2005年07月31日

「高機能自閉症」という”個性”(その3)高機能自閉症児の特徴が、やたらと当てはまっていることに気づいて。

(前日より続いています)

私がそれまで持っている自閉症のイメージは主に
「変化を嫌い、突発的なことに対応できず、パニックを起こしてしまうことがある」
というものでした。実際に「自閉症」として認知されている方にはそういう面が強い人が多いようです。

でも長男にはそういう部分はほぼありませんでしたし、私の中の自閉症のイメージと長男の症状が一致しているようには思えなかったのです。
(後からわかったことですが、ふだんの生活でパニックを起こさないからといって自閉症ではないということにはなりません。)

でも、それから高機能自閉症について本を読んだりネットで調べたりといろいろしてみてわかったのは、うちの長男は「高機能自閉症児に違いないだろう」ということでした。


一番特徴的なのは「人との距離感がうまく取れない」ということです。

今まで書いた通り、長男はやたらと人なつこいのに、すぐに他人に手を出してしまいます。
よその子がなんとなく「つるんで」遊んでいるのに、長男だけはひとりポツンと遊んでいる…ということもよくありました。
また「状況や人の気持ちを理解して、それに適応する行動ができない」というのも確かにありました。子供は誰しもそういうところがありますが、長男は知能面の発達に比べると、感情面ではかなり「鈍い」ところがあるのです。

子供とはいえ、親がすごく不機嫌だったり、具合が悪かったりするとそれを感じ取るということが普通は多少はあると思うのですが、長男はそういうところがあまりありませんでした。3歳頃までは、私がぷんぷん怒っていようが、陣痛で苦しんでいようが(笑)、ケロっとしていたものです。

さすがに4歳になった今は言葉で説明すればそういうことがわかるようになってきましたが、やっぱり「それとなく親の気分を察する」ということは苦手なようです。
長男は人見知りもほとんどなかったのですが、それはつまり
「今がいつもと違う状況である、この人は見慣れない人である」
ということを気にしていなかったということでもあるのではないかと思います。
そして
「ものごとにこだわりを持ち、ひとつのことに集中する」
…確かに、長男の電車への執着はよその「電車好き」の子とは一線を画するものがありました。



「高機能自閉症児の特徴」というのを調べると、とにかく長男に当てはまる内容の多いこと、多いこと。

でも、長男はちょっと遊んだり話したぐらいでは、そんなにおかしい感じはしないのです。検査の結果、知能指数は標準以上だったのですが、そのせいか親とやりとりする程度のことにはほとんど問題はなく、他の大人と話している時もはきはきと愛らしく答えていたりして、大人受けは良いくらいでした。(常に接している私には、いろいろ問題点は見えていたのですが…。)

でも同年代の友達と遊んでいる時、しかも初対面ではなくある程度親しい関係が築かれた時に問題が発生しはじめます。少し話したり遊んだくらいではちょっと乱暴な子、くらいにしか見えないのですが。
だから診断を受けるまで私にもわからなかったわけですが…。

長男は異様に水遊びが好きだったり(なぜか自閉症の子供は水好きが多いようです。ダンナもそうだったらしいですが)、やたらとドアを開け閉めしたりとか、私は以前から
「長男が好きなものは、よその子が”好き”というレベルとはちょっと違う」
と感じていました。

でもそのことを他のお母さんに話しても
「うちの子も水が大好きよ〜、そういう子多いわよね」
なんて流されて終わりになることが多かったのですが、
「やっぱり長男は普通以上にこだわりが強かったのだ」
と自分の観察眼?が正しかったことに納得したりしました。

(次回に続きます)

posted by はなずきん at 02:54 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

「高機能自閉症」という”個性”(その2)長男の落ち着きのないっぷりと、「高機能自閉症」という診断を受けるまで。

(前日より続いています)

そしてもちろんというか、長男は落ち着きもありませんでした。
じっとしているのがとにかく嫌いで、おとなしくさせなければいけないような場所(医者とか食事とか)に連れて行くのは本当に大変でした。

よその子を見ていると、同年齢でも静かにしている…とまではいかなくても、いちおうしばらくは座っていたり、立っていてもお母さんの側にいたりする子が多いのですが、長男は部屋の中をかけずり回り、「キャー」という奇声を出し、いじってはいけないものをいじりまくり…ベビーカーに乗せればすぐ立ってガタガタするし、買物ひとつも落ち着いてできないようなありさまでした。

これだけ動き回るので、寝た時はこってりと寝て長時間起きないのだけは幸いでした。いつも遊ばせるだけ遊ばせてから買物に連れていって、寝るのを見計らってなんとか買物したものです。

児童館でやっている、幼児向けのイベントなどにも連れていったことはあるのですが、歌を歌ったり手遊びしたり…というような「座ってやる」活動は長男は全く興味がないらしく、毎回脱走を図るありさまなので、そのうち連れて行くこと自体やめてしまいました。


その代わりというか、自分の好きなことをやっている時だけはおとなしくしていたのです。
何度も書いている通り、長男は1歳半頃から電車に興味を示していて、電車のおもちゃや本を与えておけば、ある程度の時間はおとなしくしていてくれました。
私はカバンにいつも電車のおもちゃと、「京王の本」(京王電鉄が配っている電車の解説本。オトナ向けなのに喜んで見ていました)を入れて持ち歩いていたものです。

今でこそべらべらしゃべる長男ですが、ことばの発達は遅く、一般的に意味のある単語をしゃべると言われる1歳半の時点では「アチチチ」「イテテテ」程度の言葉しか言えず、2語文(ワンワン ネンネ など主語と述語がある文章)をしゃべるはずの2歳の頃に、やっとぽつぽつと単語が出てきたという感じでした。

でも、大人の言うことは同じ年代の子ども並に理解していたようなので、様子を見てはいたのですが…。
実はこの時点でも、言葉の遅れと落ち着きのなさが気になっていたので、幼児の精神発達の専門家に見てもらっていたのですが、単にことば(発語)の発達が遅いだけとみなされていたようです。

でも、この「言葉の遅れ」というのは自閉症の重要なキーワードだったようで、私もそうと知っていたらもう少し早く気付いたのではないかと思うのです。なぜ専門家からそのようなアドバイスがなかったのか、と残念に思いました。
(※言葉が遅れる=自閉症、ではありません、念のため。)

長男は2歳半頃からよくしゃべるようになったのですが、それからの言葉の発達はめざましいものでした。
長男のしゃべり方には特有のものがあって、やや回りくどく、年齢に比較するとかなり難しい単語を使いたがるのですが、これも高機能自閉症の特徴なのだそうです。
今も4歳という年齢なのに「ちなみに」とか「若干だけど」などという単語を好んで使います。(正確に単語の意味を把握しているかどうかは怪しいのですが…。あ、この言葉の元ネタはタモリ倶楽部のようです(笑))


動きが激しいのや、落ち着きがないのはまあ、親が苦労や我慢すれば済むことなのですが…よその子に手を出すのだけは本当に困りました。
しかも長男は、人に接すること自体はとても好きなのです。初対面の人にもニコニコと近づいていって話し掛けたり、遊ぼうとしたり。で、見ていると突然突き飛ばしたり!
全く一時も油断がならないのです。

もちろん近所の子供には嫌われ、長男が出ていくだけで
「あっ、○○が来た!逃げなきゃ!」
なんて言われてたものです。
でもにこにこと愛想が良いのでオトナ受けは良く、長男と一緒に子供を遊ばせたことのない大人からは
「元気でかわいくていい子じゃないの〜」
と言われるくらいでした。

私は外に出ること自体うんざりしていたのですが、かといってこれだけ動く子を家の中に閉じ込めておくわけにもいかず…。
しかし年々力もついてきて、2歳を過ぎた頃に本当に友達に怪我をさせかねない事態が頻発しはじめたので、困った私は近くの保育園(園庭開放でよくお世話になっていました)に相談に行きました。

すると、保育園に勤務している看護士さん(ふだんの仕事は、保育士さんと同様子供のお世話なのですが…)が話を聞いてくださって、
「療育センターに行ってみてはどうですか?」
と勧められました。
療育センターというのは、障碍児のケアを中心とする施設です。

私はこの時点では、長男に障碍があるとはほとんど考えていませんでしたが、(もしかしたらADHD(注意欠陥多動性障害)かもしれない、とは思っていましたが、長男はことばの発達が遅い以外には、知能面での問題はないように思えたからです)看護士さんが長男のような子は専門の機関で見てもらったら落ち着くかも…とおっしゃっていたので、少しでも今の状態が改善できるなら、と思って療育センターに通うことにしました。


療育センターでは最初に医師の診察を受けて、検査(知能検査のようなもの)をすることを勧められました。
この時点ではどういう障碍の疑いがあるのかとか、何を確かめる検査かなどということは全く聞かされていなかったのですが、医者のほうは私から話を聞いて長男の様子を見ただけで、高機能自閉症児であるという予想はついていたようで、それを確かめるための検査を勧められたというわけです。

私はこの時点では「長男に障碍がある」とは考えていなくて、てっきり療育センターでは長男の「落ち着きのなさ」(私はこれは性格の範疇かと思っていました)を改善するための訓練…というようなものをやっていくのかな、と思っていたので、あれ?とは思いましたが、とりあえず検査しないと訓練もできないということなので、検査を受けることにしました。

それから数ヶ月、週に1回ずつ療育センターに通って検査を続けました。
長男はもちろんこういう「じっと座って言われたとおりの何かをやる」ということがとても苦手なので、検査はなかなか進みませんでした。
私は何を確認するために検査をしているのかがわからなかったので、いったいこの検査はいつまで続くのか…これが長男の「落ち着きのなさの改善」にいったいどうつながるのか…と少しいらだちを感じたこともありましたが、料金がタダということもあったし(笑)、とりあえず結果が出るまでは…と通い続けました。

そして数ヵ月後に診察があり、検査の結果を教えてもらいました。
そのとき私は初めて「高機能自閉症」という診断名を知ったのです。

私のネットの知り合いで、やはり自閉症のお子さんをお持ちで、そのことについて書いていらっしゃる方がいたので、自閉症についてはある程度の知識は持っていたつもりでしたが、高機能自閉症という言葉は初耳でした。
長男は確かに「ちょっと普通と違う部分がある」とは思ってはいましたが、自閉症だとはそれまでこれっぽっちも考えていなかったのです。

(次回へ続きます)
posted by はなずきん at 06:36 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

「高機能自閉症」という”個性”(その1)自閉症の定義と、長男が生まれてすぐの頃まで。

最初にお断りしておきます。
この話題、何日かにわたってかなり長く続くことになるのですが、書くべきことがたくさんあるため、順序を追って整理して書くことができませんでした。そのため、話が前後したり、同じ内容の話が何度か出てくることもあるのですが、その点はどうかご容赦ください。

「自閉症」とは…。
よく症状の名前から「内にこもった性格なのか」とか「親の育て方など、後天的な要因でなるのではないか」という誤解を受けることも多々あるようです。

自閉症の人は「コミュニケーション能力」が、いわゆる「普通の人」に比べて欠けています。(それ以外にも自閉症特有の症状はいろいろありますが…。)
そしてそれは「先天的な脳の器質的な障害」が理由で、本人や周囲の気遣いで問題をカバーすることはできても「治る」ことはないのです。


文部科学省の特別支援教育のページには、以下のように書いてあります。
自閉症の定義 <Autistic Disorder>
 自閉症とは、3歳位までに現れ、1他人との社会的関係の形成の困難さ、2言葉の発達の遅れ、3興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害であり、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

なんで私の日記で、突然自閉症の話が始まったのか?と思われるでしょう。
実は、長男は「高機能自閉症」という診断を1年ほど前に受けたのです。

一般の人に認識されているような、いわゆる「自閉症」の人は、知能の発達が遅れていることが多く、少し接すれば「あ、普通の人とちょっと違う」ということがはっきりわかりますが、高機能自閉症とは、知能の発達に遅れがない自閉症なのです。

ひとくちに知能に遅れがない、といってもいろいろな幅があるのですが…長男の場合はIQは標準以上でしたが、IQが標準よりやや低い場合も「高機能自閉症」に含まれるようです。(一般的にはIQ70以上を高機能自閉症と呼ぶようです)
高機能自閉症の定義 <High-Functioning Autism>
 高機能自閉症とは、3歳位までに現れ、1他人との社会的関係の形成の困難さ、2言葉の発達の遅れ、3興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害である自閉症のうち、知的発達の遅れを伴わないものをいう。
 また、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

こちらのページに、わかりやすい説明があります。
高機能自閉症,アスペルガー症候群を知ってほしいな


私はもちろん初めて子供を育てたのが長男だったわけですが、育てていくにつれ、どうも長男は他の子とちょっと違うのではないか…どうもけっこう手がかかるほうなのではないか、と感じていました。
「子供というのは手がかかるもの。男の子というのは元気なもの。」
子育て経験者ほどそう言うのですが、どうもそれとは違う…

というのは、直接長男の面倒を見た人にしかわからないことではないか、と私は感じていました。

実際、次男を産んで育ててみて、あまりの違いに驚いたものです。
次男はよその子に比べても活発なほうのようですが、長男に比べたら半分も動いていません。
家では兄ちゃんを叩いていたりしますが(笑)初対面の子供にわざわざ手を出しに行ったりなんてもちろんしないし、ましておもちゃを無理矢理奪い取るなんて、少なくとも今の時点(1歳8か月)ではできません。(長男はこの頃からやっていたと思います)
その代わり、すごく頑固でなかなか言うことを聞かないので、ある意味では長男より扱いづらくもあるのですが、少なくとも肉体的に私が疲れてしまうことはないです。

とにかく長男は、生まれた時からよく動きました。
新生児の頃からいつも手足をばたばたさせていました。
寝返りしたのは人並みよりやや遅いくらいの時期でしたが、寝返りしてまもなくはいはいを始め(5か月くらいでした)とにかくあちこちに移動するのが好きでした。

そして困ったことに、よその子にやたらと手を出すようになりました。
他の赤ちゃんがいる場所に連れて行くと、はいはいして近づき、顔を叩いたり、いじったり。今思うと、それは「乱暴」ではなく、彼にとってのコミュニケーションだったのだろうと思いますが…別に叩いてしつけているわけでもないのに(そういうことしてませんか?と言われたこともあったりします)なんでこんなによその子に手を出すのだろう?と悩んだものです。

この「よその子に手を出す」傾向は、2〜3歳の頃が特にひどく、ご近所のお友達にはずいぶんと嫌われてしまいました。(それでも、子供なので一緒に遊んではくれたのですが…。)
これが普通の子の「乱暴」とちょっと違うのは、はたから見ていると何の理由もなしにやっているように見えることなんです。
おもちゃの取り合いで叩く、押す、なんてことは他の男の子でもやることですが…。
長男の場合は「通り魔」に近いもので、
「たまたまそこに人がいたから突き飛ばしてみた」とか
「急にその自転車が使いたくなったので、無理矢理(相当強引でした)持ち主を押しのけて取ろうとした」
なんてことが日常茶飯事だったのです。

いつ誰にそういうことをやるかわからないうえに、長男は運動能力は人並み以上でとにかくすばしこいのです。
ちょっと目を離すとあっという間に遠くまで行ってしまったり、高いところから人を押したりなど本当に危なかったので、私が金魚のフンのように後をついて回るというのは1歳頃から3歳頃まで続きました。

よそのお母さんを見ていると、確かに子供のそばにはついているけれど…私のように「しじゅう後を追い掛け回している」なんて人は他にはいませんでした。
子供を遊ばせつつおしゃべりに興じるママさん達を尻目に、私ひとりだけ長男をつけ回していて「なんでうちの子だけこうなんだろう?」と思ったものです。

(次回に続きます)
posted by はなずきん at 04:08 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

安上がりな楽しみ

昨年くらいからどうしようかなあと考えていたのですが、今年ついに買いました。電動かき氷器を。

子供はアイスとかかき氷、好きですよね。
でもアイスははっきりいって高い。子供に毎日与えていたら我が家の家計は火の車になってしまいます。
というわけでかき氷器(スーパーで1780円で購入)を買ったわけですが…

予想以上の好評ぶり。
我が家の子供は生まれて初めて「家でかき氷を作る」ということを体験しているのだから当然かもしれませんが…。
ここのところ暑いので、毎日かき氷を食べたい!とリクエストされて作っています。
シロップも数種類取り揃え、いちご、みぞれ、ブルーハワイ、カルピス、そして家にある抹茶を使ったりとバリエーションも楽しんでいます。
シロップは1本200-300円くらいですが、かき氷にかける量なんてたかがしれていますので、限りなく「タダ」に近いデザートです。
子供は喜ぶ、家計も助かる、なんてスバラシイのでしょうカキ氷器。

長男がすごくかき氷を楽しみにしているのはわかっていました。
次男も欲しがるので一緒にあげていました。
が、次男は「あげれば食べる」という程度の好きさなんじゃないかな…と思っていたのですが、昨日そうでないことがわかりました。

昨晩私が夕ご飯の後、台所で片付けをしていると、台所とリビングの境にあるベビーゲートのところに次男がやってきて、なにやら棚をさしてあーあー言っています。しばらく無視していましたが、相当叫んでいるので棚を見てみると、そこに菓子パンが置いてあったので、あ、これが欲しいのか…と思い仕方なくあげようとすると…「ちがうちがう」と首を横に振ります。(次男は最近、意志表示がかなりはっきりしてきたところです)
じゃあ別のパンか?と思いそれをあげても「ちがう」。
横においてあるお菓子をあげても「ちがう」。
でもやっぱりそちらを指して叫ぶので、ベビーゲートをあけて「いったい何が欲しいんじゃ!」とやったら、一目散に棚の下に置いてあるかき氷器のところにやってきて「これ、これ」という感じで持っていこうとしたのです(笑)。

「かき氷が食べたいの?」と聞くと「うんうん!」(これは言葉で言いました)
…次男もそんなに好きだったのか、かき氷…。
仕方ないので作ってあげましたとも。

次男は、欲しいものがあるとそれが一番に出てこないと引き下がりません…。
おそらく長男だったら、パンが出てきた時点で「それでいいや」と食べていたことでしょうが…次男は「今一番欲しいもの」が出てくるまでガンとして要求を続けるのです。
しつこいというか、ねばり強いというか…あきらめのいい長男とは対照的なんですよね。今回のかき氷の件でも、それがよくわかりました(笑)。

ちょっと違う話ですが…
かき氷器を買う時に私は、ずっと通販生活で気になっていた「アイスロボ」(業務用並のさらさら氷が作れるというもの)というのを買おうかなと思いました。
でも値段を見たら8000円以上もしたので、こんなに高いんでは…とあきらめて安いものにしたのですが、こんなに毎日使うんならアイスロボを買えば良かったと思いました…。
まあ、今のかき氷器は安物なのですぐ壊れそうですけど。
でも今年はこのかき氷器はずいぶん活躍してくれそうです。
posted by はなずきん at 07:14 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

近頃の長男(後編)長男の好きなテレビ番組。オタクの子はオタク?

私の「キャラ嫌い」は何度か書いていることなので、みなさんご周知のことと思います。
ちなみに、テレビもあんまり好きではありません。

自分でつけるテレビといったらほとんどNHKで、民放の番組は数えるほどしか見ていないのです。昔はアニメもよく見ていましたけど、大学を出てからはさっぱりです。ダンナがチェックしているのを見て、面白そうなのだけ見るくらい。

そんな私なので、子供にも積極的にテレビを見せようという気はありませんでした。
電車の番組だけは例外で(ものすごく喜びますし、見ている間は静かだし)のりもの系のものは録画して見せていましたが…。
本人が見たいという番組は見せてもいいのですが(下手に禁止すると余計見たくなるものだし)そもそも今まで長男には「どういうテレビ番組があるか」という情報自体が入ってこなかったわけなので、何が見たいと言い出すこともほとんどなかったのです。

でも幼稚園に入って、何かの機会で見たのでしょうね。
「アンパンマンが見たい」
と言い出したのです。
私は「まあ、アンパンマンならいいかな」と思いつつも、その時間にテレビをつける習慣がないし、録画するのもめんどくさいのでほおってあったのですが、ダンナが録画をしておいてくれたので、先日それを見せてみたのですが…。

途中まで喜んで見ていた長男が、突然泣きながら怒り出して
「これはもう見ない!」
と言うのです。涙ながらに
「もう消して!見ない!録画してあるのも消して!」
とえらい怒りようです。
「なに?いったい何がいやなの?」
と聞いても要領を得ない返事しか返ってこないのですが、どうやら私が推測するに、バイキンマンがみんなに意地悪をする場面がすごくイヤだったようなのです。
しょせんお子様向けのストーリーの中でする「悪いこと」ですから、オトナの目から見るとたいしたことじゃないんですが、長男はそれが許せなかったようです。
長男は自分では今まで、他人にさんざん悪いことをしてきたんですけどねえ(笑)。


そういえば、長男は特撮系もあまり好きでないようで、特に仮面ライダー(我が家で流れているのは、ダンナが見ている昔のものです)のおどろおどろした怪人などが出てくるとテレビの前から消えてましたっけ。

長男が大好きな「となりのトトロ」にはそういえば「悪いヤツ」は出てこないし、以前よく見ていた「ラピュタ」も、後半のムスカ(悪の親玉)が出てくるところになると「もう見ない」と消していましたっけ。
あ、電車番組でも、中で登場人物が怒る(もちろん冗談でなんですけど)話は見たがらなかったなあ…。

幼稚園の先生に聞いた話だと、先生が他の子を叱っていると
「だめだよ!怒ったら!」
と泣きながら止めにくることもあるんだとか。
意外とピュアなところがあるようです、長男は。

そんな彼の最近のお気に入りの番組は「タモリ倶楽部」だったりします。
タモリ自身が電車マニアなため、ときどき「タモリ倶楽部」の中でマイナーな電車特集などをやったりするので、マイナー好きの長男にはよかろうと、いくつか録画して見せていたのです。(もともとうちの夫婦はタモリ倶楽部が好きなもので…。)

最初はその中に出てくる電車を喜んで見ていただけだったのですが、年齢が上がるにつれて、
「タモリたちがしているオトナの電車マニアの会話」
が楽しくなってきたらしく、頻繁に「見せて」というようになってきました。
長男は、その会話の内容を突然よその人に話したりしていますが、もちろんさっぱり通じていません(笑)。

しかも電車とは関係ない「空耳アワー」も気に入ったみたいで、おそらくあんまり意味がわかっていないと思われるんですが、それでも空耳の部分になるとタモリたちと一緒に笑っています。
最近は再現ビデオ?の真似をするようになり、弟がそれをわけもわからず覚えて一緒にやるようになり、ふたりで「空耳ごっこ」をやっています…。

電車の特集だけが好きなのかと思っていたら、最近はタモリ倶楽部全般が好きになってきたようで、録画してある違う特集の番組まで「見たい」と言い出すようになってきました。
長男はタモリ達の話を半分も理解できてないと思うんですけど…
この番組のだらだらとして、しかも知的なオタクっぽい雰囲気が好きなんですかねえ。

ああ、やっぱりこの子は「生まれながらのオタク」なのだ…。しかもサブカル好きとは、さすがこの夫婦の息子ですよ(笑)。
「オタクのサラブレッド」と(オタクな)仲間うちに期待される長男の未来は、果たして…?
posted by はなずきん at 01:36 | Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする