトドア道具を調べるのに夢中になっていました。

あ、ちなみに…キャンプといっても、テントを張るわけではなく、コテージ泊なんですけども。


児童館のキャンプを経験した長男(小学校5年)がキャンプに行きたい!と主張したので今年の夏旅行はキャンプになったのですが、なぜコテージにしたかというと、私が腰痛持ちだからです(笑)。

テントの中の土の上に寝ると(マットを敷いてても)確実に腰が痛くなります…。

まあ今はアウトドア用のベッド も出てるし(コットじゃありませんよ!エアベッドみたいなもの。でも高くて重そう。コットだと私の腰はたぶんダメです)、テントサイトも板張りだったりするので、ハイテクアウトドアグッズを駆使すればなんとかなるのかもしれませんが、そんなに揃える予算もないし、車も5人家族にしては小さいのでそんなに荷物を載せられません。


それに加えて、私が更年期に入りつつあるせいか、ミョーに上半身に汗をかくようになり、しかもそれであせもがすぐできるようになってしまったのです。昔より肌が弱くなっている気が(汗)。

夏は一日3回くらいシャワーを浴びているので、キャンプする場合もこまめに拭いたりしないといけません。テントだと水場が近いとは限らないので、コテージのほうがいいかなと。


それはさておき…

以前は御徒町にある「アートスポーツ」というところで、よくアウトドア用品を見ていました。

昔(20年くらい前)はアウトドア用品店ってまだ少なかったんですよね。

ここでダンナが当時まだ高かったダッチオーブンを買ったんでした。今は安くなりましたよね!


我が家は近所にWILD-1 があるのですが(調べてみたら全国に16店舗しかないんですね〜)、それ以外にはアウトドア用品専門のお店がありません。ホームセンターなどでちょこちょこ取り扱っている程度です。

まずは本で下調べをしたのですが、やっぱり実物を見てみたい!と思い、WILD-1 にも行きましたが展示の数にも限りがあったので、他にも回ってみることにしました。


先日吉祥寺に行くことになり、そういえば吉祥寺ってアウトドア店が多い!ということに気づいて、アウトドア店めぐりをしてみたのです、が…。

小さい店はいわずもがな、大きい店すら、いわゆる「キャンプ用品」の扱いがすごく少ないのです。

テントやら椅子やらは実物が置いてあって触れるところがいいのですが、ほとんどそういうところがありません。

吉祥寺で一番充実していたのは、L-Breathと石井スポーツでしたが、それにしてもたいしたことないというか…どちらもアウトドアウェアやリュックなどのの売り場のほうが大きく、料理グッズやテントやファニチャーなどはかなり少ししか展示してありませんでした。

なんだかんだでWILD-1 のほうがギアの展示が充実していました。


ここしばらくアウトドアブームと言われているようですが、いろんなお店を回ってわかったのは、今流行っているのは「キャンプ」ではなく「山登り」だということでした…。
どこも登山グッズやウェアはいっぱいあるのに、キャンプグッズはちょっとしかなかったですから。
山に戻ってきた団塊の世代プラス山ガールたちが多いということでしょうか?
でも私は登山趣味は今のところないので…もう少しキャンプグッズが充実するといいのになあ。

私はもともとアウトドアっぽい服が好きで、カーゴパンツとか迷彩とか(あ、それはミリタリーか)よく着ているんですけど…本物アウトドア服は機能的なだけに高いんですよねえ。

山登りをするわけでもないのにそんなに機能的な服は必要ないですし、可愛いと思っても値段が高くて手が届きません!

ちなみに私がよく買う普通服のアウトドア服は、サニークラウズ のものです。といってもアウトドアっぽいものはごく一部しかないんですけど(以前はもう少し多かった)。

サニクラは安いわりにデザインもよく、丈夫なので好きなんですが、フェリシモのブランドなので、欲しいものが確実に手に入るわけではない…という特殊な通販なので(基本的に受注生産なのです)、あまりみなさんにおすすめできないんですけど。(笑)


さてキャンプ用品に話を戻しますが、そもそも種類が少ないうえに、しかも、やっぱり「昔ながらの、無骨なデザインのもの」が多いのです。

機能的にはいろいろ進化していて面白いものがあるのですが、「可愛いくて買いたい」と思うものはごくわずかでした。


まあ私はもともとは工事用機械や戦闘機などのメカメカしいものや、無印良品的なものが好きなので、キャンプ用品の機能重視の無骨さも好きなんですけど、「メルヘンキャンプ」 をするにはそれだけではちょっと…。
それにキャンプ用品はとにかく高いのです。

食器ひとつにしても、自分ひとりならいざしらず、家族5人分揃えるとなると馬鹿にならない値段です。


でも紙皿をメインに使うのは、エコ的にもビジュアル的にもなんだか許せません。

というわけで、100円均一の「Serie」でメラミンのお皿二種類とコップ、フォークとスプーンを全部5個ずつ揃えて2000円程度でなんとか済ませました!

無地の食器でそんなにおしゃれではないですが、アルミのコッヘルよりは見た目がいいです。

でもこれ以外にも、可愛い柄のメラミンの大皿とか欲しいなあ。

イケアとかにありそうだけど遠くてなかなか行けません。コストコにあるのはちょっと派手すぎるし、セット枚数が多すぎです(笑)。


あと欲しいのは寝袋…。

コテージ泊なので実は毛布もあるのですが、子供が寝袋が欲しそうなので。

冬山に行くわけではないし、安い寝袋で十分なのですが、さすがにホームセンターで安売りしている980円の品は縫製が荒すぎてすぐ壊れそうでした。

しかも寝袋っていまだに「外は無地」のものばっかりなんですね…。

テントやタープもみんな無地なんですが、ああいう生地は柄プリントとかできないんでしょうか??

柄物のテントや寝袋を作ったら絶対売れると思うんだけどなあ。私が欲しいし。


それから私のふだんの生活からして欠かせないのがコーヒーなんですが、当然アウトドアでも朝の一杯は飲みたいところ。

いつも手挽きで豆を挽いて飲んでいるのですが、さすがに家にあるミルは重すぎて持っていけません。

アウトドアで使えるミルがあるだろうとまず電池式のものを探してみたら、これがないんですね!

電池のパワーでは豆がひけないようです。

仕方なく手動のものを探したのですが、これまたアウトドア用として売っているものはほぼ一種類しかありません。「ポーレックス コーヒーミル ミニ」 というものです。ミニでないものもありますが、こちらは底面にすべり止めがないらしく、あまりアウトドア向きではないらしい(と書いてあった)。

家では金属フィルターのドリップ で飲んでいるので、これをそのまま持って行けば使えそうです。


あと、なくてもなんとかなるのですが、使ってみたかったのが「ケリーケトル」 というものです。

お湯を沸かすグッズというとアルコールランプ式のものが多いのですが、これは松ぼっくりや小枝などを

燃料として使うそうです。燃料は拾い集めればいいというところが楽しそうです(笑)。

かなり欲しいのですが、けっこう高いので「また次の機会に」といったところでしょうか…。


あと、メルヘンキャンプの兎村さんのプロデュースした「メルヘンバーナー」 (ソト という会社の製品です) も欲しいのです。

キャンプ用のバーナー(カセットガスを使うもの)は、専用のカセット(高い)が必要なものが多いのですが、このメルヘンバーナーはカセットコンロ用のガスが使えます。

そして何よりデザインが可愛い!のです。

同じ機能のバーナー(もともと機能が高いと評判の品らしいのですが)を同じ会社で出してはいるのですが、メルヘンバーナーは本体にも赤いポイントが効いているし、付属のお鍋の蓋も赤くて可愛い!

付属のチェック柄の袋に全部収納できるのもまた、可愛いうえに便利そうです。


ただ難点は…5人家族の食事の調理にはちょっと向いてなさそうなところです。

付属のお鍋はかなり小さく、お弁当箱をちょっと大きくした程度の感じです。

お湯をわかす程度だったらこの大きさでいいのでしょうが、大きい鍋を乗せて調理するのはちょっと不安定そう。コンパクトさを重視したのでこうなったのだと思いますが…。

ああ、でもこのバーナー持って、一人でキャンプに行きたい!無理でしょうけど。(笑)


他にもコールマンのレジャーシート が欲しいとか(持ってみて大きさのわりに軽いのに驚きました!)。

この大きさのレジャーシートでおしゃれなものって少ないんですよね。

やっぱり5人だとこのくらいの大きさはないと…。


余談ですが、世間の「ファミリー向け商品」というのは、ほぼ4人用に作られているんですよね。

5人の我が家はいつも一個足りなくて買えず悔しい思いをしています。

今はそんなに5人以上の家族は少ないのかなあ…。


あとはアウトドア用のトースター が欲しいです。これでパンとかおもちを焼きたい。

甘いもの大好き、特に小豆系に目がない私は、ぜひアウトドアでお汁粉を食べたい!

といっても缶詰のゆであずきをのばすだけですが、そこにお餅を入れたいのです〜。


欲しいものではなく、すでに揃えたのが、テントデコ用のフラッグガーランド (旗の飾り物)です。(私が買ったのはこのリンク先のものではなく、個人作家の手作り品で、もう売っていません)

ちょっと前からインテリア誌などで見かけていて、部屋の中で使うものだと思っていたのですが、アウトドアのテントデコレーションに使うととっても楽しげになるんですね。

キャンプ場では迷子になりやすいのですが、テントの目印にもなるのがいいです。


そもそも私が「メルヘンキャンプ」 にひかれたのも、この旗のせいかもしれません…。

兎村さん(メルヘンキャンプの主催者)が、椅子でくつろぎながらフラッグでデコったテントの前でくつろいでいる写真が読売新聞に載っていたのですが、それが本当に気に入ってしまって、こういうのやりたい!って思ったんです。

なんか私のツボだったんですよねえ、この旗。

室内に飾ることには特に関心はなかったのに…。やっぱり旗だから外が似合うってこと?

本当は自分ではぎれを使って作りたかったのですが、私は手作りをやりだすととてつもなく時間がかかるので(いいものを作ろうと思って考えすぎるうえに、手が遅い)、今回はやめておきました。


今回はテント泊ではありませんが、コテージの周りをデコりたいと思っています。

あと、夏のレジャーでシェードを使うので、その時に使っています。

先日プールに行ったのですが、さっそくフラッグでデコってみたら楽しかったです♪

ただ、風が強い時にしっかり固定するのがけっこう難しいですね!いろいろ試行錯誤してみます。

あとテーブルクロスも欲しいし…。

小さい子がいるとテーブルクロスというのはかなり危険なアイテムなのですが、でもアウトドアで使ってみたい〜。

テーブルにお花も飾りたいのでビニール製の花瓶 も買ってみたのですが、ちょっと大きかったので、野の花を生けるのはやや難しいかも?

もう少しコンパクトなプラ花瓶が欲しいところです。100均など探していますが、売ってないんですよねえ。


あとは前から欲しいと思っていた、フェリシモのインド綿のケット も、アウトドア用にと頼みました。

私どうもパッチワーク系の柄に弱いんです。

あ、パッチワークといっても、アメリカンキルトとかそういう古典的な方面が好きなわけではないのですが。


キャンプはそんなにできないのですが(子連れだと疲れるし、予算の問題もあるしで)バーベキューなら時々やるので、他にも調理系の道具や食器がいろいろ欲しいし〜

なんだか際限なく物欲が沸いてきて困っています(笑)

まあ、ぼちぼち揃えていこうと思っています。










posted by はなずきん at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローチェア30、いいです!

私の椅子を占領していた子供が寝てから、ローチェア30でくつろいでみました。

全体的にはとてもいいのですが、ひとつ、いやふたつ難点を発見しました。


まず、腰をしっかりつけて座った場合に、頭を後ろによっかからせてくつろぐことができないこと。

背もたれの高さが少し足りないので、首のあたりまでしか背もたれがきません。

少しお尻の位置を前にやると、なんとかよっかかれるのですが…。

これは収束式(畳むと棒のような形になる)のチェアの構造上の問題と、持ち運びを考えているためこれ以上長くはできないのでしょう。アウトドア用である以上仕方ないといったところでしょうか。


あと、ずっと座っていた場合に、薄着だと背もたれの帆布の生地が背中と若干擦れるような感触があること。

ちょっとがさっとした感じがします。

背もたれ部分に何か布をかけて使えば改善されそうですが。


その二点をのぞけば、たいへん座り心地がよいです。

腰が悪い私は、しっかりしている座面がうれしいです。

こういう収束式のチェアは、えてしてお尻の真ん中が沈み込むような形になりがちなのですが(腰痛持ちにはややつらい姿勢です)、このローチェア30は座面がピンと張っていて、お尻の沈み込みがほとんどありません。


リビングでくつろいでいたのですが、これは家で使うのにとってもいいことがわかりました。

まず家にある椅子としては軽い。アルミフレームなので、アウトドアチェアの中では重めのほうですが、家の中で持ち運ぶものとしては決して重いほうではありません。広げたままでも楽々移動できます。

もちろん邪魔になれば簡単に畳んでしまうことができるのもポイントです。


あと、思いついて二階のベランダに出して座ってみました。

我が家は東京の郊外にあり、暗くもなく明るすぎることもない、といった感じのところなので、星を見ようと思うと目が慣れるまで見ていないとなかなか見えてきません。

その点、このチェアに座って上を眺めるのはけっこう楽です。(少しお尻を前にやってだらっと座った状態でですが)

流星群の観察(ずっと上を向いているので疲れるんです)なんかに向いているかもしれません。

あ、ちなみに私、昔は地学部でよく星の観測をしていました。最近は観測会ともご無沙汰ですが…。


一階にもウッドデッキがあり、ここでも使いたいところですが、我が家のウッドデッキは目隠しもなく道路に面しているため(子供の遊び場として作ったので、縁側のようにオープンにしたかったのです)、夜中にひとりでウッドデッキで使うと通行人をぎょっとさせてしまいかねないので、夜は二階のベランダで使うのがいいかもしれません。

ときどき星を見たかったけど、一階のウッドデッキだと通行人が気になってずっと外にいるわけにもいかず、なかなかゆっくり見られなかったんですよね。


二階のベランダは物干しをするのがやっとの狭い幅で、実用本位でまったくおしゃれでなく、椅子やテーブルを置いてくつろげるような感じではないのですが、このローチェア一個を出して座ってぼーっとしているのはちょっといい感じです。(本当に幅的にはぎりぎりで、椅子を置くと脇を通れませんけど)

実は子供部屋からつながっているベランダで、本来子供はここで寝ているはずなのですが、うちの子は怖がりでなかなか二階で寝てくれず、週3回は私も寝る下の和室で寝ているので、その隙に使っちゃおうかと…。まあ、子供が上に寝ていても気づかないでしょうけどね。


下の和室は4畳半と狭く、私と子供3人寝るとぎゅうぎゅうで、しかも子供の寝相が3人とも思い切り悪いので、私はいつも子供の間を縫ってパズルのように寝ています。

はっきりいって迷惑なのですが(笑)いつになったらゆっくり寝かせてもらえるのやら…。

ちなみに主人は夜勤なうえにほとんど家に帰ってこないので私と一緒に寝るのはたまにです。

でも主人がいる時は子供は上に追いやられますが。


話がそれましたが(笑)そんなわけで、この椅子を自宅で使うのもとっても役立つことに気づいた私でした。

リビングに置いてみて、やっぱり色はグリーンにしてよかったと思いました。

我が家のリビングは、基本は「木」か「金属」の家具しかなく、生成りか白か黒以外にある色といえばほぼ「緑色」だけなのです。ここに置くならやっぱり緑で正解でした。オレンジやターコイズだと、外ならいいけど我が家の狭いリビングでは目立ちすぎでしょう。

今まで本を読んだりするのも床座だったのですが、今度からこれに座って読もうかなあ。

これだけ使えるなら値段の元も取れるかも(笑)


この椅子、デザインも竹の肘掛、無印ちっくなアルミの足と帆布の座面と、私好みなのですが、ややシンプルすぎるので「私印」にするために何かデコりたいと画策しています。

手持ちのアイテムをいろいろ合わせてみたところ、どうもチロリアンテープをつけるのがいい感じになりそうなので、キャンプに行くまでにやってみようと思います!


そうそうチロリアンテープといえば「フェアリーレース」 というお店が安いですよ!

ちょっと品切れの品が多いのが難点ですが、1メートル単位で100円位で売ってくれるのでいろんな柄が買えるし、配送もメール便でやってもらえます。

私はときどきまとめ買いして、娘の幼稚園の制服をデコるのに使ったりしています。


しかし私とにかく、山に行きたいんですね…(登りたいという意味でなく、山の方面に行きたいだけですが)

この椅子を買ってあらためてそう思いました。

都会のバーベキューで使うのもいいですが、やっぱり自然の中でいい空気を吸いながらこの椅子に座りたいなと思いつつ、星を眺めていた私でした。

posted by はなずきん at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする