2005年12月31日

今年も終わりですね〜

なかなか更新されないこの日記ですが、いつも読んでいただいている方、本当にありがとうございます。

今年の私のトピックスをまとめてみました。

1)長男幼稚園入園
入る前はいろんな意味で「大丈夫か?」と思っていたのですが、入ってみたら意外となじんだようでよかったです。
でも入る前より甘えっ子になったようで、やたら私にべたべたするようになりました…。

2)サニクラざんまいの日々
こちらの日記は放置気味でしたが(笑)、もうひとつのブログ、サニクラのほうには熱が入っていました。
もともと洋服好きな私ですが、サニクラはただ見た目だけでなく本当に着心地がいいし、あまり着用年齢を問わない服のラインなのでこれからも愛用が続きそうです。
今年こそはサニクラオフ会、やりたいなあ。

3)某ミュージシャンに思い切りはまりました。
以前ちらっと書きましたが、今年の後半はとあるミュージシャンにはまり(私は今までそんな経験はなかったのですが…)初ライブハウス体験もしました。
フリーライブも2回行きましたし、来年は新曲&アルバムが出るとのことでますます深みにはまりそうです。
何がそんなにツボにはまったのか自分でもわからないんですが…(笑)。

4)ダイエットしました
今までになく痩せられた今年。
長いことLサイズ人生だった私には、Mサイズが入るようになったというのはニュースな出来事でした。
現在もその体重はキープできていますが、冬は寒いですね…。寒波のせいもあって暑がりの私もいつもより厚着になっています。
現在165センチで53キロとそんなに極端に痩せたわけではないのですが、私は骨格が立派なせいか、どうも体がごつごつしてきてしまいました。もともと少ない胸のお肉ももっと少なくなってしまって、あばらが微妙に浮いています(笑)。
どうも見た目より体重のほうが多いらしく、体重を言うとたいていの人に「そんなにあるの?」とびっくりされるのですが。
仰向けに寝ると腰骨が当たって痛いので(こんなところに影響が出るとは思いませんでした)もう少し脂肪をつけたほうがいいのかな…?


とまあ、書いてみるとそんなに大きな事件もなかった今年でした。
みなさんはどんな年でしたか?
posted by はなずきん at 07:58 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

加湿器を買いました(後編)

(昨日よりの続きです)

で、どうせスチーム式にするならアロマ対応(アロマオイルを入れて香らせることができるもの)がいいな、と。
実は以前から欲しかったのですが、電気代のことを考えて買えなかったのです。

アロマオイルを部屋に香らせるには、アロマランプ(白熱電球でアロマオイルを蒸発させる)に入れるか、アロマポット(アロマオイルをたらした水を入れて、下からろうそくで加熱するもの)、あるいは芳香器(ファンで空気を拡散するタイプ)があります。
水で薄めてスプレーするという方法もありますが、この方法だと一瞬しか香りません。

アロマランプは以前持っていましたが、全然香りませんでした。電球で加熱するというのでは温度が足りず無理があったような気がします。
アロマポットは現在持っていますが、いちいちろうそくを替えたり、上の水を補充するのがめんどくさいのです。(けっこうすぐなくなります)直接火を使うものだけに神経も使いますし。
で、芳香器は香らせる効果は高そうなんですが…けっこう本体が高いのです。パーソナルタイプは電気はあまり食いませんが本体はそれなりに高い(4000円くらい)ですし、部屋全体に拡散するようなものだと電気代もそれなりにかかります。

でもアロマ対応の加湿器を買えば一石二鳥かも?(夏は使えないですけどね)
ということで前から欲しかった、エレクトロラックス(スウェーデンのメーカー)のアロマ対応加湿器を購入することにしました。他にもアロマ対応の加湿器はいくつか出ていたのですが、小さすぎたり、安すぎて不安だったり、国産メーカーだと高かったり…で他にちょうどいいものがなかったのです。
小さいものなのでやや加湿能力が弱いかも…という心配はあったのですが、寝室はふすまを閉めれば6畳なのでまあ大丈夫かなと…。

というわけで買ってみました。
あちこち探したのですが、どこも定価販売なのが不思議です。
どこで買っても値段は同じなので、いつも石けんを買っている「石けん百貨」さんで買うことにしました。

さすが外国製品、構造は超シンプルです。コードをつなぎ、タンクに水を入れてスイッチを入れるだけ。
湿度センサーとか運転強度の切り替えとか、そんなものは一切ついていません。
アロマオイルを入れる部分は蒸気の噴出し口の近くで、これもただカップにアロマオイルを入れるだけです。

ただ想像していたよりもさらに小さかったです。これでリビング全体を加湿するのは無理でした。全然湿度が上がりません。寝ている時用に買ったのでそれはまあいいのですが。
ただ、湿度は上がらなくてもアロマはけっこう香ります。これはリビング全体に効果アリでした。
今までアロマオイルを香らせるのには苦労していたので(ただ香りがいいだけでなく、風邪予防に効くオイルなどもあるので、使いたいことがけっこうあるのです)アロマ対応製品にしたのは正解でした。

この商品を買う前に、ネットで評判を調べてみたのですが、いくつか「アロマが思ったより香らない」とか「香りがほのかすぎる」という感想がありました。
でも私が使った限りでは十分香っているように思えます。
思うに、ふだん化粧品の香りとか市販のルームスプレーとか、そういう人工的な強いにおいに慣れている人だと「香りが弱く」感じるのではないかと…。
我が家ではふだんほとんど香りのあるものを使っていないので(化粧品も何もかも、ほとんどが無香料です)こういうにおいがはっきりとわかるのかもしれません。

欲を言えばもう少し加湿能力があったほうが良かったです。
小さくても時間をかければ湿度が上がるかな…と思っていたのですが、広いところだとすぐ蒸気が拡散してしまって全然湿度が上がらないんですね。
加湿能力の低さを考えるとちょっと値段が高かったかも…。

寝る場所は1階の和室(6畳、ふすまを開けるとリビングとつながります)で、寝る時はふすまを閉めて使っていますが、この狭さだとそれなりに効果があるようです。
水がなくなると電源オフになるのを利用して、3〜4時間分だけ水を入れて寝る時にスイッチオン、夜中に切れるような使い方をしています。(電気代節約のため)これでまあだいたい朝まで湿度が持つようです。

兄の家は就寝時もオイルヒーターをいれているからなのか、ずっと加湿器をつけっぱなしでないと湿度が落ちてしまうようなのですが、我が家は寝る時には暖房は一切入れないのでその点は大丈夫なようです。
我が家は掛け布団が発熱素材なのでとってもあったかいんですよ!部屋が少し寒いくらいじゃないと布団の中で暑くなってしまうという…。

作動音はまあ…静かとは言えないけどうるさくもない、といった感じです。
ぼこぼこお湯を沸かす音は常にしています。
昼は全然気にならないレベルですが、寝ている時はけっこう聞こえますね。寝るのを妨害されるような音ではないですが。

使いはじめて一週間ほど経ちましたが、寝る時用としては満足して使えています。毎日日替わりで好きなアロマオイルを入れて、いい香りの中で眠りにつけるのが嬉しいです。
今までは寝ている時にのどがカラカラになって目が覚めるくらいでしたが、そんなこともなくなりました。
おかげで今のところは風邪もひかずに済んでいます。

お手入れの面倒さの程度とか耐久性などの使い勝手については、しばらく使ってみないとわからないです。
説明書には週に1〜2度、酢と漂白剤を使ったお手入れをするようにと書いてありますが、ずぼらな私はそんなに頻繁にはできないような…。
せいぜい月1度くらいしかやらないと思うのですが、それでダメになるようならそれまでかな(笑)。
posted by はなずきん at 06:47 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

加湿器を買いました

先日も書いたように、我が家はしばらく風邪が蔓延していました。
夜寝ている時に喉がからからになってしまうのが原因のひとつという気がしたので、加湿器を買うことにしました。大人はマスクとかうがいとかで予防できますが、子供にはできないですからね…。

余談ですが子供は喉のガラガラうがいってけっこう大きくなるまでできないものですね。
長男(4歳)はやっと少しだけできるようになりました。
子供って大人の誰でもが当たり前のようにやっていることができないものなんですよねえ…。

加湿器を買うにあたっていろいろ調べてみたのですが、調べれば調べるほどどれがいいのか悩む結果になりました。

加湿器というのはいくつかタイプがあり、現在出ている商品は大きく3つに分けられます。
ひとつめは、スタンダードな「お湯を沸かして蒸気を出す」タイプの「スチーム式」。
ふたつめは、超音波で細かい霧を作って出す「超音波式」。
みっつめは、濡れたフィルターをに空気を通してその風を送るタイプの「気化式」。
そして最近出てきたものとして、気化式とスチーム式を組み合わせた「ハイブリッド式」というものがあります。
それぞれのタイプには利点、欠点があってどれにするかかなり悩みました。

スチーム式は構造が簡単で商品数が多く、本体が他のタイプに比べて安く、小さいのが利点です。
暖かい蒸気が出てくるのが欠点でもあり利点でもあります。部屋の温度は下がりませんが、子供などが触ると危ないのです。
またヒーターを使うので電気代がけっこうかかります。また、結露がしやすくなるので部屋の中のカビの原因になることもあります。
お手入れは他のタイプに比べると簡単なほうですが、以前買ったものはダンナの部屋に置いておいたら(シーズンが終わってもそのままにしておいたらしい。ダンナの部屋の中にあるものについては私は一切関知しないので気付きませんでした)思いっきりカビてしまい使えなくなってしまったという過去があります。
まあ、シーズン後に放置しておけば、どのタイプの加湿器でもカビてしまうと思いますが…(笑)。

超音波式は現在はあまりありません。というのも、このタイプは加熱しないので水がカビやすく、カビをばらまいてしまってかえって病気になる…ということが問題になったからです。今は水の殺菌ができるようなタイプが少数出ています。
蒸気が暑くならない、電気代はヒーター式ほどはかからない、そして一番の利点は「音が静か」ということでしょう。
ヒーター式はお湯を沸かす音、気化式はファンの音がわりとするので、静かさを求めるなら超音波式ということになります。

気化式は「湿ったフィルターに空気を通す」ものなので、加湿しすぎないのが特徴です。
結露なども少ないほうでしょう。
「適切な湿度を保つ」という点を重視すればおそらくこのタイプが一番いいのではないかと思います。ただ、湿度を上げるのにはそれなりに時間がかかるようです。
このタイプは電気代がほとんどかからないのも大きな利点です。
ただ欠点もあります。他のタイプに比べて本体値段が高めになること、ファンとフィルターがあるので本体がかなり大きくなること、ファンの音がわりとうるさいこと、それから水が気化する時に熱が奪われるので出てくる空気が冷たくなることです。
それとフィルターのお手入れが面倒だったり、交換(商品によりますが、だいたい1シーズンに1回は交換の必要があるようです)にコストがかかったりします。

通販生活の「ピカイチ」の「ボネコの気化式加湿器」も気になっていたので調べたのですが、これもかなり本体が大きいことがわかりました。幅35×奥行36×高さ37.5って…ちょいとタンスの上に置けるような大きさではありませんよね。
しかも重さは本体だけで6キロ。水のタンク容量が7リットルですから、全部で13キロ!?ということは高いところに置いたりするのはほぼ不可能という気が…。
広い家ならこのくらい床に置けるでしょうが、狭い我が家にこんなものを床置きしたら邪魔でしょうがありません。通販生活にはこれっぽっちも「大きい」と書いてありませんが…このくらい大きかったらそのことも書いておいてくれなくちゃ…。
ちなみにボネコには他の気化式加湿器もあって、何が違うのかはわからないですが、大きさは通販生活のよりは小さめなようです。

ハイブリッド式は、気化式とスチーム式の「いいとこどり」をした(というのが謳い文句の)タイプです。
気化式だと最初は湿度が上がりにくいので、最初はスチームを使って湿度を上げ、設定した湿度になったら気化式に切り替えるというもの。
適切な湿度が保ちやすく、電気代もあまりかからない…というのが売りです。
ただし本体値段がやや高めなのと、もちろんフィルターのお手入れ(交換)などが必要になります。


私は最初は「スチーム式は電気代がかかるし結露が気になるから除外」と思っていました。
店頭で見た感じ、ハイブリッド式が電気代もかからず湿度も保ちやすくて一番いいかな…と思っていたのですが、兄の意見を聞いて気が変わりました。

兄は数年前にハイブリッド式を買って使ったそうなのですが、お手入れが大変ですぐ変なにおいがするようになったり、また音が寝室で使うにはかなりうるさかったのであっという間に使わなくなってしまったそうです。
この「音がうるさい」というのが、単に「音量が大きい」という意味だけでなく、ファンが動いたり止まったりする「音量の変化」が気になったということでした。
ハイブリッド式の場合はスチーム式と気化式を切り替えて使うので、そういう「切り替え音」がしてしまうのでしょうね。
兄が買ったのは数年前のことなので、カタログを見る限りだと音やフィルターについては以前よりは改善されているようですが、それでもこの「ハイブリッド式」というのはまだ出てそんなに年数が経っている形式ではないので、まだまだ発展途上という感じがします。
多機能なものを謳っている製品がほとんどで、そのせいか本体値段も1万5千円超と決して安くはありません。下手に多機能だと壊れやすい気もしたので、ハイブリッド式は対象から外すことにしました。

で、兄は現在は「kaz」(アメリカ製)のスチーム式の超シンプルなものを使っているとか。ちなみに兄の家では電気代はあまり気にしていないらしいです。多少お金がかかっても風邪をひくよりはいい、だそうで。
私はスチーム式は電気代がかかるな…と思っていたのですが、よく考えてみると我が家は寝ている間だけ加湿されていれば十分だし(昼はリビングでじっとしているわけではないので)、夜は部屋を締め切っておけばそんなに湿度も下がらないらしいので、そんなに加湿器を使う時間は長くなくて済みそうなのです。
寝る時に3〜4時間程度稼動させれば十分効果がありそうなので、電気代も思っていたよりはかからないかもというのと、フィルター交換がないのでその点ではコストはかからないわけです。
ランニングコストとしてはハイブリッド式と大差ないかな、と思いシンプルなスチーム式にすることにしました。
(次に続く)
posted by はなずきん at 00:30 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

風邪が蔓延してました

最近こちらの日記は放置気味でした。
長いこと更新してないなと思ってましたが1か月も間が空いてしまったではありませんか…。
楽しみにしていた方、どうもすみません。

11月下旬から12月初めにかけて、我が家は風邪に汚染されていました。
最初にひいてきたのは長男。それが次男にうつって、1週間くらいふたりとも具合が良くなったり悪くなったりを繰り返していました。
やっと長男が治ったぞと幼稚園に出したら、また具合が悪くなって帰ってきてまたお休み…。
で、今度こそ治ったか?と出したら今度は長男が強力な風邪をもらって帰ってきました。嘔吐+下痢のウィルス系の風邪です。
この風邪は感染力抜群で、それまでもちこたえていた親ふたりともばっちりうつってしまいました。私は一日寝込むだけでなんとか回復しましたが(でも胃腸の調子はしばらく悪かったです)ホント子供が病気の時は寝てなんかいられないのです。

汚い話で恐縮ですが、毎晩のように子供のどちらかに吐かれてシーツ洗濯…というのが続いて悪夢のようでした。いちおう防水シーツなどひいていたのですが、治ったかな?と油断したころにまたやられるんですよね〜。

しかし今年はやせたせいか、体が冷えやすいし体力も少し落ち気味。
脂肪って防寒効果がかなりあるんですね。あまりやせるのも(ってほどやせてないんですが)問題かも。
少し戻そうと思っているのですが、そんなに増えません。
まあ年末年始で食べ過ぎて太るだろう…と思っていますが。

なのでこの2〜3週間というもの、常に誰かが風邪をひいている状態でした。
この原因は空気が乾燥していて、寝ている間に喉がやられてしまうことが多いに関係あるような気がしたので、加湿器を買いました。
この話については長くなるので次回詳しく書きますね。

今はなんとか家族全員元気です。
今年はもう風邪をひかないようがんばりたいです…。
posted by はなずきん at 07:54 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする