2010年10月19日

40代に似合うナチュラルファッションとは

前回の日記でも少し書きましたが、私は今年42歳。
あちこちに「たるみ、ゆるみ」が目立つようになってきました。
ちょっと前まではなんとか30代後半あたりに見える感じでしたが、この夏を超してからほうれい線も目立つようになり、少し貧相な顔だちになってきました(笑)。

さあ、そこで困ったのが洋服です。
今まで「可愛い!」と思って着ていたものがさっぱり似合わなくなりました!
体重も体型もそんなに変わっていないのに「顔」と服が合わないんです…。

あらかじめ言い訳しておきますが(笑)、私は洋服を決める際はしっかり鏡を見てチェックしますので、あまりにも見た目から逸脱した「イタイ」洋服は着ていなかったつもりです。
今までは「40代にしては若め」なガーリー系でしたが、まだなんとか「ぎりぎりセーフ!」で似合っているという感じでした。
実際どういう服を着ていたかというと、ギンガムチェックのチュニックに、スカラップレースのペチスカートとスパッツ、という感じのかなり「少女」系の感じが多かったですね。それとは別に、アウトドア系とかミリタリーも好きで、子供の相手をする時はそういう格好でしたが。

あの、ミリタリーは流行ってるから好きなわけじゃないですからね!私は中学の頃からミリタリー好きで、それがファッションにも出ているという筋金入りです!
昔は迷彩服とかつなぎなんか着ようものなら「戦争が好きなの?」とか言われていたのに、なんですかこの「今年のファッションはミリタリーが本命!」とかいう流れは。みんな昔のことは忘れたのか!(笑)
なんか許せないものも感じますが、好みの服がいっぱい出てるからいいのか…な〜。

話をガーリー系の服に戻しましょう。
はっきりいってもうダメです。アウトになりました。(笑)

まず、スカラップレースがダメ。
(スカラップレースというのは、裾が半円状の連なりになっているようなレースのことです)
レースというだけなら大丈夫なんですが、スカラップになると途端に「無理して可愛くしてます!」という感じになるのが不思議。
スカラップでもカーキや黒などの濃い色ならまだいいのですが、白や生成りはもうだめですね。
今までレースならスカラップがいい!とこだわって探していたのに…それが全部似合わなくなるとは〜。
#ちなみに、合繊のレースはもとから好きではないのでほとんど持っていません。私が持っているのは基本的に全部綿レースです。

それから、短い丈のスカートもダメ。
もとからあまり短い丈のものは着ておらず、スカートでもほとんどが膝丈以下だったのですが、今までデニムパンツなどを合わせる時は膝上のスカートをはいたりしていたのですが…
例え下にデニムがあろうが、膝より上のスカートは全然似合わないんですね〜。
私が背が高いせいもあると思うのですが、丈が短いと子供っぽくて笑ってしまうような感じになりました…。
もちろんショートパンツなんて論外です。膝上パンツもダメ。これは30代後半くらいからでしたけど。
あと今まではスカートといえばAライン一辺倒で、Iラインのものはほとんどはかなかったのですが、今はIラインのほうがしっくり来る感じです。

とにかく、カジュアルすぎるもの、可愛すぎるものはちっとも似合いません。
あといかにも安い感じがするものも浮いてしまいます。
逆に、今まで「なんか地味〜」と敬遠していた、シンプルめのもののほうが似合うようになりました。

この秋の衣替えをした時に、今まで似合っていたものが似合わなくなったことに気づき、数日はショックを受けていたのですが、すぐ気を取り直して「じゃあ、次はどんな服を着るべきか?」という方向に考えが行きました。
大好きなガーリー系が似合わない。
40代の女性が着るものというとある程度かっちりめの服のほうが合わせやすいのでしょうが、ナチュラルファッションからは外れたくないのです。(私のライフスタイルそのものがナチュラルだし、天然素材でないと肌に合わないので。)
ナチュラルでもあまりにマニッシュとかシンプルは好きではないので、貧相な顔の中年に似合う「少し可愛い服」ってどんなだろう。
いろいろ考えて、行き着いたのは「カントリーなおばあちゃんの服」がいいのでは、ということでした。
なぜカントリーなお母さんを通り越しておばあちゃんになったか…というと、おばあちゃんのほうが手編みなどの可愛いディティールの服が多いからでしょうか?(笑)
あとは、ややきれいめな「オトナの華やかナチュラル」もアリかなと。

今までは好きなナチュラルファッション誌といえば「リンネル」とか「n-closet」とか、若めのラインだったのですが、今になって見返してみると、モデルが若すぎて全く参考になりません。しかし、いっぱい出ているファッション誌のほとんどが30代向けな感じで、なかなか「老け顔」のモデルさんが出ているものがありません!
今回手持ちのファッション誌を見直してわかったのは「30代の老け顔」と「40代の老け顔」は似ているようでやっぱり違う、ということでした。
30代で老けている人でも、よ〜く見るとどこか肌にハリがあるんですね〜。だから30代向けの雑誌は参考にならないのです。

そこで目についたのが、前はぱらぱらっと見るだけで決して買わなかった「ハナカゴ」です。
この本は基本的にモデルさんが地味目だし(すみません)中年にも合うようなコーディネイトが出てるじゃありませんか!
特に今出ているVol.5の巻頭の高橋マリコさんのファッションがツボにはまり、さっそく購入してしまいました。(でも、高橋マリコさんって20代だったんですね…30代なかばだと思って買ったんですが…。(笑))

今まで大好きな洋服ブランドだったSM2のお洋服は、もはやかなり敬遠ラインになりました。
SM2のお店は近くに行くと必ず寄るという常連でして、かなりの数を持っていたのですが、この秋の衣替えで、可愛すぎて似合わない何点かは処分することになってしまいました。

最近ちょっと離れていたサニクラ(でも持っていた)はかえって使えるようになっていることに気づき、たんすの奥から引っ張り出してきました。(最近のカタログだと若向けのものが多くてかなり選ばないといけないですが…)
そして今まで直営店が近くにありながら(しかも店長さんが知合いでしょっちゅうお店に行っているのに)どうも似合わない気がしてなかなか購入に至らなかったalacrityのお洋服がすごく欲しくなってきました。(正確に言うと、姉妹ブランドの「a+koloni」の洋服のほうが合うのが多いのですが)
で、実際コーディネイト一式(といっても3点ですが)揃えてきてしまいました。(笑)
alacrityのお洋服は、シンプルめでありながらディティールが可愛いデザインがいいのですが、特に素材のよさが気に入っています。
洗濯後の風合いがよいし、綿や麻でもしわしわになりにくいし、洗いざらしがサマになるんです。
ただお値段もサニクラと比べると2段階くらい上ですが(笑)。

老け顔になりつつあるのは決して嬉しいことではないのですが、自分に似合うファッションを構築しなおす作業は面白いです。
手持ちの服や、お店で気になった服を当ててみては「そうか、この組み合わせだと似合うのか」「これは可愛すぎてダメなんだ」という勉強?を日々楽しんでいます。
今まで似合わなかった服が似合うようになるというのはそれはそれでワクワクします。

しかし40代以上向けナチュラルファッション誌、もう少しいろいろ出てほしいなあ…。
けっこう需要はあると思うんですが。
posted by はなずきん at 23:20 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする