2007年12月30日

我が家のおもちゃ事情

先日長男がクリスマスプレゼントに買ったプラレールのセットですが、開けてみるとなぜか私が知っているセットと微妙に違っていました。
(私も一緒に買いに行ったのですが、長男が棚から取ってきて、ダンナの押していたカートに入れたので私はどんなものか見なかったのです。)

たしかE4MAX(二階建て新幹線)と車両基地のセットを買うはずだったのですが、購入したのは500系のぞみと700系(いずれも新幹線です)の2両と、車両基地のセットだったのです。

おっかしいな〜、今年セット内容がモデルチェンジしたのかな?
と思ってタカラトミーのページで調べてもそんなセットはありません。
ふと思い立ってトイザらスのページを見てみたら、これはトイザらス限定のセットだったのです。
そうだったのか…なるほど〜と納得したのはいいのですが、いろいろ調べているうちに他の新製品に目をひかれました。
地下鉄銀座線ダブルセットです。
長男は以前からこの銀座線の昔の車両はけっこう気になる存在だったのです。

クリスマスに欲しいものを整理して書かせて、お年玉で買う物も決めてあったのですが、銀座線のセットは限定商品なので、うかうかしていると売り切れてしまいそうです。(うちの近くのおもちゃ屋にはこれはなかったので、こんな商品があることに気付いていませんでした。)
さっそく長男に「こんな新製品出てるんだけどさ〜」と見せてみたら、「欲しかった中央線はあきらめて、お年玉では銀座線を買う!」と大乗り気です。
地下鉄の駅やらトンネルやらも一緒に出ていて、こちらも欲しがったのですが、予算オーバーだし限定商品でもないので誕生日に買いなさい!ということに。

うちの近くのトイザらスに銀座線セットの在庫がないか電話で問い合わせてみましたが、ないとのこと。
入荷の見込みも今のところない、近くの別の店舗には在庫が7つある、という返答だったので、これはお年玉を手にしてから買いに行ったのではもうないかもしれない…ということで、今日買いに行ってしまいました。
とはいえ長男に渡すのはお年玉をもらってから、ということにしてありますが、長男は「買えてよかった〜」ともううきうき気分のようです。

普通の家庭ではこういうこと(親が率先しておもちゃを買う)ということがどれだけあるのでしょうか…。
我が家の場合、ダンナが無類のおもちゃ好きで、おもちゃ屋を見ると立ち寄らずにいられないというくらいです。ダンナのお小遣の大半はおもちゃに消えています(笑)。
昔欲しかったおもちゃを我慢していた分(我慢しろと言われたわけでなく、勝手に遠慮していたらしいです)反動で欲しくなっているみたいです(笑)。

私はというと昔からそんなにおもちゃを欲しがるほうではなかったし、親にねだった記憶もありません。誕生日やクリスマスには欲しいものを買ってもらっていましたが。
今もどちらかというとあまりおもちゃを増やしたいほうではないのですが、何か買うとなると徹底的に調べて、好みに合うものを探して買いたいというほうです。
実は長男だけでなく、私もふだんからプラレールのカタログはよく見ています…。
別に私自身は電車好きというわけではないのですが、子供が好きなものはつい調べてしまうのです。(おかげで電車ときのこには詳しくなりましたよ…)

私は子供におもちゃを買ってあげるのは、クリスマスと誕生日、そしてお年玉(それももらった全額でなく年齢相応の額のみ渡す)だけと決めていて、ふだん子供におもちゃをねだられても買ってあげることはめったにありません。
あまりおもちゃを増やしてほしくないのと、おもちゃが多すぎると大事にしないし、欲しいものを手に入れるには我慢しなければならない、ということを覚えてほしいからなのです。
しかしうちの子(長男と次男)は両親の子供の頃とは違って(笑)おもちゃを目にすると欲しくなってねだるほうです。さして欲しくないものでも目の前にあると欲しくなるみたいです。
マクドナルドのハッピーセットとか、目にすると絶対欲しがりそうなので、マックに行ってもおもちゃが飾ってあるところには絶対に立ち寄りません…。
私がいつも「買わないよ!」と言っているので、あんまり欲しいとは言わなくなりましたが、心の中ではけっこう欲しそうです。

子供が泣いて懇願しようがなんだろうが、ダメと言ったら絶対買わない私ですが、「これはこの子が絶対欲しいものだ!」と確信したものでかつ「この商品は今買わないと二度と手に入らないかも」というものに限っては、たま〜にルール破りをして買ってあげることがあります。
また、子供が(クリスマスや誕生日などに)欲しがったものが昔の商品だったりして、フツーのおもちゃ屋にない場合には、ネットショップやオークションなどを探しまくって、あればそれを買ってあげています。
それは私自身が「買うからには一番欲しいものを手に入れないと後悔する」性質だからなんですね…。

私みたいに子供の嗜好を掘り下げて理解しているお母さんというのは、私の周りにはあんまりいないようなんですが、子供の趣味に理解があるというよりは「私がそうしないと納得できない」からなんですね〜。
長男の「カタログを熟読して欲しいものを考える」っていうところはどうも、私に似たような気がします…。

余談ですが、実はこの「カタログを熟読して欲しいものを考える」というのは、私だけでなく私の兄弟(兄がふたりいます)にも共通しています。なぜか両親はそうでもないんですけど。(笑)
何か新しいものを買うとなると徹底的に調べてから買う、というのは兄弟3人に共通する性質なので、たまに顔を合わせると「今度こういう新製品が出たよね〜」とかいう話が必ず出るのでした…。

さらに昔実家で父が何か新しい物を買ってくると(新しい物好きというのは父もです)、頼まれもしないのに子供3人でよってたかってセッティングしてしまうので、父が「自分でやらないと使い方がわからん」とこぼしていました。


っと話がそれてしまいましたが、
我が家のおもちゃ事情はかなり特殊なほうかもしれません…。
親がおもちゃに理解はある(しかもダンナは一杯買いまくっている!)けどめったに買ってもらえない、という子供はいったいどう育つのでしょうか?(笑)


というわけで今年の日記はこれで書き納めになりそうです。
みなさま、良いお年を。
posted by はなずきん at 02:07 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ぎっくり腰回避&クリスマスプレゼント

ご無沙汰しておりました。
というのもここしばらく、腰の調子が悪くて…
私は数年前にぎっくり腰をやったことがあるのですが、「あとひと息でなりそう!」な感じがしていて養生していました。
ちょっと腰に負担がかかる格好をすると腰が「ぴしっ」って音を立てていた(ような気がする)んです…。とはいってもフツーに家事はできてたんですが。
そんなに無理していたってわけでもないんですが(でもおんぶは日常茶飯事でしたが)年ですかねえ。
すわりっぱなしが一番良くないんだそうですが、パソコンに向かって数時間すわり続けていたのも良くなかったのかも…。

乳飲み子もいるのにぎっくり腰なんてしてられません!
というわけで、数日おんぶをできるだけしないで、あまり重いものを持たずに、極力ゴロゴロするようにしていたら(腰が痛い時はとにかく安静に限るんだそうです)10日くらいでなんとか通常状態に戻りました。
いやよかったよかった…。

さて昨日はクリスマスイブでした。
とはいっても我が家はダンナの休みがずれているので、世間がお祝いする日にお祝いすることはめったにありません。今年も26日にやるのですが、クリスマスケーキはもうないだろうなあ…。

私はかなり小さい頃から(3歳くらい?)本やテレビの話は全部つくりごとだと思ってたんです。誰に教わったわけでもなく自分でそう理解していたみたいです。
当然サンタもいるとは全く思っていませんでした。
私の親に最近聞いたところによると、親としてはいちおうサンタの演出(夜の間に枕元にプレゼントを置く)をしていたつもりらしいですが、私は親が置いているというのは知ってたと思います。

そんなわけで、我が家は今までサンタが来たことはないし、サンタがいると教えたこともないのですが、長男と次男はなぜかサンタさんを信じています。
クリスマスには子供に欲しいものを直接聞いて、一緒におもちゃ屋に買いに行って、クリスマスの時に手渡ししているのに何故なんだろう…。
私もそうですが、ダンナも子供の時にサンタさんを信じていなかったクチなので、特にサンタにこだわっていなかったのですが、さすがに信じている子供に「サンタはいないんだよ〜」というのもしのびないので特にコメントをしないでいます…。

で、今日トイザらスにプレゼントを買いに行ったのですがまあ混んでること!
例年はもっと早く買いに行っているので、こんなに混んでるとは知らずびっくりしました。

今年のクリスマスは、長男は欲しいものがいっぱいありすぎたので(全部プラレールですけど…)、表に整理して書かせてどれか選ばせました(笑)。
長男はふだんからプラレールのカタログを熟読していて、欲しいものをひそかに(いや全然隠してないですが)考えているようです。
で、今回は「E4MAX車両基地レールセット」になりました。
通勤電車大好きの長男は新幹線は別についてなくてもよかったみたいですが、最近レールを組むのに凝っているので車両基地が欲しかったようです。
↓ちなみに最近長男が作ったレールです。なかなか上手くなってきました。
プラレール.jpg

で、怪獣大好き…というよりは破壊が大好きな次男はコレ。
大怪獣バトル エアージオラマセット
よく積み木で町を作っては怪獣に壊させているのでちょうどよさそうだと…。

長男はどちらかというと「作る」ほうで、次男は「破壊」のほうなので、一緒に遊んでいると微妙にしたいことがずれていてよくケンカになります(笑)。
次男は年齢的に壊すのが好きな頃…というのもありますが、長男の同じ頃と比べても圧倒的に「破壊好き」です。ダンナもそうだったらしい…。
さて、娘はいったいどうなるんでしょうねえ。

そうそう、その娘ですがますます元気です。
伝い歩きはずいぶん上手になってきて、リビングの座卓の周りを回っているだけでなく、よく上に乗っかろうとして怒られています…。(また子供が乗るのにちょうどいい高さなんですよねえ、うちの座卓)
なんでうちの子はみんなこんなに元気なんでしょうか…?
私がゆっくりくつろげる日は当分先のことのようです。
posted by はなずきん at 00:54 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

また笑っちゃった話

次男は最近急にひらがな、カタカナとも読めるようになりました。
今まで文字をいくら教えてもイマイチわかってなかったのに、4歳の誕生日(11月)を過ぎたら突然理解できるようになったのです。
(子供の成長というのは、教えたわけでもないのに急にできるようになることが多いです…)
次男は最近は、絵本もゆっくりながら自分で読んでみたりしているようでした。

さて今日は、家族全員でスーパーに買物に行きました。
スーパーの中に小さい本屋があって、ダンナがそこで買う本があるというので、私や子供は本を見ながら待っていました。

雑誌を立ち読みしていた私のところに、次男がやってきて言いました。
「おかあさん、きのこのえほんがあったよ!みにきて!」
ご存知のように次男は「きのこマニア」で、きのこの描いてあるものには目がありません。
しかし、きのこの絵本とは珍しいものがあるな〜、と思って次男についていくと…。

「おかあさん、これこれ。ここにきのこのほんがあるんだよ」

次男が指したのは世界名作絵本シリーズの一冊で、
「おおかみと7ひきのこやぎ」
というものでした。
グリム童話で、家で留守番をしている子ヤギのところに狼がやってきて子ヤギたちをだまして食べようとする…というお話です。

しかし、よく見ても表紙にもきのこは描いてありません。

これのどこがきのこの本??と次男が指した場所をよく見ると…。
みなさんはおわかりでしょうか。さあ、もう一度本のタイトルをよく見てみましょう。

「おおかみと7ひきのこやぎ」


次男には「きのこ」だけが浮き出て見えてたんですね、たぶん(笑)。

次男に
「あのね〜、これはきのこの本じゃないんだよ〜」
と説明しつつ、本屋で大笑いしてしまいました…。

posted by はなずきん at 22:46 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

笑ってしまった出来事

次男が中耳炎になった(というか気付いた)のは先週の木曜のことでした。

正確に言うと、水曜の夜から翌日の朝にかけて「耳がいたい〜」と言っていたのです。
で、木曜はダンナが休みだったので、朝イチで耳鼻科に連れて行ってもらいました。
次男は熱もなく
「幼稚園には行く!」

というので、医者に行く時には幼稚園のしたくをして、医者からそのまま幼稚園に連れていってもらうことに。

その日、次男は幼稚園では元気にしていたものの、帰りにはちょっとぐったり気味。
家に帰って寝込んでしまったので、翌日はお休みさせ、土日もぼちぼち様子見してました。

そして月曜。

元気になった次男が幼稚園に向かう途中で
「最近、この靴がきついんだよ」
と言い出しました。

それって…確か2学期が始まる時に買った靴です。
それまでの靴は16センチで、半年以上同じサイズでいけたのですが、夏を越して足が大きくなったようなので、ちょっと余裕のあるサイズに買い換えたはずでした。
「え〜、まさか、もう小さくなったの??」
と次男の足を触ってみたら確かに靴の中でぎゅうぎゅうになってます。
最近特に背が伸びたというわけでもないのに、なんで急に足が大きくなったんだろう?と思いつつ、
「じゃあ、近いうちに靴を買いに行くから」
とそのまま幼稚園に連れて行きました。

で、家に帰って長男のお下がりの、今までよりちょっと大きめの靴を出しておきました。
が、帰ってきた次男にそれをはかせるとまだぶかぶかです。

しかも次男の「きつい」と言っている靴を見ると15.5センチ…あれ?なんで今までより小さいの?
このメーカー大きめのつくりなのかなあ、それとも買い間違えたのかな?と不思議でした。


仕方ないな〜、大きいのを買いに行かなきゃ…とは思ったのですが、今まではけてたんだし、数日は大丈夫だろうと思っていました。
しかし翌日(つまり今日です)朝幼稚園に行こうとして玄関を出ると、次男がまた
「この靴痛いんだよ!足の先が当たるんだよ!」
と訴えます。
大き目を買ったはずなのになんで急にそんなにきつくなるんだろう?と思いつつ、仕方ないのでちょっと大き目の長男のお下がりの靴をはかせて、幼稚園に連れて行きました。

幸い、今日はダンナの休みなのでじゃあ靴買いに行くか…と考えていたら、次男の行った耳鼻科から電話がかかってきました。

「○○君(次男)の靴をお預かりしているんですけれども…」
「はああ??」


次男の靴で行方不明になっているものなどありません。
全部うちにあるはずです。

「先日いらした時に別の靴をはいて帰られたらしくて、○○君のお名前の書いた靴がこちらにあったんです」
「あの〜、それどんな靴ですか?」
「紺色の靴ですけど…」


…この瞬間、ナゾが解けました!

次男は耳鼻科で、持っているのと全く同じデザインの別の子の(サイズが小さい)靴とはき間違えてきたのでした。
間違えられた相手のほうは残された大きい靴を見て
「あ、間違えたんだな」
とわかったんでしょうが、こちらは全く気付かず…でした。

幼稚園に連れて行くとき次男に
「靴が小さくなったら早く言ってよね〜、すぐには買いに行けないからさあ」
なんて言ってたんですが、そりゃ早く言えるわけがありません。急に靴のほうが小さくなったんですから(笑)
そういえば木曜に幼稚園から帰るときも「靴がはきづらい」って言ってて私が手伝ったんでした。(いつもはだいたい次男が自分ではいているんです)
それに
「他の靴(幼稚園用ではない靴)はきつくないんだよ」
って言ってました…。

わかってみると、いろいろヒントがあったんですけど(笑)。

子供がいると、こういう大人ではあんまりやらないようなことがときどきあるんですよね〜。
昨日からなんでそんなに急に足が大きくなったんだろう、どうも変だなあ…とちょっとひっかかっていただけに、ナゾが解けておかしくて、ひとりでハハハと笑ってしまった私でした…。

ちなみに今日も耳鼻科に行ってきたのですが(中耳炎はまだ治ってませんでした)返ってきた靴は17センチでした。
1.5センチも違うのに、はいた時には気付かないんだから。
子供ってヤツは…。(笑)


posted by はなずきん at 00:17 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

冬は子供の病気の季節

今、次男が中耳炎を起こしています。
長女が熱を出して夜中に何度も寝ぼけて起きます。
子供のいる冬は病気の季節です…。

うちの子はそんなに弱いほうではないと思いますが、冬はやっぱり病気だらけです。
3人もいるとうつしたりうつされたりするし…。
親の私が倒れないように、看病しつつも自分も体力温存しなければなりません。

自分もたぶんそうだったんでしょうけど、子供ってホント一杯病気しますね。
風邪に始まり水ぼうそうだのおたふく風邪だの…(まだおたふくはうちの子はやってないのですが、幼稚園で流行っているらしい)
どこのお子さんも似たようなものらしく、冬は子供連れ同士ではなかなか会う約束などできません。約束してもキャンセルになる可能性がかなり高くなるし、幸い会えても病気を移しあうことになったりとか…。(潜伏期間もあるので油断できません)
小学校高学年くらいになると徐々に病気しなくなるみたいですが、乳児から幼児期にかけては毎年必ず何かしら病気の洗礼を受けざるを得ないようです。

私はめったなことでは子供を医者に連れていかないのですが(風邪やインフルエンザくらいなら寝て治させます。自分もそうです)中耳炎は親の目に見えないし、長引くと慢性化するらしいので医者に連れて行って薬を飲ませています。
先日娘が夜中に9度を超す熱を出したときには、さしもの私も「これは医者に連れていくべきか」と思いましたが、布団の中で熱がこもっていたせいだったらしく、イオン飲料を飲ませて布団を薄くしてしばらく様子を見ていたら8度代まで熱が下がり、その後元気になってほっとしました。
こういう「どこまでだったら大丈夫」というのは経験を積まないとわかりませんよね…。
3人目の子育てとはいえ、自分のことでないだけにヒヤヒヤものです。でも子供は病気をする分だけ回復力もある!と思っているので、注意深く様子を見つつ自然治癒力に任せたいと思っています。
「子供の病気というのは体を丈夫にするためにかかる」ものではないかと思っているので、極力薬を使わず戦わせたい?と考えています。苦しそうな子供を見るのは辛いんですけどね。

子供は病気に限らず危ないことが多いのですが、それをどこまで見守るか…というのは難しいですよね。あまり過保護でも強くならないし、かといって命を落とされても困るし。
親というのは度胸を試される?職業だと思います(笑)。

今年はダンナも体調を崩し気味で(年でしょうか…)ますます家にこもり気味な我が家です。
早く春にならないかなあ〜。
posted by はなずきん at 03:07 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする