2005年09月26日

お庭でおやつ

我が家には、新築祝いでもらったぶどうの樹(巨峰)が植わっています。
今年は植えてから2年目になります。
ぶどう棚を作るようなスペースはないので、ウッドデッキに立てているトレリスに這わせています。

昨年までは少し枝を伸ばして葉をつけているだけのぶどうでしたが、今年は枝もぐんぐん伸びて、去年延びた枝には実をつけてくれました。
私は枝を誘引したり、病気の葉っぱ(裏に白いカビのようなものが出るのです)をもいだりするくらいで、ほとんど手をかけなかったうえに、葉っぱに出た病気はいつまでも治らないままだったので、ほとんど実については期待していなかったのですが…。
それがけっこうしっかりした実がなったので驚きました。

去年延びた枝はあまり長くなかったので、今年なったのは7房くらいですが、粒の大きさもそれなりになりました。
粒が揃っていないのと、やや粒がまばらなのを除けば、市販品とそんなに見た目は変わりません。
実はこころもち固めでしたが、味のほうは甘すぎないすっきりした味でなかなかイケるのです。
完全無農薬で育てた(というか何もしなかっただけなんですが…)ものを、もぎたてで食べるというだけでけっこうおいしいものですね。
ふだんあまりぶどうを食べない長男も、この庭のぶどうは喜んで食べていました。
次男は果物好きなので、それはもう一杯食べてくれました。庭のぶどうの収穫の8割は次男が食べたんじゃないでしょうか…。

庭になっているものなので、熟れているものからちょいちょいとつまんで食べられるのがいいです。次男は庭のものをもいであげているうちに味をしめてきて、ちょっと目を離すと勝手に皮ごと口に入れていたりしました(笑)。
子供に食べさせていると、近所の子供も「何食べてるの?」と寄ってくるので、その子たちにもおすそ分けをしたりしました。

それと今年の庭改造の時に植えたブルーベリーは、植えた当初から実をつけていたのですが、これも8月終わりくらいから食べごろになっていました。
こちらのほうはけっこう酸っぱいのですが、子供は喜んで食べていました。
ブルーベリーは熟れるのにけっこう時間がかかるので、熟れたものを順次収穫して冷凍して、たまったらジャムにでもしようかな…なんて思っていたのですが、熟れる先から(というかまだ熟れてないものまで)次男がもいで食べてしまい、ジャムどころではありませんでした…。

あと桃の木もあるのですが、こちらは庭改造の時の移動がいけなかったようで、なっていた実は落ちてしまいました。昨年はちっちゃい実しかならず、しかも途中で落ちてしまったのですが、今年はそれなりの大きさになっていたのですが…。
しばらく元気がなかったのですが、やっと盛り返してきたので、来年はきっと食べられる実をつけてくれるのではないかと思っています。

私の実家には庭がなく鉢植えの植木しかなかったので、果樹系はなかったのです。
近所にびわがなっている家があって、ときどきもらって食べたことはあるのですが、私は果樹のある庭に憧れていました。
家を購入して庭ができ、そして植えて2年で収穫に至ることができて、やっと念願がかなったというところです。
自分が食べるのももちろん楽しいのですが、子供が喜んで食べてくれるのがまた嬉しいですね。うちの子も大きくなったら、果樹のある庭を作ってくれるでしょうか?

ぶどうの世話にあたりいろいろとアドバイスをくれた、現在福岡でぶどう園をやっている友人に、この場を借りてお礼を申し上げます。
今年もぶどうを送ってくれたのですが、大変おいしかったです。我が家のぶどうもそれなりでしたが、やっぱりプロが作るものは違う!そんじょそこらのスーパーで買うぶどうともひと味違いました。
posted by はなずきん at 14:50 | Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする