2005年08月20日

リトルスイマーの嘘

去年の夏書いたネタの続きですが…

我が家の兄弟はふたりとも水遊びが大好き。
昨年はまだ小さくてあまり水遊びを満喫できなかった次男も、今年はバリバリ(?)水遊びしています。

ですが今年はいわゆる「水遊び場」にはあまり連れていっていませんでした。
大きいところだと、昭和記念公園のプールに連れていっただけ…。
暑くて出かけるのがめんどくさいので、ウッドデッキに「トロ舟」を出してその中に水をためて遊ばせていただけだったりします。
ちなみにトロ舟とは、コンクリートなどを練るときに使ったりする作業用のプラスチックの四角い箱のことです。以前花壇を作るときに使ったものですが、その後使う用事もなくただ放置されていたので、今年はミニプールがわりにしてみました。
もともと作業用だけあってかなり丈夫で、中に子供が入ったりしても全然平気そうです。
子供用のプールを出したりしまったりするのはけっこう大変ですが、この方法だとただ箱に水をためるだけでいいし、水の量も少なくて済むので経済的です。
普通の子供用プールは見た目よりかなり水の量がいるうえに、子供がばしゃばしゃこぼして補充がいるので…かなり水道代がかかるんですよ!

まあ、それはさておき。
先日、兄の家族が近くの公園に水遊びに来ました。
その日突然行くことを決めたらしく、車の中から電話がかかってきたのですが、じゃあうちも行くか!ということで一緒に遊ぶことにしました。

私は兄がふたりいますが、今回来たのは次兄のほうです。
次兄の家には我が家と同じ年齢構成の姉妹がいて、さらに義姉のオナカの中にはまもなく生まれる子供がいます。
ここの子供の姉のほうがやはりかなり水遊び好きなんです。

私は先日友人から譲ってもらった「リトルスイマー」という水遊び用おむつを試すべく、我が家の次男にはかせて遊ばせてみました。
去年も書いたのですが、このおむつは「外からの水は入らないのにおしっこは吸収する、うんちもガードする」といううたい文句の商品。
去年試した、ムーニーマン水遊び用パンツは、たしかに「水を吸ってもふくらまなかった」けれども、外からの水はばっちり入っていたので、これよりいいのか?と期待していたのですが…。
(ちなみに、普通のおむつで水に入るとぱんぱんにふくらんでずっしりとなり、重すぎてずり落ちます(笑)。)

ちなみにこんな風に紹介されている商品です。

私はまず家でためしにはかせた時点で「あれ?」と思いました。
けっこう小さめのつくりのわりには、そんなにフィットしていません…。
股回りはぴったりめですが、腰のあたりに余裕があります。
これでは、普通のパンツ型おむつよりもフィットしていないんじゃ…?
ちなみに長男がふだん使っている国産のパンツ型おむつはLサイズ、はいたリトルスイマーはMサイズです。
次男は身長85センチくらい、体重は10キロちょっとで、このリトルスイマーを販売しているお店ではMが推奨サイズとなっています。

ネットの記事では「おしっこは吸うけど外の水は吸わない」と豪語しています。
(上記の記事だけでなく、他のいくつかのサイトでそう書いてありました。)
なのでもしかして何か目に見えないような秘密があるのかも?と淡い期待を抱いて使ってみたのですが…。

やっぱり外の水はしっかり入ってきました。
次男が遊びだして10分くらいで、もう中の吸収体は水を一杯に吸っていました。
つまり「外の水は入ってくるし、そうなるともうおしっこも吸えない」わけで。
まあ、これでもうんちはガードしてくれると思いますが…。(実際にしなかったのでわかりませんが。)
腰の部分があまりフィットしていないので、水を上のほうからかけられたらあっという間にアウト。つまり腰まで水につかったらもう意味がないわけです。
そのかわり、股の部分からは水はあまり入ってきていないようなのと、おむつの外側から水が染み込むということはないようなので、ごく浅いところでぱちゃぱちゃやっているだけならいいのかもしれませんが…。
(ベビースイミングに最適、とあるけど…スイミングしたら即座に水を吸いますよ、これ)

でもこれでは、ムーニーマンの水遊び用パンツとほとんど変わりません。
強いていえばデザインはリトルスイマーのほうが「おむつっぽくなくて」いいと思いますが…。あ、でも腰周りのフィット感はムーニーマンのほうがいいです。
トイザらスなどで買えば価格もほとんど変わらないようですが、リトルスイマーはどこにでも売っているものではないので、わざわざ探して買うほどのものではないのでは。
去年まで国産の「水遊び用おむつ」が存在しなかったので、リトルスイマーがもてはやされていただけなのかな?というのが私の「推理」です。

でも、ネットで見かけた数々の感想の中に、私のような「外の水はやっぱり入ってくるじゃん!」というものが全然見当たらなかったのはなぜなのか…。
みんなそんなものだと思ってあきらめているということでしょうかね?
確かに水を吸ってしまっても、水遊びのときにうんちの心配を(あまり)しなくていいというのは便利ではありますが…。
でも「外の水は入らない」と銘打って売っているのに「看板に偽りあり」なのがとっても気になる私でした。
posted by はなずきん at 23:51 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする