2007年08月19日

自然なお産(その3)

(前回よりの続き)
以前にも書きましたが長男は非常に落ち着きのない子だったので、兄弟がいたほうがいいのか、いないほうがいいのか悩みましたが、長男が1歳半の頃にやっぱり兄弟はいたほうがいいだろうと考えて第2子を妊娠しました。

この時は長男を産んだ時のアパートではなく、現在の家(一戸建て)にすでに引っ越していましたが、やはり近くには助産院はありません。
が、幸い、ダンナの実家の近くに水中出産で有名な助産院があったのです。
長男がとっても義母に懐いていたこともあり、産む時に長男を預けるということを考えると、自宅近くよりむしろダンナ実家の近くのほうがいいのでは…と思い、今度は助産院で産むことにしました。

ちなみに長男出産時は出産後に私の実家(都内)に帰ったのですが、私の母親は高齢で赤ちゃんをだっこするのも大変そうでした。今度はこんなちょこまか動き回る長男の面倒を見られるとはとても思えなかったので、第2子の時は私の実家に帰ることは考えませんでした。
いっぽう義母は若くてとても元気で、心の底から孫をかわいがってくれるので、安心して預けることができて結果的には大変よかったです。

ここの助産院ではとにかく「妊婦は歩け」と言われました。
特に初産の場合は運動不足になりがちなので、助産院主催のウォーキングの会まであったほどです。
私の場合はちょこまかする長男に付き合っているだけで相当の運動量だったのと、買物等はできるだけ歩いて行くようにしていたので、歩くことについては問題ありませんでした。
つわり時期はさすがに苦しくて寝てばかりでしたが、妊娠中期に入ってからは元気になり、庭のレンガの花壇まで作ってしまったほどです。
そのかいあってか…というかちょっと動きすぎたのか…妊娠37週からが「正期産」といって生まれても問題ないという時期なのですが、次男は36週と2日で生まれてきてしまい、微妙に早産でした。
とはいえ、出産そのものは全く薬などに頼らず「自然」で、生まれてきた次男もちっちゃめで最初はやや成長が足りなかったとはいえ現在は健康に育っています。

次男の出産の時は私が妊娠中よく動いていて体力があったこと、前回の反省を活かして妊娠中(特に臨月近く)に睡眠を十分にとるようにしたこともよかったのだと思いますが、なにより出産の時の助産師さん達のサポートがとにかく上手かったのです。
あくまでも「産む人」を主体としながら、豊富な経験をもとに時には優しく、時には鬼のように(?)アドバイスをしたり、体が楽になる処置(アロマなど自然な方法で)をしてくれたり、とにかく「自然な流れに乗って、できるだけスムーズに(だけど必要なステップを踏んで)いいお産ができるように」してくれたのです。

妊娠中に、助産院主催の「妊婦のための出産教室」にも参加はしたものの、私にとって「自力で産む」のはこの時が初めてで、正直「本当に自分にそういうことができるのだろうか」というのがかなり不安でした。なので出産に挑む気持ちそのものは初産の人とあまり変わらなかったのではないでしょうか。

普通病院では「分娩台」という仰向けの姿勢で股を開いた状態のイスに座らされて出産をします。そのほうが医者や助産師さんが処置をしやすいからでしょう。
しかし私は初産の時は陣痛中に仰向けになるのが非常に苦痛でしたし、仰向けだと「いきむ」時にどのように力を入れていいのかもよくわかりませんでした。
子供を出す「いきみ」は(汚い例えですみませんが)大便を出す力の入れ方にやや似ているのですが(ちょっと違いますが他に説明しようがないので)、それを想像してみてください…。あなたは仰向けで股を開いた状態で、しかも足は宙にある状態で(いちおう足置きはありますが、力を入れて踏ん張れるようなものではありません)大便を出せますか?普通はかなり難しいと思います。
この「仰向けで出産」というのが病院では普通なのですからびっくりです。
おそらく「お産婆さん」が取り上げていた頃は、仰向けで出産する人なんて少数派だったのではないでしょうか。

ちなみに、私の場合は長男の時も分娩台に乗らなくてもいいはずだったのですが(そういうバースプランを出していたので)吸引分娩だったので乗らざるを得なかったのです。
さすがに吸引分娩の場合は医者の処置が必須なのでそうするしかない…とは思いますが、そもそもそういう流れになってしまったこと自体が「病院でのお産だったから」なのだということがわかったのは、次男を産んでからのことでした。

助産院はだいたいそうだと思いますが、私の産んだところは「フリースタイル」といって、どのような姿勢で産むのも自由でした。さらに助産院の建物の中ならどこで産んでもいい、というおおらかな方針までありました。基本的には分娩用の部屋で産むのですが、本人が「ここで産みたい」と行ったら階段だろうがトイレだろうが構わないそうで、実際そういう場所で産んだ方もいるらしいです。
そこは水中出産で有名な助産院でしたが、水中出産するかどうかは自由。いちおう予約が必要ではあるのですが、たとえ予約をしていなくても出産中に「どうしても水中出産したい!」と思えば(その時助産院側が対応できる状態であれば)させてくれるんだそうです。
逆に「やっぱり水中じゃなくて外がいい」となればそうすることももちろんできるし、お産の進み具合や胎児の状態によっても助産師さんが水中を勧める場合もあればやめさせることもあるんだそうです。
(次回に続く)
posted by はなずきん at 16:54 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする