2007年07月10日

突然復活してみたり

たいへんご無沙汰しておりました。
いろんな事情があって日記を書くことができなかったのですが、そろそろほとぼりも冷めたと思いまたぼちぼち書きたいと思います。
でもまだ忙しいので、以前にも増して「たまに」しか書かない…しかも尻切れな日記になるかも…ですが。

私は今年の1月30日に長女を出産しました。
6歳長男、3歳次男についで3人目の子供です。
上のふたりは「計画的妊娠」でしたが、今回は…「あれ〜!?」はい、予想外でした。

私は本当は…心の底では子供の数は「3人」が理想だったんです。
私自身が3人兄弟(上ふたり兄)の末っ子で、兄弟仲はまあいいほうだと思うので、同じような感じがいいなあと。
でも経済的な問題もあるし、上ふたりが男の子(暴れん坊)ということもあって…次に男の子が生まれたらたまったもんじゃない、というのもあって「2人でおしまい!」と思っていました。
5年前に建てた今住んでいる家も子供部屋は2分割できるよう、ドアがふたつ、照明もふたつの左右対称形に作ったのです。

が、できてしまったとわかった時には…迷わず「産もう」と思いました。
というのも、実は私自身が「予定外の3人目」だったらしいのです。
でも母は今でも「あなたは産んでおいて本当によかった」と言います。

しかも、私自身の兄弟構成(兄ふたり&私)と、妊娠した時点でのうちの子供の状況(男の子ふたりで3人の年齢差も同じ)がほぼ一緒だったのです。
なにか運命的なものを感じました…。
そして案の定、というか生まれてきたのはやはり女の子でした。

妊娠中は高齢?ということもあり2人目の時よりもやや疲れやすかったです。
臨月近くにはおなかが張ってしょうがなく、ろくに外出もできないありさまでしたが、出産自体は安産で、陣痛開始から5時間で生まれてきてくれました。
3人目は陣痛が始まってから生まれるまでが早いと言いますが本当でした…。

しかし3人目、初めての女の子ということもあるのか、とにかくかわいく感じるんです。
長男の時は最初の赤ちゃんで余裕がなかったし、次男は最初ちっちゃくて「胎児」って感じだったし…しかしこの子は生まれた瞬間からかわいいのです。
赤ちゃんの世話も慣れててどうってことなかったのですが、出産直後は上のふたりの面倒を見るほうが大変でした…。
特に次男は反抗期がひどかったのがなおさらひどくなり、育児相談に行ったほどです。

が、4月から幼稚園に入ったのがよかったのか、次男は以前よりはかなりおとなしくなりました。次男出産時には全然興味を示さなかった長男が、長女のことはすごくかわいいらしく、よく面倒を見てくれます。
家全体が赤ちゃんのいる生活に慣れてきたということもあって、やっとこんな日記を書く余裕も出てきたというところです。

今日はざっと「今までのあらすじ」をお話しましたが(笑)
おいおい、出産のことやお休みしていた間のことも書こうと思っています。
posted by はなずきん at 23:19 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする