2007年07月20日

次男はきのこマニア

今回は次男の話です。

たぶん、うちの庭にある枕木からきのこが生えてきたのがきっかけだと思いますが…
次男(当時2歳、現在は3歳です)はいつのまにか「きのこ好き」になっていました。

最初のうちはただ「きのこの姿を愛でている」だけだったのですが、そのうちスーパーで売っているきのこの種類をほとんど判別できるようになってきました。
ダンナと私が、紙ねんどできのこを何個か作ってあげたら、喜んで「きのこ狩りごっこ」をして遊ぶように。

「きのこの図鑑でも買ってあげようかなと思っている」と言う話をダンナの実家でしたら、義父が手持ちの「きのこハンドブック」をくれました。(義父は以前、山できのこを採って食べたりしていたそうです)
そこから次男の「きのこマニアっぷり」に拍車がかかりました…。

それから毎日のように「きのこガイドブック」を開き、(まだ字が読めないので)私や兄に「これは何?」と聞いてきます。
携帯用のハンドブックでそんなにたくさんの種類が載っている本ではなかったので(といっても100種類くらいはあります)次男はあっという間にほとんどのきのこの名前を覚えてしまいました…。
ビジュアルから入るせいか形に特徴のあるきのこが好きで、たぶん一番好きなのは「タマゴタケ」でしょう。(卵のような白い球の中から赤いきのこが生えてくるのです)

それを聞いた義母がもっと立派な「きのこ大図鑑」を買ってくれました。
次男はまたもや大喜びして、さらに知識に磨きがかかりました。
「これはあっちの本(ハンドブックのほう)にも載ってた」とか「これは載ってない」とか言いながら愛読。覚えたきのこの種類はさらに増えました。

次男はまだ字がほとんど読めないのですが、きのこ図鑑には「食用にできる」とか「毒あり」などのマークが入っていて、次男はそれをほとんど覚えています。

次男がまず最初に読めるようになった字は「毒」だったのです…。

(子供は「毒」のあるものが好きなんですよねえ…)
ちなみに今はカタカナを覚えさせようとしていますが(きのこの名前はカタカナで書いてあるので)字を覚えるのはあまり熱心ではありません。かろうじて「キノコ」「シメジ」「タケ」が読めるくらいでしょうか…。

ふだんからきのこ図鑑をしょっちゅう出して読んでいる次男ですが、なぜか「疲れたとき」「悲しいとき」にも次男はきのこ図鑑を開くのです。

外遊びから帰ってきて「なんかつかれたんだよ」とか言いながら、座布団に寝っころがって「きのこ図鑑」。
おにいちゃんとケンカしてやられて、くすんくすん言いながら隣の部屋に行って開くのも「きのこ図鑑」。

何か癒されるものがあるのでしょうか(笑)。


先日、幼稚園の個人面談があったのですが、
「Kくん(次男)は、絵本が好きでよく読んでます。でも、いつも読んでいる本には必ずきのこが描いてあるんですよ(笑)」
と言われました…。
今年の秋には、きっと義母が次男待望の「本当のきのこ狩り」に連れていってくれることでしょう。

次男に付き合っていろいろ読んであげているうちに、私やダンナもだんだんきのこに詳しくなってきてしまいました…。(次男の情熱には負けますが)
調べれば調べるほど、きのこって奥が深い生き物なんですねえ。


話はちょっと変わりますが、次男は生き物系(植物、動物)や天体などに興味があるようです。一時期冥王星が話題になりましたが、その時もやたらと興味を示して宇宙の図鑑などを開いていました。(当時2歳ちょっとだったのですが…)
長男はそのあたりはほとんど興味がありません。(いまだに電車ひと筋です。でも次男に付き合ってきのこもけっこう覚えてますが…)

こういうのって環境要因もあるのでしょうが、何に興味をひかれるかというのはほとんど「持って生まれたもの」という気がします。
かくいう私も、かなり小さい頃から惑星が好きで、幼稚園で作った母の日のプレゼントが「土星の形の”センタクバサミをはさんでおくもの”」だったんですよね…。
なんで4歳女子がそんなものを作ったのか、われながら不思議です(笑)。
まったく「この親にしてこの子あり」って感じです…。


次男の今年の幼稚園の七夕の短冊に書いた願い事は
「きのこになれますように」
でした…。
えっ、きのこになっちゃっていいの?(笑)


↓図書館から借りたきのこの本を読みながら昼寝してしまった次男の図
(やらせじゃありませんよ!)

きのこ本.jpg

posted by はなずきん at 23:30 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

次男の入園グッズ

次男(3歳)は今年の4月から幼稚園の年少さんになりました。

長男の時にも、入園直前に死にそうになりながら無用に凝った入園グッズを作ったのですが…今回は出産直後に入園、ということもあり、妊娠中になんとか仕上げてしまおう!と12月頃から作り始めて1月末の出産直前になんとか完成させました。

途中でおなかが張って作業できない時もありましたが、思っていたより出産が遅かったこともあり(次男がそうだったので予定日よりかなり早くなると思ってました…)なんとか出産前に完成することができました。
長男の時の経験が役立ったのか「今回のほうが出来がいいんじゃない?」とダンナに言われました。我ながらそう思います(笑)。

長男の時は「京王(電車)」でまとめましたが、次男のテーマは「貨物コンテナ」です。
電車ひと筋の長男の影響をバリバリに受けて、次男も電車好きになったはいいのですが、なぜか一番好きなのは「貨物列車」。しかも、貨物を引いている機関車のほうよりも、荷物を積んでいるコンテナのほうが好きなんです。

次男もただ眺めて楽しむだけからだんだんマニアック度が上がってきて、コンテナの模様を識別するようになってきました。
写真などに載っているコンテナを見ると
「これはうちにある(プラレールで貨物コンテナがあるのです)」
と言ってちゃんとそれを持ってくるのです。コンテナの種類を教えてあげると
「これは石油を積んでいる」
だの
「冷蔵コンテナ」
だの、あまり意味もわかってないのに覚えてしまいます。
コンテナを積んでいるトラックが道を走っていようものなら大喜び!

次男は(オタクな)長男に比べてわりとフツーだと思っていたのですが、いやいやどうして、このこだわりっぷりはやっぱり「うちの子」でした…。
(ちなみに今は「きのこ」にもはまっています。この話は後日また)

まあそれはさておき、コンテナ好きの次男のため作ったグッズがこれです!
大きいカバンの文字はフェルトで回りは手縫いでくっつけてあります。時間かかりました…。でも長男の時より丈夫に作れたと思います。
ちなみに「JRF」は「JR貨物」の略称です。

幼稚園でも「それはいったい何?」とか「それコンテナですよね、そんなカバン売ってるんですか?」などと反響を呼んでいるようです…。
入園カバン.jpg
写真左上から
お着替え袋、コップ入れ、弁当袋
絵本カバン、上履き入れ
posted by はなずきん at 22:58 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

突然復活してみたり

たいへんご無沙汰しておりました。
いろんな事情があって日記を書くことができなかったのですが、そろそろほとぼりも冷めたと思いまたぼちぼち書きたいと思います。
でもまだ忙しいので、以前にも増して「たまに」しか書かない…しかも尻切れな日記になるかも…ですが。

私は今年の1月30日に長女を出産しました。
6歳長男、3歳次男についで3人目の子供です。
上のふたりは「計画的妊娠」でしたが、今回は…「あれ〜!?」はい、予想外でした。

私は本当は…心の底では子供の数は「3人」が理想だったんです。
私自身が3人兄弟(上ふたり兄)の末っ子で、兄弟仲はまあいいほうだと思うので、同じような感じがいいなあと。
でも経済的な問題もあるし、上ふたりが男の子(暴れん坊)ということもあって…次に男の子が生まれたらたまったもんじゃない、というのもあって「2人でおしまい!」と思っていました。
5年前に建てた今住んでいる家も子供部屋は2分割できるよう、ドアがふたつ、照明もふたつの左右対称形に作ったのです。

が、できてしまったとわかった時には…迷わず「産もう」と思いました。
というのも、実は私自身が「予定外の3人目」だったらしいのです。
でも母は今でも「あなたは産んでおいて本当によかった」と言います。

しかも、私自身の兄弟構成(兄ふたり&私)と、妊娠した時点でのうちの子供の状況(男の子ふたりで3人の年齢差も同じ)がほぼ一緒だったのです。
なにか運命的なものを感じました…。
そして案の定、というか生まれてきたのはやはり女の子でした。

妊娠中は高齢?ということもあり2人目の時よりもやや疲れやすかったです。
臨月近くにはおなかが張ってしょうがなく、ろくに外出もできないありさまでしたが、出産自体は安産で、陣痛開始から5時間で生まれてきてくれました。
3人目は陣痛が始まってから生まれるまでが早いと言いますが本当でした…。

しかし3人目、初めての女の子ということもあるのか、とにかくかわいく感じるんです。
長男の時は最初の赤ちゃんで余裕がなかったし、次男は最初ちっちゃくて「胎児」って感じだったし…しかしこの子は生まれた瞬間からかわいいのです。
赤ちゃんの世話も慣れててどうってことなかったのですが、出産直後は上のふたりの面倒を見るほうが大変でした…。
特に次男は反抗期がひどかったのがなおさらひどくなり、育児相談に行ったほどです。

が、4月から幼稚園に入ったのがよかったのか、次男は以前よりはかなりおとなしくなりました。次男出産時には全然興味を示さなかった長男が、長女のことはすごくかわいいらしく、よく面倒を見てくれます。
家全体が赤ちゃんのいる生活に慣れてきたということもあって、やっとこんな日記を書く余裕も出てきたというところです。

今日はざっと「今までのあらすじ」をお話しましたが(笑)
おいおい、出産のことやお休みしていた間のことも書こうと思っています。
posted by はなずきん at 23:19 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする