2006年04月03日

私の「珈琲道」(その3)

(前回より続いています)
今回は珈琲の淹れ方についてのお話です。

以前兄が実家で凝っていた頃は、一般的なペーパードリップはもちろん、布フィルターを使うネルドリップ、サイフォンなどを使っていました。
その頃私がどの淹れ方がおいしいと思っていたのかは全く記憶にないのですが…「サイフォンは見た目は面白いけど、使った後の手入れがめんどくさかった」ことはよく覚えています。
そしてネルドリップもネルの管理が大変だったということも…。(使った後水につけて冷蔵庫保管、しかも使わないときでも毎日水を交換しないといけません)

私は最初はとりあえず、購入して持っていたペーパードリップで淹れていました。というか、この時点ではそれ以外の淹れ方を試そうとはちっとも思っていなかったのです。
とはいえ、ペーパードリップにしても、どのようにお湯を注ぐか…というやり方によってかなり味が変わるということは知っていました。が、詳しいことはあまり覚えていませんでした(笑)。
調べてみてわかったのですが、私の記憶にあったのは「メリタ式」という方法で、蒸らしをした後は一度にお湯を注いで抽出するやり方でした。
これは本来底にひとつ穴が開いている「メリタ式ドリップ」に合わせた方法なのですが、その部分は私はすっぽり忘れていて…我が家にあるのは3つ穴の「カリタ式ドリップ」だったのに「メリタ式」でしばらく淹れていました。

その頃「通販生活」で売っていた「手入れ並においしい珈琲が淹れられるコーヒーメーカー」(デロンギ社の「深蒸しアロマ」という製品です)の記事に「適温のお湯が少しずつ注がれるからおいしいコーヒーができる」と書かれていて、あれっ?一気に注ぐより少しずつ注いだほうがおいしくできるのかな?と疑問が湧き、ネットでコーヒーのおいしい淹れ方を書いてあるページをいろいろと調べてみました。
すると「カリタ式」では3回に分けてお湯を入れることとか、あるいはもっと少しずつお湯を注ぐ方法などもあることがわかりました。

余談ですが、私は現在の時点ではコーヒーメーカーを買う気は全くありません。
私にとって、コーヒーは「淹れること自体が楽しみ」なので、それをコーヒーメーカーにまかせてしまうのはつまらないからです。
喫茶店でプロが淹れたものを飲むのならいざ知らず、自宅で飲む時は「おいしいコーヒーさえ出てくればいい」というものではないのです。
しかもおおかたのコーヒーメーカーで淹れるコーヒーは、手で淹れるものよりもまずいので…たぶん私がドリップ式のコーヒーメーカーを買うことはまずないでしょう。

さて話をペーパードリップに戻して…
ネットで調べてみるといろんなサイトにそこなりのこだわりを持った淹れ方が書いてあったのですが、とりあえず手持ちの器具で淹れられる方法をいくつか試してみました。
そして「カリタ式」に近い、少量ずつお湯を注ぐ方式がどうもいいらしい…という結論に達して、しばらくその淹れ方でやっていました。

が、飲む回数が増えるにつれ、ペーパードリップの紙が使い捨てなのが気になってきました。私ひとり分を淹れることがほとんどなのに、そのたびに1枚ペーパーを使わなければなりません。多少はエコロジーを気にかけている生活をしているので、毎日使い捨てるのはなあ…と思い始めたのです。
そんな時、スターバックスで「ひとり分がおいしく淹れられる」という触れ込みの器具「ソロフィルター」というものを売っているのを発見。
金属フィルターなので、ペーパーで吸い取られてしまう油分が抽出できる…というのが売りです。
それを調べている時に「スタバではコーヒープレスという、紅茶を淹れるポットのようなもので抽出する方法がおすすめらしい」ということもわかりました。
コーヒープレスもソロフィルターも、どちらも「抽出後に、コーヒー豆以外に捨てるものがない」ところが気に入ったので、どちらかを買ってみようかと考えたのですが…果たしてその淹れ方で淹れたコーヒーが本当に私にとっておいしいのか、というところが問題です。

そこでまずは、コーヒープレスに似たような淹れ方を家で試してみました。紅茶用ポットに粗挽きのコーヒー豆を入れ、お湯を入れて4分抽出してみたのです。
結果…なんかすごく濃い味の豆豆したコーヒーができました…。淹れ方が完璧に同じだったわけではないので、かなり雑味が入ってしまった気もしますが、コーヒープレスで淹れた場合と8割方は同じような味じゃないかと思います。
マズイわけではありませんが、ブラック好みの私向きではない気がしました。
というわけでコーヒープレスは購入候補から除外されたので、ソロフィルターのほうを買ってみることにしました。
金属フィルター以外の部分がプラスチックでできているのがちょっと気になったのですが…だからこそ値段が安いのでしょうね。プラ製以外で金属フィルターのついた器具は見当たらないようなので、仕方ありません。

またまた余談ですが、スターバックスって店に入って器具や豆を見ているだけで、コーヒーを小さいカップに入れて勧めてくれるのですね。
今まで飲む以外の用で入ったことがなかったので知りませんでした…。
(次回に続く)
posted by はなずきん at 00:23 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする